温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の夕陽



以前。歌詞の引用についてのご指摘を頂きましたので、本日はその事について私なりの考え方を述べさせて頂こうと思います。ただ、以下に書く事は私の個人的意見であり、私自身法律の専門家でもありませんので、書いている事に間違いがあるかも知れませんがその点はご了承頂ければ幸いです。ご存知のように著作物には著作権があり、それは法律で保護されております。他人の著作物を使うにはどうすれば良いかと言う事で調べてみました。『歌詞の引用』と銘打たれたページと『歌詞の「引用」について、JASRACにメル凸した』と言うコンテンツを読ませて頂いた所、著作物を利用する為には以下の4つの方法があるようです。


1.著作権者の死後50年たったもの。
2.著作権者の許諾を得たもの。
3.「引用」
4.時事の事件の報道のための利用


コメントで『引用はご法度である』旨のご指摘を頂きましたが、これによると、著作物の『引用』は著作権法に認められた行為であり、一定のルールに基づき引用すれば合法的なものであるようでから『引用はご法度である』と言うのは間違ったご指摘と言う事になります。ですから、著作権法の規定によれば、『引用』の要件を満たしておらず、他の条件も満たしていなければ、どんなに短いフレーズであろうと、その楽曲の歌詞の一部でさえ許諾が必要なようです。では、一定のルールと言うのは何かと言えば、下記の6項目をクリアしている事が必要条件であるようです。


(1)引用の目的が、報道、批評、研究その他でなければならない。
(2)引用文を括弧でくくる等、自分の文章と区別しなければならない。
(3)主従の関係、つまり、自分の文章が主であること。
(4)その著作物を引用する必然性があり、かつ、必要最小限度であること。
(5)その著作者の人格権を侵害しないこと。
(6)著作物の出所を明示していること。


ブログを書くにあたって、どうすればこの条件を満たすか考えた上、充分、留意したつもりで現在の形式をとらせて頂いているのですが、上記の(4)と(5)の項目においては、その適用範囲が個人の感じ方により違いが出て来るものと思われますので、その判断は難しく、著作権所有者から、削除依頼を頂ければ、いつでも削除するし、複数の著作権所有者からご指摘頂く様であればブログ自体の閉鎖も視野にいれております。

同じ方から頂いたご指摘で、使用している画像の著作権の問題がありました。当ブログで使わせて頂いている画像はほぼオリジナルなのですが、一部どうしても手に入れる事が出来ない画像につきましては、ネットで画像は残っているけれど、そのサイトやページが存在しないものを、オリジナルの画像と組み合わせたり、合成したり大きさ、色等を変えて加工して使わせて頂いております。その際には、その旨をその記事の最初にお断りしておりますので、著作権を所有される方がその旨をご連絡頂ければいつでも削除するつもりでおります。


大多数の方がご覧になられて不快を感じるようなものは出来るだけ排除しているつもりではありますが、画像を観て快、不快を感じる要素は千差万別だと思われますので、全ての方に不快な思いをさせないのがベストなのでしょうが、その判断は難しいと思います。ですから、私のブログをご覧頂いて不快を感じられる方も居られるとは思いますが、その場合はご了承頂く仕方がないと考えております。正直な話、上記の規定を守っていないブログやサイトはネットで散見する事が出来ますが、著作権に詳しいと語られながら、間違った指摘をされる目的が私には理解できません。その方については、別の意味で理解出来ない事があるのですが、それについてはここでは書かない事とします。


以上の事とは別にレコード、CDのジャケット写真を明確に載せるのは拙いのでないかと言うご指摘を別の方から頂きましたが、ご指摘頂いたように、これらも著作物である事から、別のものと一緒に掲載しようとも著作権の侵害にあたる可能性は充分考えられます。ただ、無関係に掲載している訳でもなく、個人的には楽曲紹介の一部として掲載しているので、『引用』の一部と捉えています。ただ、著作物である限り著作権所有者から削除依頼を頂きましたらいつでも対応するつもりで居ります。レコード、CDのジャケット写真については『レコードジャケット図柄事件』の裁判において、著作権が裁判官によって認められていますが、現在の所、ネットで公開された場合の裁判は見聞しておりませんので、実際、裁判になった場合はどう言う判決になるのかは不明です。


お気付きになられた方も居られるかも知れませんが、上記の文章の中で『著作権所有者』からの依頼を頂ければ削除する旨を書かせて頂いているのは、著作権違反と言うのは『親告罪』であるからです。つまり、著作権所有者が訴えない限り罪に問えないからです。もし、著作権所有者の方がご覧になられて侵害されていると思われれば、訴えられる可能性は充分あります。かと言って遣りたい放題して居る訳では無く、掲載させて頂いているアーティストの方へ敬意を込めて行っているので、その点はご了承頂ければ幸いです。しかし、上記に書かせて頂きましたように著作権所有者の方からの依頼があればいつでも削除させて頂きます。


そんなに歌詞をブログに掲載したければ、著作権料を支払えば良いと言う意見もあるでしょうが、正確な値段は判りませんが、歌詞の場合は1曲あたり1年間で1500円ほどかかるらしいいです。1年間で仮に1500円だとすれば、10曲で、15000円、100曲では・・・趣味のブログやサイトでそれだけ支払える方は何人居られるのでしょうかね。個人的には著作権が厳しく言われ出した頃から音楽業界も衰退が始まったように感じて居ります。では、著作権所有者であるアーティストの方はどう考えられているのでしょうかね?現役ミュージシャンで音楽配信の先駆者である平沢進氏の話は興味深い物があります。ご興味がある方は『補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言 』と言う記事をお読み下さい。



ネット社会も拡大し、国も政策として、ネット社会の推進を目指されているようですが、ネットにおける法整備は充分ではないように感じます。あれも駄目、これも駄目と言うご指摘を頂けるのは有難いのですが、個人が自由に発言できる体制ができつつある中、規制し合うのは、『表現の自由』の権利を奪うだけでなく、却って、悪質なサイトやブログを増やすだけでは無いかと感じて居ります。因みに著作権違反だと裁判で決まれば『10年以下の懲役若しくは1千万円以下の罰金又はその併科、法人は3億円以下の罰金3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金」』が課せられるそうです。ネットで厳しく取り締まれば誰も音楽の話題すら書かなくなり、ますます、音楽は衰退するでしょうね。それよりは、一定の明確かつ客観的に判断出来るルールを決め、それ以外は駄目と定め、法律までに昇華させる議論が一般の方だけではなく、著作権所有者を含めなされるべきではないかと考えております。


はっきり言って個人の趣味で楽しんで運営しているブログですから、こんな事は記事にしたくは無いのが本音です。ただ、ご忠告頂いて居る事が自分的には善意と言うよりは悪意を以ってされていると感じており、この間から不快感と不信感を拭えずに居ります。こんな状態でブログを続けるのも如何なものかと思うので、楽天ともどもブログの閉鎖を考えております。来年は大殺界らしいし、今年一杯で閉めるのが良いかなと考えている最中です。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

【2007/11/10 20:53】 | 著作権を考える
トラックバック(0) |


んんー
世の中には、

「歌を口ずさむことも禁止」

と言いたいような、
自称正義の人がいるみたいでして。



しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
個人が趣味としてブログを運営していることまで口出しするのは
どうかと思います。
著作権を必要以上に守るために結局は、自分の首を絞めていることにもつながっているんですよね。
もう少し寛容な心があっても良いと思います。
ブログ閉められるんですか?
残念です。
方向転換して違うことをなさってぜひ続いて頂きたいです。
それともミクシィに帰ってこられるのかなぁ。
そうだと嬉しいです。



親こあら
んんーさん今日は!!初めまして!!

>世の中には、
「歌を口ずさむことも禁止」
と言いたいような、
自称正義の人がいるみたいでして。

それは多分、私がリンクさせて頂いている『歌詞の「引用」について、JASRACにメル凸した』と言う記事の冒頭に書かれている事から来ている勘違いをされている方なのでしょうね。

誤解が誤解を生み、変な事になるなら、はっきりとしたガイドラインを決めて頂かないと無駄な争いの元になりますよね。



親こあら
しのぶさん今日は!!

>個人が趣味としてブログを運営していることまで口出しするのは
どうかと思います。
著作権を必要以上に守るために結局は、自分の首を絞めていることにもつながっているんですよね。
もう少し寛容な心があっても良いと思います。

そうなのですよね。明確なルールが決められていない故に誤解が誤解を生み今回の事柄に繋がったのだと思います。

>ブログ閉められるんですか?
残念です。
方向転換して違うことをなさってぜひ続いて頂きたいです。
それともミクシィに帰ってこられるのかなぁ。
そうだと嬉しいです。

そうですね。今色々と検討中ですが別の所でブログを始めるにしても現在の続きにはしたくないと思っています。



はるのひ
親こあらさん、こんばんは。
自分の好きな歌を紹介したいブログで歌詞丸々全掲載する人を何度も見てきました。できるだけ角が立たないように忠告してきたことも何度かあり、中には善意に受け取ってくださる人もいれば、悪意に受け取られたこともあります。こんなこと言わなければよかったと思いつつも、渋滞の列から抜けて路肩をかっ飛ばして平気なルール違反をされると、なんだか腹が立ってしまうのです。あからさまな人はともかく、親こあらさんの記事にそのようなことは感じません。
また、レコードジャケット掲載について、私もブログを始める前から、許可をとらないとダメなのだと忠告されてきました。楽天の場合はアフィリエイトがあり、アフィリエイトにある画像はOKで、ないものはダメっていう線引きも納得できないものがあります。ブログを見る人や当事者にとってはどちらも同じ画像じゃないかって。その辺の曖昧さも、何かきちんとしたルールが欲しいと思います。個人的には、視覚に訴える効果があるので載せてもいいことにしてほしいなと思います。
どう考えても悪質なわけないのですから、親こあらさんの音楽ブログの一ファンとしては、堂々と続けていって欲しいなと願うばかりです。


親こあら
はるのひさん今晩は!!

>自分の好きな歌を紹介したいブログで歌詞丸々全掲載する人を何度も見てきました。できるだけ角が立たないように忠告してきたことも何度かあり、中には善意に受け取ってくださる人もいれば、悪意に受け取られたこともあります。こんなこと言わなければよかったと思いつつも、渋滞の列から抜けて路肩をかっ飛ばして平気なルール違反をされると、なんだか腹が立ってしまうのです。あからさまな人はともかく、親こあらさんの記事にそのようなことは感じません。

有難う御座います。私も過去に歌詞を全部書かれている方に注意をして同じような思いをして来たので、はるのひさんの気持ちは痛いほど判るつもりです。難しい問題ですよね。


>また、レコードジャケット掲載について、私もブログを始める前から、許可をとらないとダメなのだと忠告されてきました。楽天の場合はアフィリエイトがあり、アフィリエイトにある画像はOKで、ないものはダメっていう線引きも納得できないものがあります。ブログを見る人や当事者にとってはどちらも同じ画像じゃないかって。その辺の曖昧さも、何かきちんとしたルールが欲しいと思います。個人的には、視覚に訴える効果があるので載せてもいいことにしてほしいなと思います。


本当にそうですよね。オ-クションとかで販売されている場合もそうですよね。売る、売らないが基準となるのもおかしな話のような気がします。その辺りを含めて明確なルールが欲しい所です。

>どう考えても悪質なわけないのですから、親こあらさんの音楽ブログの一ファンとしては、堂々と続けていって欲しいなと願うばかりです。

有難う御座います。気持ちを整理して考えて行こうと思っております。



うる3世
おはようございます。

きょうは寒い朝でした。

丁寧な見解。感動いたしました。

小生のところには、CDジャケ写真の苦情みたいなものはありませんが、歌詞のことについては、何回か忠告がありました。フルーツのBLOG本部からのものもあり(誰かが本部に連絡されたのだと思います)、歌詞引用を全て削除したことがあります。

歌は、歌詞が命みたいなところがあるので、歌中心のBLOGでは、歌詞の解説ができないと、つらいものがありますよね。
ええんかい!! と思いながら、歌詞のイメージってことで、自分の言葉に置き換えて記事にしたりしてますが、「おふくろさん」のことがあるので、ちょっと、気が重いですけど。

でも、JASRACにきっちりとお金を払ってはる個人の人もいますので・・・ 文句をつけたい気持ちもわからんことでは、ないです。

ジャケ写真について、大丈夫ですか? って書かせてもらったのは、あまりに鮮明すぎると、その画像を転用する人がいるんちゃうかな? とちょっと思ったからです。

小生は法律のことは、全くわかりませんけど、「悪意がなければ、大目にみてほしいってのが」 本音です。

親こあらさんの文章の中で、感動しましたのは、「敬意」って言葉。
作った人に「敬意」。いいですね。

親こあらさんのよく調べられた記事は、小生心から「敬意」を感じます。また、勉強というか、自分の知識にもなります。

続けて書いていってください。
切望いたします。





親こあら
うる3世さん今晩は!!

>きょうは寒い朝でした。
丁寧な見解。感動いたしました。

こちらも随分、冷え込む朝でした。いえいえ^^文章で伝える難しさを実感しています。

>小生のところには、CDジャケ写真の苦情みたいなものはありませんが、歌詞のことについては、何回か忠告がありました。フルーツのBLOG本部からのものもあり(誰かが本部に連絡されたのだと思います)、歌詞引用を全て削除したことがあります。

そんな事があったのですね。本筋から言えば筋違いでしょうが、運営会社も万が一裁判と言う事になると巻き込まれますからそうされたのかも知れませんね。件の方は、うる3世さんの所から来られるようですから、連絡された方と同一人物かも知れません。


>歌は、歌詞が命みたいなところがあるので、歌中心のBLOGでは、歌詞の解説ができないと、つらいものがありますよね。
ええんかい!! と思いながら、歌詞のイメージってことで、自分の言葉に置き換えて記事にしたりしてますが、「おふくろさん」のことがあるので、ちょっと、気が重いですけど。

それも、微妙な所みたいです。要約引用は駄目らしいですから、要約引用ととられたら危ないかも知れません。何も書けなくなりますよね。

>でも、JASRACにきっちりとお金を払ってはる個人の人もいますので・・・ 文句をつけたい気持ちもわからんことでは、ないです。

そうですね。気持ちは理解できないでもないですが、別件だと思いますけどね。その辺りを混同するとどうしようもなくなると思います。

>ジャケ写真について、大丈夫ですか? って書かせてもらったのは、あまりに鮮明すぎると、その画像を転用する人がいるんちゃうかな? とちょっと思ったからです。

それを言い出したら、はるのひさんも触れられていますが、アフィリエイトにある画像はどうなる?オークションはどうなる?と言う話にならないでしょうかね。特にヤフオクなんか鮮明な画像で裏の歌詞まで撮影されたものがあります。

>小生は法律のことは、全くわかりませんけど、「悪意がなければ、大目にみてほしいってのが」 本音です。


私もそう思いますが、世の中そんな方ばかりではないようですので、提言させて頂いているようなルールが必要だと思います。


>親こあらさんの文章の中で、感動しましたのは、「敬意」って言葉。
作った人に「敬意」。いいですね。

敬意を持っていなければ、続けていけないと言うのが本音です。

>親こあらさんのよく調べられた記事は、小生心から「敬意」を感じます。また、勉強というか、自分の知識にもなります。
続けて書いていってください。
切望いたします。

有難う御座います。言いたい事はまだあるのですが、それはまた日を改めて別の機会とさせて頂きます。


著作権問題
コックン
もっと真剣に受け止めなければならないと頭のどっかで考えているのですが、実態はご存知のようにyou tubeをはじめ「好き」「聴きたい」「聴かせたい」というこどもみたいな感覚で歌ネタを書き続けている次第なんです。
読んで、改めて自分をふりかえることができました。
外国、欧米などもやはり著作権は日本よりも厳しいのでしょうか?

Re: 著作権問題
oyakoala
コックンさんどうもです。

> もっと真剣に受け止めなければならないと頭のどっかで考えているのですが、実態はご存知のようにyou tubeをはじめ「好き」「聴きたい」「聴かせたい」というこどもみたいな感覚で歌ネタを書き続けている次第なんです。
> 読んで、改めて自分をふりかえることができました。
> 外国、欧米などもやはり著作権は日本よりも厳しいのでしょうか?

外国欧米の著作権について詳しく調べた事はないのですが、多分、日本より厳しいと思います。特にアメリカとかは訴訟国家だし、国際的な問題に繋がるといけないので、個人的には避けています。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。