温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yuugure919.jpg

今日は夕方買い物に出掛けたのですが連休と言う事があるのか妙に混んでいました。買い物とか出掛けていた方が多かったのでしょうかね。さて、今日は作詞家の荒木とよひさ さんのお誕生日ですので、伝書鳩の「一人より二人の方が  」を取り上げたいと思います。


ふりむいたら足跡だけ今に続いているの通りすぎた季節だけが小さな人生♪」
hitoriyori1.jpg

この楽曲は1976昭和51)年 6月に発売されたシングル『目覚めた時には晴れていた』 のB面に収録された楽曲で作詞が荒木とよひさ さん、作曲が坂田晃一さんによる作品です。A面の『目覚めた時には晴れていた』 は、作詞が阿久悠さん、作曲が坂田晃一さんによる作品です。A面に関しましては以前、取り上げさせて頂きましたので詳細は割愛させて頂きます。


上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『足跡』は、現実の足跡ではなく、比喩表現として使われています。でも、最近は舗装された道が多いからか、余り比喩として足跡と言う言葉は使われないような気がします。個人的な経験から言うと30歳を過ぎた位から過去を振り返る事が多かったような記憶があるのですが、作詞をされた荒木とよひさ さんは当時33歳だったようです。


心の窓をそっと開けて誰かを待つの例えそれが巡り合いの予感でなくても♪

hitoriyori2.jpg


核家族化が進み、小さな商店はなくなり、大きなスーパ-やコンビニが増え、私達を取り巻く環境は随分変ってしまいました。それは便利になった反面、人間関係が希薄になり、近年は他人と上手くコミュニュケ-ションが取れない方も増え、それが原因と思われる、事件、事故も増えました。無くしたものは簡単には戻りません。となると、それに代わる別のものが必要なのかも知れません。

上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『心の窓』も勿論、比喩表現なのですが、開けて置く事が難しい時代になりましたよね。心の窓を開けて置くには、信用が大切な訳ですが、その信用が根本的に崩れて来ているように思います。ここ数年、おかしな訪問販売は余り聞かなくなりましたが、架空請求やらオレオレ詐欺のようなものが増え続け無くなる事がないような気がします。


誰かがそばにいればそれで心安まる一人より二人の方がきっと暖かい♪

hitoriyori3.jpg

私が結婚した頃、今は亡き父が「一人口は食えなくても二人口は食える」と良く言っていました。確かに私も妻に助けられている部分が大きいの納得出来る反面、様々な柵も増えるので、それはそれで大変だったりします。そうは言うものの結婚すると言うのも簡単な時代では無くなりましたよね。私の妻は一生結婚しないつもりで居たそうなので人の縁と言うのは判らないものです。

私より年配の方でもそれまでに一度も結婚した事が無い方と言うのは案外多いものです。上に引用させて頂いた歌詞や楽曲のタイトルにある『一人より二人の方が』と言うのはとても理解出来るのですが離婚や生涯独身の方が増えているのを見るにつけそれも難しい時代になったのかと思わずに居られません。伝書鳩の『一人より二人の方が』はこちらから聴く事が出来ます。  
目覚めた時には晴れていた(紙ジャケット仕様)目覚めた時には晴れていた(紙ジャケット仕様)
(2006/11/22)
伝書鳩

商品詳細を見る



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/09/19 20:22】 | 伝書鳩
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
う~ん┐(´~`;)┌
深いですなぁ。
私はまさしく
そんなカンジです。
やはり結婚となると
違ってきますよね。
って結婚願望自体
ないですし(^-^;)
でも独身にはないものも
あると思うんですよね。
やはり…。
だけど…。
私は好きなことが
自由にできる
今の方が
良いかなぁと
思います(^-^)
と後、『一人より二人』で
ふと思ったのが
お笑いコンビが
まさしく当てはまって
いると思います。
お互いの面白さを
引き立てている
点から…。
どちらかが欠けると
面白くないので
お笑いコンビも
スゴイ!なぁと
思いま~す☆

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> う~ん┐(´~`;)┌
> 深いですなぁ。
> 私はまさしく
> そんなカンジです。
> やはり結婚となると
> 違ってきますよね。
> って結婚願望自体
> ないですし(^-^;)
> でも独身にはないものも
> あると思うんですよね。
> やはり…。
> だけど…。
> 私は好きなことが
> 自由にできる
> 今の方が
> 良いかなぁと
> 思います(^-^)

そうですね。結婚するしないは個人の自由だから何とも言えません。
難しい時代ではありますよね。

> と後、『一人より二人』で
> ふと思ったのが
> お笑いコンビが
> まさしく当てはまって
> いると思います。
> お互いの面白さを
> 引き立てている
> 点から…。
> どちらかが欠けると
> 面白くないので
> お笑いコンビも
> スゴイ!なぁと
> 思いま~す☆

ピン芸人さんにはピン芸人さんの良さが
コンビには・・と思うのでそれはそれで良いのでは
ないでしょうかね。


コメントを閉じる▲
今日は 伝書鳩 の『目覚めた時には晴れていた』 を取り上げたいと思います。歌のタイトルは『目覚めた時には晴れていた』 なのに雨の中傘をさして随分寒そうですし、ご機嫌も悪そうですね。^^

目覚めた時には晴れていた


目覚めた時には いつでも晴れている あなたと私の愛の暮らし♪

目覚めた時には晴れていた1



この楽曲は1976昭和51)年 6月に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が阿久悠さん、作曲が坂田晃一さんによる作品です。この楽曲は1976昭和51)3月20日~1976昭和51)5月8日に日本テレビ系列で放映された『二丁目の未亡人は、やせダンプといわれる凄い子連れママ』の主題歌でした。B面は『一人より二人の方が』と言う楽曲で、こちらは作詞が荒木とよひささん、作曲が坂田晃一さんによる作品です。


B面の『一人より二人の方が』と言う楽曲もドラマの挿入歌として使われていたようです。『目覚めた時には晴れていた』 は1元は、1971(昭和46)年1月2日~3月27日に日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ2丁目3番地』の主題歌として赤い鳥ビリーバンバンが歌われていたようですが、途中で変わったものか、同時に使われていたかまでは不明です。


目覚めた時には 晴れてはいるけど 何故だかその後 時には曇る♪

目覚めた時には晴れていた2




1972(昭和46)年1月~3月に同じく日本テレビ系列で放映されたテレビドラマ『3丁目4番地』の主題歌は、ビリーバンバンのヒット曲『さよならをするために』だったようです。赤い鳥ビリーバンバンが主題歌を歌われていたのが記憶にないのは、私が生まれていなかった 当時、この時間帯のテレビ番組を見せて貰える年齢であったからなのですね。


伝書鳩は男性3人のグループでメンバーは、荒木とよひささん、山口ますひろさん、関田昇介さんor(小川よしあきさん)です。(関田昇介さんと小川よしあきさんは途中でメンバーチェンジされているようなのですが、どちらが結成時のメンバーかは不明です)関田昇介さんと言うとアニメの『はいからさんが通る』の主題歌を歌われていた方なのでしょうかね?それとも同姓同名の別人なおでしょうか?また、新たな謎が出来てしまいました・・・


これが二人 それが二人 二人の世界ね ル・・・・ ル・・・・♪


目覚めた時には晴れていた3



2005年2月9日の楽天の記事でこの楽曲を取り上げさせて頂いた時は判らないことだらけで色々な方に情報を頂きお世話になりました。改めてその時に情報を頂きお世話になりました、是岳葉一言様、とよっち様、小泉ひよ子様この場でもう一度お礼を述べたいと思います。その節はお世話になり有難う御座いました。

伝書鳩の『目覚めた時には晴れていた』はこちらから、 ビリーバンバンの歌われた『目覚めた時には晴れていた』はそちらから少しだけ試聴が出来ます。残念ながら赤い鳥が歌う 『目覚めた時には晴れていた』はレコード化されていないのか、見つける事が出来ませんでした。




FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/03/23 20:47】 | 伝書鳩
トラックバック(0) |

ドラマの記憶
ローズ薫
親こあらさん こんばんは^^

当時の日テレのドラマ面白かった記憶ありです^^石坂さんやルリ子さん、無我さん・・・
でも出演者やテーマ曲がごちゃ混ぜになってしまって・・・。
勿論、この曲も知っていますがビリーバンバンだったような。。
すみません・・・凄くファジーなコメントでした。(苦笑)

Re:ドラマの記憶
親こあら
ローズ薫さん!今晩は!!

>当時の日テレのドラマ面白かった記憶ありです^^石坂さんやルリ子さん、無我さん・・・
でも出演者やテーマ曲がごちゃ混ぜになってしまって・・・。

結構そう言う方多いみたいです。^^調べているうちに私も混乱してきましたから・・


>勿論、この曲も知っていますがビリーバンバンだったような。。
すみません・・・凄くファジーなコメントでした。(苦笑)

いえいえ^^構わないです^^私も記憶がかなりファジーですから・・・


この歌を最初にレコードとして発売したのが…
Gemini...
…伝書鳩のようです。
ビリーバンバンもなかなかいいですが、伝書鳩の山口さんの優しい声の方が印象的です。
赤い鳥も聴いてみたい気がします。
坂田晃一さん、綺麗で優雅なメロディを作る素晴らしい作曲家ですね。
この歌と記事に出ている『さよならをするために』、フォー・クローバース『冬物語』の3曲は、私が坂田3部作と勝手に名前をつけてます(笑が、素晴らしいだと思います。
記事に出ている『はいからさんが通る』、作詞が亡くなった中里綴(江美早苗)さん、作曲・歌が関田さんですね。
編曲が山口ますひろさんなので、間違いなく伝書鳩の関田さんだと思います。
他では、私は聴いた事ないんですが、“アタッカーYOU”と言うバレーボールのアニメの挿入歌『風のメモリー』を歌っている山口益弘さんは、伝書鳩の山口さんだと思いますが、あの声ですから、聴いてみたい曲の一つです。
この歌の作詞は、伝書鳩のメンバーでもありますが、今やその名前を知らない人間はいない作詞家、荒木とよひささんです。
PS 私もカップリングの『一人より二人のほうが』好きですよ。

Re:この歌を最初にレコードとして発売したのが…
親こあら
Geminiさん今日は!!

>…伝書鳩のようです。
ビリーバンバンもなかなかいいですが、伝書鳩の山口さんの優しい声の方が印象的です。

ネットで色々調べたのですが、情報がまちまちで事実関係を確認するのにかなり時間を要しました。

>赤い鳥も聴いてみたい気がします。
坂田晃一さん、綺麗で優雅なメロディを作る素晴らしい作曲家ですね。
この歌と記事に出ている『さよならをするために』、フォー・クローバース『冬物語』の3曲は、私が坂田3部作と勝手に名前をつけてます(笑が、素晴らしいだと思います。

良い曲を沢山作られていますよね。

>記事に出ている『はいからさんが通る』、作詞が亡くなった中里綴(江美早苗)さん、作曲・歌が関田さんですね。
編曲が山口ますひろさんなので、間違いなく伝書鳩の関田さんだと思います。

そうですか^^有難う御座います。同姓同名の可能性も考えられたので、これもかなり悩みました。

>他では、私は聴いた事ないんですが、“アタッカーYOU”と言うバレーボールのアニメの挿入歌『風のメモリー』を歌っている山口益弘さんは、伝書鳩の山口さんだと思いますが、あの声ですから、聴いてみたい曲の一つです。
この歌の作詞は、伝書鳩のメンバーでもありますが、今やその名前を知らない人間はいない作詞家、荒木とよひささんです。
PS 私もカップリングの『一人より二人のほうが』好きですよ。

“アタッカーYOU”と言う番組は記憶にありませんが色々活動されているのですね。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。