温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋の名月


今日は中秋の名月で月が綺麗でした。私のデジカメでは綺麗に撮影する事が出来ず、今日の月の美しさを充分伝える事が出来ずに残念です。

月見団子

中秋の名月と言えば、今は亡き私の祖母が、月見団子を作ってくれて食べた記憶があります。上の画像は今日スーパーで買って来たものなのですが、レシピとかを見たので、本当は自分で付くろうかとも思ったのですが、妻と二人だけだし、妻は団子類は好きではないようなので、やめておきました。

さて、十五夜と言う事で、今日は小柳ルミ子さんの『十五夜の君』 を取り上げたいと思います。


※注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットで拾って来た画像を加工して使わせて頂いております。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。


苔むす庭に遊ぶ風が私を泣かせる私の恋を♪

十五夜の君1.


この楽曲は、1973(昭和48)年8月10日に発売された小柳ルミ子さんの9枚目のシングルに収録された楽曲で、作詞が安井かずみ さん、作曲が浜圭介さんによる作品です。このシングルのB面は『笹舟』と言う楽曲でこちらは作詞が :山上路夫さん、作曲が平尾昌晃さんによる作品です。このシングルはシングル・チャ-トで最高8位を獲得され、このシングルは19万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『苔むす庭』と言うフレーズからすると、楽曲の舞台は、京都にある通称、苔寺で知られる西芳寺の庭をイメージされたのでしょかね。苔がむすほどではありませんでしたが、私の実家の小さな庭には、今は亡き祖父が植えた苔があります。誰も手入れしなくなったので、苔も殆どなくなったようです。手入れとかが簡単ではないのでしょうね。



雲間がくれに遊ぶ月が私をじらせる私の恋を♪

十五夜の君2


現在では『君』は、二人称の人代名詞として、年下や目下の方に使われる事が多いのですが、元々は高貴な身分の方や目上の方に対する敬称として使われていたようです。歌詞を読み返しても何故、十五夜なのかは判りませんが、楽曲の主人公が好意を持つ男性をそう呼ばれたのでしょうね。時代めいた表現の仕方ですが、乙女心を感じさせるタイトルのような感じがします。


現実には月は何もせず、雲が月を隠したりする訳ですが、その雲も何らかの意志を持ってしている訳ではないのですが、地上から天空を見上げると、さも、月が雲間に隠れたり出てきたりして遊んでいるように感じたのでしょうね。意志を持たない自然現象ですら、恋をする女性から見ると何らかの意志によって動いていたり、何らかを語りかけていると感じるものなのかも知れません。



池の向こうに浮かぶ山が私を叱るの私の恋を♪

十五夜の君3


楽曲の内容は、待てど暮らせどなかなか来てくれない『十五夜の君』 を持ち続ける女性の心情を歌われたもののようです。 待ち続けると言うのは簡単な事ではないですよね。歌詞の内容からするとやはり、源氏物語とかに出て来るような通い婚を意識されたものなのでしょうかね。それとも、訳ありの恋だったのでしょうか?何れにせよロマンチックではありますが切なさを感じてしまいます。

上に引用させて歌詞に出て来る『山』が、庭に造られた小さな築山なのか、借景としての山なのかは判りませんが、上に引用させて頂いた歌詞にある山が叱ると言う事は何らかの言葉が聞こえる訳ではなく、自分の中の声を山が言っているように感じたのでしょうね。小柳ルミ子さんの『十五夜の君』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。


ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクションゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション
(2005/03/24)
小柳ルミ子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/09/14 22:30】 | 小柳ルミ子
トラックバック(0) |


ありんこbatan
あ~
こんな曲が・・ありましたね~。。
♪また ひとぉつ~
のフレーズが印象的です。
ルミ子さんて
日本の情緒を歌われてる曲が結構ありますよね。
月の写真は
ありんこカメラには無理なので
皆さんのところに伺っては
拝見しています。
親こあらさんの撮られたものも
おぼろでいいじゃないですか~!



親こあら
ありんこbatanさん今晩は!

>あ~
こんな曲が・・ありましたね~。。
♪また ひとぉつ~
のフレーズが印象的です。
ルミ子さんて
日本の情緒を歌われてる曲が結構ありますよね。

考えてみると、その手の楽曲多いような気がします。

>月の写真は
ありんこカメラには無理なので
皆さんのところに伺っては
拝見しています。
親こあらさんの撮られたものも
おぼろでいいじゃないですか~!

有難う御座います。でも、このお月様本当はおぼろではないのですよね・・カメラがオンボロと言う訳ではないのでしょうが、そう写ってしまいました。・・・


コメントを閉じる▲
今日は涼しいと思っていたのですが、結構、蒸し暑い日でした。6月より7月になった方が天気が悪いような気がします。さて、今日は小柳ルミ子さんのお誕生日ですので、今日の1曲目は『わたしの城下町 』を取り上げたいと思います。


格子戸をくぐりぬけ 見あげる夕焼けの空に♪


わたしの城下町1



この楽曲は、1971(昭和46)年4月25日に発売された小柳ルミ子さんのデビュー・シングルに収録された楽曲で作詞が:安井かずみさん、作曲:が平尾昌晃さんによる作品です。このシングルのB面は『木彫りの人形』と言う楽曲でこちらは 作詞が山上路夫さん、作曲が平尾昌晃さんによる作品です。


上に引用させて頂いた歌詞にある『格子戸』とは、こんな戸の事です。現在では殆ど見掛ける事が無くなりましたが、昔は何軒か見掛けました。戸が小さく『くぐりぬけ』ると言う表現が的確ですよね。現代の生活様式には合わないのかも知れませんが、デザインとして取り入れるとお洒落かも知れません。


四季の草花が咲き乱れわたしの城下町♪

わたしの城下町2



この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは134.3万枚を売り上げたようです。 この楽曲のヒットで小柳ルミ子さんは第13回日本レコード大賞で、最優秀新人賞を、第2回日本歌謡大賞で放送音楽新人賞を受賞され、第22回NHK紅白歌合戦に初出場を果たされたようです


楽曲のタイトルや上に引用させて頂いた歌詞にある『城下町』が何処なのか気になったので調べてみたら、こちらのサイト様には『何処にもなく何処にもある』と頓智のような答えが書かれていました。ただ、この楽曲を作詞された安井かずみ さんは、冒頭の『格子戸』は京都をイメージされたそうです。



初恋のもどかしさきまずく別れたの♪

わたしの城下町3



楽曲のタイトルや歌詞の大半を占める、城下町の描写に目が行きがちですが、上に引用させて頂いた歌詞からすると、城下町を初恋の人と歩き、別れた事を歌われているようです。初恋が『もどかしい』と言う気持ちはよく判るような気がします。純情すぎて話も満足に出来なかったのでしょうね。


何処にでも有り勝ちな風景や誰にも有り勝ちな初恋の気持ちが、この楽曲のヒットに繋がったのかも知れません。上手い所を突いていますよね。小柳ルミ子さんの『わたしの城下町 』は、こちら の方で少しだけ試聴が出来ます。youtubeでは、そちらで歌われている動画を観る事が出来ます。


ヒット・コレクションヒット・コレクション
(1998/11/26)
小柳ルミ子

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/07/02 21:03】 | 小柳ルミ子
トラックバック(0) |
今日は午前中はそうでも無かったのですが、午後から次第に雨脚が強くなりました。桜の花も散ってしまうでしょうね。さて、1988(昭和63)年の今日、宇野~高松を結ぶ連絡線、宇高連絡船が高速艇を除き廃止されました。

翌日の1988年(昭和63年)4月10日に 瀬戸中央自動車道と、JR四国本四備讃線の児島 - 宇多津・坂出間が所謂、瀬戸大橋が開通されました。良い悪いハ別にして、あれから20年時代は大きく変わりました。

今日は小柳ルミ子さんの『瀬戸の花嫁』を取り上げたいと思います。
 

瀬戸は日暮れて 夕波小波あなたの島へ お嫁にゆくの♪

瀬戸の花嫁1


この楽曲は、1972(昭和47)年 4月10日に発売された小柳ルミ子さんの4枚目のシングルに収録された楽曲で、 作詞が山上路夫さん、作曲が平尾昌晃さんによる作品です。このシングルのB面は『それでも川は流れる』と言う楽曲でこちらは、 作詞が安井かずみさん、作曲が平尾昌晃さんによる作品です。この楽曲の舞台となったのは香川県小豆郡土庄町沖之島とされているようです。


楽曲の内容は瀬戸内海の小島へ嫁ぐ時の情景とその女性の心情や、新生活への決意が歌われています。上に引用させて頂いた歌詞からするとこの女性は夕暮れ時に嫁がれているようです。絵的には美しい情景なのですが、よくよく考えるとこれから夜になる訳で、そんな時間帯に行かれて、その後、式とか披露宴とかどうなされるのか疑問に思わずには居られませんでした。


岬まわるの 小さな船が生まれた島が 小さくなるわ♪

瀬戸の花嫁2


この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは74.1万枚を売り上げたようです。この楽曲のヒットで 小柳ルミ子 さんは第3回「日本歌謡大賞」大賞第14回「日本レコード大賞」歌唱賞を受賞され、第23回NHK紅白歌合戦にこの楽曲で2回目の出場を果たされています。当時の小柳ルミ子 さんは、優しいお姉さんと言うイメージでした。


結婚すると言う事は、好きな相手と単に一緒になるだけではなく、その家族や親戚、嫁ぎ先の近所との関係が出来る訳ですから、大変な事ですよね。特に上に引用させて頂いた歌詞に出て来るような島であれば、島民皆が知り合いに近かったするから尚更だと思います。それでも、上手く行けば居心地も良いのでしょうがそう出なければ、出里に帰る事さえ大変な地理条件ですよね。


瀬戸は夕焼け 明日も晴れる二人の門出 祝っているわ♪

瀬戸の花嫁3


この楽曲が発売された年、小柳ルミ子 さんは20歳だったようです。現在はどうか存じないのですが、香川県は昔は結婚年齢が低い事で上位にランクされていました。20歳位で嫁がれる方も珍しく無かったかも知れません。この楽曲が発売されて今年で36年になるようです。実在のモデルが居られたどうかは判りませんが、居られたとしたら現在は良いお年になられているでしょうね。


上に引用させて頂いた歌詞にあるように、幸せな門出をされたこの女性のその後はどうだったでしょうか?個人的には歌詞にあるように現在でも幸せであって欲しいとは思うのですが、こればかりは神のみぞ知るで判りませんよね。小柳ルミ子さんの『 瀬戸の花嫁』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeではそちらから歌われている動画を観る事が出来ます。


ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクションゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション
(2005/03/24)
小柳ルミ子

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/04/09 21:13】 | 小柳ルミ子
トラックバック(0) |


ゆうや
あの頃の小柳ルミ子さんは本当に可愛かったです。
「あの頃」なんて書くとファンの方に怒られますね。(笑)
えっと、魅力が成長と共に変化してきたのでしょう。
いまでは違った魅力があると感じています。


親こあら
ゆうやさん今晩は!!

>あの頃の小柳ルミ子さんは本当に可愛かったです。
「あの頃」なんて書くとファンの方に怒られますね。(笑)
えっと、魅力が成長と共に変化してきたのでしょう。
いまでは違った魅力があると感じています。

そうですよね。時代により魅力も変わっていきますから、その時代に応じた魅力で今もご活躍されているのは素晴らしい事ですよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。