温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は午後から晴れて良いお天気になりましたが、昨日は一日中雨が降り続くお天気で、早明浦ダムの貯水率も少しは上がったかと思い調べてみたら、21.2%で、まだまだ節水が必要なようです。昨日の雨を見ていると、佳山明生さんの『氷雨』を思い出してしまいました。・・・


飲ませて下さい もう少 し今夜は帰らない 帰りたくない♪ 

氷雨1


この楽曲は1977(昭和52)年12月1日 に発売された佳山明生さんのデビューシングルに収録された楽曲で、このシングルのB面は『よりを戻して 』と言う楽曲で両方とも作詞・作曲がとまりれんさんの作品です。この楽曲は全国的ヒットになるまで4回レコード化されているようです。この歌が全国ヒットになったのが1983(昭和58)年ですので6年かかったと言うことになりますね。



以前、ラジオでご本人が話されていたのですが、芸名の『佳山明生』と言うのは美輪明宏さんが命名して下さったそうです。その時、美輪さんから30過ぎまでヒットしないけど、30歳すぎたらヒット曲がでるからと言われたそうです。デビュー当時、佳山さんは26歳、31歳になったと同時に、この歌がヒットしたようです。そんな話を聞くと凄いと思うと同時に背中が寒くなってしまいます。


楽曲の内容は、男性にふられた女性が、その男性の事を思いながら、酒場でお酒を飲まれて状況が歌われています。寂しさを紛らす為にお酒を飲み続けると言う気持ちは良く理解出来ますが、根本的な解決にならないばかりか、却って身体や心に悪いような気がします。それが判っていても、お酒の力を借りないと、居られないそんな気持ちが歌われているのでしょうね


私を捨てた あの人を 今更悔んでも 仕方ないけど♪

氷雨2


私が調べた限りでは、1回目がデビューの1977(昭和52)年12月1日 、2回目が1980(昭和55)年2月25日に発売された『青春譜』と言う楽曲のB面として、3回目が1981(昭和56)年12月、4回目が1982(昭和57)年7月21日に発売されたシングルに収録されていたようです。(サイトによって違いがあるので、間違いがありましたらお教え頂けると有難いです。)


この楽曲は、1982(昭和57)年12月5日に日野美歌さんがカバーシングルを出されていますが、同時期にヒットしているので、競作だと思われている方も多いようです。音楽のサイクルも年々短くなっていますが、昔の演歌系の楽曲は、何年も歌い続けてやっとヒットした楽曲が案外沢山ありますよね。楽曲の方が時代を先取りしていたと考えれば良いのでしょうか?


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『捨てた』と言うフレーズは、演歌系の楽曲ではよく使われるフレーズですが、その多くは女性が捨てられたと言う表現が多いのは、やはり、男性社会において女性は男性の所有物であると言う感覚が強いからでしょうかね。『捨てる神あらば拾う神あり』と言う言葉もありますが、人間は『モノ』では無い訳ですからおかしいですよね。
 


外は冬の雨まだ止まぬ この胸を濡らすように傘が無い訳じゃないけど♪ 

氷雨3


楽曲のタイトルになっている『氷雨』を辞書でひくと、『1雹(ひょう)や霰(あられ)のこと、2冷たい雨。また、みぞれ』と書かれていました。1が夏の季語で、2が冬の季語になるようです。和英辞書では、1〔秋の冷たい雨〕a cold (autumn) rain2⇒あられ(霰),ひょう(雹),みぞれ(霙) と書かれています。上の歌詞には『冬の雨』となっているので、この場合、季節は冬のようです。


この楽曲は1983(昭和58)年 に旭川有線大賞、全日本有線大賞グランプリなどを受賞され、このシングルはオリコンで最高2位を獲得され、80万枚に近い売り上げを上げられたようなのですが、 この後、ヒットに恵まれていないようです。ヒット曲が出ないと言うのは、辛いものでしょうが、ヒットが出てもその後、新しいヒットが続かないと言うのも辛い事だ思います。

冷たい冬の雨で心が濡れる訳ではないのですが、冷たい雨が降る日は心まで寒くなってしまいますよね。個人的には日野美歌さんバージョンの方が好きです。 佳山明生 さんの『氷雨』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそこで聴く事が事が出来ます。 日野美歌さんのはあちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらで聴く事が事が出来ます。 


Song of songs 佳山明生“氷雨”オリジナルコレクションSong of songs 佳山明生“氷雨”オリジナルコレクション
(1998/11/21)
佳山明生

商品詳細を見る



氷雨/待ちわびて氷雨/待ちわびて
(2006/04/26)
日野美歌

商品詳細を見る


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/10/06 19:47】 | 佳山明生
トラックバック(0) |


ありんこbatan
う~ん
やっぱり・・日野美歌さんバージョンで聴く事が多いかな。。
佳山さんが長年歌ってきてたっていうのは
よくきいてたんだけど。。
美輪明宏さん命名っていうのは知りませんでした。
あ~・・そうなんですか。。
偶然の話とは思えないような。。
演歌歌手さんはヒット曲がひとつでもあれば
それであっちこっち歌ってまわれるみたいですが
この方がこれを歌っても
他人の曲を・・って思われちゃうのかな~って思うと
お気の毒な気がします。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>う~ん
やっぱり・・日野美歌さんバージョンで聴く事が多いかな。。
佳山さんが長年歌ってきてたっていうのは
よくきいてたんだけど。。

日野さんの方が確かに聴く機会多いかも知れませんね。


>美輪明宏さん命名っていうのは知りませんでした。
あ~・・そうなんですか。。
偶然の話とは思えないような。。

何かあるのでしょうね。・・やはり・・

>演歌歌手さんはヒット曲がひとつでもあれば
それであっちこっち歌ってまわれるみたいですが
この方がこれを歌っても
他人の曲を・・って思われちゃうのかな~って思うと
お気の毒な気がします。。

それはあるかも知れないです・・何だかねぇ~と思いますよね。・・


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。