温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他にも『冬物語』と言うタイトルの楽曲はあるようですが、『冬物語』の締めはフォー・クローバースの『冬物語』で締めたいと思います。


こがらしは寒く 乗り換え駅に♪ 


冬物語 フォー・クローバース 1


この楽曲は1972(昭和47)年 10月10日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『時のいたずら』と言う歌で両面とも、作詞が阿久悠さん、作曲が坂田晃一さんによる作品だったようです。この楽曲は1972(昭和47)年 に日本テレビ系列で放映されたドラマ『冬物語』の主題歌として作られたようです。


この楽曲が主題歌になったドラマ『冬物語』は、 夫に先立たれた未亡人(浅丘ルリ子さん)と男(原田芳雄さん)との愛物語だったようです。既に離婚されていますが、このドラマは石坂浩二さんと浅丘ルリ子さんの共演したドラマでお二人がご結婚されるきっかけになったドラマのようです。又、真偽の程は不明なのですがこのドラマは『冬ソナ』の原型になったとも言われているそうです。


悲しみは白く 雪降る町に♪

冬物語 フォー・クローバース 2




この楽曲を歌われていたフォー・クローバースは男性4人のグループで、メンバーには上原 徹さん、宮川昌浩さん、ダニー石尾さん、荒木しげる さんらが居られたようです。このグループの前にフォー・セインツと言うグループがあったようですが、こちらはフォー・クローバースのメンバーに加賀一兄さんと言う方が居られたようです


フォー・クローバースとフォー・セインツと言うグループのメンバーのお一人である荒木しげるさんは、1975年(昭和50年)4月5日から同年12月27日まで放映された『仮面ライダーストロンガー』の主人公城茂役を演じられていたようです。どう言うきっかけがあったのか存知ませんが凄い変身振りですよね。


遠い汽笛きく女(ひと) どこへ行くというのか♪ 

冬物語 フォー・クローバース 3



楽曲の内容は愛を求めて旅する女性を第三者から見た内容のようです。大抵の楽曲が一人称の視点で物語が進行する事が多いのですが、古い楽曲の中にはこう言う形式をとられているものも時々散見致します。こう言う形式はやはり、昔の小説とかの影響なのでしょうかね。


この楽曲は天地真理さんがご自身のアルバム『若葉のささやき』の中でカバーされているようです。天地真理さんの歌われた『冬物語』はあちらから、 フォー・クローバースの『冬物語』はそちらから少しだけ試聴が出来ます。同じ楽曲でも歌われる方によって全然別の楽曲のように聴こえるから不思議です。




若葉のささやき / 天地真理

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/11/09 22:37】 | フォー・クローバース
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんにちは~(^-^)。
「冬物語」のタイトルの曲って、たくさんあるんですね~(^o^)。
でもこの響きって好きです。
やはりCMの影響?(笑)。
だけど…今だに蚊が飛んでいるのが、ふに落ちないです。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>「冬物語」のタイトルの曲って、たくさんあるんですね~(^o^)。
でもこの響きって好きです。
やはりCMの影響?(笑)。

そうですね^^調べたら同名異曲が他に数曲ありました。CMの影響は強いかも知れませんね。

>だけど…今だに蚊が飛んでいるのが、ふに落ちないです。

そうですか^^まだ蚊がでるのですね。妙な年ですよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。