温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜の朝

金曜日の夜になりましたが、上のジャケットは拓郎さんの金曜日の朝です。拓郎さんと言うと皆様のご存知のように自宅療養をされているみたいです。

<吉田拓郎さん>さらに3公演中止 2週間の自宅療養

チケットを買われた方は残念でしたでしょうが、無理をして悪くされても困りますよね。今日のBGMはファイトです。みゆきさんのカバーですが、カバーはこうあるべきだと言う見本ですよね。



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

【2009/07/10 20:45】 | 吉田拓郎
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもです。
私もワイドショーで観ました。
やはり健康第一ですもんね(^-^)。
今度こそしっかりと
完治して待っている
ファンの人達のために元気な歌声を聴かせて頂けたらと思います(^o^)。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです

> どうもです。
> 私もワイドショーで観ました。
> やはり健康第一ですもんね(^-^)。
> 今度こそしっかりと
> 完治して待っている
> ファンの人達のために元気な歌声を聴かせて頂けたらと思います(^o^)。

本当にそうですよね^^


No title
ありんこbatan
拓郎さん
ツアー中断の決心に拍手をおくりたいです
いくら体調が悪くても
さまざまなことを考えたら
なんとか続けなくては!って思ったことでしょう
プロですもの。。
よく
点滴や注射をしながら・・っていうのをききますが
それで芸術家生命を短くしてしまったら
かえって
ファンを悲しませることになると思うのです
若い頃の拓郎さんなら
後のことなど考えずにつっ走った気がするのですが
やはり
上手に歳をとられたのでしょうね。。
中島みゆきさんの歌をカバーしたというと
『永遠の嘘をついてくれ』も好きです!
ホントに「拓郎の歌」にしてしまうところが圧巻ですね
『ファイト!』

ご自身の心の中で静かに歌われているのかな。。

買いました
タロさん
このシングルは。

でも、今思えばたくろうらしくない曲だ。
フォークからポップ路線に?
声がたくろうブランドだからねぇ、何を歌ってもー



Re: No title
oyakoala
ありんこbatanさん今晩は!

> 拓郎さん
> ツアー中断の決心に拍手をおくりたいです
> いくら体調が悪くても
> さまざまなことを考えたら
> なんとか続けなくては!って思ったことでしょう
> プロですもの。。
> よく
> 点滴や注射をしながら・・っていうのをききますが
> それで芸術家生命を短くしてしまったら
> かえって
> ファンを悲しませることになると思うのです
> 若い頃の拓郎さんなら
> 後のことなど考えずにつっ走った気がするのですが
> やはり
> 上手に歳をとられたのでしょうね。。

若い頃ならまた違ったでしょうが、以前もありましたから
大事をとられたのだと思います。


> 中島みゆきさんの歌をカバーしたというと
> 『永遠の嘘をついてくれ』も好きです!
> ホントに「拓郎の歌」にしてしまうところが圧巻ですね
> 『ファイト!』
> 今
> ご自身の心の中で静かに歌われているのかな。。

そうですよね。みゆきさんワールドを自分の世界に変えて
しまう。中々プロでも出来ない事ではないでしょうかね。



Re: 買いました
oyakoala
タロさん今晩は!

> このシングルは。
>
> でも、今思えばたくろうらしくない曲だ。
> フォークからポップ路線に?
> 声がたくろうブランドだからねぇ、何を歌ってもー

確かに路線は違っていたかも知れませんね。
色々考えられていたのかも知れません。


コメントを閉じる▲
今日も過ごし易い一日でした。現在は、ここの管理で手一杯なのですが、一番最初に作ったホームページが『こあらの森』、次に作ったのが『有袋力学』その他に『ワンダフルゴ-ストラリア』と言うのも作りましたが、どれもここ数年放置状態で更新すらしておりません。

せめて、今風のサイトに変えようとも思うのですが、それも思うに任せず来ています。それでも、『こあらの森』、や『有袋力学』にはたまにご質問を頂く事があり、先ほどその返事をメールし終えました。

サイトを作り始めた頃とは随分、色々な意味で変りましたが、最初に作った二つのサイトはネットにおける私のホームグランドですから、質問にせよ何にせよ、ご覧頂いて連絡を頂けるのは有難いものです。さて、金曜日の夜になったのですが、今日は吉田 拓郎さんの『金曜日の朝』を取り上げたいと思います。


金曜日の朝 よしだたくろう


トロリトロトロ 眼が覚める 霧も晴れてた 赤い屋根♪ 


金曜日の朝1



この楽曲は、1973(昭和48)年12月5日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が安井かずみさん、作曲が吉田 拓郎さんによる作品です。このシングルのB面は『子供に』と言う楽曲で、こちらは作詞が岡本おさみ さん、作曲が吉田 拓郎さんによる作品です。 このシングルは、シングル・チャ-トで最高27位を獲得され、このシングルは7.8万枚を売り上げたようです。


レコードの発売時期から考えると季節は冬のようですが、上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『『トロリトロトロ 』と言うフレーズから考えると、所謂、小春日和のような朝だったのか、楽曲の主人公が少し寝坊をされたのかも知れません。部屋の窓から赤い屋根が見えたのでしょうね。最近はそうでもないですが、昔は赤い屋根のお家と言うのは少なかったような気がします。


だけど今でも気にかかる 君は突然出ていった♪

金曜日の朝2


この楽曲は1番から3番まであるのですが、それぞれの歌詞の前半が楽曲の主人公である男性の事を歌われ、後半が自分の部屋から理由も告げずに出て行った彼女の事を歌われています。一緒に暮らした彼女が出て行くと言う楽曲は案外多いですが、この楽曲からは、彼女が出て行って悲しいとか、辛いと言う感情が余り感じられないような気がします。

上に引用させて頂いた歌詞には、突然、彼女が出て行ったように書かれていますが、出て行く前には何らかのサインを出していたのを、彼は見逃していたのでしょうね。歌詞からすると、楽曲の主人公は無頓着な性格のように見受けられますので、彼女側のサインを感知する事ができなかったのでしょうね。『鈍感力』と言う言葉もありますが、鈍感すぎるのも良くないですよね


洗いざらしのブルージーン 残ったお金があと少し♪ 

金曜日の朝3


上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公は学生か今で言うフリーターのような職業の方だったのでしょうかね。物や金がなくても昔はそれなりに生活出来たのですが、最近は何でもお金が余分に掛かる様になったような気がします。人間関係が希薄になり、生活様式も変わってしまったので、それも仕方が無いのかも知れませんが、安全、安心も最近は高く付くようです。

現在の生活様式が変らない限り、状況も変る事が無いのかも知れませんが、なかなか、他人の価値観を変える事は容易ではありませんから、変るとしたら全てが手遅れになった後ではないかと思う事があります。吉田 拓郎さんの『金曜日の朝』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそこで聴く事が事が出来ます。   

吉田拓郎 ゴールデンJ-POP THE BEST吉田拓郎 ゴールデンJ-POP THE BEST
(1997/11/21)
吉田拓郎かまやつひろし

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/10/24 19:45】 | 吉田拓郎
トラックバック(0) |

こんにちわ♪
アプル
こんにちわ。またまたお久しぶりになってしまってすいません(-_-;)

今ってホームページよりブログの方が手軽に作成出来るからなのか?
結構、離れている方が多いように思えます。ってか私もその1人です。
お店のページもMovableTypeにしたいと思っているのですが・・・
サーバーと合わないようでUPすら出来ないで終わっています。

更新は、出来る時にゆっくりやって下さいね~。


Re:こんにちわ♪
親こあら
アプル様

お早う御座います^^

>こんにちわ。またまたお久しぶりになってしまってすいません(-_-;)

いえいえ^^体調の方はもう大丈夫でしょうか?無理をされないで下さいね。

>今ってホームページよりブログの方が手軽に作成出来るからなのか?
結構、離れている方が多いように思えます。ってか私もその1人です。
お店のページもMovableTypeにしたいと思っているのですが・・・
サーバーと合わないようでUPすら出来ないで終わっています。

更新のし易さから、ブログを使われる方の方が多いのでしょうね。それぞれメリット・デメリットはありますが、ブログも進歩したので、これからはそちらの方が主流になるでしょうね。


>更新は、出来る時にゆっくりやって下さいね~。

有難う御座います。このままズルズル行きそうな悪寒がしているのですが・・・



ありんこbatan
このyoutube
作られた方・・いつもヒジョーに気になってるんです。。
拓郎さんの曲に
センスのいい画像を付けてるんですよね。。
この曲は
なんとか歌えてしまいます。。
コーラス部分も
結構おぼえています。
聴いてた頃は
今のような週休2日なんてことは無かったんで
曜日感覚は随分違ってきてるんだろうな
なんて思いながら
聴かせていただきましいた!   


親こあら
ありんこbatan さん今晩は!!

>このyoutube
作られた方・・いつもヒジョーに気になってるんです。。
拓郎さんの曲に
センスのいい画像を付けてるんですよね。。

動画にせよ、静止画にせよ、凝られていますよね。個性とかセンスがよく出ますよね。


>この曲は
なんとか歌えてしまいます。。
コーラス部分も
結構おぼえています。
聴いてた頃は
今のような週休2日なんてことは無かったんで
曜日感覚は随分違ってきてるんだろうな
なんて思いながら
聴かせていただきましいた!   

ですよね。職業によって休日も変りますが、自由な感じがします。


コメントを閉じる▲
今日も暖かい一日でした。今日は吉田拓郎さんのお誕生日らしいいので、季節に合わせて?『春を待つ手紙』を取り上げたいと思います。 


追いかけました あなたの姿だけ幼い あの頃の想い出 あたためて♪


春を待つ手紙1



この楽曲は1979(昭和54)年 10月5日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞、作曲が吉田拓郎さんによる作品です。このシングルのB面は『外は白い雪の夜』と言う楽曲で、こちらは作詞が松本隆さん、作曲が吉田拓郎 さんによる作品です。このシングルはシングル。チャ-トで最高52位を獲得され、このシングルは2.6万枚を売り上げたようです。
 

この楽曲は直子さんと俊一さんの手紙でのコール&レスポンスと言う形式をとられていて、上に引用させて頂いた歌詞は直子さんの手紙です。歌詞からするとこのお二人は幼馴染のようです。彼女にとって彼は幼初恋相手だったのでしょうかね。のこの歌詞に続く歌詞には、お友達も結婚して行き、ご両親もお亡くなりになられて彼女は一人ぼっちになられたようです。


夢またひとつ 二人で暮らす町通り通りゃんせ オイラだけ 通せんぼ♪

春を待つ手紙2


この楽曲に実在のモデルが居られたのかどうかまでは判りませんが、何歳位の設定だったのでしょうか?。このシングルが発売された年、吉田拓郎さんは33歳だったようですから、それ位の年齢を想定して作られたのかも知れません。それが良い事か悪い事かは横に置いておいて、同じ年齢でもこの当時と現在とでは、外見も世間の見る目も随分、違いますよね。


上に引用させて頂いた歌詞は、俊一さんの手紙なのですが、これからすると彼は夢を追いかけ続けて来て未だに上手く行かれていないようです。彼の夢が何だったのかまでは歌われていませんが、夢を諦める時の踏ん切りと言うのは難しいものがありますよね。結婚はゴールではなくスタ-トなのですが、このお二人は結局、結婚と言う春を迎える事無く別れたようです。


旅する人には 人生の文字似合うけど人生だからこそ ひとりになるんだね♪


春を待つ手紙3

 
松尾芭蕉の「奥の細道」の冒頭には、 「月日は百代の過客にして、行きかう年も又旅人なり。』と言うフレーズがありますが、若い頃は頭で理解していても、気持ちの部分で理解出来なかったのですが、年を経て、それを実感する事が近年多いような気がします。人生と言う時間旅行の旅をしていると、やがては旅立つ日が来る訳で、色々と考えてしまう事が多いです。


上に引用させて頂いた歌詞がしみじみと実感出来るような年齢になった訳ですが、自身の老後は兎も角、現在のこの国の状況を見ていると、先行きが暗く感じられてならないです。平均寿命が伸びる事は余り悦ぶべき事ではないかと感じてしまいます。吉田拓郎さんの『春を待つ手紙』はこちらから少しだけですが、試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。
 


LIFELIFE
(1996/04/19)
吉田拓郎

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/04/05 19:06】 | 吉田拓郎
トラックバック(0) |

春を待つ手紙
T.N
拓郎氏を追いかけて35年…「元気です」「言葉」「春を…」等…純粋な作品が、際立ってますね。極めつけは「純」!私達に指針を示しているよう。

Re: 春を待つ手紙
oyakoala
T.Nさん今晩は!

> 拓郎氏を追いかけて35年…「元気です」「言葉」「春を…」等…純粋な作品が、際立ってますね。極めつけは「純」!私達に指針を示しているよう。

そんな方多いのかも知れませんね。

コメントを閉じる▲
今日も随分、涼しい一日でした。こちらでは様々な場所で秋のお祭りが行われているのですが、活気は昔ほどないように感じます。私の実家がある田舎町では、昨日、今日とお祭りが行われているのですが、太鼓台(ちょうさ)に勢いがないとも聞きました。寄せられる寄付も不景気の為か、半分位だそうです。

景気が良いと言われる時代より、最近の方が様々な店舗が増えているような気がするのですが、個人の収入が減って、企業サイドだけが儲かっていると言う事なのでしょうかね。今日の1曲目は吉田拓郎さんの 『祭りのあと』を取り上げたいと思います。 



祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら♪

祭りのあと1



この楽曲は1972(昭和47)年7月21日に発売されたアルバム『元気です』に収録された楽曲で、作詞が岡本 おさみさん、作曲が吉田 拓郎さんによる作品です。このアルバムには有名な『夏休み』を始め『旅の宿』、『春だったね』等々名曲が収録されたアルバムだったようです。


この楽曲が収録されたアルバム『元気です』が発売された1972(昭和47)年はこんな年で、この年の2月19日 には連合赤軍による『あさま山荘事件』が起きています。この事件はリアルタイムで余り記憶にないのですが、その後何度もテレビ番組で流されたので印象的に覚えています。



もう眠ろう 眠ってしまおう 臥待月の出るまでは♪

祭りのあと2



歌詞に出てくる『臥待月』は『ふしまちづき』と読み、 陰暦十九日の月。特に、陰暦八月一九日の夜の月の事を指し、月の出が遅いので寝て待つ意味で『寝待月(ねまちづき)と呼ばれ、『臥待月』は『寝待月』の別称のようです。風流な呼び方を考えたものですよね。


10月になり、こちらでは各地で秋祭りが開催されていますが、子供の頃と違い、祭りと言ってもそこまでワクワクする事はなくなりました。子供の頃は今みたいに娯楽も少なかったので、お祭りは大イベントのひとつでした。歌にもあるようにそれだけ心待ちにしていただけに、終わった後は淋しく感じたものでした。


もう怨むまい もう怨むのはよそう 今宵の酒に酔いしれて♪ 』


祭りのあと3


昨晩の記事にも書かせて頂いたのですが、少子高齢化、過疎化が急速に進んでいます。時代の流れなのですから、仕方が無い事かも知れませんが、人口が少なくなり、今まで保持していた地域文化とかも次第に廃れ、忘れ去られて行くのでしょうね。


『風が吹けば桶屋が儲かる』の諺ではありませんが、世の中何処かでリンクしている筈なのに、自分の周りの狭い範囲しか理解出来ない方、案外多いみたいです。この楽曲は祭りのあとと言うタイトルになっていますが、人生そのものを歌ったもののような気がします。吉田拓郎さんの『祭りのあと』は こちらから少しだけ試聴が出来ます。


元気です。 元気です。
よしだたくろう (2006/04/05)
Sony Music Direct

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/10/14 18:29】 | 吉田拓郎
トラックバック(0) |


groove night
こんにちは。
実は吉田拓郎に影響されてギターを始めました。
アルバム「元気です」も好きですが、階段に座っている拓郎がジャケット写真のアルバム「人間なんて」が拓郎を知ったきっかけです。

『レフティのストラトキャスターの使用に関する利点解説』を見ました。
俺にとっては欠点でしかない事も、人によっては美点になってしまうんですね。
ヘッドのリバースは弦のテンションの加減で利点もあるそうで、リバースヘッドのネックも売っています。
でもそれ以外は、ジミヘンマニアの戯言だと思いますよ。
(楽器は好き嫌いで選べば良いので、非難はしませんが。)

高校の時に初めて購入したヤマハの左用アコギは今でも俺のメインギターです。
ヤマハでさえ、左用は受注生産だったらしくて、注文してから納品まで1ヶ月待たされましたが、35年たった今でもトラブルはありません。
この頃のヤマハのアコギは今でも中古市場で人気が高いようです。
当時は安物と、きちんと作ったものでは程度が全然違いました。



親こあら
groove nightさん今晩は!!

>こんにちは。
実は吉田拓郎に影響されてギターを始めました。
アルバム「元気です」も好きですが、階段に座っている拓郎がジャケット写真のアルバム「人間なんて」が拓郎を知ったきっかけです。

そうですか^^最初から洋楽では無く、拓郎さんがきっかけだったのですね。

>『レフティのストラトキャスターの使用に関する利点解説』を見ました。
俺にとっては欠点でしかない事も、人によっては美点になってしまうんですね。
ヘッドのリバースは弦のテンションの加減で利点もあるそうで、リバースヘッドのネックも売っています。
でもそれ以外は、ジミヘンマニアの戯言だと思いますよ。
(楽器は好き嫌いで選べば良いので、非難はしませんが。)

確かにその方にあった物が一番でしょうから、どうこう言える事ではないですよね。

>高校の時に初めて購入したヤマハの左用アコギは今でも俺のメインギターです。
ヤマハでさえ、左用は受注生産だったらしくて、注文してから納品まで1ヶ月待たされましたが、35年たった今でもトラブルはありません。
この頃のヤマハのアコギは今でも中古市場で人気が高いようです。
当時は安物と、きちんと作ったものでは程度が全然違いました。

今から35年前に、しかも高校生で特注のギタ-を購入されたとは凄いですね。私の最初のアコギは中学2年の時に購入した5千円の安物です。高校の時に3万のヤマハを買いましたが、今では数千円の価値しかありません。・・・


コメントを閉じる▲
昨日ほどでは有りませんでしたが、今日も暑い一日でした。天気予報によると今月一杯続くとか・・・でも、最近気候とかおかしいから、来月もこんなだったら、困ってしまいますよね。夏痩せする前にあちらにいってしまうかも知れません。

今日は吉田拓郎さんの『サマーピープル』を取り上げたいと思います。



サマーピープル 太陽の光は誰にでも輝いてるぜ♪

サマーピープル1




この楽曲は、1981(昭和56)年 4月 5日に発売されたシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が岡本おさみ さん、作曲が吉田拓郎さんによる作品です。このシングルのB面は『二十才のワルツ』と言う楽曲でこちらは作詞、作曲が吉田拓郎さんによる作品です。 



この楽曲は1981(昭和56)年の資生堂サマービューティープロモーション・イメージソングに使われていたようです。このシングルはシングル・チャ-トで最高28位を獲得され、8.7万位を売り上げたようです。曲の雰囲気から言うと、化粧品よりビールとかのCMが似合いそうです。



裸の奴となら上手くやれる 裸のあの娘となら上手くやれる♪

サマーピープル2



楽曲のタイトルや歌詞に出て来る『ピープル』とはご存知の通り英語の『People』の事で人々、民衆、国民等の意味があります。そう言えば今や死語になってしまいましたが、昭和の流行語に一般人の事をさす『一般ピープル』が転じた『パンピー』と言う流行語がありましたよね。


語感によるものなのでしょうか?『パ』とか『ピ』の付く言葉はとても軽く、馬鹿にされているようなイメージがあって余り好きな言葉ではありませんでした。確かに特定の身分や階級に属する訳ではないのですが、一種の差別用語のように当時は強く感じたものでした。


感じるぜ夏の中で濡れたハートを灼きつくそう♪ 』

サマーピープル3


『ハダカの付き合い』なんて言う言葉もありますが、最近は、人間関係が希薄になって来て、そんな言葉も死語になりつつあるような気がします。不安定な世の中ですから、それも仕方が無い事かも知れませんが、淋しい世の中になりつつありますよね。

過干渉になるのは良くないことでしょうが、人間関係において多少の干渉は必要なように思います。ただし、そこに相手に対する『愛』とか『思い遣り』とか『責任』がなければ、単なる中傷や批判になるだけのように思います。吉田拓郎 さんの『サマーピープル』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。



サマーピープル / 吉田拓郎

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/08/21 20:32】 | 吉田拓郎
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。