温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も暑い一日でした。以前書いた豊島たづみさんの『寝た子を起こす子守唄』の記事『とまどいトワイライト』の記事で、デビュ-・シングルと記載させて頂いていたのですが、間違いと指摘頂きましたので、調べなおしてみるとご指摘通りである事が判明致しましたので、今日は少し時間が無いので、後日改めて記事の訂正、及び、訂正記事を掲載させて頂きたいと思います。雅没徒様ご指摘有難う御座います。

さて、今日は1977(昭和52)年、日本初の静止気象衛星「ひまわり1号」がアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられた『ひまわりの日』だそうですので、ひまわりに関した楽曲を取り上げようと色々見ていたのですが、沢山あるものですね。その中で今日は佐田玲子さんの『ひまわり 』を取り上げたいと思います。



人は誰も心に花の種を 抱いて生きているんだよとあなたの口癖や♪


ひまわり 佐田玲子1



この楽曲は1989(平成元)年12月1日に発売された佐田玲子さんのソロデビューアルバム『ひとり歩き』に収録された楽曲で作詞、作曲がさだまさしさんによる作品です。この楽曲は作られたさださん自身も1994(平成6)年 10月25日発売されたアルバム『おもひで泥棒 』の中でセルフ・カバ-されています。


園芸店等へ行くと、沢山の花の種が置かれていたりしますが、そんな物とは別に野生の植物を含め市販されていない花の種は多いですよね。上に引用させて頂いた歌詞にある、『心の花の種』と言うのは面白い比喩ですよね。そんな種があるなら、心に咲く花があり、人はそれを育てる為に生きているのかも知れません。


それから私にあんな風に咲けよと指さした花は一輪のひまわり♪

ひまわり 佐田玲子2


ひまわりの花言葉は「あなただけを見つめている」、「あなたは素晴らしい」などあるようです。楽曲の主人公の女性と彼がどうして別れたのかは歌われていませんが、歌詞を読むと、この女性は彼の事を愛し続けていて、彼に言われたようにひまわりの花のように明るく強く生きられているようです。


上に引用させて頂いた歌詞は、そんな彼が彼女に言った言葉のひとつのようです。楽曲の内容は、嘗て付き合っていた彼氏の事を、懐かしんでいる女性の心情を歌ったもののようです。夏の強い日差しの下、明るく強く咲き続けるひまわりの花のように彼女に生きて欲しかったのでしょうね。


鳥よあの人に出会ったら伝えてよ ひまわりの様に私は生きてる♪

ひまわり 佐田玲子3


最初、この楽曲を聴いた時、彼は他界されたのかとも思ったのですが、上に引用させて頂いた歌詞からすると別の場所で居られるようです。彼女は鳥に自分がひまわりのように生きている事を伝えて欲しいだけでなく、自分の彼への思いも伝えて欲しかったのかも知れませんね。

不透明で、生き難い世の中になりましたが、それぞれの人が心に咲く花を大切に出来たら少しでも暮らし易い世の中になるのではないかと思う事があります。残念ながらこの楽曲の試聴サイトは見つける事が出来ませんんでしたが、MySoundでコピ-されている方のをそちらから聴く事が出来ます。


ひとり歩き

おもひで泥棒 プライス・ダウン・リイシュー盤
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/07/14 21:36】 | 佐田玲子
トラックバック(0) |


ゆうや
ご無沙汰いたしておりました。
少しの間この世界から遠ざかっていたゆうやです。

向日葵の花言葉を引用すれば、
親こあらさんは素晴らしい!(笑)

そのパワフルなまでの更新力には頭が下がります。
私がサボっていた間にも、
「ペテン師」「私の城下町」「17才」「時をかける少女」「グット・バイ・マイ・ラブ」「失恋魔術師」「帰らざる日々」「硝子坂」「悲しい色やね」「あなた」「想いでまくら」「雨の御堂筋」「モナリザの微笑」「僕 笑っちゃいます」等々…。
私も大好きな楽曲をシャワーのように降り注いでみえたのですね。(笑)

あ、それから亡父上様との夢での出会い。
会話なされたなんて、とても羨ましいです。
私もそんな夢をみたい年頃なのです。(笑)


ありんこbatan
玲子さんの歌声も素晴しいけど
トークのおもしろさも
かなりなモンですよね。
お兄さんと同じ血が流れてるってことでしょうが
いつも大笑いしています。
地元ラジオ局でレギュラーを持ってるんですが
ナイター放送の関係で
番組打ち切りの危機に何度もあいながら
終らないんです。
リスナー力おそるべし!
ありんこより
イッコお姉さんだったかな。。
まだまだがんばれ~!
あ、自分にも言わなくちゃ。。


親こあら
ゆうやさん今晩は!

>ご無沙汰いたしておりました。
少しの間この世界から遠ざかっていたゆうやです。

お久し振りです。お元気だったでしょうか^^


>向日葵の花言葉を引用すれば、
親こあらさんは素晴らしい!(笑)

そのパワフルなまでの更新力には頭が下がります。
私がサボっていた間にも、
「ペテン師」「私の城下町」「17才」「時をかける少女」「グット・バイ・マイ・ラブ」「失恋魔術師」「帰らざる日々」「硝子坂」「悲しい色やね」「あなた」「想いでまくら」「雨の御堂筋」「モナリザの微笑」「僕 笑っちゃいます」等々…。
私も大好きな楽曲をシャワーのように降り注いでみえたのですね。(笑)


過分なお褒めのお言葉を頂き光栄です。とりあえず、毎日、更新はしておりますが、現実は自転車操業、火の車。。。内情は厳しゅう御座います。^^


>あ、それから亡父上様との夢での出会い。
会話なされたなんて、とても羨ましいです。
私もそんな夢をみたい年頃なのです。(笑)


父の夢は私も久し振りでした。皆さん余り、ご覧になられないのでしょうかね。^^



親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>玲子さんの歌声も素晴しいけど
トークのおもしろさも
かなりなモンですよね。
お兄さんと同じ血が流れてるってことでしょうが
いつも大笑いしています。
地元ラジオ局でレギュラーを持ってるんですが
ナイター放送の関係で
番組打ち切りの危機に何度もあいながら
終らないんです。
リスナー力おそるべし!

玲子さんのトークは聞いた事が無いのですが、お兄様の影響はあるでしょうね。そうですか^^そちらではラジオ番組も持たれているのですね。^^


>ありんこより
イッコお姉さんだったかな。。
まだまだがんばれ~!
あ、自分にも言わなくちゃ。。

そうみたいですね^^


コメントを閉じる▲
今日も暑い一日でした。何処へも行かなかった寝GWだったとは言え、休み明け初日は厳しいものがありますよね。今日はシンガーソングライターの佐田玲子さんのお誕生日ですので、ソロデビュー曲の『くらやみ乙女 』を取り上げたいと思います。コンサートに行った事もないし、況してやお会いした事もないのに妙に親近感を覚えます。^^

お誕生日おめでとう御座います。^^


暗闇に紛れて会いにゆきたいのに なのになのによりによって満月♪

くらやみ乙女1



この楽曲は1989(平成元)年11月22日に発売された佐田玲子さんのソロデビューシングルと、同年12月1日に発売されたソロデビューアルバム『ひとり歩き』に収録された楽曲で、作詞、作曲が中島みゆきさんによる作品です。シングルのカップリング曲は『シンデレラ ヴァージン』と言う楽曲でこちらは 作詞・作曲が稲葉喜美子さんによる作品です。


夜出掛ける場合は、普通、明るい方が安心出来ると思うのですが、上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公の女性は、自分のアリバイを隠す為か、満月の夜である事を残念がっているようです。現在では地方に行ってもコンビニが増え、夜でも明るい所が増えましたが、昔は街灯もなく、暗い場所と言うのは多かったですよね。


”訪れては欲しくはない Telも欲しくない”あれは何故あれは何故♪

くらやみ乙女2


この楽曲は1989(平成元)年11月15日に発売された中島みゆきさんのアルバム『回帰熱 』にも収録されています。このアルバムは中島みゆきさんが他のア-ティストの方に提供された楽曲を集めたセルフ・カバーアルバムなのですが、この楽曲の場合は、提供された佐田玲子さんよりこのアルバムの方が若干早かったようです。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼女は彼氏から訪ねて来て欲しくも電話も要らないと言われ、何故かと問いかけているようですが、薄々彼の裏切りに気付いていて、それでも彼を信じたくて彼の元を訪れようとしているようです。昔のサスペンス・ドラマに有り勝ちなシーンのようで、修羅場が待っていそうな気がします。


血のような紅い服であなたに会いに行くよ せめてひとつ教えて♪

くらやみ乙女3


楽曲の主人公の女性は、最初に引用させて頂いた歌詞からすると、自分の存在を隠したい筈ですから、普通なら目立たない黒系の服を選びそうなのですが、何故か、上に引用させて頂いた歌詞からすると、人目に付き易い紅い服で会いに行くと言われています血のようなと言う表現からすると、、鬼気迫る殺意を感じてしまいます。


赤い色は情熱の赤とも呼ばれますが、わざわざ、血のような紅い服を着ると言う事は、彼を刺し殺して、その返り血が目立たないようにしたいからなのでしょうかね。佐田玲子さんの『くらやみ乙女 』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeでは、そちら中島みゆき さんが歌われている動画を観る事が出来ます。


GOLDEN☆BEST/佐田玲子GOLDEN☆BEST/佐田玲子
(2004/08/04)
佐田玲子

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/05/07 21:18】 | 佐田玲子
トラックバック(0) |


ま〜さん
佐田玲子さんはさだまさしさんの妹ですよね。歌手として歌はあまり聴
いたことがないようなきがします。
彼女がさだの「親父の一番長い日」のモデルですよね。


親こあら
ま〜さん今晩は!!

>佐田玲子さんはさだまさしさんの妹ですよね。歌手として歌はあまり聴 いたことがないようなきがします。

そうです。さださんの妹さんですね。ソロの前に白鳥座と言うグループでも活動されていましたが、大きなヒットが無いからご存知で無い方も居られるかも知れませんが、実力派シンガーですよ。^^

>彼女がさだの「親父の一番長い日」のモデルですよね。

そうです。^^後、『秋桜』とか『雨やどり』も玲子さんがモデルです。^^


さださんの妹ですか・・
らっこ
この曲は中島みゆきが、
「肩幅の未来」や「あ・り・か」を歌っていたアルバムに一緒に入っていますよね?


Re:さださんの妹ですか・・
親こあら
らっこさん今晩は!!

>この曲は中島みゆきが、
「肩幅の未来」や「あ・り・か」を歌っていたアルバムに一緒に入っていますよね?

そうですそうです。それが記事で書かせて頂いている『回帰熱 』です。^^

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。