温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も寒い一日でした。今週は土日が休みだったのですが、来週は残業も多く、土曜日も休日出勤なので、音楽紹介の記事を昨日から書いていたのですが、今の所、火曜日分までしか完成して居りません。ブログ更新後土曜日までの記事を書こうと思っているのですが時間的に出来るかどうか・・仕事が忙しいのは有難い事なのですが、精神的にも肉体的にも厳しくなっています。・・場合によったら、来週は更新をお休みさせて頂く日が出て来るかも知れません。

さて、今日 はさとう宗幸さんのお誕生日ですので、『岩尾別旅情』を取り上げたいと思います。 


北の涯知床の吹く風は冷たく波荒いオホーツクに白い鴎は遊ぶ♪ 

岩尾別旅情1

この楽曲は、1978(昭和53)年11月21日 に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞、作曲が さとう宗幸 さんによる作品だです。このシングルのB面は『想い出のイマジン』と言う楽曲でこちらは、作詞が阿部 淳さん、作曲が さとう宗幸さんによる作品です。B面の『想い出のイマジン』はタイトルから推測出来ますが、ジョン・レノンさんの事を歌われたようです。


楽曲の舞台になっている岩尾別とは、北海道斜里郡斜里町字岩尾別の事を指すようです。この斜里町には、岩尾別川と言うオホーツク海に注ぐ二級河川があり、アイヌ語で「硫黄が流れる川」という意味を持つそうです。上に引用させて頂いた歌詞に出て来る風景は如何にも寒そうですが、この町には温泉もあるようです。


友と語る知床の岩尾別の宿よ静かに雨降る夜の思い出はもう消えぬ♪ 』

岩尾別旅情2


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『岩尾別の宿』とは、『知床岩尾別ユースホステル』の事を指すようです。様々な宿泊施設に宿泊した事がありますが、ユースホステルと呼ばれる宿泊施設に宿泊した経験がありません。通常であれば、他の宿泊客と話をする事は他の宿泊施設では殆どないようですが、ユースホステルと呼ばれる宿泊施設は違うようです。


学生時代は、一人暮らしをしていた事もあり、下宿やアパーとで友人と語り明かす事はありましたが、社会人になるとそう言う事も少なくなりました。旅先のユースホステルで語り合うと言うのも後々、思い出に残るのでしょうね。学生時代はそれなりに忙しくしていた訳ですが、時間を作り一人旅も出来た筈ですが、クラブ活動に感けてそうする事もありませんでした。


いつの日かまた会えると笑顔で別れてきた君の声が今も聴こえる♪ 

岩尾別旅情3

友人と言うと幼い頃は、同級生が中心だったりするのですが、年を経るに従って、年上、年下の友人も出来たりします。上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『君』は、歌詞からすると、旅先のユースホステルで知り合った友人だったのでしょうね。同じように一人旅をしていて、宿泊先で何度か顔を合わせるうちに親しくなったのかも知れませんね。

ユースホステルに宿泊される方の多くは、アウトドアー志向の方が多かったでしょうから、趣味が同じと言うのは意気投合し易いのかも知れません。同じ趣味、趣向であれば、多少の意見の違いはあっても心が通じ易いのは確かではありますよね。さとう宗幸さんの『岩尾別旅情 』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。

青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い
(2003/10/01)
さとう宗幸

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/01/25 18:39】 | さとう宗幸
トラックバック(0) |


しのちゃん
こんばんは~(^-^)。
今日も寒かったですねぇ。
朝は特に寒かったです。
雪は降らなかったですけど。
この寒さにはまいりますねぇ。
私も旅行行きたいですぅ。
当初と目的は変わったんですけども。
エドさんの追っかけ旅行したいですねぇ。
やっぱり東京でしょうか。
またエドさんファンの人達と出会いたいです。
そのためには貯金あるのみです。
ガンバりま~す!
ところで親こあらさんお仕事お忙しくなるようで、無理なさらないように、体に気をつけてガンバって下さいね。
またブログを楽しみにしていますよぉ☆

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃん さん今晩は!!

> こんばんは~(^-^)。
> 今日も寒かったですねぇ。
> 朝は特に寒かったです。
> 雪は降らなかったですけど。
> この寒さにはまいりますねぇ。
> 私も旅行行きたいですぅ。
> 当初と目的は変わったんですけども。
> エドさんの追っかけ旅行したいですねぇ。
> やっぱり東京でしょうか。
> またエドさんファンの人達と出会いたいです。
> そのためには貯金あるのみです。
> ガンバりま~す!

追っかけ旅行も良いですね。行き先が東京なら両方楽しめるかも知れませんね。

> ところで親こあらさんお仕事お忙しくなるようで、無理なさらないように、体に気をつけてガンバって下さいね。
> またブログを楽しみにしていますよぉ☆

有難う御座います。しのちゃんさんも頑張って下さいね。


コメントを閉じる▲
今日も時折、雪が舞い冷え込む一日でした。帰宅してパソコンでニュースを観ていると信じられないニュースが飛び込んで来ました。ご存知の方も多いかと思いますが、今、問題になっている、道路特定財源が公務員官舎の建設費や娯楽用のバットやグローブの購入費に充てられていたそうです。

先日、テレビで道路の整備が進んでいない地方の方々が道路特定財源の暫定税率を延ばす署名運動をされているのを観ました。テレビではどれだけ不便で危険なのかをアピールされていて、その切実さは理解できたのですが、こんな使われ方をしているので、実際問題どれだけ道路建設に役立てられているのか疑問です。


何方かが環境問題に結び付けて暫定税率の大切さを説かれていましたが、自然に配慮したものではなく、公務員様の生活環境を守る為だったのですね。大手の企業でさえ自前の社宅等を廃止する動きの中、公務員官舎って必要なのでしょうかね?民間のアパートやマンションに給料の中から支払って入居すれば良いと思うのは私だけなのでしょうか?

さて、今日は歌手の さとう宗幸さんのお誕生日でもあらせられるそうで、今日は、さとう宗幸さんの『萌ゆる想い』を取り上げたいと思います。



ゆるやかな坂道をのぼりつめたこの広場で♪


萌ゆる想い1



この楽曲は1981(昭和56)年4月5日に発売された、さとう宗幸さんの6枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲のB面は『君のいる風景』と言う楽曲で両面とも作詩・作曲が さとう宗幸さんによる作品です。楽曲の内容は上に引用させて頂いた歌詞にある場所で知り合った女性への熱い思いと言うか恋心を綴ったもののようです。歌詞には男性の想いだけで、二人が何処まで進展したかまでは歌われていないようです。


緩やかな坂道で登りつめた所に広場ある場所と言うのは何処なのでしょうかね。『人の波に揉まれ』ていることから考えると渋谷のスペイン坂辺りなのでしょうか?それともさとう宗幸 さんですから、観光シーズンの青葉城なのでしょうか?何れにせよそんなに沢山の人がいる中で好みの女性を見つけたとしても、そこから恋愛に発展するには、まずナンパから始めないといけませんよね。



眠れぬまま時は過ぎ彷徨い歩く夜の道♪


萌ゆる想い2



この楽曲は1981(昭和56)年4月17日~1982(昭和57)年3月26日にTBS系列で放映されたテレビの学園ドラマ『2年B組仙八先生』の主題歌でもありました。このドラマでこの楽曲を歌われた さとう宗幸さんは、宮城県仙台市から赴任してきた伊達仙八郎と言う先生役で出演されていました。この楽曲が主題歌になったドラマはに『3年B組金八先生』の姉妹編して製作されたものです。


楽曲のタイトルの『萌ゆる想い』 の『萌え(ゆ)る』は辞書的な意味で言えば『草木が芽を出す。芽ぐむ』と言う意味なので、草木が芽を出すような想いと言う意味に解釈すれば良いのでしょうかね?上に引用させて頂いた歌詞からすると相手の女性の事ばかり考えて眠れない日々が続いたのでしょう。そんな気持ち良く判ります。そう言えば何年か前の流行語に『萌え』と言うのがありましたよね。


夢見たものが知らぬ間に淡く消える事がある♪


萌ゆる想い3


形あるものは何時か壊れるし、永遠と言うのは存在しないものですが、知り合った女性に夢中になられている割には上に引用させて頂いた上の歌詞からすると、冷静な一面をこの男性は持たれているのではないかと感じました。若い時なら、そのまま突っ走ってしまう感情を抑えつつ、でもしかし、相手の女性に対する『萌ゆる想い』 は強いと言う大人の恋愛を感じさせます。 


この楽曲を歌われた さとう宗幸さんは、1949(昭和24)年1月25日のお生まれですから、この楽曲が発売された時は、32歳で、今日で59歳になられるようです。お誕生日おめでとう御座います。それにしても、この国には『萌ゆる想い』でこの国を良くしようと考えている為政者や経営者の方は居られないものなのでしょうかね?さとう宗幸さんの『萌ゆる想い』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。


青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い
(2003/10/01)
さとう宗幸

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/01/25 23:19】 | さとう宗幸
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
毎日寒~いですね~。
ところで私もニュースで観ました。
???ですよ。正直…。
やはり日本は役人天国だと…国民は原油高の値上げで苦しんでいるのにまだ取るかと…。
確か恒久減税は廃止したんでしたっけ。
でまぁ国のやり方はつくづく汚いですね。
それに道路も本当に必要なところで作ればいいのであって無駄な道路は作らない。
そんな簡単なことができないんですなぁ。
それに総理大臣も国民を観ないで国会議員のご機嫌しかとっていないのがミエミエですわ。
と言ったところでどうしようもないですね。
まぁどっちにしても自分らのことを節約しない限りは無理ですね。ハイ…。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>毎日寒~いですね~。
ところで私もニュースで観ました。
???ですよ。正直…。
やはり日本は役人天国だと…国民は原油高の値上げで苦しんでいるのにまだ取るかと…。

冬だから仕方がないですが、本当にそうですよね。自分達の為だけに利権を守るのには呆れるばかりです。

>確か恒久減税は廃止したんでしたっけ。
でまぁ国のやり方はつくづく汚いですね。
それに道路も本当に必要なところで作ればいいのであって無駄な道路は作らない。
そんな簡単なことができないんですなぁ。
それに総理大臣も国民を観ないで国会議員のご機嫌しかとっていないのがミエミエですわ。
と言ったところでどうしようもないですね。
まぁどっちにしても自分らのことを節約しない限りは無理ですね。ハイ…。

地方の中小企業とかも困るとか言われていますが、護送船団方式のやりかたが未だに残っている所が多いと言う事でしょうね。近い将来、国が沈没しようとどうしようと彼らには関係がないのでしょうね。



コメントを閉じる▲
今日7月7日は七夕です。現在こちらでは雨は降っていないのですが、先ほど空を見たら星が見えない状況でした。七夕に因み今日の1曲目は さとう宗幸さんの『青葉城恋唄』を取り上げたいと思います。 


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。



広瀬川流れる岸辺 想い出は帰らず♪

青葉城恋唄1


この楽曲は、1978(昭和53)年5月5日に発売された さとう宗幸さんのメジャーデビューシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が星間船一さん、作曲が さとう宗幸さんによる作品です。このシングルのB面は『昔きいたシャンソン』と言う楽曲でこちらは作詞、作曲が さとう宗幸さんによる作品です。


このシングルはシングルチャ-トで最高5位を獲得され、84.9万枚を売り上げるヒットとなり、さとう宗幸さんは第7回FNS歌謡祭の最優秀新人賞、第11回日本有線大賞の有線大賞新人賞最優秀賞、第11回全日本有線放送大賞の新人賞、第20回日本レコード大賞の新人賞等を受賞され第29回NHK紅白歌合戦に初出場を果たされようです。


七夕の飾りは揺れて 想い出は帰らず♪ 

青葉城恋唄2



この楽曲を作詞された星間船一さんは第11回日本作詞大賞で大賞を受賞されたようです。この楽曲は さとう宗幸さんがDJを務められてていたNHK仙台FMの番組「FMリクエストアワー」の「作詞・作曲コーナー」に送られてきた詞に、さとう宗幸さんがメロディーをつけられてて出来た楽曲だったようです。


FMリクエストアワーと言うのは各地のNHKで放送されていたのでしょうかね。私も中学生の頃は地元のNHKFMのFMリクエストアワーにリクエストを出したり、公開放送を観にいったりしたものですが、地元のFMに限らず、FM番組のコーナーからヒット曲が出ると言う事は他には殆ど聞いた記憶がありません。


吹く風やさしき杜の都 あの人はもういない♪ 

青葉城恋唄3




歌詞に出て来る広瀬川とは名取川水系の支流で仙台城(青葉城)の周りと仙台市街をめぐる川だそうです。今日7月7日は七夕なのですが、新暦の今日と旧暦の8月7日に行われる所があるようです。歌に出て来る仙台市の仙台七夕まつりは旧暦で行われ、今年は8月6日、7日、8日に行われるようです。



最近では、HIP HOPアレンジのものや、中国語(?)で歌われた『青葉城恋唄』があるそうです。オリジナルの さとう宗幸さんが歌われる『青葉城恋唄』はこちらから、胡兵さんの歌われる中国語(?)バージョンの『青葉城恋唄』はそちらから少しだけ試聴が出来ます。CUZSICKさんの歌われるHIP HOPアレンジの『青葉城恋唄21』は試聴サイトが無くなっていました。

青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い 青葉城恋唄/岩尾別旅情/萌ゆる想い
さとう宗幸 (2003/10/01)
キングレコード

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/07/07 20:57】 | さとう宗幸
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
そういえば七夕だったんですね。
といってもいつもと変わらなかったです。
テレビではなんやかんやと企画をしておりましたが…
でも梅雨だから最近は曇りや雨が多いから
そんなに星は見えないですよね。
そういえばこの曲が発売された当時は
アニメに夢中になっていた頃なんで
当然この曲が発売されたなんて知らなかったです。(当たり前だ(^-^;))
でもこの曲って時代を越えて歌い継がれているからそんなに古さはカンジないですね。
やはり名曲だからでしょうね。
最近はあまりラジオで聴かないですけど
またかかるでしょうね(^o^)。
というわけで(-_-)zzz。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>そういえば七夕だったんですね。
といってもいつもと変わらなかったです。
テレビではなんやかんやと企画をしておりましたが…

小さなお子様が居られない所は普通にそうなのではないでしょうkね。

>でも梅雨だから最近は曇りや雨が多いから
そんなに星は見えないですよね。
そういえばこの曲が発売された当時は
アニメに夢中になっていた頃なんで
当然この曲が発売されたなんて知らなかったです。(当たり前だ(^-^;))

そうでしょうね。しのぶさんの年代の方で当時の事を記憶されていたらそれは恐いかも知れませんね。

>でもこの曲って時代を越えて歌い継がれているからそんなに古さはカンジないですね。
やはり名曲だからでしょうね。
最近はあまりラジオで聴かないですけど
またかかるでしょうね(^o^)。

どうなのでしょうかね。以前ほど音楽を流している番組は多くないですよね。

No title
コメット
親こあらさん、こんにちわ。


この曲はやはり時代を超えて歌い継がれる名曲なのですね・・・。この曲が巷に流れていたころ、私は高校生でしたがこの曲は私たちよりも上の世代に受けていたようです。
さとう宗幸さんは当時の歌本には「杜の都の吟遊楽人」と書いてありましたね。吟遊楽人て世界史の教科書や参考書に載っていましたが・・・ということで当時私は受験生で開始されて間もない「共通一次試験」なんかの洗礼を受けなければならない頃でした。後にT大に合格したS君たちが私の家に来て、一緒に世界史なんかの勉強をしたときに流れていたのもこの曲です。
この曲ってなんとなく当時の受験生に耳に心地よく響いたものてせしたね。 

Re: No title
oyakoala
コメットさん今晩は!

> 親こあらさん、こんにちわ。
>
>
> この曲はやはり時代を超えて歌い継がれる名曲なのですね・・・。この曲が巷に流れていたころ、私は高校生でしたがこの曲は私たちよりも上の世代に受けていたようです。

やはり、曲自体が、昔をと言うか過去を振り返る内容ですから、その年代の方により多く受け入れられたのかも知れませんね。

> さとう宗幸さんは当時の歌本には「杜の都の吟遊楽人」と書いてありましたね。吟遊楽人て世界史の教科書や参考書に載っていましたが・・・

そう書かれていたのは私も見た記憶があります。実際の吟遊詩人は違ったのでしょうが、言葉として格好よかったからそう喩えられたのかも知れませんね。

>ということで当時私は受験生で開始されて間もない「共通一次試験」なんかの洗礼を受けなければならない頃でした。後にT大に合格したS君たちが私の家に来て、一緒に世界史なんかの勉強をしたときに流れていたのもこの曲です。
> この曲ってなんとなく当時の受験生に耳に心地よく響いたものてせしたね。 

それまでに無かった制度だったので、受験生だけでなく、教師も当時は戸惑われたでしょうね。少し上の年代の方は、共通一次が始まるから、浪人を諦めた方も居られたようです。やはり、歌われた方の声が優しかったからそう聴こえたかも知れませんね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。