温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はかなり冷え込みました。今日も朝からバタバタしていた訳ですが、年末が近いと言う事もあるのでしょうが、何処も人でごった返していました。休みの日が終わるのは早く、明日からの事を考えると憂鬱になります。さて、今日のクリスマス・ソングは、チューリップの『Someday Somewhere』を取り上げたいと思います。


誰かに聞いたよ別れてしまったと せっかくのクリスマスなのに♪ 

Someday Somewhere1


この楽曲は、1979(昭和54)年 7月20日に発売された、チューリップの2枚組みのアルバム『Someday Somewhere』の最後に収録された楽曲で作詞、作曲が財津和夫さんによる作品です。アルバムと同じ名前と言う事はアルバムタイトル曲と言うことでしょうね。日本語で言うと『何時か何処かで』と言う事になりますが、個人的には日本語の方が響きとしては好きです。


後に続く歌詞を読むと、楽曲の主人公が上に引用させて頂いた歌詞で話し掛けているのは、幼馴染の女性のようです。誰かに聞いた話ですから、間違っている可能性もありますし、聞いたとしても本人に確かめるには勇気が要りますよね。幼馴染だから、男女と言う枠を越えて言える台詞のようにも思えますが、楽曲の主人公は女性に好意を持たれているようです。


いつからだろうねサンタクロースがこの世に居ない事を知ったのは♪

Someday Somewhere2

楽曲の主人公相手の女性に好意を持っているのに、打上げる事もせず、クリスマスだからセーブしていたようです何時か、誰かが、何処かで君を待っていると言う真相心理はどうなのでしょうか?そう言いながら、その誰かは自分自身だとは言えなかったのかも知れません。幼馴染故に、子供の頃から知っている事も多いでしょうからその辺りが難しいのかも知れないですね。

上に引用させて頂いた歌詞を見ると、小学生の何年生だったでしょうか?同級生の一人がサンタクロースの正体は親だったと話していたのを思い出します。そんな話題がテレビドラマでもありましたが、知った時はかなりショックでした。もっと幼い頃は人が入って来れる様な大きな煙突もない我が家にどうやってサンタがやって来るのか不思議で仕方がありませんでした。


Someday Somewhere SomePlace 何時か何処かにきっと誰かが君を待っている♪

Someday Somewhere3


最初の歌詞で『せっかくのクリスマスなのに♪』と歌われていますが、楽曲の主人公も、一緒に過ごす相手が居なかったのでしょうね。でも、昔のドラマとかでは三角の帽子を被った父親が千鳥足でクリスマスケーキを持っているシーンが多かったように思うのですが、何時の時代からかドラマとか歌の世界では恋人同士が愛を確かめ合う日に変わってしまいました。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公が恋人と別れた幼馴染の女性を慰めているだけのようにも思いますが、彼自身も自分自身にそう言い聞かせていたのではないでしょうかね。しかも相手は幼馴染の彼女の可能性もあります。チューリップの『Someday Somewhere』はこちらで少しだけですが、試聴が出来ます。youtubeではそちらで聴く事が出来ます。



Someday SomewhereSomeday Somewhere
(2007/05/30)
TULIP

商品詳細を見る





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/12/14 18:07】 | チューリップ
トラックバック(0) |


しのちゃん
こんばんは~(^-^)。
今日は、ミクシィで日記を更新してからも
ずっと家にいてました。
あまりにも体が痛いので出かける気持ちがなかったです(^-^;)。
とわりと日曜日は用事で出るので、の~んびりできましたぁ。
親こあらさん同感です。
私も同じこと信じてましたぁ。
でも今は、クリスマスとか誕生日でなくてもプレゼントは、いつもらっても嬉しいで~す(^O^)。


oyakoala
しのちゃんさん今晩は!!

> こんばんは~(^-^)。
> 今日は、ミクシィで日記を更新してからも
> ずっと家にいてました。
> あまりにも体が痛いので出かける気持ちがなかったです(^-^;)。
> とわりと日曜日は用事で出るので、の~んびりできましたぁ。

筋肉痛になられたのでしょうか?そんな時はゆっくり休むのが一番ですよね。

> 親こあらさん同感です。
> 私も同じこと信じてましたぁ。
> でも今は、クリスマスとか誕生日でなくてもプレゼントは、いつもらっても嬉しいで~す(^O^)。


確かにそうですよね。^^嬉しいものです。^^

リクエストしま~す(^o^)。
しのちゃん
こんにちは~(^-^)。
エドさんの「グーグーSunバ!」をリクエストしま~す(^○^)。
親こあらさんのご都合が良い時に取り上げて下さいね~。
よろしくお願いしま~す(*^^*)。

Re: リクエストしま~す(^o^)。
oyakoala
しのちゃんさん今晩は!!

> こんにちは~(^-^)。
> エドさんの「グーグーSunバ!」をリクエストしま~す(^○^)。
> 親こあらさんのご都合が良い時に取り上げて下さいね~。
> よろしくお願いしま~す(*^^*)。


リクエスト有難う御座います。時間をみて応えさせて頂きますので、少し日にちを下さい。^^


コメントを閉じる▲
今日から12月ですが、昼間は暖かでした。今日は映画の日でもあるそうなので、今日はチューリップの『I am the Editor (この映画のラストシーンは、ぼくにはつくれない) 』を取り上げたいと思います。


行ってしまえよ君なんて 最終電車はあと5分♪

I am the Editor 1


この楽曲は1980(昭和55)年7月21日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『The 21st Century Hobo』と言う楽曲で両面とも作詞、作曲が財津和夫さんによる作品です。このシングルは、シングル・チャ-トで最高34位を獲得され、このシングルは4.8万枚を売り上げたようです。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公の男性は、彼女と喧嘩でもしたのでしょうかね。歌詞の内容は飽くまでも、男性の視点のみで、どうしてそう言うに至ったか等が歌われていません。状況によっても違うでしょうし、相手の女性の性格によっても、物語の展開は変って来てしまうような気がします。


赤いシグルナルが見えてたのに渡ってしまったね君の元へ♪

I am the Editor 2


この楽曲が発売された年、ドラムスの上田雅利さん、ベースの吉田彰さんが相次いで脱退され、ドラムスに伊藤薫 さん、ベースに宮城伸一郎 さんを迎え、チューリップは、第二期に入られたようで、この第二期の最初に発売されたのがこのシングルだったようです。バンドも中々継続するのが難しいのでしょうかね。

歌詞は、男性から女性に別れを告げたものですが、時期が時期だけに、脱退されたお二人の事を女性に比喩されたのかも知れません。上に引用させて頂いた歌詞からすると、最初から彼女との別れを彼は予見していたと言う事なのでしょうか?何事にもタイミングがありますが、その判断は難しいですよね。


I am the Editor この映画のラストシーンは、ぼくにはつくれない♪

I am the Editor 3

楽曲のタイトルや歌詞に出て来る『Editor』を辞書でひくと『1 雑誌・書籍などの編集者。2 映画フィルムの編集者。3 コンピューターで、文章やソースプログラムなどを書くときに使われる、文字データの作成・編集用ソフト』と書かれています。歌詞にも出て来るようにこの楽曲の場合は2番の意味になります。

映画フィルムの編集者の方だけで、全てを作る訳ではないので、ラストシーンが作れないのは当たり前のような気がしないでもないです。チューリップの『I am the Editor (この映画のラストシーンは、ぼくにはつくれない)』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。

Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 ~Mature DaysTulip おいしい曲すべて 1972-2006 ~Mature Days
(2006/09/21)
チューリップ

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/12/01 21:26】 | チューリップ
トラックバック(0) |
今日のラストはチューリップの『魔法の黄色い靴 』で締めたいと思います。



君 僕の靴を捨てて逃げ走っても ほらね 僕の靴は君をつれてくるよ♪


魔法の黄色い靴1



この楽曲は1972(昭和47)年6月5日に発売された チューリップ のデビューシングルに収録された楽曲でこのシングルのB面は『ハーモニー』と言う楽曲で両面とも作詞・作曲が財津和夫さんによる作品です。このシングルはシングル・チャ-トで最高98位を獲得され、このシングルは2000枚しか売れなかったようです。


上に引用させて頂いた歌詞にあるような靴が実際にあったら怖いですよね。仮定の話だとしても女性側が逃げ出すと言う事は大抵の場合、嫌になって出て行くのでしょうから、女性側の気持ちを無視して連れ帰ったとしても、余り気持ちの良いものではないと思うのは私だけなのでしょうかね。


大きな海を 川を越えて 僕のちっちやなちっちやな家までかえってくる♪

魔法の黄色い靴2


この楽曲は1993(平成5)年に ダイドー「ブレンドコーヒー」のCMソングに起用され、1993(平成5)年3月24日に シングルとして再発売さたようです。この時のカップリング曲は『虹とスニーカーの頃』と『青春の影』と言う2曲だったようです。この時はシングルチャ-トで最高38位を獲得され11.7万枚を売り上げたようです。


僕の家が何処にあるのか判りませんが、海や川を越えてまで逃げる女性を追いかける必要があるのかどうか疑問です。それに連れて帰って来ると言うことは女性がその靴を履かれると解釈すれば良いのでしょうかね。それとも靴が女性を連行して来ると言う事なのでしょうか?想像すると怖いです。


おお そうだよ  誰にもあげない魔法の靴さおお そうだよ♪

魔法の黄色い靴3
  

そんな靴ならタダであげると言われても私なら欲しくないです。財津和夫さんはこんな魔法の靴があれば良いと思われて作られたのでしょうが、自己チュウだと思うのは私だけなのでしょうかね?相手の意志は無関係なら軟禁しているのと変わりませんよね。しかも、その靴の色は黄色です。



靴屋さんに行ったとしても、子供用の靴を除き、黄色い色の靴はなかなか置いていません。しかも、僕の靴なのですから、成人、男性の靴なのですよね。チューリップ の『魔法の黄色い靴』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。




Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 Young Days~Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 Young Days~
(2006/09/21)
チューリップ

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/03/15 20:05】 | チューリップ
トラックバック(1) |


しのちゃん
親こあらさんどうもで~す(^O^)。
確かに実際この靴があったら怖いです。
でも何だか夢があって良いですね~(^-^)。
ファンタジーは好きです。
ハイ…。


親こあら
しのぶさんどうもです。^^

>確かに実際この靴があったら怖いです。
でも何だか夢があって良いですね~(^-^)。
ファンタジーは好きです。
ハイ…。

そうですか^^かなり現実志向の方だと思っていたのですが、ファンタジーがお好きなのですね。確かにそんな感じもしますよね。^^




うる3世
こんばんは^^

かなり前になりますが、この歌を取り上げてましたので、TBさせていただきました。

売れなかったですが、ファンにとっては、忘れられない歌。デビュー曲ですし。
コンサートでは、アンコールでよく歌われたと思います。
「大魔法の黄色い靴」ってのもありました。これは、ライブ用かもしれません。

やっぱり、ビートルズの影響だと思います。



親こあら
うる3世さん今晩は!!

>かなり前になりますが、この歌を取り上げてましたので、TBさせていただきました。

TB有難う御座います。^^

>売れなかったですが、ファンにとっては、忘れられない歌。デビュー曲ですし。
コンサートでは、アンコールでよく歌われたと思います。
「大魔法の黄色い靴」ってのもありました。これは、ライブ用かもしれません。

やっぱり、ビートルズの影響だと思います。

「大魔法の黄色い靴」なんて言うのがあるのですね。それは存じませんでした。^^


コメントを閉じる▲
昨日、2曲目と言うことで下書きを書いていたのですが、画像を探すのに手間取って日付が変わってしまいましたが、3月14日は安部俊幸さんのお誕生日だったのでチューリップの『博多っ子純情』を取り上げたいと思います。


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです


いつか君行くといい 博多には夢がある♪

『博多っ子純情1


この楽曲は1977(昭和52)年 8月5日に発売されたチューリップのアルバム『WELCOME TO MY HOUSE 』に収録された楽曲で作詞が安部俊幸さん、作曲が姫野達也さんによる作品です。チューリップの楽曲の大半は財津和夫さんによる作品ですから、他のメンバーの方が作られた楽曲は数少ないですよね。


九州は中学の修学旅行以降、行った事がないのですが、行きたい所が何箇所もあります。こんな事を言うと現実をしっかりと見つめなさいよとお叱りを頂きそうですが上に引用させて頂いた歌詞にあるような言われ方をすると『夢』好きの私にとっては行かないといけないと言う思いに駆られてしまいます。


人ごみに身をまかす 黄昏た中洲では♪

博多っ子純情2



1976(昭和51)年 から1983(昭和58)年 まで、「漫画アクション」に連載された長谷川法世先生原作の劇画『博多っ子純情』にもこの楽曲の歌詞が出て来るようです。劇画の方が先ですから、作詞をされた安部俊幸さんがこの原作を読まれて詞を考えられたのでしょうね。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『中洲』も行った事はありませんが、話ではよく聞く有名な場所です。昔、タモリさんが中洲産業大学教授と名乗られていた事を思い出します。中洲産業大学はありそうな感じですがタモリさんが考えられた架空の大学名で、実在する、九州産業大学をモデルにされた訳ではないようです。


山笠は千代町流れ悲しみも押し流す♪

博多っ子純情3



上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『山笠』とは正式名称を『博多祇園山笠』と言い福岡県福岡市で毎年7月に開催される700年以上の伝統のある祭の事を指すようです。かなり、勇壮なお祭りのようで、検索してみると色々なサイトがあるようです。人ごみは苦手ですが、賑やかな雰囲気は嫌いではないので一度は行ってみたいものです。


実は昨年、夏に旅行する前に九州も視野に入れていたのですが、車で行く貧乏旅行が原則の為、時間がかかり過ぎるのが難点の為断念せざるを得ませんでした。どう行けば効率よく安く行けるか目下思案中です。チューリップの『博多っ子純情』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。


WELCOME TO MY HOUSEWELCOME TO MY HOUSE
(2007/05/30)
TULIP

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/03/15 00:27】 | チューリップ
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんばんは~(^-^)。
うーん。私はこの曲知らないです。
でも博多といえばトンコツラーメンとか中洲の屋台とかおいしい物が目白押しですよね~(^O^)。
私も九州行ったことがないんですけど…一度は行ってみたいですね(^-^)。
何だかトンコツラーメンが食べたくなってしまいました~(笑)。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>うーん。私はこの曲知らないです。

アルバムの中の楽曲だし年代的にご存知ない方が当たり前かと思われます。^^


>でも博多といえばトンコツラーメンとか中洲の屋台とかおいしい物が目白押しですよね~(^O^)。
私も九州行ったことがないんですけど…一度は行ってみたいですね(^-^)。
何だかトンコツラーメンが食べたくなってしまいました~(笑)。


そうですよね。行かれなくてもラーメン有名ですよね。^^食べに行きますか?^^

コメントを閉じる▲
9月もそろそろ終わりだと言うのに暑いですね。風があるのでまだ救われていますが、空は夏の色をしていますよね。今日は チューリップの『ブルー・スカイ』を取り上げたいと思います。



君をいつも抱いて寝てたこの部屋の窓辺は♪

ブルー・スカイ1


この楽曲は1977(昭和52)年6月5日に発売されたチューリップの通算12枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『恋人への手紙』と言う楽曲で、両方とも作詞・作曲が財津和夫さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングルチャ-トで最高25位を獲得され、このシングルは12.3万枚売り上げたようです。


歌詞の内容は『サボテンの花』の似たようなシュチュエーションで、一緒に暮らしていた彼女が突然出て行き彼女への未練心が歌われているようです。ただ、季節は『サボテンの花』が冬なのに対して『ブルー・スカイ』は夏のような気がします。でも、歌詞に出てくる『青い空がとてもとても高すぎた』と言うフレーズからすると今頃の時期でもおかしくはないですよね。


忘れようと 破ってみた君の写真だけど♪

ブルー・スカイ2



明るくアップテンポな曲調だし、青空をテーマにしているのに歌詞の内容は明るい内容ではないです。そう言えば 西城秀樹 さんの楽曲に『ブルースカイ ブルー 』と言うのがありますが、こちらも明るい内容の歌詞ではないし、ふきのとうの『青空』も明るい内容ではないです。空をテ-マにした楽曲と言えばイギリスのジグソーのヒット曲に『Sky High』と言うのがありますが、これは失恋の歌のようです


楽曲のタイトルや歌詞に使われている『ブルー・スカイ』のブルーには 青色や藍色の他、憂鬱であることの意味もあります。○×ブルーやブルーになると言う回しもありますが、やはり、色の意味だけでなく憂鬱の意味も掛けられていたのかも知れませんね。まぁ、気分が憂鬱な時はどんなに明るいものや事があっても気分までは簡単に変わらないものかも知れません。

Oh, blue sky, blue sky, この空の明るさよ♪

ブルー・スカイ3



この楽曲が流行した頃、私は中学生でした。当時、地元のFM局のリクエストコーナーでリクエスト競争があり、最終的にチューリップと さだまさしさんへのリクエストが上位を占め最後にさださんが1位になったのを思い出します。この楽曲を聴くと当時の事が思い出されます。どちらが1位か2位かなんてどうでも良い事なのですが、妙に熱くなっていました。


若い頃と言うのは今から考えると、下らないと思える事にも一生懸命だったように思います。でも、そう出来たのは若さと言うだけでなく、未来を信じる心があったからのように思います。何にせよ心の持ち方ひとつなのでしょうが、それだけではどうしようもない世の中になっているように思えて仕方がないです。チューリップの『ブルー・スカイ』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。


Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 Young Days~ Tulip おいしい曲すべて 1972-2006 Young Days~
チューリップ (2006/09/21)
ビクターエンタテインメント

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/09/28 22:08】 | チューリップ
トラックバック(0) |


Ageha
はじめまして。
うる3世さんとこでお名前はなんどかお見かけしてたんですが
どうぞよろしく。

最近は映画レビューが多いんですが
音楽ネタのときにまたお世話になります。
よろしかったら遊びにきてくださいませ。
たまたま「ブルースカイ」の曲を
エントリしましたのでカキコさせていただきました。


親こあら
Agehaさん今晩は!初めまして!!

>はじめまして。
うる3世さんとこでお名前はなんどかお見かけしてたんですが
どうぞよろしく。

それは有難う御座います。こちらこそ宜しくお願いします。

>最近は映画レビューが多いんですが
音楽ネタのときにまたお世話になります。
よろしかったら遊びにきてくださいませ。
たまたま「ブルースカイ」の曲を
エントリしましたのでカキコさせていただきました。

有難う御座います。また、後ほどお邪魔させて頂きます。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。