温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も曇りがちの一日でした。今日はお休みでしたが、明日からはまた仕事と言う事で、この時間になると、憂鬱な気分になりますよね。働けるのは有難い事だとは思うのですが、この国の未来を考えると、不安になる事が多いし、何も出来ない自分に腹が立つ事多いです。・・

さて、今日は、文化の日であるとともに、まんがの日、レコードの日、いいお産の日、ハンカチーフの日でもあるそうです。その中でも、ハンカチーフの日と言うのは、夫のルイ16世に「ハンカチーフは正方形にすべし」という政令を出させたマリー・アントワネットの誕生日(11月2日)に近い祝日を選んで、日本ハンカチーフ連合会が1983年に制定されたもののようです。


今日は、ハンカチーフの日に因みまして、堀ちえみさんの『 白いハンカチーフ 』を取り上げたいと思います。



一色のバラ模様にじませたハンカチーフ 唇を切ったのね♪

白いハンカチーフ1

この楽曲は、1984(昭和59) 年1月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が大津あきらさん、作曲が網倉一也さんによる作品です。このシングルのB面は『Lai Lai Lai』と言う楽曲で、こちらは作詞が岩里祐穂さん、作曲が岩里未央さんによる作品です。 作曲を担当された 岩里未央さんは作曲家三浦一年さんのペンネームで、岩里祐穂さんとの共作時に使われたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、白いハンカチーフについた彼の血痕がバラの花のように見えたのでしょうね。何故、彼が唇を切ったのかは後に続く歌詞に出て来るのですが、彼女とのデートをからかわれ、喧嘩をしたようです。からかった方は羨ましさもあったのでしょうね。年を経ればそれなりの対応も出来るのでしょうが、若い頃と言うのは、そう言う事が多いような気がします。



初めての恋模様 彩ったハンカチーフ洗わずにおいておくの♪

白いハンカチーフ2

愛する人を命がけで守ると言うのは、簡単そうで中々出来ない事でありますが、彼はそれだけ純情一途だったのでしょうね。若い方で擦り傷や、何かでちょっとした怪我をされている方と言うのは最近余り見ないし、喧嘩をしたと言う話も殆ど聞かないような気がします。喧嘩や怪我は無い方が良いに越した事はないのですが、それだけ、人間関係が希薄になったと言う事なのでしょうかね。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼女側もそんな彼氏の気持ちや態度が嬉しかったのでしょうね。彼の血痕の付いたハンカチーフを洗わず置いておくと歌われています。昔は芸能人と握手をして頂くと手を洗わないと言われる方が多かったように思いますが、それと似た感覚なのでしょうか?一生手を洗わない訳にはいきませんが、ハンカチーフならとっておけそうですよね。


明日もヒラ・・ヒラ・・二人を染める白いハンカチーフ  ♪

白いハンカチーフ3


楽曲のタイトルや歌詞に出て来る『ハンカチーフ』と言うのは一般的にハンカチとか、古い年代の方ならハンケチと言われるものですが、普段の生活の中では、ハンカチと呼んでもハンカチーフとは余り言わないですよね。最近はハンカチの種類も増え、100円ショップでも多種多様のものが販売されていますが、昔は安くても200~300円はして種類もそんなに多くなかったように記憶しています。


初めてのデートは、記憶に残るものですが、そんなアクシデントがあったら、2人とって、より心に残る日になったことでしょう。白色と言うのは何色にも染まると言う事で花嫁衣裳にも使われるのですが、前途ある二人の未来を象徴しているかのようですよね。堀ちえみ さんの『白いハンカチーフ 』は こちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeでは歌われている動画がそこで観る事が事が出来ます。

 
「堀ちえみ」SINGLESコンプリート「堀ちえみ」SINGLESコンプリート
(2007/08/17)
堀ちえみ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/11/03 18:50】 | 堀ちえみ
トラックバック(0) |


ありんこbatan
ハンカチーフといえば
太田裕美さんのアッチの曲が浮かぶんですが
こういう曲もあったんですね。
知りませんでした。。
唇を切った・・というのは
いろんな場面が想像できるんですが
喧嘩で・・となると
カレの男くささのようなものが漂ってきて
ちょっと苦みばしったイイ男☆っていうようなカンジもします。
歌詞にでてくるハンカチは
やっぱり
「ハンカチーフ」で
色は白!っていうのが定番のようですね。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>ハンカチーフといえば
太田裕美さんのアッチの曲が浮かぶんですが
こういう曲もあったんですね。
知りませんでした。。

そちらは既出ですので、今回はこちらにしてみました。^^

>唇を切った・・というのは
いろんな場面が想像できるんですが
喧嘩で・・となると
カレの男くささのようなものが漂ってきて
ちょっと苦みばしったイイ男☆っていうようなカンジもします。

そうかも知れませんね^^

>歌詞にでてくるハンカチは
やっぱり
「ハンカチーフ」で
色は白!っていうのが定番のようですね。。

昔はハンカチの色と言えば白が多かったからでしょうかね。^^


コメントを閉じる▲
今日は良いお天気でしたが、夕方、雪混じりの雨が降って来ました。すぐ、止んだのですが、今年は何だか寒さが厳しいですね。今日はタレントで女優の堀ちえみさんのお誕生日だそうですので、『潮風の少女 』を取り上げたいと思います。


きっと連れて行って 今度の日曜日少し早い茅ヶ崎♪


潮風の少女1


この楽曲は、1982(昭和57)年3月21日に発売された、堀ちえみさんのデビューシングルに収録された楽曲で、作詞、作曲が松宮恭子さんによる作品です。この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高27位を獲得され、このシングルは8.8万枚を売り上げたようです。


この楽曲の主人公の少女は、茅ヶ崎の海が好きだったのでしょうか?発売されたのが3月の終り頃だとしても、海で泳ぐには早いですよね。茅ヶ崎と言えば、サザンオールスターズの楽曲でも有名な場所でしたから、シーズン・オフでも訪れる方が多かったのかも知れないですよね。


待ち遠しい 夏の熱い恋の日差し きっと灼けつく恋の♪


潮風の少女2


このシングルのB面は『メルシ・ボク』と言う楽曲でこちらは作詞、作曲が佐々木勉さんによる作品で、こちらは1982(昭和57)年4月14日~9月15日にTBS系列で放映されたドラマ『メチャン子・ミッキー』の主題歌だったようです。デビューシングルのB面が初主演ドラマの主題歌と言うのも珍しいですよね。


夏にイチャイチャしていたら、尚更、暑そうですが、上に引用させて頂いた歌詞にあるように、当時の楽曲は、夏が恋の季節であるような楽曲多かったように思います。日焼けしているのが健康的なイメージがあったのですが、何時の間にか夏でも色白である事がトレンドになっていますよね。


早くつかまえて 私波に揺れる小さな舟♪

潮風の少女


主人公の少女は15歳と言う設定になっています。堀ちえみさんも15歳でデビューされていますが、上に引用させて頂いた歌詞の部分が記憶に強く残っているのですが、何かのCMか何かで使われていたのか、頻繁に聴いた記憶があるのですが、何であったか忘れてしまいました。


堀ちえみさんの『潮風の少女』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。可愛らしいですよね。昔から不思議だったのですが、当時の女性アイドルの衣装はどうして生地がテカテカしたものを使う事が多かったのでしょうかね。


堀ちえみ★BEST MYこれ!クション堀ちえみ★BEST MYこれ!クション
(2001/10/17)
堀ちえみ

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/15 21:39】 | 堀ちえみ
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
昨日はまたまた寒かったですね。
大阪はお天気良かったんですけど…風が冷たかったです。
そういえばこの曲は聴いたことがあります。
以前、堀ちえみさんがとある番組のレギュラー(ラジオ)でされていたので聴きました。
アイドル時代はあまりなじみがないんですけども今は精力的にガンバっておられますよね。
全国番組から関西ローカルの番組までよく観ます。
ハイ…。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>昨日はまたまた寒かったですね。
大阪はお天気良かったんですけど…風が冷たかったです。

そうですか^^そちらも冷え込んだのですね。

>そういえばこの曲は聴いたことがあります。
以前、堀ちえみさんがとある番組のレギュラー(ラジオ)でされていたので聴きました。
アイドル時代はあまりなじみがないんですけども今は精力的にガンバっておられますよね。
全国番組から関西ローカルの番組までよく観ます。
ハイ…。

しのぶさんの年代の方ではアイドル時代は記憶に無い方の方が多いかも知れませんよね。結構、出演されていますよね。^^



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。