温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュ-スを見ていると、お盆休みも終わり、各地でUタ-ンラッシュが続いているようです。明日からお仕事の方も多いと思いますが、お気を付けてお帰り下さい。さて、今日は華原朋美さんのお誕生日ですので『Keep yourself alive』を取り上げたいと思います。


現実を逃げているこのまま終われない荒ぶり 焦げ付く思いを♪

Keep yourself alive1


この楽曲は1995(平成7)年 9月8日 に発売された華原朋美 さんのデビュ-シングルに収録された楽曲で作詞、作曲が小室哲哉さんによる作品です。このシングルのカップリング曲はこの楽曲のORIGINAL FULL LENGTH MIXとNSTRUMENTALだったようです。当時は2曲目がなく、こう言うアレンジしたものをカップリングとして収録したCD多かったような気がします。


上に引用させて頂いた歌詞に『荒ぶり』と言うフレ-ズが出て来るのですが、歌詞の前後から考えれると荒々しい様子を示した言葉なのでしょう。普通は荒ぶる魂とか荒ぶる神と言う表現は使いますが、こう言う表現は殆ど使いませんよね。主人公の人生に対する焦燥感のようなものが表されているような気がしますが、言葉の音重視で余り意味などないのかも知れません。


法律も規則も名誉も何でも若さに勝てない 疾風が通り抜けて♪

Keep yourself alive2


この楽曲を歌われた華原朋美さんは、小室哲哉さんが立ち上げたレーベル「ORUMOK RECORDS」の第1弾アーティストとしてデビューされましたが元々は グラビアアイドルだったようです。この楽曲は当時、日本ORACLEのCMソングとしても使われ、このシングルは、シングルチャ-トで、最高8位を獲得され、このシングルは37万枚を売り上げたようです。


名誉は兎も角、若いからと言って法律や規則に勝てる筈はないのですが、昔ははそれだけ無茶をしても許された時代だったのかも知れませんね。でも、現在はそう言う空気は余り感じられません。そんな空気が若者から元気を奪い、無気力と呼ばれる方々が増えたのかも知れません。無気力だと感じられる若者が増えたのは若者だけの責任ではありませんよね。


自分を守ってる 全てから守ってる どうして?進化することなんて♪

Keep yourself alive3


楽曲のタイトルになっているのに歌詞としてはコ-ラスとして間に入っているだけと言うのも珍しいですよね。楽曲のタイトルの『Keep yourself alive 』 は『あなた自身の力で生き抜け!』と言う意味になるのでしょうか?私自身は嫌いな言葉なのですが、最近流行の『自己責任』と言う言葉にニュアンスとして近いような気がしないでもないです。一人で自分自身を守ると言うのは不可能ですよね。

自助努力は大切な事ですが、人間は社会的な生き物ですから、自分ひとりで出来る事は限られている訳ですから、そこを抜きにして、自助努力のみを声高に叫ぶのは何処か常識が欠如した考えではないかと思う事があります。華原朋美 さんの『Keep yourself alive 』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeでは、そちらで歌われている動画を観る事が出来ます。


Super Best Singles~10th AnniversarySuper Best Singles~10th Anniversary
(2005/12/14)
華原朋美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/08/17 18:08】 | 華原朋美
トラックバック(0) |


ありんこbatan
小室さんて
一時はスゴクもてはやされましたよね。
今は
目立たないだけかもしれませんが
ちょっと
ひっこんでしまってるような気もします。
かつての
フォークの人たちが
現在も多くの人の心をつかんで
はなさないように
この方の曲も
息長く歌いつがれるのでしょうか・・。。
受け手の
かまえ方も違ってきて
そんな時代は
もう
なかなか
来ないような気がしないでもないですが・・。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>小室さんて
一時はスゴクもてはやされましたよね。
今は
目立たないだけかもしれませんが
ちょっと
ひっこんでしまってるような気もします。

確かに最近お見掛けしませんよね。^^
>かつての
フォークの人たちが
現在も多くの人の心をつかんで
はなさないように
この方の曲も
息長く歌いつがれるのでしょうか・・。。
受け手の
かまえ方も違ってきて
そんな時代は
もう
なかなか
来ないような気がしないでもないですが・・。。


影響を受けられた若い方が後になって懐かしんで聴いたり歌われる可能性はあるでしょうが、小室さんの場合は、フォ-クとかと違いあの方だけなので、ジャンルとして確立しなかったので、フォ-クとはまた違うのではないでしょうかね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。