温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は歌手の大橋純子さんのお誕生日なので『シルエット・ロマンス』を取り上げたいと思います。


鏡に向かってアイペンシルの 色並べて迷うだけ♪


シルエット・ロマンス1



この楽曲は1981(昭和57)年 11月5日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が来生えつこさん、作曲が来生たかお さんによる作品です。このシングルのB面は『過ぎてきた河 』と言う楽曲でこちらは作詞が伊藤アキラ さん、 作曲が樋口康雄 さんによる作品です。 この楽曲は作曲をされた来生たかおさんもセルフ・カバーをされています。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る「アイペンシル」と言うのは、アイシャドウとかアイライナーとかを付ける時に使う化粧品のようです。歌詞にあるように迷うほど種類があるものなかと思い調べてみると12色あるものもあるようです。うちのは殆ど化粧をしないので良く判らないのですが、皆さん迷うほどアイペンシルって持たれているものなのでしょうかね。


イヤリング 気付いたら はずしてた 重なりあうシルエット♪

シルエット・ロマンス2


この楽曲は当時、サンリオ出版の CFソングとしても使われこの楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで、最高7位を獲得され、このシングルは42.8万枚を売り上げたようです。この楽曲が CFソングに使われたサンリオ出版の CMは観た記憶がないのですが、楽曲のイメージとサンリオと言うのがまた、アンバランスと言うか似合いませんよね。


現在は上に引用させて頂いた歌詞に出て来るような「イヤリング」をされた女性歌手とかタレントの方多かったですが、現在は殆ど観掛けることが無くなったように思います。昔見たドラマとかでは「イヤリング」わざと外して落として、揉め事が起こると言うシーンは観た記憶があるのですが、あれって無意識のうちに外すものなのでしょうかね。


ああ 抱きしめて 鼓動がひびくほどにもっと ロマンス♪


シルエット・ロマンス3



上に引用させて頂いた歌詞や楽曲のタイトルにも使われている「ロマンス」とは、元来は、ラテン語の俗化したロマンス語で書かれた物語の意味で使われていたようです。それから転じて恋物語。恋愛小説。恋愛事件等を指すらしいのですが、日本語にするとイメージとか意味が随分違うように感じるから不思議です。


大橋純子さんの『シルエット・ロマンス』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。あちらからは来生たかお さんが歌われている動画を観る事が出来ます。好みの違いとかはあり、どちらがどうとは言いませんが、同じ楽曲でも歌われる方によって随分、イメージが違うものですよね


ゴールデン☆ベスト 大橋純子 シングルスゴールデン☆ベスト 大橋純子 シングルス
(2003/11/26)
大橋純子、大橋純子&美乃家セントラル・ステイション 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/04/26 20:29】 | 大橋純子
トラックバック(0) |


ゆうや
昭和57年の歌だったのですね。
当時の私の年齢は25歳。
「大人」を感じさせる歌詞でした。
あの時感じた「大人」のニュアンスが、
今でも感じられると言うのは、
私が成長していないせい?(笑)


親こあら
ゆうやさん今晩は!!

>昭和57年の歌だったのですね。
当時の私の年齢は25歳。
「大人」を感じさせる歌詞でした。
あの時感じた「大人」のニュアンスが、
今でも感じられると言うのは、
私が成長していないせい?(笑)

そんな事はないと思いますよ。作詞をされた来生えつこさんが当時34歳だったようですから、そう感じられたのかも知れませんね。気持ちがお若いと言う事で^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。