温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も比較的過ごし易い一日でした。相変わらずバタバタしておりまして、昨日、今日と少し残業していたので、帰りが少々遅くなり更新も遅くなっております。疲れが出ていますので、ネタはあるのですが、何時もの『つぶやき』はお休みさせて頂こうと思います。さて、今日のクリスマス・ソングは、荻野目洋子さんの『北風のキャロル』を取り上げたいと思います。

北風のキャロル 荻野目洋子


D・Jがメランコリー誘うねトップ40 バラードがかかるたび ひとりぼっちよ ♪ 

北風のキャロル1


この楽曲は1987(昭和62)年10月27日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『月曜日のマリーナ 』と言う楽曲で両面とも、作詞が売野雅勇さん、作曲が筒美京平さんによる作品だったようです。この楽曲が収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高2位を獲得され、このシングルは11.7万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からすると楽曲の主人公はラジオで音楽のリクエスト番付の放送でも聞かれているのでしょうか?最近はラジオを余り聴かないので判りませんが、昔はそんな番組多かったです。上に引用させて頂いた歌詞に『トップ40』と出て来ます。40曲を選んで流されていたのかも知れませんが、区切りとしては中途半端ですよね。


ハモニカのメドレーで聴かせたヒットパレード プレゼントがわりさと去年のバースデー ♪ 』

北風のキャロル2

この楽曲は、1987(昭和62)年10月10日~12月26日(12回)TBS系列で放映されたドラマ『赤ちゃんに乾杯!』の主題歌だったようです。このドラマは観ていないのですが、このドラマは1986(昭和61)年に公開されたフランス映画『赤ちゃんに乾杯! 』が元になっていたようです。ストーリーとかの設定が判りませんが著作権の問題とかなかったのでしょうかね。


歌詞からすると、楽曲の主人公の女性は彼氏と別れたようです。歌詞には彼と彼女がどうして別れたのかは歌われていませんが、彼女側は未練があるようです。上に引用させて頂いた歌詞は気障ですが格好良いですよね。プレゼントと言えば品物を贈るばかりがプレゼントではないとは思うのですが、形がある物で欲しいと思われる方も多いでしょうね。


見上げた夜空を粉雪が埋める 鈴の音響かせ Blowin the north wind ol' Carol ♪ 

北風のキャロル3

  楽曲のタイトルや上に引用させて頂いた歌詞にも出てくる『キャロル(carol)』とは、元来は、踊りの為の民謡だったそうですが、それが宗教的な礼拝の中で歌われて、現在では通常、祝歌、頌歌と訳される賛美歌の一種と考えられています。歌詞の中にはクリスマスと言う言葉も、出て来ないのですが、発売された時期から考えてもクリスマス・キャロルを指しているのでしょうね。


クリスマス・キャロル は、キリスト教文化圏において、クリスマス・イヴの夜に人々が歌う「キャロル(歌)」で、「クリスマス聖歌」ともいうような意味だそうです。キリスト教の救世主キリストの誕生を祝い、誕生にまつわる様々な場面や逸話を歌詞にした歌をさすようです。荻野目洋子さんの『北風のキャロル』はこちらから少しだけ試聴できます。youtubeではそちらで聴く事が出来ます。


荻野目洋子 Best Selection荻野目洋子 Best Selection
(2005/03/24)
荻野目洋子荻野目洋子 with ウゴウゴ・ルーガ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/12/16 22:36】 | 荻野目洋子 
トラックバック(0) |


ありんこbatan
荻野目洋子さん
とても魅力的なシンガーだと思います!
>ハモニカのメドレーで聴かせたヒットパレード プレゼントがわりさ
お金のない学生とか、働き始めて間もないような人は
是非これで行ってほしいもんです。
今どきのクリスマスプレゼント
ありゃ~なんでしょうね。。
まぁ全部が全部ではないでしょうが・・なんかちょっとヘン★
高額商品をオネダリする女性・・そんなにイイ女性とは思えないような気がするんですが・・。。
ハモニカ
子どもの時にやってた刑事ドラマで
きまってエンディングで流れていたんですが
それがなんともさみしくて
しばらくはハモニカの調べがニガテでした。
それを払拭してくれたのは拓郎さんだったような気がします。

久々に
うる3世
こんばんは^^

久々にコメントいたします。

いつも「読み逃げ」状態ですけど、おゆるしください。

この歌は、知りませんが、荻野目洋子さんは好きでした。

トップ40が中途半端ってことですが、アメリカのヒットチャートは、何故か? トップ40なんです。
若いころは、ラジオで「全米トップ40」をよく聴いたもんです。
アメリカのラジオ番組をそのまま流して、湯川れい子さんが、日本語で解説されていたと記憶しております。
「英語の勉強になる」とかいって、食いいるように聴いてました。

懐かしいなぁ~~

年末でお忙しいようですね。健康に留意されますよう。


しのちゃん
こんばんは~(^-^)。
かなりお疲れのようですね。
無理なさらないようにして下さいね。

Re: タイトルなし
oyakoala
ありんこbatanさん今晩は!!

> 荻野目洋子さん
> とても魅力的なシンガーだと思います!

当時のアイドルの中でも少し違っていたような気がします。^^

> >ハモニカのメドレーで聴かせたヒットパレード プレゼントがわりさ
> お金のない学生とか、働き始めて間もないような人は
> 是非これで行ってほしいもんです。
> 今どきのクリスマスプレゼント
> ありゃ~なんでしょうね。。
> まぁ全部が全部ではないでしょうが・・なんかちょっとヘン★
> 高額商品をオネダリする女性・・そんなにイイ女性とは思えないような気がするんですが・・。。

確かにそうはあるかも知れませんね。時代と言うには少し寂しい気もします。


> ハモニカ
> 子どもの時にやってた刑事ドラマで
> きまってエンディングで流れていたんですが
> それがなんともさみしくて
> しばらくはハモニカの調べがニガテでした。
> それを払拭してくれたのは拓郎さんだったような気がします。

ハモニカのメロディーと言うか音色は確かに寂しく感じるものが多いですよね。拓郎さんのは確かに違いますよね。^^





Re: 久々に
oyakoala
うる3世さん今晩は!!お久し振りです。^^

> こんばんは^^
> 久々にコメントいたします。
> いつも「読み逃げ」状態ですけど、おゆるしください。

いえいえ^^こちらこそお邪魔できず申し訳ないです。


> この歌は、知りませんが、荻野目洋子さんは好きでした。
> トップ40が中途半端ってことですが、アメリカのヒットチャートは、何故か? トップ40なんです。
> 若いころは、ラジオで「全米トップ40」をよく聴いたもんです。
> アメリカのラジオ番組をそのまま流して、湯川れい子さんが、日本語で解説されていたと記憶しております。
> 「英語の勉強になる」とかいって、食いいるように聴いてました。
> 懐かしいなぁ~~

そうなのですね^^私は洋楽は聴いていなかったので、判りませんでした。^^


> 年末でお忙しいようですね。健康に留意されますよう。

有難う御座います。うる3世さんも御気をつけてお過ごし下さい。



Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさん今晩は!!

> こんばんは~(^-^)。
> かなりお疲れのようですね。
> 無理なさらないようにして下さいね。

有難う御座います。しのちゃんさんも御気をつけてお過ごし下さいね。^^


実は私も熱狂的なファンでした・・・。
お江戸で小猿!
荻野目さんは女優のお姉さんが有名ですが、もう一人お姉さんとお兄さんの4人兄弟です。
ごく最近まで市場ぬえのお姉さまと仕事で接点があり、職場での飲み会等で顔を合わせていましたよ。
私の年代でもやはり慶子さんよりも洋子さんの方が絶大な人気を誇っていますよね。
今回取り上げられた曲は勿論大ヒットした曲ですが、「湾岸太陽族」とか「さよならの果実たち」とか好きですが、「スターダスト・ドリーム」が私は一番好きですね。
良かったら、是非一度聞いてみてくださいね!

Re: 実は私も熱狂的なファンでした・・・。
oyakoala
お江戸で小猿!様どうもです。

> 荻野目さんは女優のお姉さんが有名ですが、もう一人お姉さんとお兄さんの4人兄弟です。
> ごく最近まで市場ぬえのお姉さまと仕事で接点があり、職場での飲み会等で顔を合わせていましたよ。
> 私の年代でもやはり慶子さんよりも洋子さんの方が絶大な人気を誇っていますよね。

そんなにご兄弟が多いとは存じませんんでした。4人と言うのは多いですよね。お姉さまと一緒に飲まれる機会があったとは羨ましい限りです。

> 今回取り上げられた曲は勿論大ヒットした曲ですが、「湾岸太陽族」とか「さよならの果実たち」とか好きですが、「スターダスト・ドリーム」が私は一番好きですね。
> 良かったら、是非一度聞いてみてくださいね!

YouTubeで聴かせて頂いております。こちらも荻野目さんらしさが出ているように思います。



お姉さまはキャリアウーマンですよ!
お江戸で小猿!
一番上の方がお仕事でお付き合いがあった知子さんという方で、この方もかつては「アパッチ」という三人娘でデビューしたことが有ったようですが、今は過去の事と割り切り、シングルマザーでネットワーク関係の会社でバリバリ仕事もこなされています。
凄く地味だけど優しい思いやりのある方でしたね。
慶子さんと洋子さんの間に男の兄弟があるということでした。

Re: お姉さまはキャリアウーマンですよ!
oyakoala
お江戸で小猿!様今晩は!!

> 一番上の方がお仕事でお付き合いがあった知子さんという方で、この方もかつては「アパッチ」という三人娘でデビューしたことが有ったようですが、今は過去の事と割り切り、シングルマザーでネットワーク関係の会社でバリバリ仕事もこなされています。
> 凄く地味だけど優しい思いやりのある方でしたね。


「アパッチ」と言う名前は記憶にありますが、それは存じませんでした。別の形でも頑張られているのが素敵ですよね。

> 慶子さんと洋子さんの間に男の兄弟があるということでした。

それだけ凄い姉妹に囲まれて、男兄弟は自慢と言うよりプレッシャーとかあったかも知れませんね。


コメントを閉じる▲
今日も曇天模様の一日でしたが、割と過ごし易い気候でした。さて、先日、夢を見まして、前後は記憶にないのですが、何故か『今から六本木に引っ越すぞ!』と言って車で移動している夢をみました。窓から見える景色が田園風景だったので、東京の六本木ではないかも知れないし、自分でトラックを運転していたので、ヒルズ族になった訳でもなさそうです。私の場合、何かの間違いでお金持ちになれたとしても、貧乏暮らしが身についてしまっていますので、そのまま変らない生活をするのでしょうね。

ドラマの影響でしょうか?子供の頃のお金持ちと言うと、品があり、立ち居振る舞いもスマートなイメージがありましたが、最近のお金持ちと言われる方は、何故か、下品で、悪人のようなイメージがあるのですが、私だけなのでしょうかね?その夢の中ずっと流れていたのが、荻野目洋子さんの『六本木純情派』でしたので、今日はこの楽曲を取り上げたいと思います。


雨の高速で 車を飛び出したの パーキングエリア♪


六本木純情派1

この楽曲は、1986(昭和61)年10月29日 に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が売野雅勇 さん、作曲が吉実明宏 さんによる作品です。このシングルのB面は『ロマンティック・オデッセイ』と言う楽曲でこちらは作詞が森浩美 さん、作曲が伊藤銀次 さんによる作品です。 因みにB面の、「ロマンティック・オデッセイ」は、ファミコンソフト「銀河伝承」のソフトのイメージソングだったそうです。


上に引用させて頂いた歌詞にあるように楽曲の主人公の女性は、雨の高速のパーキングエリアで、彼の車を飛び出されたようです。楽曲の舞台が六本木ですから、楽曲に歌われている、パーキングエリアは芝浦パーキングエリア辺りだったのでしょうかね。そこからどうやって六本木に行かれたかまでは歌われていませんが、歩いて行かれたとしたら、結構、距離がありますよね。


Who are you 涙声で六本木 私見掛け倒しでごめんね♪

六本木純情派2


この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高3位を獲得され、このシングルは26.1万枚を売り上げたようです。このヒットで 荻野目洋子さんは、第29回日本レコード大賞において金賞を受賞され、第38回NHK紅白歌合戦に2回目の出場を果たされたようです。振り付けも印象的な楽曲ですが、今、聴いても古さを感じさせない不思議な魅力を持った楽曲ですよね。


上に引用させて頂いた歌詞に『Who are you』と言うフレーズが出て来るのですが、各所にこのフレーズは使われています。楽曲のタイトルが『六本木純情派』で、上に引用させて頂いた歌詞に『見掛け倒しでごめんね♪』と言うフレーズがあるので、外見と中身に乖離があったのでしょうが、外見がイケテルから、誰とも知らない男性が次から次へと声を掛けて来るのでしょうね。


遊び馴れた六本木 純情揺らすのよ Bboogie woogie♪

六本木純情派3

この楽曲が舞台になった六本木周辺では1980年代後半は、高級ディスコブームが起こり、マスコミでもシバシバ取り上げられる程でした。上に引用させて頂いた歌詞に出て来る遊びとはやはり、ディスコの事を指すのでしょうね。今やディスコも上に引用させて頂いた歌詞にある『Bboogie woogie』も言葉として殆ど聞かなくなってしまいました。時代も変れば変るものですよね。


六本木は勿論の事、東京すら随分、行っていないのですが、未だに六本木と聞くと、何故かこの楽曲が頭の中を流れ出します。この楽曲が流行した頃と比べても随分、風景やそこで遊ぶ方々の遊びかたも変ってしまった事でしょうね。荻野目洋子 さんの『六本木純情派 』はこちらで少しだけですが試聴が出来ます。youtubeでは、そちらで歌われている動画を観る事が出来ます。



荻野目洋子 Best Selection荻野目洋子 Best Selection
(2005/03/24)
荻野目洋子荻野目洋子 with ウゴウゴ・ルーガ

商品詳細を見る


FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/08/28 21:19】 | 荻野目洋子 
トラックバック(0) |


ありんこbatan
荻野目洋子さんの歌声、好きです!
お金持ちのイメージは
親こあらさんのおっしゃる両方です。
夢の中で曲が流れる
というのは経験したことがないかもしれません。。
さすがですね~。。
「見掛け倒しでごめんね」は
この曲の中で最も印象的なフレーズです。
かんがえてみたら
この言葉を別の方が言えば
ちょっと
お笑い系のセリフかも・・
と思ってしまいました。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>荻野目洋子さんの歌声、好きです!
お金持ちのイメージは
親こあらさんのおっしゃる両方です。


印象に残る声ですよね。やはり、お金持ちも色々なのでしょうね。^^

>夢の中で曲が流れる
というのは経験したことがないかもしれません。。
さすがですね~。。
「見掛け倒しでごめんね」は
この曲の中で最も印象的なフレーズです。
かんがえてみたら
この言葉を別の方が言えば
ちょっと
お笑い系のセリフかも・・
と思ってしまいました。

そうですか^^私はよくあります。^^確かに言う方によればギャグになりますよね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。