温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~自己嫌悪です。折角、頂いたコメントを承認と間違えて削除してしまいました。ありんこさん申し訳が無いです。何時かやってしまうのでは無いかと心配はしていたのですが、ついにやってしまいました。。。申し訳ないです。・・・・

今日は古谷野とも子さんの『孤独の旅』を取り上げたいと思います。



古谷野とも子



自分の目的を探し出せなくて 独りでさまよっている時に♪


孤独の旅1



この楽曲は1978(昭和53)年 3月5日に発売された古谷野とも子さんのファーストアルバム『メモリー』のA面の一曲目に収録された楽曲です。この楽曲の収録されたアルバムは全部で11曲が収録され、全曲、古谷野とも子さん作詞、作曲による作品です。上に掲載させて頂いたジャケットからもお判り頂けますように外見もお美しいのですが、お声の方も優しくて良いお声をされています。


人は人生の目的を探す為に生きていると言われる方も居られますが、若い頃は特に、自分の目的探しに悩む事が多いですよね。上に引用させて頂いた歌詞も、そんな気持ちを歌われているようです。仮にこれが自分の生きる目的だと思って行動していても、全ての方が上手く行く筈もなく、挫折する事も多々ある訳ですから、生きて行くと言うのは大変な事だと思う事が多いです。


淋しがり屋と言う事だけを 恐れて孤独だと勘違いして♪

孤独の旅2


古谷野とも子さんは、伊勢正三さんの奥様だそうです。伊勢正三さんの奥様が元歌手だと言うのは何処かで読んだ記憶があったのですが、古谷野とも子さんの楽曲は聴いた事がありませんでした。以前、取り上げさせて頂いた風の記事へお江戸で小猿!様からコメントを頂き、興味を持ち、某オ-クションでこの楽曲の収録されたアルバムを入手し、今回取り上げさせて頂きました。



人間は社会的な生き物だと言われますが、核家族化進んで久しい現代に於いては、孤独を感じる方は昔に比べて増えているような気がします。古谷野とも子さんの実体験からこの歌詞を作られたのかどうかまでは判りませんが、私自身若い頃にこんな気持ちに苛まれた事がありますので、上に引用させて頂いたフレーズは良く理解出来ます。独り暮らしをされた経験がある方なら尚更ですよね。


心の貧しさを涙で隠して 明日を生きようなどと♪

孤独の旅3



孤独感を歌った楽曲は多いですが、この楽曲も同様、気持ちが落ちこんだままの状態で楽曲が終始しているようです。楽曲の主人公の女性は、自分自身の心が貧しいと思われているようですが、個人的には本当に心が貧しい方は自分自身をそんなに責めたりしないような気がします。残念ながらこの楽曲の収録されたアルバムは廃盤となって現在販売されていないようです。

ネットで検索してみると.wikipediaには一応、古谷野とも子さんの記述があるのですが、不完全な状態だし、他の情報も少ないようです。この楽曲を知って頂く為には、レコードからDLして、何処かにUPしたものを聴いて頂くしか方法は無い訳ですが、著作権の問題があるから無理でしょうね。Amazonで調べたらCDがあるみたいなのですが、現在も売られているのでしょうかね。他には見つける事が出来ませんでした




メモリー


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/06/07 19:52】 | 古谷野とも子
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


センス抜群の人ですよ
tdb1103
30過ぎの独身時代、結婚した年だから昭和51年です。趣味でNHKFM朝のリズムを自動録音していた。そこで古谷野とも子さんを知った。あの人の作る曲、洗練されて高尚なものばかりです。泥臭さがないから売れないだろうな思っていたらそのとおりでした(^^;)。

「雨」「一通の手紙」、それと題名は忘れたが「貴方はブルースが好きで私はジャズばかり・・・」という唄が特に好きで、録音したカセットテープがすり切れる程聞きました(愛車初代シビックの外付け再生機だから振動でテープがすぐだめになる・・)。

だれも知らないマイナーな歌手、洗練された高尚な曲、私の自慢のカセットテープでした。彼女とドライブしたときこれをかける。彼女が「この人(私のこと)は趣味がいい・・」って思ってくれるんじゃないかと勝手に想像していたもんです。

で・・趣味の悪い女房をもらったんです(笑)。

Re: センス抜群の人ですよ
oyakoala
tdb1103さん今晩は!

> 30過ぎの独身時代、結婚した年だから昭和51年です。趣味でNHKFM朝のリズムを自動録音していた。そこで古谷野とも子さんを知った。あの人の作る曲、洗練されて高尚なものばかりです。泥臭さがないから売れないだろうな思っていたらそのとおりでした(^^;)。

時代を考えると、そうですよね。他の方では居られなかったでしょうね。

> 「雨」「一通の手紙」、それと題名は忘れたが「貴方はブルースが好きで私はジャズばかり・・・」という唄が特に好きで、録音したカセットテープがすり切れる程聞きました(愛車初代シビックの外付け再生機だから振動でテープがすぐだめになる・・)。

昔のは性能も良くなかったし、車のと言うのもあったでしょう・・

> だれも知らないマイナーな歌手、洗練された高尚な曲、私の自慢のカセットテープでした。彼女とドライブしたときこれをかける。彼女が「この人(私のこと)は趣味がいい・・」って思ってくれるんじゃないかと勝手に想像していたもんです。
>
> で・・趣味の悪い女房をもらったんです(笑)。

そんなセンスの持ち主の方とご結婚されたのですから
趣味は悪くは無かったのではないでしょうか・・・



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。