温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も昼間は暑かったですよね。でも、風は何となく秋を感じさせるものがありました。今日の1曲目は、シグナルの『20歳のめぐり逢い』を取り上げさせて頂こうと思います。
 

※注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットで拾って来た画像を加工して使わせて頂いております。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。


20歳のめぐり逢い




風に震える オレンジ色の 枯葉の舞いちる停車場で♪ 

20歳のめぐり逢い1


 
この楽曲は1975(昭和50)年9月21日に発売されたシグナルのデビューシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞・作曲が田村功夫さんによる作品です。(※田村功夫さんの「功」は本当はにんべんが付くそうなのですがパソコンでは表記できませんので、省略させて頂いております。)


このシングルのB面は『片想い』と言う楽曲でこちらは 作詞が西谷一二三さん、作曲があさみあきおさんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高2位を獲得され、このシングルは 86.7 万枚を売り上げるヒットとなったようです。


楽曲の内容は、命をかけた恋に破れた女性と出逢った男性が、彼女と恋に落ちて、自殺をする為に切った手首の傷は消えないだろうけど、心の痛みは僕が優しさで癒してあげると歌ったもののようです。とても優しい心の持ち主の男性のようですが、幾つか歌詞に疑問があったりします。


今日は君の 誕生日 ワインを飲んで祝おうね20歳になって ♪


20歳のめぐり逢い2




疑問に思う事の一つ目は、歌詞に『君と出逢った 九月の午後♪』と言うフレーズがあるのですが、9月に枯葉の舞いちる所と言えば、日本にそんな所あるのでしょうか?色々考えていたのですが、単にゴロの問題かも知れないと思うようになりました。9月の部分が『10月』でも、『11月』でもゴロが悪そうです。

二つ目は、『人を信じる事ができない』ほど傷ついた女性が初対面の男性に自分の身の上話をするのだろうかと言う疑問です。ひょっとするとこの二人は以前からの顔見知りだった可能性も考えられますよね。全然初対面の人に身の上話をするよりその方が自然な感じがするのですが、どうなのでしょうかね。


三つ目はサビの『手首の傷は 消えないけれど心の痛みは僕が癒してあげる 優しさで♪』と言う所ですが、手首の傷より、心の傷の方が治り難いと思うのですが、実際の所はどうなのでしょうかね。男性視点の歌ですが、女性側の視点で見たらどんな歌になるのでしょうかね。アンサー・ソングのようなものがあっても良い様な気がします。



僕がいやしてあげる 優しさで 君のためなら君のためなら♪

20歳のめぐり逢い3



一番上に引用させて頂いた歌詞に『停車場』と言う単語が出て来るのですが、これは鉄道における駅等の意味があるそうで、この言い方は日本独自の言い方だそうで、お隣の中国では『停車場』と言う単語は、駐車場のことを意味するそうです。漢字の意味からしたらそちらが正しいですよね。

個人的には『停車場』と聞くと、鉄道と言うよりは馬車とかの乗り場のようなイメージがあったりします。本来の歌の内容とは直接関係ないので詳しくお知りになられたい方はWikipediaのこちらのサイトをご覧下さい。色々な呼び方があったのですね。興味深いものがあります。


この楽曲は女性2人組ユニット『Sugar Craft』によってカバーされています。そのままカバーされるのも良いですが、カップリングにアンサー・ソング的なものを入れた方が面白かったかも知れませんね。Sugar Craftのはこちらから
シグナルのはそちらから少しだけ試聴が出来ます。


75‐83 75‐83
シグナル (1994/11/26)
ポリスター
この商品の詳細を見る



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/09/02 20:02】 | シグナル
トラックバック(0) |

この曲はよく歌いましたよ!
お江戸で小猿!
この曲がヒットしたのは私が大学の教養課程の時分で、講義の間の休み時間に何故か放送で流れ、他の学部の女の子達とハモったりして歌いましたよ。当時の私はニューミュージック系のサークルを立ち上げて活動していましたが、この曲はとても完成度の高い曲と評価しております。因みにこの次に出た「悲しみのプラットフォーム」は曲も完全に前の曲の裏旋律をなぞっており、アンサーソングといえばこの曲になるでしょう。「悲しみの~」はコンサート等で何度か演奏した記憶があります。

Re:この曲はよく歌いましたよ!
親こあら
お江戸で小猿さん今晩は!!初めまして!!

>この曲がヒットしたのは私が大学の教養課程の時分で、講義の間の休み時間に何故か放送で流れ、他の学部の女の子達とハモったりして歌いましたよ。当時の私はニューミュージック系のサークルを立ち上げて活動していましたが、この曲はとても完成度の高い曲と評価しております。

大学の講義の休み時間に音楽が流されると言うのは珍しいですよね。中学や高校で昼休みとかなら判るのですが、大学となると聴いた事がありません。


>因みにこの次に出た「悲しみのプラットフォーム」は曲も完全に前の曲の裏旋律をなぞっており、アンサーソングといえばこの曲になるでしょう。「悲しみの~」はコンサート等で何度か演奏した記憶があります。

私が所有しているCDにはその楽曲が収録されていないので、聴いた事がないのですが、また、調べてみます。情報有難う御座います。^^


コメントを閉じる▲
相変わらず暑い一日でした。今日は昨日、届いたCD『75-83 シグナル』の2曲目に収録されている『B.G.Mはため息で』を取り上げたいと思います。

B.G.Mはため息で



鍵を下ろす音が 二人の心を解き放つ♪

B.G.Mはため息で



この楽曲は1979(昭和54)年 5月1日に発売されたシグナルの8枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が中里 綴 さん、作曲が住出勝則さんによる作品です。このシングルのB面は『エアポートふたたび 』と言う楽曲でこちらは作詞が有川正沙子さん、作曲が住出勝則さんによる作品です。


シグナルと言えば『20歳のめぐり逢い』が有名ですが、この楽曲も具体的な数字とかは判りませんがそこそこ売れた楽曲です。この頃のシグナルは「歌謡フォークポップ」を目指されていたようで、編曲は船山基紀さんが担当されていたようです。アップテンポな楽曲で『20歳のめぐり逢い』とは雰囲気も全然違います。


青い月明かりが あなたの胸元を♪

B.G.Mはため息で2a



今回CDを購入するまで、歌詞を読んだ事がなく、サビの『星もいらない 甘いメロディーも要らないB.G.Mはため息で ♪ 』の部分しか記憶に残っていなかったのですが、歌詞を読み返してみて、こんな内容だとは知りませんでした。どうして、B.G.Mがため息なのか納得してしまいました。


この楽曲を作詞された中里綴さんとは、女優江美早苗(本名、神田恵美)さんの作詞家としてのペンネームで、田山雅充さんの「春うらら」 、南沙織さんの「人恋しくて」等々多くの楽曲を手がけられた方なのですが、1988(昭和63)年 3月5日復縁を迫る元夫に、自宅で刺され、36歳と言う若さでお亡くなりになられているようです。


星もいらない 甘いメロディーも要らないB.G.Mはため息で ♪

B.G.Mはため息で3



楽曲のタイトルの表現も素晴らしいのですが、歌詞全体が良い感じです。残念な事に公開された歌詞サイトを見つける事が出来なかったので、ここでは引用しか出来ないのですが、内容がストレート過ぎずかつ、歌の状況が目に浮かぶような上手な表現をされています。曲だけを聴いていたら歌詞の良さが判り難いかも知れません。


この楽曲は春先に流れていた腕時計か何かのCMソングとしても使われていた記憶があるのですが、私の記憶違いなのか検索しても出て来ません。ご存知の方が居られましたらお教え頂けると有難いです。シグナルの『B.G.Mはため息で』 はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。



75‐83 75‐83
シグナル (1994/11/26)
ポリスター

この商品の詳細を見る




FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/08/18 20:40】 | シグナル
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。