温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kumo.jpg

昨晩と言うか今朝方とは違い、今日は良いお天気に恵まれました。ただ。気になるのが暖かすぎる事と、雲の形が秋とか冬の雲の形で無いような気がしないでもないです。さて、実は昨晩取り上げないといけなかったのですが、うっかり、していました。昨日は伊勢正三さんのお誕生日でもありましたのでの『君と歩いた青春 』を取り上げたいと思います。

君がどうしても帰ると言うのならもう止めはしないけど♪

kimitoaruitaseisyun1.jpg

この楽曲は、1976(昭和51)年11月25日に発売された風の3枚目のアルバム『WINDLESS BLUE』に収録された楽曲で作詞、作曲が伊勢正三さんによる作品です。1981(昭和56)年8月26日に発売された太田裕美さんの21枚目のシングルで太田裕美さんがカバーされていますので、こちらで聴かれた方も多かったかも知れませんね。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼女側から別れを告げられたのでしょうね。楽曲の視点は男性側しか描写されていないので、女性の心情までははかり知れませんが、この歌詞だけでは微妙かも知れません。彼女が本当に帰りたいと思っていたかも知れませんし、ひょっとしたらそうでは無かったかも知れませんね。


本当はあいつらと約束したんだ抜けがけはしないとね♪


kimitoaruitaseisyun2.jpg

上の歌詞からすると、楽曲の主人公と彼とは遊び仲間の一人だったのでしょうね。上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『あいつら』が何人いたのかまでは判りませんが、男女関係として、女性が一人で他数人が男だとしたら、その関係は難しいでしょうね。中には抜け駆けをする方も出て来るでしょうが難しい所でしょう。

ただ、一方的に誘拐とした訳ではないでしょうから、彼女が故里へ戻ったとしても、彼らと上手くやっていけるかどうかは判らないでしょうね。男女が半々とかのグループ交際は経験がありますが、こう言う付き合いもあるのでしょうね。飽くまでも女友達と言うスタンスが保てなければ難しい関係のように思います。


君と歩いた青春が幕を閉じた君はなぜ男に生まれてこなかったのか♪

kimitoaruitaseisyun3.jpg


この楽曲を発売された時、伊勢正三さんは25歳、実体験を元にされたのでしょうか?歌を作る場合、想像で歌詞を考える事もあるでしょうが、この楽曲はどうなのでしょうか?設定とか生々しいので、ご自身の経験で無くても友達の経験談かも知れませんね。自分が経験していないので判らない部分が多いような気がします。

上に引用させて頂いた歌詞には『君はなぜ男に生まれてこなかったのか』と言う歌詞がありますが、確かに彼女が男手あれば恋愛にもならなかったでしょうし、(例外も稀にはあるとは思いますが)故里の仲間達を裏切る事も無かったでしょうね。 の『君と歩いた青春 』はこちらから聞く事が出来ます。



COMPLETE BESTCOMPLETE BEST
(2000/09/21)
風大久保一久

商品詳細を見る




追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/11/14 17:13】 |
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
私も雲を見ていて
同じこと思いました。
やっぱり温暖化の
影響なんでしょうね。
┐(´~`;)┌秋らしさがないですよね。
でもようやく
寒くなってくる
みたいですけど
身体がついていかないですよねm(__)m

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさん今晩は!

> どうもで~す(^O^)
> 私も雲を見ていて
> 同じこと思いました。
> やっぱり温暖化の
> 影響なんでしょうね。
> ┐(´~`;)┌秋らしさがないですよね。
> でもようやく
> 寒くなってくる
> みたいですけど
> 身体がついていかないですよねm(__)m

何かおかしいですよね。何がおかしいのかは判らないのですが
悪い事が起きなければ良いのですが。・・・

コメントを閉じる▲
今日は昼間はかなり暖かでした。天気予報によれば、明日は雨の所が多そうですね。先ほどテレビから山下達郎さんの『クリスマス・イブ』が流れていました。今年もそんな季節が来たのですね。さて、今日はの『 冬京 』を取り上げたいと思います。

僕の部屋の夕暮れは 君が去ったドアのほうから始まる あの頃僕とそして♪

冬京 風1

この楽曲は1977(昭和52)年10月25日に発売されたの4枚目のアルバム『海風』(うみかぜ)に収録された楽曲で作詞、作曲が伊勢正三さんによる作品です。アルバムタイトル曲である『海風』はイントロが格好良くて、当時、ロック志向だった中学の同級生達がコピーしていたのが記憶にありますが、この楽曲は随分後に知りました。

日本では通常西の方向に夕陽が沈みますから、上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『僕の部屋』は西の方向にドアがあるのでしょうね。夕暮れ時と言うのは寂しさを感じます。上に引用させて頂いた歌詞は単に『僕の部屋』の間取りを説明したのではなく、『君』が居なくなった寂しさを比喩的に説明しているような気がしないでもないです。


赤い電車は 止まらないほどの その小さな駅の 見える部屋で ♪

冬京 風2

楽曲の舞台は東京です。上に引用させて頂いた歌詞には『赤い電車』とあるので、『僕の部屋』は中央線沿線にあると言う事なのでしょうかね?中央線であるなら、赤い電車の快速が止まらない駅となると限定されて来ると思われるのですが、時代はJRではなく国鉄の時代、場所まで特定する事は出来ませんでした。

有名な『なごり雪』の舞台が実は東京ではなく、伊勢正三さんの故郷である大分県津久見市だと言う説もある位ですから、この楽曲も舞台が東京でない可能性も充分考えられますよね。『海岸通』もそうですが、伊勢正三さんの作品には、故郷を題材にされたものが意外に多いような気がします。故郷とはそんなものかも知れませんね。


こんな淋しさそれも東京そして生きてゆくため 暖かい愛がなくては冬は越せはしない♪

冬京 風3


楽曲のタイトルは『冬京』と書いて『とうきょう』と読ませていますが、上に引用させて頂いた歌詞には『東京』と表記されています。使い分けられていると言う事は意味があるのでしょうね。東京に限らず沢山の方が集まる都会は人間関係が希薄になりがちですから、上に引用させて頂いたように寂しさを感じる事もあるでしょうね。

沢山の人が集まる都会では犯罪も起こり易くなるのは仕方がない事ですが、近年は私の住む田舎でも凶悪な犯罪が増えています。色々言われる方は多いですが、個人的には人間関係の希薄さが加速してそうなった気がしてならないです。 の『 冬京 』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそこで聴く事が事が出来ます。 

海風海風
(2007/07/04)


商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/11/26 20:33】 |
トラックバック(0) |
9月も終わりだと言うのに暑い一日でした。先日の日曜日が雨の一日でしたので、今日お墓参りに行って来ました。自宅の仏壇を参ろうとふと見ると、コーヒーの香りのお線香が置いていました。試しにつけてみると確かにコーヒーの香りがします。コーヒー好きだった父は喜んでいる事でしょうね。他にもお酒の香りのものもあるそうです。何だか香りだけで酔いそうですね。私の仏前にはユーカリの香りのお線香を妻にお願いしようと思っています。・・・


さて、そんなお話とは無関係なのですが、今日はの『3号線を左に折れ』と言う楽曲を取り上げたいと思います。画像で適当な画像が見つけられず、私の地元の風景を使っていますが、本当は舞台となった所の画像を使いたいと思い、コックン師匠のアルバムも見てみたのですが、画像が余りにも膨大で、適当な画像を見つけるのに挫折してしまいました。・・・



都会に住んでる人達は 時には海へ行きたくなる♪ 


3号線を左に折れ1


この楽曲は1976(昭和51)年11月25日に発売になったアルバム『風/ウィンドレス・ブルー』に収録された楽曲で作詞、作曲が伊勢正三さんによる作品です。楽曲のタイトルになっている3号線とは、福岡県北九州市から鹿児島県鹿児島市へ至る国道3号線の事を指しているものと思われます。


都会に住まれている方の全てが全て、時には海が見たくなる訳ではないでしょうが、この楽曲の都会は、場所が九州ですから、福岡の中心部に住まれている方を指すのでしょうね。普通に考えて東京とか大阪に住まわれている方が海が見たいと言う理由だけで九州まで来られる事は稀だと思います。


忘れさられた海は 波の音さえ 心なしか寂しい♪

3号線を左に折れ2


こちらのサイト様によるとこの楽曲に歌われた3号線は、現在495号線と名前を変えているようです。こちらの地図で言うと国道3号線と495号線の分岐辺りの香住ヶ丘1辺りになるでしょうか?この先には『漢委奴國王』の文字が彫られている金印が発見された志賀島や海の中道海浜公園などがあるのですね。


この楽曲が発売されたのが、1976(昭和51)年ですから、今から32年前の話になるのですね。上に引用させて頂いた歌詞には寂しそうな海の風景が歌われてますが、海の中道海浜公園等は若者のデートスポットになっていると聞いた事がありますので、当時とは風景も全然変わってしまっているのでしょうね。


あの街並が見える 遠くかすんで♪

3号線を左に折れ3


楽曲のタイトルが『『3号線を左に折れ』ですから、楽曲の主人公は福岡の中心部方面から来られたのでしょうね。上に引用させて頂いた歌詞に出て来る遠くにかすんで見える街角は福岡の中心部の事を指されているように思います。街が変わって行くのは仕方がないですが、寂しくもありますよね。


楽曲の内容は、別れた彼女との思い出の場所へ、彼女との思い出を返す為に訪れた男性の心情を歌われたもののようです。個人的には却って思い出して辛いような気がしてならないです。の『3号線を左に折れ』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらで聴く事が出来ます。


windless bluewindless blue
(2007/06/06)


商品詳細を見る


FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/09/23 17:16】 |
トラックバック(0) |


ありんこbatan
正やんの歌ですね~♪
いいですね~!
えーーーーっ?!
32年前の曲?
そんなに・・ですか・・ちょっとビックリです。。
今聴いても全然古臭いとか思わず
それどころか
いつ聴いても新鮮で
自分自身がタイムスリップしてしまうような。。
正やんは最近・・声が出なくて
聴いてるのがつらくなってしまうことがありますが
声帯を大事にされて
もっともっと
歌っていてほしいです。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>正やんの歌ですね~♪
いいですね~!
えーーーーっ?!
32年前の曲?
そんなに・・ですか・・ちょっとビックリです。。
今聴いても全然古臭いとか思わず
それどころか
いつ聴いても新鮮で
自分自身がタイムスリップしてしまうような。。

驚きですよね。今聴いても新鮮なのですが、年月が経つのは早いものです。・・

>正やんは最近・・声が出なくて
聴いてるのがつらくなってしまうことがありますが
声帯を大事にされて
もっともっと
歌っていてほしいです。。

元々、お声の方も大きくない方ですから、厳しいのかも知れませんね。本当に無理をせずにやって頂きたいですよね。


コメントを閉じる▲
今日も暖かな一日でした。25日(火)に県の標準木のソメイヨシノが開花したようです。花見には少し早いですが、週末に少し早い桜を楽しむのも良いかも知れませんね。

前フリとは何の関係も無く今日はの『ささやかなこの人生』を取り上げたいと思います。



はなびらが散ったあとの 桜がとても冷たくされるように♪


ささやかなこの人生1



この楽曲は1976(昭和51)年6月25日に発売された風の3枚目のシングルに収録された楽曲で作詞、作曲とも伊勢正三さんの作品です。このシングルのB面は『時には』と言う楽曲でこちらはで大久保一久さんによる作品です。このシングルはシングル・チャートで最高16位を獲得され、このシングルは20.7万枚を売り上げたようです。


これから桜の季節を迎え、春も本番となる訳ですが、花が咲いている間の桜の木の下には沢山の方が集われ、お花見が盛んになりますが、上に引用させて頂いた歌詞にあるように、それを過ぎると誰も近づく事もないですよね。でも、このフレーズを喩えとして使うにはこの後に続くフレーズがおかしいような気がしないでもないです。


誰かを愛したその日には例えばちっぽけな絵葉書にも♪

ささやかなこの人生2


この楽曲はシングルだけの企画で、アルバムはベスト盤にしか収録されていないようです。この楽曲がヒットした頃、私は中学生だったのですが、この楽曲のイントロのギタ-が格好良くそれまでのフォークソングのイントロとは違っていました。私はコピーしませんでしたが、中学の同級生の中にはコピーしている方も多かったです。


上に引用させて頂いた歌詞のフレーズは良く理解できます。恋をすると言うのは感性が豊かになりますよね。これは男女間の恋愛に限らず何かに夢中になったり、熱中したりしている時は、そんな心理になり易いような気がします。そう考えると気持ちの持ち方と言うのは生きる上で大切な事なのかも知れません。


喜びとか悲しみとかの 言葉で決めて欲しくはない♪


ささやかなこの人生3



中学や高校の頃は、傷付き、苦しみながらも将来に夢を持っていた訳ですが、平均寿命から考えると折り返し地点は過ぎて、後の人生が見える年代になってしまいました。ささやかな人生と言うよりはちっぽけな人生だったかも知れませんが、上に引用させて頂いた歌詞のように他の方からとやかくは言われたくはないですよね


不透明で不確実な世の中ですが、自分達だけはそうではないと思われているのか、他の方の人生について偉そうに言われる方多過ぎるような気がします。責任が持てないなら、言う事も控えれば良いと思うのですが・・・ の『ささやかなこの人生』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。



COMPLETE BESTCOMPLETE BEST
(2000/09/21)
風、大久保一久 他

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/03/27 20:29】 |
トラックバック(0) |

こんにちわ♪
アプル
だいぶ落ち着かれたようで良かったです。
でもすなおさまが居るのでいいですよね。
子こあらさまのメールでまだ実感がないとの事です・・・
心配しております。

関東も満開の桜はありますが・・・今週はまた
お天気が悪いようなので風が吹かなければ
長く楽しめるね~と言っています。
でも本当に不思議なお花ですよね。きっと咲いている時期が
短いからそう思うのでしょうか。


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
こちらも開花宣言してから少しずつですけど桜咲いてますよ~(^O^)。
でもちょっと花冷えで寒いですね。
暖かかったらお花見に持ってこいですね~(^ε^)。

Re:こんにちわ♪
親こあら
アプル様

>だいぶ落ち着かれたようで良かったです。
でもすなおさまが居るのでいいですよね。
子こあらさまのメールでまだ実感がないとの事です・・・
心配しております。


有難う御座います。ご心配をお掛けして申し訳ありません。子こあらの方も落ち着きを取り戻しましたので大丈夫です。^^

>関東も満開の桜はありますが・・・今週はまた
お天気が悪いようなので風が吹かなければ
長く楽しめるね~と言っています。
でも本当に不思議なお花ですよね。きっと咲いている時期が
短いからそう思うのでしょうか。

関東の方そうみたいですね。長く楽しめると良いですね。^^



親こあら
しのぶさん今晩は!!

>こちらも開花宣言してから少しずつですけど桜咲いてますよ~(^O^)。
でもちょっと花冷えで寒いですね。
暖かかったらお花見に持ってこいですね~(^ε^)。

そうですか^^そろそろ花見シーズンですよね。そうですね。でも、暖かかったら散るのも早いでしょうから難しい所ですね。


らっこ
ワンコーラスで胸がつまります。

どこか一ヶ所間違えて覚えてしまい直りません。


親こあら
らっこさんどうもです^^

>ワンコーラスで胸がつまります。

どこか一ヶ所間違えて覚えてしまい直りません。

確かにそういう事ってありますよね。^^


ありんこbatan
風の曲は
どれも思い出深くて
聴いてると泣けてきちゃうものが多いんです。
これは
大学生の時、大学祭の実行委員をしてた頃の思い出ソングです。
授業には出なくても
実行委員の事務室には来てるって人が何人もいて
そういう人のひとりが
よ~く歌ってました。
教科書は持って来ない(買ってもいなかったかも。。)のにギターだけは持ってきてて・・。。
これを聴くたび
あの先輩の中途半端に伸びた髪の毛と
薄汚れたGパンが瞼に浮かびます。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>風の曲は
どれも思い出深くて
聴いてると泣けてきちゃうものが多いんです。
これは
大学生の時、大学祭の実行委員をしてた頃の思い出ソングです。
授業には出なくても
実行委員の事務室には来てるって人が何人もいて
そういう人のひとりが
よ~く歌ってました。

学祭の実行委員をされていたのですが^^それは大変でしたね。

>教科書は持って来ない(買ってもいなかったかも。。)のにギターだけは持ってきてて・・。。
これを聴くたび
あの先輩の中途半端に伸びた髪の毛と 薄汚れたGパンが瞼に浮かびます。。

時代を感じますね。^^その方も当時の事を懐かしまれているかも知れないですね。^^


コメントを閉じる▲
今日もぽかぽかして暖かい一日で、良いお天気でした。今日は靴の記念日らしいいのでの『男は明日はくためだけの靴を磨く 』を取り上げたいと思います。


夕暮れの街並みが少しずつ暗くなってゆくひとりの男が♪

男は明日はくためだけの靴を磨く1




この楽曲は1975(昭和50)年 6月5日に発売された『風ファーストアルバム』に収録された楽曲で作詞・作曲が、伊勢正三さんによる作品です。普通、アルバムタイトルと言うのは収録曲のひとつであったり、何らかのコンセプトが感じられるものが多いのですが、そのままファーストアルバムとされたのも珍しいような気がします。

楽曲の主人公の男性が何の職業に就かれているのかは、判りませんが、多分、定刻に帰宅されている感じです。サービス残業が横行する現代では、毎日、定刻に帰れる職業と言うのは限定されているのかも知れないですね。ある意味まだまだのんびりした時代だったのかも知れません。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来るく『ひとりの男』がこの楽曲の主人公で、物語かドラマのナレーションを聞いているかのような歌詞なのですが、自分自身の事を歌われているのでしょうね。普通、楽曲の主人公の視点で歌詞が展開する場合が多いのですが、この楽曲の場合は少し変わった表現方法をとられています。


これからのことは解らない 男は明日はくためだけの靴を磨く ♪

男は明日はくためだけの靴を磨く2


この楽曲を作られた伊勢 正三さんは1951(昭和26)年 11月13日のお生まれですから、このアルバムが発売された年に24歳になられたようです。伊勢 正三さんが何歳でご結婚されたのかは調べても判りませんでしたが、ご自身が一人暮らしをされていた時の事を歌われたのでしょうかね。


人間生きていると色々な事があります。考えても仕方が無い事を色々と悩んでしまう事もありますよね。でも、自分を追い詰めるだけでは何の解決にもならない事もあります。明日は明日の風が吹く・・それ位に考えているのが一番良いのかも知れないですね。


上に引用させて頂いた歌詞からすると男性が履かれているのは革靴なのでしょうね。スニ-カーとかは普通磨きませんよね。毎日に磨かないといけないほど、靴が汚れるのか、綺麗好きなのかは判りませんが、単に靴を磨くと言う行為を表現されているだけではなく、男性の生活そのものの比喩表現とも解釈出来ますよね。


男なら夢のひとつくつがえすこともできるし 夢からさめたらまた ♪

男は明日はくためだけの靴を磨く3



男だから、女だからと言う風な性別による基準は昔に比べると、少なくはなっているものの、生活していく上で色々規制がありますよね。この歌を聴いていると『その日暮らし』と言うネガティブな言葉が過ぎります。でも、考えてみると時代が時代だけに明日は判らないと言うのを感じる今日この頃です。


この楽曲が発売された頃に子供時代を過ごした私たちは大人達から夢をもつ事を言われ続けたような気がするのですが、現在の若者達は、子供の頃に夢を見ることを諦めさされて現実に目を向ける事のみを大人達が言われていたような気がします。それだけ世知辛い世の中になったと言う事なのでしょうね。


私が若者と接して感じる事は、子供の頃から現実を志向で来たのに、現実はそれ以上に厳しい状況になっていて、それすら叶い難くなり、無気力化に繋がっているのいではないかと言う事です。の『男は明日はくためだけの靴を磨く』はこちらから少しだけですが、試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。


ファーストアルバムファーストアルバム
(1994/11/05)


商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/03/15 19:45】 |
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
こういうタイトルの曲ってあるんですね~。
ある意味インパクトがあります。
でも男性がはかれている革靴カッコイイと思います。
お仕事ガンバっておられるんだなぁと…。
というわけでまた明日からお仕事ガンバって行きましょう~!!


親こあら
しのぶさん今日は!!

>こういうタイトルの曲ってあるんですね~。
ある意味インパクトがあります。

長いし確かにインパクトがあるタイトルですよね。^^

>でも男性がはかれている革靴カッコイイと思います。
お仕事ガンバっておられるんだなぁと…。
というわけでまた明日からお仕事ガンバって行きましょう~!!

そうですね。^^お互い頑張っていきましょうね。^^


この曲って渋いよね!
お江戸で小猿!
風の中でも良い曲を取り上げましたね!伊勢さんの現在の奥様は私と小中学校時代の同級生です。古谷野とも子さんという、とても美人で一時期シンガーソングライターとして、メジャーデビューし活動していました。良かったら、一度お聞きになって、こちらのブログで紹介してあげてくださいね!

Re:この曲って渋いよね!
親こあら
お江戸で小猿!さんどうもです^^

>風の中でも良い曲を取り上げましたね!伊勢さんの現在の奥様は私と小中学校時代の同級生です。古谷野とも子さんという、とても美人で一時期シンガーソングライターとして、メジャーデビューし活動していました。

そうですか^^それは羨ましいですね。

>良かったら、一度お聞きになって、こちらのブログで紹介してあげてくださいね!

お名前は聞いた事はあるのですが、曲自体を聴いた事がないし、少し検索しても詳しい情報が判りませんでしたので、また、宿題と言う事にさせて下さい。^^


そうですか、残念!
お江戸で小猿!
古谷野さんの曲に関しては確かに探しにくいかもしれませんね。私も福岡の実家に帰れば全てのアルバムが保管されていますが、今では全く聞く機会も無く、たまに彼女も交えて昔の仲間と集まると、皆でカラオケで「ささやかなこの人生」とか歌っていますよ。
ところで意外な接点としては彼女は高校時代にデビューして厳しい私立のカソリックの高校を退学になりましたが、当時地元で所謂メンタイロックの代表格だった椎名誠さんのサンハウスでキーボードをやっていたこともあるんですよ!
この椎名誠さんがあの通り大柄で恐持てなのに、優しくて面倒見が良くて、私達にも「お前達も一緒に音楽せんや~?」とか声をかけられたこともあるんですよ。(シーナ&ロケッツの椎名誠さんのことです。)

名前間違えました!
お江戸で小猿!
×椎名誠⇒○鮎川誠です。訂正します(笑)!

Re:そうですか、残念!
親こあら
お江戸で小猿!さんどうもです^^


>古谷野さんの曲に関しては確かに探しにくいかもしれませんね。私も福岡の実家に帰れば全てのアルバムが保管されていますが、今では全く聞く機会も無く、たまに彼女も交えて昔の仲間と集まると、皆でカラオケで「ささやかなこの人生」とか歌っていますよ。

レコードとかは保管が大変ですから実家に置かれたままの方と言うのは案外多いのかも知れませんね。「ささやかなこの人生」も良い楽曲ですよね。

>ところで意外な接点としては彼女は高校時代にデビューして厳しい私立のカソリックの高校を退学になりましたが、当時地元で所謂メンタイロックの代表格だった鮎川誠さんのサンハウスでキーボードをやっていたこともあるんですよ!
この鮎川誠さんがあの通り大柄で恐持てなのに、優しくて面倒見が良くて、私達にも「お前達も一緒に音楽せんや~?」とか声をかけられたこともあるんですよ。(シーナ&ロケッツの椎名誠さんのことです。)

福岡と言うのは色々なアーティストの方を輩出されていますから、意外な方同士の接点て知らないだけで沢山あるのかも知れないですね。^^

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。