温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ofr.jpg



上の画像は、先日某オ-クションで落札した欧陽菲菲のアルバムです。質問を頂き捜していたレコードです。
I'll get back home to San Francisco 港町に朝が来る♪ 』

macchinohi1.jpg

この楽曲は,アルバム『リターン』のB面の3曲目に収録された楽曲で、作詞、作曲が伊藤薫さんによる作品です。発売された時期が判らないのですがレコード裏面には『7909』と言う数字が印刷されているので、多分、1979(昭和54)年9月に発売されたものではないかと思われます。欧陽菲菲さんのWikipediaを見ても主なシングルは書かれているのですが、アルバムとかの名前とか収録曲は書かれていません。出されたアルバムもCD化されているものもあるのですが、これに関しては今の所CD化されていないようです。

上に引用させて頂いた歌詞からもお判り頂けますように、サンフランシスコに帰られる女性の心情を歌われているようです。サンフランシスコが故郷なのでしょうね。港町と言うと演歌の世界には良く出て来ますが、日本の港町と海外の港町とでは全然イメ-ジが違いますよね。飛行機がない時代は、海外へ行くのは船しかなかった訳ですが、外国船が行きかう海外の港町に対して日本の港町の場合は多くは漁港で漁師さんの船が停泊していますよね。どちらの港町も現在では昔の賑わいはないのでしょうね。

大きなモミの木の下で揺れていた銀の十字架レンガの坂道♪

machinohi2.jpg


この楽曲の収録されたアルバムは先日某オ-クションで落札したのですが、見つけたのは偶然でした。思えばこの曲に関して質問頂いたのが2009年2月14日でしたから、約2年近く探してやっと見つけました。オークションに出品されているレコードは、収録曲を書いて頂いているものもあるのですが、多くは写真だけで分からないものばかりでした。大体、曲名が判っていれば検索で出て来るのですが、検索で最初に出てくるのが私のブログの記事だったりしますから、情報自体が殆どないようです。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、クリスマスの時期なのでしょうかね?子供の頃故郷で過ごしたクリスマスを思い出されているのかも知れません。歌詞に『もうそろそろ、エアポ-ト誰も迎えに来ないけど♪』と言う歌詞がありますので主人公は飛行機で故郷に帰られているようです。空の上からみた故郷の街の灯はどんな風に見えたのでしょうかね?過ごした場所が都会であっても、その人の故郷はその場所なのでしょうね。家族や知り合いが居なくても、何時までも思い出として残っているものなのかも知れません。


私の仕事は Show Girl 暮らしに疲れた心に街の灯は暖かく♪ 

machinohi3.jpg


今日届いて、早速針を落としてみたのですが、小さな傷の為、針が飛んでちゃんと聞くことが出来ません。レコードの回転を見ても少し波打っているので歪みが生じているのでしょうね。折角手に入れたのですが、ちゃんと聞くことが出来ずに残念です。ちゃんと聞ければYoutobeにUPするつもりだったのですが、それも本当はいけないのでしょうね。著作者の権利は判りますが、そうやって聞けなくなった曲もかなり多いのかも知れませんね。財産であるなら、権利を守る所で音源も守って欲しいと思うのは無理なのでしょうか?

上に引用させて頂いた歌詞で初めて彼女の職業が判ります。各地を点々としていたのか、何処かのお店の固定で居られたのかまでは判りませんが、華やかに見えて大変なお仕事でしょうね。どんな事をされていたのかまでは歌われていませんが、歌手とか俳優さん、芸人さんもその類になるのでしょうね。昔ほどテレビを見なくなった方も増えたし、時代は少子高齢化ですから、そう言う職業の方がも益々大変な時代になるかも知れませんよね。生きていくのが益々大変な世の中になりましたよね。



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2010/12/13 21:31】 | 欧陽菲菲
トラックバック(0) |

No title
ありんこbatan
レコード買われるんですね
ってことは
聴ける...,
うらやましいです。
聴けるものを買えばいいわけですが
そこまではなかなか (^-^;

でも
これは
聴けなかったなんて
残念ですね~!
というか....ヒドイ~!
出された方も
確かめる術がなかったのか
欧陽菲菲さんファンなら
モノが手に入るだけで満足するんだからいいや....
だったんでしょうか
普通の店頭販売だったら許されないことかと思います。
ネットオークションの怖さ....ですね。

検索してみたら
自分の記事
笑っちゃいましたが
知りたい人にとっては
手がかりになるものがあった!というだけで感激☆
今日も
多くの方が
親こあらさんの書かれたものを読まれることでしょう (^-^*

Re: No title
oyakoala
ありんこbatanさんどうもです。

> レコード買われるんですね
> ってことは
> 聴ける...,
> うらやましいです。
> 聴けるものを買えばいいわけですが
> そこまではなかなか (^-^;

聞きたいが為に買いましたからね。。
割と手頃な値段で売られていたりします。


> でも
> これは
> 聴けなかったなんて
> 残念ですね~!
> というか....ヒドイ~!
> 出された方も
> 確かめる術がなかったのか
> 欧陽菲菲さんファンなら
> モノが手に入るだけで満足するんだからいいや....
> だったんでしょうか
> 普通の店頭販売だったら許されないことかと思います。
> ネットオークションの怖さ....ですね。

それは承知していたのですが、まさかここまでとは
思いませんでした。古いものですから仕方がないと
言えば仕方がないのですが・・・

> 検索してみたら
> 自分の記事
> 笑っちゃいましたが
> 知りたい人にとっては
> 手がかりになるものがあった!というだけで感激☆
> 今日も
> 多くの方が
> 親こあらさんの書かれたものを読まれることでしょう (^-^*

そうですね。音源は残念でしたが
収録されたものが見つかっただけでも
大発見かも知れません。


バンザイラン
親こあら様

欧陽菲菲の”街の灯”投稿しましたバンザイランです。たまに覗いていましたが、2008年6月のところばかり見ていました・・・発見されていたとは気づかなかった・。大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
さっきyoutubeでこの曲発見し、早速2008年6月の所に御礼の投稿した矢先に気づいた次第です。また去年の9月に閉館されているようで大変残念ですが、親こあらさんには感謝感謝です。早速検索してみます。またのいつの日か再開されることを心より願っております。

Re: タイトルなし
oyakoala
バンザイラン 様
>
> 欧陽菲菲の”街の灯”投稿しましたバンザイランです。たまに覗いていましたが、2008年6月のところばかり見ていました・・・発見されていたとは気づかなかった・。大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。
> さっきyoutubeでこの曲発見し、早速2008年6月の所に御礼の投稿した矢先に気づいた次第です。また去年の9月に閉館されているようで大変残念ですが、親こあらさんには感謝感謝です。早速検索してみます。またのいつの日か再開されることを心より願っております。

いえいえ。見つけて、レコードも手に入れたのですが、Yoiutobeに上げるには至りませんでした。そうですね。何時か再開したいと思っています。

コメントを閉じる▲
yuugure_20090910200857.jpg

上の画像は、今日自宅の玄関前から撮影した夕焼けの写真です。空ひとつとっても季節の変わり目を感じるものですよね。さて、今日は欧陽菲菲さんのお誕生日と言う事で『 ラヴ・イズ・オーヴァー 』を取り上げたいと思います。



Love is over ワケなどないよただひとつだけ あなたのため♪

lov1a.jpg

この楽曲は1979(昭和54)年9月30日に発売されたシングル『うわさのディスコ・クィーン 』のB面に収録された楽曲で両方とも作詞、作曲が伊藤 薫 さんによる作品です。この時はB面と言う事もあったのか2~3万枚の売上に終わったのですが、その後、1980(昭和55)年7月にA面曲として発売。1982(昭和57)年9月1日にジャケットを変更しA面曲として再発され、ヒットしたようです。


男女の別れの理由も様々ですが、上に引用させて頂いた歌詞からすると、二人で居る事があなたの為には良くなかったのでしょうね。最近、何かのCMで『あなたの為』と言うのがありますが、他人が考えるのと、当人が考えるのとでは隔たりがある事もあるでしょうね。この楽曲の場合は、歌詞を読み返すと『私』が居る為に『あなた』が駄目になってしまうと考えて別れを告げたようです。


誰に抱かれても忘れはしないきっと最後の恋だと思うから♪

lov2.jpg

この楽曲は生沢佑一さん、内藤やす子さん、ニック・ニューサーさん、やしきたかじんさん、原大輔さんも歌われているようです。楽曲を作られたのは男性ですが楽曲の主人公は女性と言う設定ですが、オリジナルの欧陽 菲菲 さんを含めても女性が2人と言うのも面白いように思います。他の方の歌われた物も素晴らしいのですが、歌い続けて来られた欧陽 菲菲 さんのが一番でしょうね。


この楽曲が最初に発売された時、歌われた欧陽菲菲さんは30歳、作られた 伊藤 薫 さんは26歳だったようです。この楽曲にモデルが居られるのかどうかは判りませんが、仮に30歳前後の女性を頭に描かれたすれば、最後の恋にしてしまうには、少し早過ぎる気がします。それだけ強い思いを持って相手を愛していたと言う事なのでしょうが、かなり、覚悟が必要ふだったでしょうね。


早く出てって ふりむかないでLove is over,uh 元気でいてね♪

lvo3.jpg

以前、欧陽菲菲 さんの記事に質問と言うか曲探しを依頼されたのですが、その後オークションとか中古レコード屋さんを探したり、その楽曲を出したレコード会社、公式サイトへもメールしてみたのですが、全然見つける事が出来ません。その楽曲は、この楽曲同様、伊藤 薫 さんによる作品で『街の灯』と言う楽曲なのですが、不思議な事に何処に収録されているのかさえ判りません。

今まで、色々な曲探しをしましたが、これだけ情報が無いのは初めてです。ご存知の方が居られましたらお手数ですが情報を頂けると有難いです。上に引用させて頂いた歌詞からすると、『あんた』は『わたし』の部屋に同居されていたのでしょうね。帰る所はあるのかも知れませんが、厳しい別れ方ですよね。欧陽菲菲 さんの『ラヴ・イズ・オーヴァー』はこちらから聴く事が出来ます。


欧陽菲菲 ベストアルバム欧陽菲菲 ベストアルバム
(2001/04/15)
欧陽菲菲

商品詳細を見る



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

【2009/09/10 20:21】 | 欧陽菲菲
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)。
私もこの曲知って
ま~す☆
でも名曲なのに
見つからないのも
珍しいですよね。
何か情報が入って
くると良いですよね(^-^)。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)。
> 私もこの曲知って
> ま~す☆
> でも名曲なのに
> 見つからないのも
> 珍しいですよね。
> 何か情報が入って
> くると良いですよね(^-^)。

作られた方が同じなので、名曲だとは思うのですが
何に収録されていたのかさえ判らないのは初めてです。



コメントを閉じる▲
今日は『雨の特異日』なのですが、こちらでは殆ど雨が降る事がありませんでした。雨に因みまして今日は欧陽菲菲 さんの『雨の御堂筋』で締めたいと思います。


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。


小ぬか雨降る 御堂筋 こころ変わりな夜の雨♪

『雨の御堂筋1



この楽曲は、1971(昭和46)年9月5日に発売された欧陽菲菲さんの日本でのデビューシングルに収録された楽曲で、作詞は林春生さん、作曲が ザ・ベンチャーズによる作品です。このシングルのB面は『愛のともしび』と言う楽曲で、こちらは作詞が橋本淳さん、作曲が 筒美京平さんによる作品です。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『小ぬか雨』とは、雨粒が霧のように細かい雨の事を指すようです。因みに、『小ぬか』とは『小糠』と表記し、玄米を精白するとき、その表皮が細かく砕けてできる粉の事を指すようです。、小ぬかのように細かい雨と言う事で名前が付けられたのかも知れませんね。


本町辺りに あなたはいると風の知らせを 背中で聞いて♪


雨の御堂筋12



この楽曲はシングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは79.2 万枚を売り上げたようです。このヒットで欧陽菲菲さんは、 第13回日本レコード大賞において新人賞を獲得されています。日本でデビューされる前は台湾で歌手をされていて、人気があったので、最初は観光ビザで来日されたようです。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『本町』とは大阪市 中央区にある地名の事で、多くの企業が集中する古くからのビジネス街の事です。楽曲の『あなた』が本町で何をされていたのかまでは判りませんが、風の噂で聞く位なら、本町にある企業で仕事をされていたのかも知れません。


梅田新道 心斎橋と 雨の舗道は 淋しく光る♪


雨の御堂筋3


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る梅田新道は、大阪市北区梅田の交差点の事で、心斎橋は大阪市中央区にある街です。御堂筋の全長が4,027mだそうですから、楽曲の主人公の女性は雨の中を北から南まで歩かれたのでしょうね。晴れた昼間でもこの距離を歩くのはなかなか大変です。

この楽曲を発売された時、 欧陽菲菲さんは22歳だったようです。当時の動画を観ても、もう少し上に見えますよね。 22歳で当時、日本に来られると言うのはかなり勇気が要ったでしょうね。欧陽菲菲 さん の『雨の御堂筋 』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではあちらから聴く事が出来ます。


欧陽菲菲 ベスト10欧陽菲菲 ベスト10
(2005/11/09)
欧陽菲菲

商品詳細を見る


FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/06/28 23:39】 | 欧陽菲菲
トラックバック(0) |


ま〜さん
彼女が出て来たとき、欧陽菲菲 がなんと読むのかわからず、その感じの雰囲気から「おうようひひ」と読んでいました。(笑)


親こあら
ま〜さん 今晩は!!

>彼女が出て来たとき、欧陽菲菲 がなんと読むのかわからず、その感じの雰囲気から「おうようひひ」と読んでいました。(笑)

確かに「陽」を「やん」とは読みませんよね。^^


欧陽菲菲
バンザイラン
三田村邦彦さん”思い出の糸車”検察にて此方に付きました。お邪魔します。
実は”欧陽菲菲”さん昔よく聴いていました。その中で”街の灯”という曲ご存知でしょうか?CD化していないようで検索しても中々ヒットせず・・・気になっている次第です。

Re: 欧陽菲菲
oyakoala
バンザイラン さん今晩は!初めまして!

> 三田村邦彦さん”思い出の糸車”検察にて此方に付きました。お邪魔します。
> 実は”欧陽菲菲”さん昔よく聴いていました。その中で”街の灯”という曲ご存知でしょうか?CD化していないようで検索しても中々ヒットせず・・・気になっている次第です。

おいで頂き有難う御座います。
街の灯ですか・・実は欧陽菲菲さんは詳しくないので、聴いた事がないかも知れません。
調べてみたのですが、確かに見当たりませんよね。
欧陽菲菲さんの楽曲は正確なディスコグラフィーを見つける事が出来ず
私も紹介したいものがあるにも関わらず詳細が判りません。
調べて判った事は、ラヴ・イズ・オーヴァーと同じで伊藤薫さんの作詞、作曲による
作品と言う事です。CD化されていないアルバムか、シングルのB面にあるのかも知れません。
調査に時間が掛かりそうです。判るかどうかは不明ですが
少し、調べさせて頂きます。



バンザイラン
ありがとうございます!
大変恐縮しております。なるほど!
私もシングルB面を中心に探して見ます。

子供のころ母がよくカセットでこの欧陽菲菲さんを聞いており、当時のカセットケース、歌詞カードは残っているのですが(欧陽菲菲 全曲集)、肝心の中身が無い始末です・・・ポリドール㈱から出ていたようです。この”街の灯”ズバリおっしゃる様に作詞作曲は伊藤薫さんですね。でもよく分かりましたね。すごい!

最近はネットでほしい曲が簡単に購入出来るような中、この曲に関してはまったくって言っていいほど、情報が見つからないです。いつかきっと巡り合える事を何気に信じていますが、かれこれ15年程度経過してしまいました。

欧陽菲菲さんの数あるヒット曲、雨の御堂筋 ラヴ・イズ・オーヴァー、忘れていいの沢山ありますが、
私の中で欧陽菲菲と言えばこの曲なんですよね。

歌詞の内容は
故郷を思うショーダンサーの切ない胸の内を歌ったバラード曲で”忘れていいの”を気持ちポジティブにしたような良い曲なんです。


Re: タイトルなし
oyakoala
バンザイランさん今晩は!!

> ありがとうございます!
> 大変恐縮しております。なるほど!
> 私もシングルB面を中心に探して見ます。

いえいえ・・推測の域を出なくて
はっきりした事が判らなくて申し訳ないです。

> 子供のころ母がよくカセットでこの欧陽菲菲さんを聞いており、当時のカセットケース、歌詞カードは残っているのですが(欧陽菲菲 全曲集)、肝心の中身が無い始末です・・・ポリドール㈱から出ていたようです。この”街の灯”ズバリおっしゃる様に作詞作曲は伊藤薫さんですね。でもよく分かりましたね。すごい!

カセットの場合は、テープが駄目になってしまう事が多く紛失も多いでしょうね。
ヤフオクで調べると全曲集と言う名前のカセットが出品されているのですが、
内容までは書かれていなくて不明です。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n60258338

> 最近はネットでほしい曲が簡単に購入出来るような中、この曲に関してはまったくって言っていいほど、情報が見つからないです。いつかきっと巡り合える事を何気に信じていますが、かれこれ15年程度経過してしまいました。
>
> 欧陽菲菲さんの数あるヒット曲、雨の御堂筋 ラヴ・イズ・オーヴァー、忘れていいの沢山ありますが、
> 私の中で欧陽菲菲と言えばこの曲なんですよね。
>
> 歌詞の内容は
> 故郷を思うショーダンサーの切ない胸の内を歌ったバラード曲で”忘れていいの”を気持ちポジティブにしたような良い曲なんです。

全曲集と言う名前のCDはあるのにこの楽曲が含まれたものがないのが不思議ですよね。・・
私も探してみますが、早く見つかると良いですよね。


やっと・・・聞けた
バンザイラン
以前こちらで色々お世話になりました。
欧陽菲菲 - 街の灯・・・youtubeにupされていました。感動です!!大げさですが生きてて良かったって感じです・・・この気持ち誰かに伝えたくご報告に至りました・・・

http://www.youtube.com/watch?v=iDxajd1zAtE

Re: やっと・・・聞けた
oyakoala
バンザイランさん今晩は!お久し振りです。



> 以前こちらで色々お世話になりました。
> 欧陽菲菲 - 街の灯・・・youtubeにupされていました。感動です!!大げさですが生きてて良かったって感じです・・・この気持ち誰かに伝えたくご報告に至りました・・・
>
> http://www.youtube.com/watch?v=iDxajd1zAtE

私も少し前に見つけました。レコードは手に入れたのですが、状態が悪くYoutobeに上げる事が出来ませんでした。良かったです。

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
今日はそんなに悪いお天気では無かったのですが、少し肌寒く感じる一日でした。さて、今日は女優の根本りつ子さんのお誕生日のようですので、昔、彼女が主演されたドラマの主題歌だった欧陽菲菲さんの『愛伝説 』を取り上げたいと思います。


誰の胸にも 人に言えない 悲しい昔があるもの♪

愛伝説1


この楽曲は1987(昭和62)年に発売されたシングルに収録された楽曲でこのシングルのB面は『哀愁のタンゴ』と言う楽曲で両方とも作詞・作曲が伊藤薫さんによる作品です。この楽曲は1987(昭和62)年4月6日~7月3日に東海テレビ制作・フジテレビ系列で放送された同名の昼ドラマの主題歌としても使われました。


この楽曲が主題歌になったドラマに当時はまってしまい、と言っても昼ドラマですから、ビデオに録画して帰宅してから観ていたのですが、好きで良く観ていました。人間生きていると楽しい事も悲しい事もある訳ですから、長い人生において、上に引用させて頂いた歌詞にあるよな事もひとつやふたつあるでしょうね。



あなたがあの日 恋した人はあやまち 私の幻 ♪

愛伝説2


色々調べたのですが、このシングルが1987(昭和62)年の何月何日に発売されたと言う事までは判りませんでした。主題歌として使われたドラマが1987(昭和62)年4月6日に開始されて居る事から考えるとその前後辺りに発売されたのでしょうね。 欧陽菲菲さんの公式サイトにも歴代のディスコグラフィーは無かったです。


楽曲の内容は愛した男性のもとを出て行く女性の心情を歌われたもののようです。上に引用させて頂いた歌詞からすると、男性の事が嫌いになった訳ではなく、一番最初に引用させて頂いた歌詞に出て来るように彼女の過去にあり、それを隠して彼と過ごす事が辛くてこの女性は出て行かれたのかも知れないです。


幸せになってあなた 私の分まであなた ああ ♪

愛伝説3


当時、結構夢中で観ていたドラマなのですが、今となっては内容は殆ど覚えていません。何しろ21年前ですからそれも仕方がありませんよね。現在も素敵な女優さんなのですが、主演された根本りつ子さんの可愛らしさと彼女の演じられた役柄が可哀相な役柄だった事だけは今も記憶に強く残っています。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、この楽曲の主人公は別れた男性のその後の幸せを願われているようです。何かの記事で読んだのですが、失恋した時に男性の方が引きずる事が多いそうです。だとすれば彼も幸せになるのは難しいのかも知れないですね。欧陽菲菲さんの『愛伝説』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます



欧陽菲菲 ゴールデン☆ベスト欧陽菲菲 ゴールデン☆ベスト
(2003/11/26)
欧陽菲菲

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/04/19 19:20】 | 欧陽菲菲
トラックバック(0) |

こんにちは。
らっこ
この歌も知っているし、そう言えばドラマも見たような気がします。

今パソコンが使えないので歌も聞けませんが、じんとくる歌だったと思います。

「愛の嵐」とかのドラマの頃だったような……。


Re:こんにちは。
親こあら
らっこさん今晩は!!

>この歌も知っているし、そう言えばドラマも見たような気がします。
今パソコンが使えないので歌も聞けませんが、じんとくる歌だったと思います。

そうですか^^なかなか良い楽曲ですよね。


>「愛の嵐」とかのドラマの頃だったような……。

そうですね。「愛の嵐」の後の番組だったような気がします。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。