温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朝から霙交じりの雪が降って寒かったです。天気予報は霙なのですが、夕方から降っているのはどうみても雪で、周りの田んぼや、家の屋根とか、車の上には積雪していました。車道は今のところ、大丈夫ぽいのですが、明日の朝が怖いです。積もらなくても凍っていたら
どうしようもないですからね・・・事故とかが起きなければ良いのですが・・・
そんな訳で今日はの『』を取り上げさせて頂きます。


雪 猫



雪でした あなたのあとを何となくついて行きたかった♪ 


雪 猫1



この楽曲は1972(昭和47)年8月に発売されたシングルの収録されたもので、作詞、作曲が吉田拓郎さんによる作品です。このシングルのB面は『僕の庭』と言う曲で、こちらは作詞、作曲が内山修さんによる作品です。この楽曲は元々1970(昭和45)年11月に発売された吉田拓郎さんのアルバム『青春の詩』に収録されていた楽曲です。


この楽曲を歌われていたは、1971(昭和46)年10月にカレッジフォークグループ「ザ・リガニーズ」のメンバーであった内山修さん,常富喜雄さんと「ジ・アマリーズ」のボーカリストであった田口清さんによって結成されたグループで、1972(昭和47)年3月9日に「人生なんてそんなものさ」でデビューされたようです。



あーあの人は 見知らぬ街の 見知らぬ人♪ 


yukineko2



このグループは、吉田拓郎さんのバック・バンドも勤めて居られたから、拓郎さんの影響もかなり受けられていたのでしょうね。その後、このグループは石山恵三さん、西木栄二さん、御守孝明さん、大久保一久さんらがメンバーチェンジを繰り返しながら参加され1975(昭和50)年に解散されたようです。


結成時のメンバーのお一人であった田口清さんは1991(平成3)年に42歳と言う若さで事故でお亡くなりになられたようです。その後2004(平成16)年に内山修さん、常富喜雄さん、石山恵三さんのお三人で再出発されたようです。私はこのグループはリアル・タイムでは記憶にないのですが、当時、ファンであった方には嬉しい事ですよね。



夢でしょうかあの日のことは 雪を見るたび思い出す♪ 

yukineko3



楽曲の内容は、雪が降る日に見知らぬ街の見知らぬ女性の後をついていきたかったと言う想い出を雪が降る度に思い出すと言う内容のようです。その想い出は夢か現か判らないようですから、かなり昔の想い出なのかも知れませんね。小さい頃の想い出というのは確かにそう言う部分があるかも知れないです。

雪で想い出す私の一番古い記憶は幼稚園の時に、大雪が降って、雪だるまを作った記憶です。古い記憶ですからそれも曖昧で、その後の記憶と入り混じっている可能性は否めません。幼稚園以前の記憶らしいものもあるのですが、年代が不明確です。の『』はこちらから、吉田拓郎さんのはあちらから少しだけですが試聴が出来ます。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/01/20 19:05】 |
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんばんは~(^-^)。
そちらは雪が降ったんですね~。
ちなみに大阪は雨でした…。
それにしても今日はまた寒かったですね~。
そういえば明日の朝は雪が降るとか…。
うーん。本当かなぁ…。
でもガンバるぞ~!!
親こあらさん明日の朝、気をつけて出勤なさって下さいね。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>そちらは雪が降ったんですね~。
ちなみに大阪は雨でした…。
それにしても今日はまた寒かったですね~。

そうですか・・そちらは雨だったのですね。でも、寒かったというか今もかなり寒いです・・

>そういえば明日の朝は雪が降るとか…。
うーん。本当かなぁ…。
でもガンバるぞ~!!
親こあらさん明日の朝、気をつけて出勤なさって下さいね。

そう言う予報みたいですね・・有難う御座います。積雪が予報されるようなのでひょっとしたら仕事にすら行けない状況かも知れないです・・


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。