温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は夜から本格的に雨が降り出しました。雨は嫌いなのですが、水不足のおり、そんな事も言って居られないですよね。何ヶ月か前に人工雨を降らせようと試みたようですが、失敗に終わったようです。こちらには雨女さん居られないのでしょうかね。

今日も雨の日なので雨に因んだ歌をとも思ったのですが、今日は『津軽弁の日』だそうですので、千昌夫さんの『津軽平野 』を取り上げさせて頂きたいと思います。


※注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットで拾って来た画像を加工して使わせて頂いております。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。



津軽平野に雪降る頃はよ 親父ひとりで出稼ぎ支度♪

津軽平野1


この楽曲は、1984(昭和59) 年3月25日発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞・作曲が吉幾三さんによる作品です。このシングルのB面は『旅の居酒屋』と言う楽曲で、こちらは作詞が山田孝雄さん、 作曲が桜田誠一さんによる作品です。このシングルはシングルチャ-トで最高49位を獲得され、このシングルは13.2 万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『出稼ぎ』と言うのは、東北地方や北陸地方などの寒冷地方の農家の方が、冬季などの農閑期に首都圏の建設現場や季節工としてメーカーに働きに出掛けられる事を指し、社会科の教科書にも載るほどの出来事でした。現在でも出稼ぎに出られる方は居られるようですが、近年は派遣業の台頭で嘗て程収入は多くないそうです。


十三みなとは西風強くて 夢もしばれる吹雪の夜更け♪

津軽平野2

有名なご当地ソングは、歌碑が地元に建てられる事が多いのですが、この楽曲もご多分に洩れず、青森県五所川原市(旧金木町)にある芦野公園に歌碑が建てられているそうです。歌碑の建立による経済効果が如何程のものかは判りませんが、石に彫られたものであれば、半永久的に残る訳ですから歌碑として残ると言うのは大変な事ですよね。


上に引用させて頂いた歌詞にある『十三みなと』は日本の中世から近世にかけて、青森県五所川原市(旧市浦村)の十三湖の辺りにあった湊で、元々は『十三湊(とさみなと)』と呼ばれていたものが、近世以降「じゅうさんみなと」と呼ばれるようになったそうです。大阪には『十三(じゅうそう)』と言う地名がありますが、同じ漢字でも場所や時代によって読み方が違うのは面白いですよね。


親父うたって 汽車から降りるお岩木山よ 見えたか親父♪

津軽平野3


未だに、東京から上の地方へは行った事がないのですが、冬でも雪が殆ど降らない地域に生まれ育った私は、テレビとかで観る雪国に憧れたものです。現実的には相当の雪が降るようですから、実際、そこで生活するとなるとテレビとかで観るような具合にはいかないので大変だとは思うのですが、無いものねだりで、憧れだけはこの年になっても抱いています。

上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『お岩木山』は、別名、津軽富士とも呼ばれる有名な山ですよね。『岩木山(いわきさん)』と言うのが正式名称のようですが、『おいわきやま』と呼ぶ方が親しみが持てますよね。それだけ、地元の方に親しまれていると言う事なのでしょう。千昌夫さんの『津軽平野 』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそこで聴く事が事が出来ます。   



千昌夫 全曲集千昌夫 全曲集
(2005/10/26)
千昌夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/10/23 19:58】 | 千昌夫
トラックバック(0) |


ありんこbatan
お国なまり・・いいですよね。
あったか味があって。。
でも
東北の言葉ってなかなかわかんない。。
この頃はテレビで御当地の方が話させてると
字幕スーパーが出てきて助かるんだけど
外国語か?!ってツッコミたくもなっちゃいます。
『出稼ぎ』とか『豪雪』とか
東北の人には苦労が多いんでしょうね。
そういうホントの苦労を知らないクセに
何故か雪には憧れてしまう・・って
やっぱり雪が持つ魔力なんでしょうね。
『十三みなと』・・『とさみなと』って読む方が
ダンゼンいいと思います!   


親こあら
ありんこbatan さん今晩は!!

>お国なまり・・いいですよね。
あったか味があって。。
でも
東北の言葉ってなかなかわかんない。。
この頃はテレビで御当地の方が話させてると
字幕スーパーが出てきて助かるんだけど
外国語か?!ってツッコミたくもなっちゃいます。

親切でやっているのでしょうが、本当にそうですよね。東北に限らず判らない方言多いですよね。

>『出稼ぎ』とか『豪雪』とか
東北の人には苦労が多いんでしょうね。
そういうホントの苦労を知らないクセに
何故か雪には憧れてしまう・・って
やっぱり雪が持つ魔力なんでしょうね。


そうなのですよね。暮らすのは大変だろうと思いながら、憧れてしまいます。

>『十三みなと』・・『とさみなと』って読む方が
ダンゼンいいと思います!   

私もそう思います。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。