温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も午前中はそうでも無かったのですが、午後から気温がかなり上がりました。GWも始まったばかりですが、仕事帰りに少し遠い所の県外ナンバーの車何台か見掛けました。うどん屋さんの前で写真撮影されていました。GWになるとそう言う方増えますね。^^

さて、1952(昭和27)年の今日は日本国との平和条約(サンフランシスコ講和条約)が発効し、日本の主権が回復、国際社会に復帰したことに因み『サンフランシスコ講和記念日』になるそうです。因みに条約が調印された9月8日は「サンフランシスコ平和条約調印記念日」となっているそうです。


『サンフランシスコ講和記念日』に因みまして今日は渡辺はま子さんの『桑港のチャイナ街』を取り上げたいと思います。 


注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです


桑港のチャイナタウン 夜霧に濡れて 夢紅く誰を待つ 柳の小窓♪

桑港のチャイナ街1



この楽曲は1950(昭和25)年11月に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は宇都美清さんの歌われた『ハワイ航空便』と言う楽曲で両曲とも作詞が、佐伯孝夫さん、作曲が佐々木俊一さんによる作品です。この楽曲で渡辺はま子さんは 第1回NHK紅白歌合戦で紅組トリを飾られたようです。


外国の国名や地名を漢字で表記されたものは多いですが、元々は、音から『桑方西斯哥港』と漢字表記したものを省略して『桑港』と書いてサンフランシスコと読ませるようになったようです。元々、当て字だったものを省略してしまったら、知らない方には意味不明ですよね。平仮名や片仮名もあるのに漢字表記する必要あったのでしょうかね。


桑港のチャイナタウン ランタン燃えて 泪顔 ほつれ髪 翡翠の籠よ♪

桑港のチャイナ街2



楽曲のタイトルは『サンフランシスコのチャイナタウン』と読みます。サンフランシスコはアメリカ合衆国の太平洋岸、カリフォルニア州の中央部にある港湾都市の名前で、ここのチャイナタウンは こんな所のようです。何年前だったでしょうか?所ジョージさんがミスター・ドーナッツのTVCMでこの楽曲の替え歌を歌われていましたよね。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『ランタン』とは、角灯やちょうちんの意味があり、キャンプ等で使う明かりにもこんな名前のものがありますが、この楽曲の場合は中国提灯を指すのでしょうね。中華料理屋さんにも飾られているお店ありますよね。長崎では長崎ランタンフェスティバルと言うお祭りが毎年開かれているようです。


桑港のチャイナタウン 黄金門湾の 君と見る白い船 旅路は遠い♪

桑港のチャイナ街3



上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『黄金門湾』は『きんもんわん』と読むようです。サンフランシスコ湾に架かる 有名なゴールデンゲートブリッジは漢字表記すると『金門橋』になるので、『黄金門湾』はゴールデンゲートブリッジが架かるサンフランシスコ湾の事を指されているのでしょうね。漢字で書くと随分イメージが違います。


この楽曲が発売されて58年になるようです。58年前のサンフランシスコはどんな感じだったのでしょうかね。この時代にサンフランシスコをテーマにした楽曲を作られた方はこの場所に行かれた事があるのでしょうか?渡辺はま子さんの『 桑港のチャイナ街』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。
 
〈COLEZO!〉渡辺はま子 ベスト〈COLEZO!〉渡辺はま子 ベスト
(2005/03/09)
渡辺はま子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/04/28 20:28】 | 渡辺はま子
トラックバック(0) |

今晩は^^
本家ひろぴょん
懐メロ好きの私としては、彼女の異国情緒豊かな歌は大好きです。
懐かしの歌声なんて番組で、チャイナドレスを着て扇を優雅に回しながら歌ってられるのをよく見た記憶があります。蘇州夜曲も好きでしたねぇ。彼女自身、異国の方の血が混じっていたから余計に雰囲気があったのかもしれません。


Re:今晩は^^
親こあら
本家ひろぴょんさん今晩は!!

>懐メロ好きの私としては、彼女の異国情緒豊かな歌は大好きです。
懐かしの歌声なんて番組で、チャイナドレスを着て扇を優雅に回しながら歌ってられるのをよく見た記憶があります。蘇州夜曲も好きでしたねぇ。彼女自身、異国の方の血が混じっていたから余計に雰囲気があったのかもしれません。


お爺様がアメリカ人でクオーターになられるようですね。中国系の楽曲が多かったのはどうしてなのでしょうかね。

良い楽曲多いですよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。