温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朝から良いお天気です。今日から お城祭りが行われるようで、先ほど花火が聞こえていました。毎年、行っているのですが、今日が法事の準備で午後から出掛けないといけないし、明日は法事なので行けそうにないです。

今日はお天気も良いので、出掛けられている方も多いのでしょうね。さて、今日は歌手の橋幸夫さんのお誕生日ですので『子連れ狼』を取り上げたいと思います。  


悲しく冷たい 雨すだれ 幼い心を 凍てつかせ♪

子連れ狼1


この楽曲は1971(昭和46)年12月25日に発売されたシングルに収録された楽曲で、このシングルのB面は『刺客道』と言う楽曲で、両方とも作詞が小池一雄さん、作曲が吉田正さんによる作品です。この楽曲は時代劇『子連れ狼 (萬屋錦之介版)』第3部の主題歌として使われヒットしました。


楽曲の内容は、刺客として生計を立てる, 拝一刀の息子大五郎が父親を待つ心境と拝一刀の息子を思う気持ちが歌われたもので、上に引用させて頂いた歌詞は大五郎の状態を表しているようです。現在のように建物もしっかり作られていなかったでしょうから、幼い子は死に至る事もあったでしょうね。

 
寂しくひもじい 北風 こけし頭を なでていく ♪

子連れ狼2


この楽曲の作詞をされた小池一雄さんは、この楽曲が主題歌になった時代劇の原作者でもあるようです。元々、この楽曲の前には3分間ほどのナレーションがあったようなのです、長すぎると言うクレームがテレビ局制作サイドから付き、現在の形になったようです。確かに3分は長いですよね。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『こけし頭』とは、大五郎のヘアースタイルを表現したもののようなのですが、今回、歌詞を読み返すまでそんな名前だとは知りませんでした。確かにこけしのヘアースタイルに似ていますが、当時、大五郎カットと呼ばれていてそんな髪型にされていた方も居られたようです。


涙かくして 人を斬る 帰りゃいいが 帰らんときゃあ♪

子連れ狼3
 

この楽曲が流行した年、私は9歳位だったので、この時代劇自体は余り、記憶に無いのですが、当時、ボンカレーのCMで、拝一刀に扮した笑福亭仁鶴さんが、パロディにしたCMをされていたのは記憶に残っています。ドラマのパロディがCMになったのは、殆ど無かったように記憶しています。



時代劇にはよく刺客を生業とされる方が度々出て来る訳ですが、上に引用させて頂いた歌詞に出て来るような、心の余裕など普通はないでしょうね。橋幸夫さんの『子連れ狼 』はこちらから少しだけですが、試聴が出来ます。 youtubeでは、そちらから歌われている動画を観る事が出来ます。


橋幸夫が選んだ 橋幸夫ベスト40曲橋幸夫が選んだ 橋幸夫ベスト40曲
(2000/10/04)
橋幸夫、吉永小百合 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/05/03 09:34】 | 橋幸夫
トラックバック(0) |


ゆうや
懐かしいです。
大五郎カットと「ちゃん!」の台詞、
思い出すだけで笑みがこぼれます。(笑)


親こあら
ゆうやさんお早う御座います。^^


>懐かしいです。
大五郎カットと「ちゃん!」の台詞、
思い出すだけで笑みがこぼれます。(笑)

時代劇や原作はシリアスなのにギャグになっていましたよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。