温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は良いお天気の一日でした。風のない車の中だと暑い位でした。今日は漫画家の水木しげる先生のお誕生日と言うことなので、 熊倉一雄 さんの『ゲゲゲの鬼太郎 』を取り上げたいと思います。

ゲッゲッゲゲゲのゲー朝は寝床でグーグーグー♪

ゲゲゲの鬼太郎1



この楽曲は1968(昭和43)年 1月からアニメ第1シリーズが開始された『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマとして使われた楽曲で、作詞が水木しげる先生、作曲がいずみたく さんによる作品です。歌われた方やアレンジはシリーズによって異なり、 熊倉一雄 さんは第1と第2シリーズを担当されたようです。


ゲゲゲの鬼太郎のゲゲゲは、水木先生が幼少の頃、 5歳になってもロレツが回らず、自分の名前『茂』を『ゲゲル』と発音されていた所から、ゲゲと言うあだ名が付けられそれがオープニングテーマの出だしにも使われたのでしょうね。誰しも上に引用させて頂いた歌詞にあるような生活に憧れますよね。


楽しいなおばけにゃ会社も仕事も何にもない♪

ゲゲゲの鬼太郎2




この楽曲は元々アニメの為に作られた楽曲ではなく、1967(昭和42)年7月20日に発売されたレコード『少年マガジン・マンガ大行進』のために作られた楽曲で、同年10月10日に『ハリスの旋風』とのカップリングでシングル化されたようです。この楽曲がテレビアニメ化を推進したとも言われているようです。


アニメでは妖怪と呼び、この楽曲ではお化けと呼んでいるのが子供の頃から不思議だったのですが、辞書によるとお化けとは化け物、妖怪、幽霊の総称のようです。それと歌詞を妖怪に変えてしまうと、酷く歌い辛いですよね。因みに鬼太郎は幽霊族で、この幽霊族とは幽霊とは違い人類より古い種族だそうです。



『夜は墓場で運動会 楽しいな楽しいなお化けは♪

ゲゲゲの鬼太郎3



この楽曲は第3シリーズを吉幾三さんが、第4シリーズを憂歌団が、第5シリーズを泉谷しげる さんが歌われていたようです。記憶にあるのは第3シリーズまでなのですが、吉幾三さんバージョンを聴いた時は別物だと感じてしまいました。余り楽しくと言うかアップテンポで歌われるとおどろおどろらしさが無くなりますよね。


運痴な私は運動会は楽しいとは思わなかったのですが、お化けにとっては楽しい事だと感じたのでしょうか?それとも水木先生の願望を歌詞にされたのでしょうかね。熊倉一雄 さんの『ゲゲゲの鬼太郎I』はこちらで少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそちらからオープニング動画を観る事が出来ます。



ゲゲゲの鬼太郎 60’s+70’s ミュージックファイルゲゲゲの鬼太郎 60’s+70’s ミュージックファイル
(2006/12/06)
TVサントラ、熊倉一雄 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:思い出の音楽 - ジャンル:音楽

【2008/03/08 21:03】 | 熊倉一雄
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
鬼太郎はアニメの方をよく観てました。
それとやっぱりファミコンでよく遊んでました。
難しかったのでそんなにはクリアできなかった記憶があります。
でも面白いソフトの一つでした。
ハイ…。


親こあら
しのぶさんお早う御座います。^^

>鬼太郎はアニメの方をよく観てました。
それとやっぱりファミコンでよく遊んでました。
難しかったのでそんなにはクリアできなかった記憶があります。
でも面白いソフトの一つでした。
ハイ…。

そうですか^^ファミコンのゲームにあったのですね。流石!ゲ-マーですね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。