温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨が降る冷たい一日でした。今日は加藤高道さんのお誕生日ですので、狩人の『白馬山麓 』を取り上げたいと思います。

白馬山麓 狩人



哀しみに陽が当たれば 銀色に山が輝き始める♪

白馬山麓1



この楽曲は,1980(昭和55)年 1月25日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が喜多条忠さん、作曲が平尾昌晃さんによる作品です。このシングルのB面は『春を告げる手紙』と言う楽曲でこちらは作詞が竜真知子さん、作曲が福留順一さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高74位を獲得され、このシングルは 1.5万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公は悲しみの中、白馬山麓を訪れたのでしょうかね。楽曲の主人公は男性で、別れた恋人の事を思っているようです。彼女との思い出があるのかどうか判りませんが、悲しい中、わざわざ、冬の白馬山麓に訪れる気持ちが理解出来ません。どうせ訪れるなら夏に行けば涼しいし、気持ちも楽しくなるように感じるのですが・・・

黄昏に身を晒せば 山小屋に遠く明りが灯るよ♪

白馬山麓2


楽曲のタイトルである『白馬山麓』は『はくばさんろく』と読みます。山麓が『山のふもと。山すそ』ですから、場所は、長野県と富山県とにまたがる飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,932mの山の麓の事を指されているのでしょうね。山自体は白馬岳と書き『しろうまだけ』と読みます。白馬山麓 と聞くと、高校の修学旅行で訪れた黒部ダムを思い出します

そんなに大きい山が無い所で育った私はその高さや規模に驚いた記憶があります。年代で言えば、私が修学旅行で訪れた年代とこの楽曲の発売された年代に差はないのですが、上に引用させて頂いた歌詞にあるように山小屋は見た記憶がありません。山の日暮れは早いですので、明りが灯るのも早いでしょうが、かなり寂しい風景だったでしょうね。


白馬山麓雪解け水は心の中をつたって落ちる♪

白馬山麓3


上に掲載させて頂いたシングル・ジャケットの撮影場所が何処かは判りませんが、背景に見える山が白馬山麓 にしては標高が低いように感じます。楽曲のタイトルが、白馬山麓だからと言って、撮影場所までそことは限りませんし、撮影時期や予算の関係もあるのでしょうが、 せめて雪を頂いた山々であって欲しかったです。

上に引用させて頂いた歌詞からすると楽曲の主人公は、この旅行で心の整理がついたのでしょうか?それとも冷たさに浸っているのでしょうかね思い出や感傷に浸る事も、時には必要かも知れませんが、何処かで区切りを着けないと前に向って進む事が出来ませんよね。狩人の『白馬山麓 』はこちらから少しだけ試聴が出来ます


ベスト・セレクションベスト・セレクション
(1998/04/25)
狩人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/01/21 21:10】 | 狩人
トラックバック(0) |
先ほどニュースを見ていると元「狩人」の加藤久仁彦、さんがボクシングデビュー戦は判定負けしたと言うニュースがありました。年齢がいってからのデビューですから難しいものがあるのかも知れませんが頑張って頂きたいものです。と言う事で今日のラストは狩人の『若き旅人』を取り上げたいと思います。


『若き旅人』 狩人



旅立つ朝に散る花びらのそのはかなさを♪


若き旅人1


この楽曲は,1977(昭和52)年12月10日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は、『回想 』と言う楽曲で両方とも作詞が竜真知子さん、作曲が都倉俊一さんによる作品です。このシングルはシングル・チャ-トで最高16位を獲得し、このシングルは13.8万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞だけではなく、曲調も歌謡曲と言うより軍歌のような作りになっています。私の中では旅と言うのは楽しいものなのですが、いきなり、旅立つ朝に散る花の儚さを歌われています。楽しいと言うより二度と戻らない死への旅立ちを連想させます。何でこんな楽曲をだされたのでしょうかね。



遠く果てなく続く線路に思いをはせる♪ 

若き旅人2


歌詞の内容からすると、彼女が居るにも関わらず、彼女を残しての一人旅のようです。歌詞を読み返してみても、楽曲の主人公が何処へ何の為に旅立つのかは歌われていないようです。楽曲の主人公に何があったのでしょうか?時代背景からすると戦争ではなく、新天地で仕事をする為の旅立ちなのでしょうかね。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、主人公は鉄道で旅立たれたようです。都会の方は鉄道などの交通機関が発達していますから、鉄道での移動も便利なようですが、地方では現在も鉄道での移動となると長距離のイメージがあります。楽曲の主人公はどんな思いで線路に思いを馳せられたのでしょうかね。



涙も迷いも埋めつくせ紅き紅き花よ♪ 』

若き旅人3


歌詞の流れからすると上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『紅き花』は、主人公を見送る彼女を比喩表現されたような気がします。仕事で一旗上げて、帰って来る事を彼女に誓ったのでしょうね。自分で推測しておきながら、『一旗上げる』と言う表現自体が既に死語になったと感じずには居られません

最近の音楽はよく判りませんが、昔は旅をテーマにした楽曲多かったような気がします。現在は交通機関も発達し、海外も短時間で行けるようになりましたから、『旅』と言う行為自体に対する感覚が変って来たのかも知れませんね。  狩人の『若き旅人』は こちらから少しだけ試聴が出来ます。


ベスト・セレクションベスト・セレクション
(1998/04/25)
狩人

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/09/21 18:16】 | 狩人
トラックバック(0) |


ありんこbatan
狩人さんて
旅の歌、特に鉄道関係の歌が多いような気がしますが
そういうのが
たまたまヒットしただけなんでしょうか。。
こちら出身の方々のせいか
地元のラジオ番組には最近もよくゲスト出演されてました。
旅立つ朝に散る花の儚さ・・
たしかに「お先まっくら」ってカンジですよね。。
『紅き花』・・そうですか・・そういう見方もありますよね~。。
『一旗上げる』・・死語ですか~?
なんか・・笑えました。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>狩人さんて
旅の歌、特に鉄道関係の歌が多いような気がしますが
そういうのが
たまたまヒットしただけなんでしょうか。。

言われてみると、鉄道関係多いですよね。^^

>こちら出身の方々のせいか
地元のラジオ番組には最近もよくゲスト出演されてました。

そうですよね。そちらのご出身でした。^^


>旅立つ朝に散る花の儚さ・・
たしかに「お先まっくら」ってカンジですよね。。
『紅き花』・・そうですか・・そういう見方もありますよね~。。
『一旗上げる』・・死語ですか~?
なんか・・笑えました。。

重いですよね。生きて帰れない様な旅立ちの朝だったりします。^^


コメントを閉じる▲
少し暑さが戻った感じもありますが、風が心地よいですね。今日は狩人の 『みちのく夏愁』を取り上げたいと思います。


みちのく夏愁』


みちのくのひと夏の短さを惜しむ 心の夏祭り♪


みちのく夏愁1

この楽曲は、1978(昭和53)年 7月10日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が竜真知子さん、作曲が都倉俊一さんによる作品です。このシングルのB面は『八月のアニバーサル』と言う楽曲でこちらは作詞が山上路夫さん、作曲が都倉俊一さんによる作品です。 この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高29位を獲得され、このシングルは5.4万枚を売り上げたようです。

 
楽曲のタイトルや上に引用させて頂いた歌詞にもあるある『みちのく』とは現在の 福島・宮城・岩手・青森の4県にほぼ相当する地域の事を指すそうです。楽曲のタイトルに『夏愁』と言うのがありますが、『春愁』と言う言葉は載っていても『夏愁』と言う言葉は、辞書をひいいても出て来ないので作詞をされた方の造語なのでしょうね。歌詞に夏が短いと歌われているのでそんな事も指されているのかも知れません。


奥入瀬川に映した心模様 流されて揺らめいて♪


みちのく夏愁2



上に引用させて頂いた歌詞に出て来る奥入瀬川は、青森県十和田市を流れる川のようです。と言う事はこの楽曲の舞台は青森と言う事になるのでしょうね。楽曲の主人公は女性で、彼女は十和田市にお住まいのようです。歌詞からすると彼女には彼氏が居て、その彼もこの辺りの方のようなのですが、現在は別の場所にお住まいのようです。楽曲の主人公の女性は彼が結婚(?)を言い出さないから待ちくたびれているようです。


『奥入瀬川』と書いて『おいらせがわ』と読むようです。『奥入瀬川』と言えば、とんぼちゃんの楽曲にそんなタイトルの楽曲がありますよね。東京から上の地域には未だに行った事が無いのですが、写真とかで見ると綺麗清流ですよ。上の画像は奥入瀬川ではないのですが、綺麗な清流は見ている方の姿形だけでなく心の中まで映してしまうものなのでしょうかね?楽曲の主人公の女性の心は揺らいでいるようです。
 


残暑見舞がどこからか あなたに届いたら私からのさよならだと♪ 


みちのく夏愁3


彼氏には彼氏の事情があるのでしょうが、中途半端はよく無いですよね。別れるなら別れる、待って欲しいなら、後、何年と言う区切りをつける必要があるように思います。近年は離婚も増えていますから。結婚が恋愛の最終形だとは思いませんが、夢を追うにしても、ある程度の年数は区切らないと、現在の日本では年齢で区切られる事が多いですからやり直しがききませんよね。


上に引用させて頂いた歌詞に『どこからか』と言う言葉あるので差出人の名前は書かない残暑見舞いの事なのでしょうね。差出人不明の残暑見舞いが来ても、字や消印から彼女のものだと判ると思うのですが、彼女からの残暑見舞いが、さよならの手紙だったら嫌ですよね。狩人の『みちのく夏愁』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。 youtubeでは、そちらで聴く事が出来ます。


ベスト・セレクションベスト・セレクション
(1998/04/25)
狩人

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/08/24 17:09】 | 狩人
トラックバック(0) |


ありんこbatan
狩人さんていうと
各地の地名が出る歌が結構ありますよね。。
この人たちのおかげで
有名になったところもあるかも。。
>中途半端はよく無いですよね
そうですね
それがズルさ、甘え・・なんだけど
それに振り回されてしまうのが
愛するが故・・なのかなぁ。。
残暑見舞
今、書く人ってどのくらいいるのでしょうか。。
男女間なら
ただただ
そっけのないメールを送ってお別れか
黙って携帯番号やアドレスを
かえてしまって
おしまい
ってカンジじゃないでしょうか。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>狩人さんていうと
各地の地名が出る歌が結構ありますよね。。
この人たちのおかげで
有名になったところもあるかも。。


仰せになられるようにご当地ソング的なもの多いですよね。^^

>>中途半端はよく無いですよね
>そうですね
それがズルさ、甘え・・なんだけど
それに振り回されてしまうのが
愛するが故・・なのかなぁ。。
残暑見舞
今、書く人ってどのくらいいるのでしょうか。。
男女間なら
ただただ
そっけのないメールを送ってお別れか
黙って携帯番号やアドレスを
かえてしまって
おしまい
ってカンジじゃないでしょうか。。

最近の事は判りませんが、そう言う感じなのかも知れませんね。・・それも良いのか悪いのか判りませんけれど・・・


コメントを閉じる▲
昨夜からは雪が降りましたが、天気予報によると今週は雨が降っても雪は無さそうです。予報ですから、判りませんが、ひとまず安心と言った所でしょうかね。 今日は狩人の加藤 高道さん(弟さんの方)のお誕生日だそうです。ので今日のラストは、狩人の『あずさ2号』で締めくくりたいと思います。

あずさ2号


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。



明日 私は旅に出ますあなたの知らない人と二人で♪ 

あずさ2号1



この楽曲は1977(昭和52)年 3月25日に発売された、狩人のデビューシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『季節が変わる前に』と言う楽曲で、両面とも作詞が竜真知子さん、作曲が都倉俊一さんによる楽曲だったようです。 


この楽曲は当時のシングルチャートで最高4位を獲得され、このシングルは51.2万枚を売り上げるヒットとなり、1977年(昭和52)年第19回日本レコード大賞の新人賞、 ゴールデンアロー賞・最優秀新人賞. 日本歌謡大賞・最優秀新人賞. 日本有線大賞・優秀新人賞等々の賞を受賞されています。


歌の内容はかつての恋人に別れを告げ、新しい恋人とともに長野県に旅立つ女性の心情を歌ったものなのですが、以前の恋人への未練心が捨てられずにいるようです。一緒に旅行する新しい恋人が彼女の心理状態を知られたら複雑な心境になられたでしょうね。


都会の隅で あなたを待って私は季節に取り残された♪ 


あずさ2号2



歌のタイトルにもなっている「あずさ2号」は電車の名前で当時、新宿~松本間を走っていましたが、翌年の1978(昭和53)年にはダイヤ改正でそれまで上り、下りとも発車順に1号・2号と数える方式から、下り列車には奇数号、上り列車には偶数号をつける方式に変更しました。これにより新宿8:00発の列車は「あずさ3号」となり、新宿発の「あずさ2号」は消滅したようです。

しかし、2002(平成14)年2月2日にあずさ35周年を記念して、「あずさ2号」は新宿~松本間を走ったようです。でも、残念ながら歌詞に出て来る8時丁度ではなく、8時2分の出発となったそうです。何故かと言うと8時丁度にはあずさ3号が出発したからだそうです。当日は狩人のお二人も招かれて「あずさ2号」を歌われたようです.


SUPER BELL"Zと言うグループが「かいじ101号」と言う楽曲を2004(平成16)年9月29日に発売されていますがこの楽曲は「あずさ2号」のアンサーソングとして出され2004(平成16)年6月23日に発売されたアルバム『MOTO(e)R MANでGO!』からのシングル・カットでカップリング曲は「あずさ2号」のカバーでCDのジャケットはあずさ2号のパロディーになっています。



8時ちょうどの あずさ2号で私は私は あなたから旅立ちます♪


あずさ2号3



狩人加藤 久仁彦(本名邦彦)さん(兄)と加藤 高道さん(弟)の兄弟デュオで、愛知県出身です。先に兄の久仁彦さんが18歳で上京されレッスンを受けられ、その後弟さんも上京され、兄弟で歌われるようになったようです。狩人の名付け親は音楽家の都倉俊一さんでお二人の恩師でもあられます。名前の由来は「いつまでも大ヒットという獲物を狙い続ける狩人であって欲しい。」といわれて名付けられたそうです。


この楽曲を歌われた狩人は、2007(平成19)年4月26日に同年12月31日をもって解散することを発表され解散されたようです。、それぞれソロとして久仁彦さんは(アマチュア)ボクシングへ、高道さんは芸能プロの枠を越えて歌手活動の幅を広げていく予定だそうです。解散された事は残念ですが、それぞれの道で頑張って頂きたいものです。


狩人の『あずさ2号』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。SUPER BELL"Zの『かいじ101号』はあちらから少しだけですが試聴が出来ます。因みに、かいじ101号は新宿~甲府を走る特急で新宿を6番線から9時30分に出るようです。


究極のベスト! 狩人究極のベスト! 狩人
(2005/06/22)
狩人

商品詳細を見る



かいじ101号   (CCCD)かいじ101号 (CCCD)
(2004/09/29)
SUPER BELL”Z

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/01/21 22:06】 | 狩人
トラックバック(0) |

今聞いても
らっこ
涙を誘う熱唱ぶりで大好きです。

Re:今聞いても
親こあら
らっこさん今晩は!!

>涙を誘う熱唱ぶりで大好きです。

本当に熱唱と言う言葉がピッタリですよね。


あいだめぐみ
狩人って、今まで双子だと思ってたけど、違うんですね。^^;
しかもあずさ2号はあたしの中では勝手に青森行きの話だと思ってました。w
まだ解散する前、カラオケ番組?(番組名を忘れた)でよく熱唱してたのを思い出しました^^


親こあら
あいだめぐみさん今晩は!!

>狩人って、今まで双子だと思ってたけど、違うんですね。^^;

確かに双子の歌手の方も居られますし、兄弟デュオと言うのは余り聞かないからそう思われている方も多いかも知れませんね。

>しかもあずさ2号はあたしの中では勝手に青森行きの話だと思ってました。w

列車で何処かへ行くと言うと青森とかの方面の楽曲多いですよね。あいだめぐみさん位の若い年代の方にはリアル・タイムで聴かれた楽曲ではないから勘違いと言うのは案外多いのかも知れないです。

>まだ解散する前、カラオケ番組?(番組名を忘れた)でよく熱唱してたのを思い出しました^^

確かに代表曲だし何かと言うと歌わされていたのかも知れないですね。



しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
そういえば去年は解散で話題になったデュオですね~。
特にディナーショーとか…。
でも何らかの形で話題になるのは良いことだと思いますよ。
狩人はあまりなじみないですけど…この曲はラジオでよくかかっている曲なので解散したって聞いてもピンと来ないですがガンバって下さいとエールを送ります。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>そういえば去年は解散で話題になったデュオですね~。
特にディナーショーとか…。
でも何らかの形で話題になるのは良いことだと思いますよ。
狩人はあまりなじみないですけど…この曲はラジオでよくかかっている曲なので解散したって聞いてもピンと来ないですがガンバって下さいとエールを送ります。


そうですよね。解散しても話題にならないのでは淋しいものがありますよね。頑張って頂きたいものです。^^


コメントを閉じる▲
今日はかなり冷え込む一日でした。こちらでは、各地で秋祭りが行われているようです。しかし、時代の流れでしょうか、少子高齢化、過疎化が急速に進む田舎では、祭りの太鼓台(ちょうさ)の担ぎ手が不足し、他所からの助っ人に頼らざるを得ない状況がここ何年も続いている場所もあるそうです。

秋の曲と言う事で今日の1曲目は狩人の『女にかえる秋』を取り上げたいと思います。 



季節が変わるごとに 街をうつす横顔は♪ 


女にかえる秋1





この楽曲は1979(昭和54)年8月10日に発売されたシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が浅野裕子さん 作曲が平尾昌晃さんによる作品です。このシングルのB面は『愛ひとつ道しるべ』と言う楽曲でこちらは作詞が杉山政美 さん、作曲が坂田 晃一さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングルチャ-トで最高 56位を獲得されこのシングルは3.9 万枚売り上げたようです。


この楽曲はこの年のポーラ化粧品の秋のキャンペーンのCMソングに使われ、B面の『愛ひとつ道しるべ』は1978(昭和53)年11月6日~11月24日に放映されたNHKドラマ銀河テレビ小説『わかれ道』の主題歌として『ひとときの哀愁』と言う歌とともに使われたようです。この時使われた『ひとときの哀愁』と言う歌は1979(昭和54)年3月25日に発売されたTHIRDアルバム『アメリカ橋』に収録されているようです。


季節は急ぎ足で枯葉を落とす昼下り♪ 

女にかえる秋2




楽曲の内容は、最初から化粧品会社の秋のキャンペーンソングに起用されるのを前提に作られたのか、歌詞に明確なストーリがある訳ではなく、化粧品会社のキャンペーンソングを意識したような言葉が使われているように思われます。秋は女性を素直にして、美しくしてしまう季節だと言う事が歌われているようです。季節的に春がときめく季節だと言う季節だと言うのは理解出来ますが、秋もそんな季節なのでしょうかね。

他のアーティストの方の化粧品のCMソングは、そのキャンペーンソングの商品を意識されたタイトルが付けられて居る事が多いように思うのですが、この楽曲の場合は、そう言う言葉がタイトルや歌詞に見受けられないのですが、どんな商品のキャンペーンだったのでしょうかね。いずれにしても男の私にはそのCMを観ていたとしても、化粧品そのものより楽曲しか印象に残っていない事が多いです。


限りなく限りなく素直な女にかえる秋♪

女にかえる秋3



食べ物や飲み物のCMを観て、買いたいと思うことがありますが、女性の方はやはり、化粧品のCMを観てその商品が欲しいと思われるものなのでしょうかね。他の商品と比べた時に、違いがよく理解できないのは私が男だからでしょうかね。CMとかはされていないようですが、最近はコンビニとかに行くと男性用の化粧品が売られています。時代は変わってしまいましたよね。

化粧品ではないですが、最近の若い男性を観ていると、ピアスやイヤリングをされている方を多く見かけます。女性がされている分にはそう思わないのですが、男性がされている場合はお洒落だと思う以前に、痛々しそうに思うのは私が年をとったと言う事なのでしょうかね。よく、理解出来ない世界です。狩人の『女にかえる秋』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。

究極のベスト! 狩人 究極のベスト! 狩人
狩人 (2005/06/22)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る




FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2007/10/13 20:54】 | 狩人
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。