温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は最初がマニアックな?選曲でしたので、最後は有名な楽曲で、及川眠子さんが関われているWinkの『愛が止まらない ~;Turn It Into Love~』 で締めたいと思います。


Car Radio流れる せつなすぎるバラードが友達のライン壊したの♪


愛が止まらない 1



この楽曲は1988(昭和63)年11月16日に発売されたWinkの三枚目のシングルに収録された楽曲でMike Stock、Matt Aitken、Pete Watermanが作詞、作曲をされ、及川眠子さんが日本語詞を付けられたようです。このシングルのカップリング曲は『DING DING 〜恋から始まるふたりのトレイン〜』と言う楽曲でこちらは 作詞・作曲がLasse Andersson、Bruno Glenmark、日本語詞を及川眠子さんが付けられているようです。



楽曲の内容は、何かの事情で男友達の助手席に座った女性が、ラジオから流れる音楽で友達の一線を越えて恋に落ちた心情を歌われたもののようです。車の中と言う特殊な空間でロマンチックな楽曲が流れて来たら、そんな気持ちになるものなのでしょうかね。男女間に友情が成立するしないと言う議論はありますが、それがどうかは横に置いといて、友達ですから嫌な感情は無い訳ですよね。



彼女の存在なら 初めから百も承知よなのに今夜 何故?素直なの♪


愛が止まらない 2


この楽曲は1988(昭和63)年10月26日~12月21日フジテレビ系列で放映された南野陽子さん主演のドラマ『追いかけたいの!』の主題歌としても使われヒットします。この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは 64.5万枚を売り上げたようです。このヒットで Winkのお二人は第22回全日本有線放送大賞グランプリ受賞を受賞されたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からするとその男友達には彼女がいる設定のようです。この楽曲とは性別が逆ですが、高校時代の同級生と付き合っていた彼女と結婚した同級生の噂話を聞いた事があります。両者とも特に親しくは無いし、他県に住んでいたので詳しい事情は存じないし、直接聞いた訳ではないのですが、同じ会社に勤めていたようですから、社内では有名になったのではないのでしょうかね。


都会の輪郭が 葡萄色に変わるまでにあなたに本気を感染したい♪


愛が止まらない 3


上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼側はその気持ちまでは至ってなかったようです。飽くまでも歌詞の視点が女性側なので男性の心理状態までは判りませんが、女性側がそこまでの熱い気持ちを持っていたとすれば、余程鈍感でない限り、その気持ちは相手に伝わっていたでしょうね。その後、進展するしないは男性の性格と今付き合っている彼女への思い入れの度合いによっても違って来るのでしょうね。


この楽曲を聴くと、以前、勤めていた職場の東京本社に在籍されていた女性を思い出します。何度か本社の方と飲みに行きそこでカラオケで歌われていました。結婚され、寿退社されたのでその後の事は存じませんがお幸せに暮らされているのでしょうね。 Winkの『愛が止まらない ~Turn It Into Love~』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。



WINK TREASURE COLLECTIONWINK TREASURE COLLECTION
(1999/06/30)
WINK

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/10 23:21】 | Wink
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
ドラマ観ていましたよ~(^o^)。
懐かしいですね~。
夜のドラマこの頃が一番観ていました。
今は観ないですけど…。
それにWinkの曲けっこう好きでした。
ドラマで観ていたこともあったけど
口ずさみやすいかったしで…今でもWinkの曲は好きです。
うーん。この頃はわりといろんな曲を聴いていたのかも知れないです。
でもやっぱりアイドルが中心でしたね(笑)。


親こあら
しのぶさん今日は!!

>ドラマ観ていましたよ~(^o^)。
懐かしいですね~。
夜のドラマこの頃が一番観ていました。
今は観ないですけど…。

そうですか^^私は余り観ていませんでしたが、人気があるドラマ当時は多かったですよね。


>それにWinkの曲けっこう好きでした。
ドラマで観ていたこともあったけど
口ずさみやすいかったしで…今でもWinkの曲は好きです。
うーん。この頃はわりといろんな曲を聴いていたのかも知れないです。
でもやっぱりアイドルが中心でしたね(笑)。


そうですね。しのぶさんお年代位の方ならテレビを観ながら一緒に踊りながら歌われていた方多かったでしょうね。^^



dawase86
いつも、親こあらさまの詞の理解の深さに感心しています!
この曲は、大学三年の頃に流行りましたが、デビュー当時の
WINKは、さほど、華もなくてよく売れたものだと思いました。
オリジナルは確かカイリー・ミノーグさんが歌っていたかと
思いますがユーロビート全盛でこういった曲調がもてはやされたのも
WINKにとっては、よかったかと思います。

女性二人組と言えば「ベイブ」でしたか、いましたね。


親こあら
dawase86さん今晩は!!

>いつも、親こあらさまの詞の理解の深さに感心しています!

いえいえ^^いつもオヤジの駄文を読んで頂き有難う御座います。

>この曲は、大学三年の頃に流行りましたが、デビュー当時の
WINKは、さほど、華もなくてよく売れたものだと思いました。
オリジナルは確かカイリー・ミノーグさんが歌っていたかと
思いますがユーロビート全盛でこういった曲調がもてはやされたのも
WINKにとっては、よかったかと思います。

WINKはカバー曲多かったですよね。あの素人ぽさと言うかぎこちなさが却って新鮮だったのかも知れないですね。


>女性二人組と言えば「ベイブ」でしたか、いましたね。

ベイブも懐かしいですね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。