FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は女優の鈴木保奈美さん お誕生日でもあるそうです。鈴木保奈美さんと言えば、出演されたドラマに『東京ラブストーリー』と言う作品があります。『東京ラブストーリー』と言うと、やはり、小田和正さんの『ラブ・ストーリーは突然に』が有名ですので今日はこの楽曲を取り上げたいと思います。   


何から伝えればいいのか 分からないまま時は流れて♪

ラブ・ストーリーは突然に1


この楽曲は1991(平成3)年2月6日に発売された小田和正さんのソロ6枚目のシングル『Oh! Yeah! 』のカップリング曲として収録されたものです。このシングルは両A面シングルとしてリリースされたようで、両曲とも小田和正さん作詞、作曲による作品です。この楽曲の収録されたシングルはシングルチャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは 258.8枚の売上げをあげたようです。


この楽曲は、漫画家の柴門ふみ先生原作の『東京ラブストーリー』のドラマ化作品の主題歌として発売されヒットしました。この楽曲が主題歌になったドラマ『東京ラブストーリー』は1991(平成3)年1月7日から3月18日にフジテレビ系列で放映されたドラマでした。このテレビドラマは、当時、関東地区において、平均視聴率が22.9%、最高視聴率は最終話の32.3%であったようです。


誰かが甘く誘う言葉に もう心揺れたりしないで♪


ラブ・ストーリーは突然に2



東京ラブストーリー』主題歌の依頼を受けた小田さんは、この楽曲とは別の楽曲を作られたようなのですが、そちらの方は没になり、作り直されたのがこの楽曲だったようです。因みに没になった方は1991(平成3)年5月18日に発売されたベストアルバム『Oh! Yeah!』に収録された『FAR EAST CLUB BAND SONG』と言う楽曲だったようです


今日お誕生日を迎えられた、女優の鈴木保奈美 さんはこのドラマの中で『赤名リカ』さんと言う役柄を演じられていたようです。個人的にこのドラマは観ていなかったのですが、1988年(昭和63)年から小学館の『ビッグコミックスピリッツ』で連載されいた原作漫画の方は時々読んでいました。時々読んでいた程度なので詳しくはないのですが、印象として人間関係が複雑だと感じました。


君のためにつばさになる 君を守りつづける♪

ラブ・ストーリーは突然に3



ドラマの方はよく判りませんが、原作での『赤名リカ』さんと言う役柄は余り好きなタイプではなかったように記憶しています。ドラマで俳優の織田裕二 さんが演じられた永尾完治さんと言う役柄についても、原作を読んだ印象では余り好きな印象は持ちませんでした。でも、原作もドラマも人気があったようですから、多くの方の共感を呼んだのでしょうね。


鈴木保奈美さんお誕生日おめでとう御座います。Wikipediaによりますと現在は、芸能活動はされていないようなのですが、活動を再開される事を楽しみにしております。小田和正さんの『ラブ・ストーリーは突然に』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtubeでは『東京ラブストーリー』の色々なシーンを繋いだ?動画をそちら観る事が出来ます。  

言葉にできない~小田和正コレクション 言葉にできない~小田和正コレクション
α波オルゴール (2005/09/29)
デラ

この商品の詳細を見る





FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/08/14 21:37】 | 小田和正
トラックバック(0) |

名曲ですよね^^
あいだめぐみ
あたしもドラマは「かんち!」って笑顔で呼ぶ鈴木保奈美しか覚えてないです。
でもこの曲はすっごくよく耳にするし、フレーズ的に忘れられない感じです。
恋愛をするたびに出会えてよかったと、この曲を思い出すのに、別れると出会わなければ良かったと思ってしまいます。
あたしは嫌いで別れたって経験がなく、いつも好きなのに別れちゃうパターンで。。。
ってあたしの話はどうでもいい。^^;
親こあらさんとの出会いももうずいぶん前になりますね。
いつも見守ってくれる親こあらさんには感謝感謝です^^

Re:名曲ですよね^^
親こあら
あいだめぐみさん今晩は!!

>あたしもドラマは「かんち!」って笑顔で呼ぶ鈴木保奈美しか覚えてないです。

年代的な事で言えば、めぐみさんの年代の方だとそう言う方が多いかも知れませんね。

>でもこの曲はすっごくよく耳にするし、フレーズ的に忘れられない感じです。

凄く良く作られた楽曲ですよね。人の心に残ると言うか印象付けさせるのは大変な事だと思います。

>恋愛をするたびに出会えてよかったと、この曲を思い出すのに、別れると出会わなければ良かったと思ってしまいます。
あたしは嫌いで別れたって経験がなく、いつも好きなのに別れちゃうパターンで。。。ってあたしの話はどうでもいい。^^;

多分、それはめぐみさんの真面目な性格が原因なのかも知れませんね。相手の方に対する思い遣りから来る様な気がします。嫌いになって別れた方が気分がすっきりすると思うのですが、恋愛は難しいですね。

>親こあらさんとの出会いももうずいぶん前になりますね。
いつも見守ってくれる親こあらさんには感謝感謝です^^

そうですね。もう、5年以上になるでしょうかね。いえいえ^^大した事はできておりません・・^^



うさぎ。
どうも、ご無沙汰したおります。
自作の連載のはずのまんがの方もほったらかしで申し訳ないです。

男女の目が合う映像の次にこの曲のイントロが流れただけで
「あ、この二人は恋に落ちたんだ」と数秒で認識できてしまうという、
すごい曲ですよね。


親こあら
うさぎさん今晩は!!

>どうも、ご無沙汰したおります。
自作の連載のはずのまんがの方もほったらかしで申し訳ないです。

こちらこそご無沙汰です。いえいえ^^私の方も放置状態ですから^^うちのが新作を楽しみにしているようなので、気が向かれたら更新お願いします。^^

>男女の目が合う映像の次にこの曲のイントロが流れただけで
「あ、この二人は恋に落ちたんだ」と数秒で認識できてしまうという、
すごい曲ですよね。

そうですよね。計算して作ったとしても簡単にはいきませんよね。^^


コメントを閉じる▲
今日は雨が降り続く一日でした。ニュースを観ていると、台風4号の被害が出ているようですね。かなり、強い台風のようで警戒が必要なようです。これ以上の被害が出ない事を願うばかりです。・・・

今日の1曲目は小田和正さんの『真夏の恋』を取り上げたいと思います。


その髪に 触れるために その声を きくために♪

真夏の恋1



この楽曲は、1994(平成6)年7月15日に発売された、小田和正さんの12枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『夏の終り』と言う楽曲で両方とも小田さん作詞、作曲による作品なのですが、カップリング曲の『夏の終り』は、1978(昭和53)年10月5日に発売されたオフコースのアルバム『FAIRWAY』からのセルフ・カヴァーです。


この楽曲は、1994(平成6)年7月9日から1994(平成6)年9月24日まで日本テレビ系列で放映されたの西田敏行さん主演の土曜ドラマ『遠山金志郎美容室』の主題歌として作られたようです。シングルはシングル・チャ-トで最高10位を獲得され、このシングルは16.9万枚売り上げたようです。この楽曲のコーラスには中西圭三さんが参加されています。


ただ ふたりでいるだけで それが思い出になる♪

真夏の恋2




楽曲の内容は恋の始まりを予感した男性の心情を歌ったラブ・ソングのようです。小田さんらしい格好良いラブ・ソングです。この楽曲が主題歌となったドラマ自体は観ていないのですが、ドラマの粗筋を色々調べてみると主演のが西田敏行さんの気持ちをうたったものではないかと思われますが、西田さんのキャラには少し不似合いな感じがしないでもないです。


夏と言う季節が開放的な気分になるからでしょうか、昔から夏の恋を歌ったものと言うのは多いような気がします。個人的には昔から暑いのは苦手なので夏の時期に燃え上がるような恋はした事がないのですが、やはり、歌にあるように開放的な気分になり、燃え上がるような恋をされる方も多いのでしょうね。


真夏の恋は 切ないくらいに 燃えて♪

真夏の恋3



下世話な話で申し訳ないのですが、ドラマとか映画の主題化歌を依頼されて作った時と言うのは、テレビ局や映画会社から、お金が出るものなのでしょうかね。それとも、ドラマや映画のお陰でヒットする事もあるから、逆に宣伝料を徴収されるのでしょうか?下らない事ですがふと疑問に思ってしまいました。

依頼される方の知名度や実績によっても違いがあるのでしょうが、音楽業界と言うのも知らない事が多いように思います。 別に知ったからと言って自分には無関係な事なのでどうでも良いと言えばどうでも良いのですが、くだらないことがたまに気になったりします小田和正さんの『真夏の恋』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。

伝えたいことがあるんだ 伝えたいことがあるんだ
小田和正 (1997/11/21)
ファンハウス

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/07/13 19:12】 | 小田和正
トラックバック(0) |
今日から入梅した所も多いようですね。こちらでも午後から雨が降り出しました。今日6月14日はアメリカの『フラッグデー』だそうです。まぁ、ここは日本なので、関係がないと言えば関係がないのですが、アメリカの『フラッグデー』にかけまして、今日は小田和正さんの『The Flag』を取り上げたいと思います。


ただ若かったそれだけのことかな あの頃僕らは傷つけあっていた♪


The Flag1


この楽曲は2000(平成12)年4月19日 に発売されたアルバム『個人主義』の3曲目に収録された楽曲で、作詞、作曲も小田和正さんによるものです。楽曲のタイトルにも使われている『the Flag』とは、ご存知のように日本語で言うと『旗』の意味ですが、他にも幾つかの意味があるようです。


アルバム『個人主義』のジャケット写真が旗がはためいているようなデザインになっているのは、やはり、この楽曲がメインと言うか、小田さんの言われたかったの中心だったからでしょうかね。アルバムタイトルにもなっている『個人主義』とはWikipediaによると こう言う意味になるようです。


やがて何時の日か この国の全てを 僕らがこの手で 変えて行くんだったよね♪


theflag2



この楽曲は小田さんが同年代の団塊の世代の方々に向けられて作られたメッセージソングのようです。小田さんが大学生の時に日本の大学では学園紛争が真っ盛りの時代だったようです。私はこの時代から随分後に大学に入学したので当時の事は判りませんが、キャンパスの一部にはそれを物語るものが残されていました。


後にテレビ番組や雑誌等で当時の様子を観た事がありますが、ヘルメットを被った大学生が旗やプラカードのようなものを持たれて闘われていたのは非常にインパクトがありました。問題解決の方法論が決して正しいとは思いませんでしたが、熱い思いのようなものは判るような気がします。


あの時揚げた 僕らの旗だけが 一人揺れている時の風の中で♪


theflag3



私が大学に入学したのはノンポリと呼ばれて久しい時代でしたが、今から考えると、私の母校だけでなく、多くの大学が学園紛争の反省からか、学園紛争を起こさせないように、学生の管理を徹底していたような気がします。そこまでしなくても、起る事は恐らくなかったと個人的には思っています。

そのように私が思うのは私の年代でも、大学時代にクラブ活動などしない方が増えていたので、団結して何かをやると言う方が減っていった時代だったように思うからです。しかし、近年は『個人主義』を履き違えて自分勝手な方が増えたように思います。小田和正 さんの『The Flag』 はこちらから少しだけ試聴が出来ます。


個人主義 個人主義
小田和正 (2000/04/19)
ファンハウス

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2007/06/14 21:39】 | 小田和正
トラックバック(0) |


うる3世
こんばんは^^

この歌の思いについては、小田さんがNHKの特集番組で語っておられました。
親こあらさんが語っておられるように 団塊の世代のみなさんには、「団結力」や 「大きな勢力への反駁の気持ち」がありますね。

小生の年代は、「ふぬけ」かもしれません。
でも、会社に入ってから、「団塊」の人々にしっかりと教育されました。
「時には、頑固な人やなぁ、たまらんで」とこぼしたことも多々ありましたが、今にして思えば、「団塊」の人たちに鍛えられたことが、財産です。




親こあら
うる3世さん今晩は!!

>この歌の思いについては、小田さんがNHKの特集番組で語っておられました。親こあらさんが語っておられるように 団塊の世代のみなさんには、「団結力」や 「大きな勢力への反駁の気持ち」がありますね。

確かにそう言う方多いですよね。時代がそうさせたのかどうかは判りませんが・・・

>小生の年代は、「ふぬけ」かもしれません。
でも、会社に入ってから、「団塊」の人々にしっかりと教育されました。
「時には、頑固な人やなぁ、たまらんで」とこぼしたことも多々ありましたが、今にして思えば、「団塊」の人たちに鍛えられたことが、財産です。

そうですか^^私が入社した会社にはその年代の方が居られませんでしたが、後に転職した時に取引先の方にその年代の方が居られました。うる3世さんと私は多分、年代が近いのだと思われますが、ふぬけと言うよりそうならざるを得なかった年代だったような気がします。


フラッグ。。
はまっこえみ
自分達の旗が風になびいて、一丸となって戦う。。
かっこいいですね・・今のこの社会問題の中、戦う時期なのではないかとおもうこのご時世・・・今の日本はこのままで、今の子供達は幸せなんだろうか。。とか本気で考えちゃいます。

Re:フラッグ。。
親こあら
はまっこえみさん今晩は!!

>自分達の旗が風になびいて、一丸となって戦う。。
かっこいいですね・・

そうですよね。今はスポーツの応援位でしょうか?でも、スポーツの応援と違うところは自分たちが戦う点にありますよね。

>今のこの社会問題の中、戦う時期なのではないかとおもうこのご時世・・・今の日本はこのままで、今の子供達は幸せなんだろうか。。とか本気で考えちゃいます。

本当にそうですよね・・でも、その戦い方の術も判らなかったりします・・・



しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
昨日、梅雨入りした大阪ですけども
今日はまた良いお天気になりました~(^o^)。
フラッグデーなんてあるんですね~。
でも愛国心って正直ないです。
また今の政府や偉いさんは全く持って信じられないですよ。
公務員も…
やはり人間のやっていることなんてしょせんこんなものなんですよね。
すごく矛盾をカンジます。
もちろん自分にも矛盾をカンジながら生きているような…
ってグチを言っても世の中、平等になるわけでもないので
今日もガンバって行きましょう~!!
ただそれだけです。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>昨日、梅雨入りした大阪ですけども
今日はまた良いお天気になりました~(^o^)。

そうですか^^こちらは午前中は雨が少々降りましたが、殆ど曇りの一日でした。

>フラッグデーなんてあるんですね~。

フラッグデーはアメリカの記念日ですから関係がないと言えば関係がないですよね。

>でも愛国心って正直ないです。
また今の政府や偉いさんは全く持って信じられないですよ。
公務員も…
やはり人間のやっていることなんてしょせんこんなものなんですよね。
すごく矛盾をカンジます。
もちろん自分にも矛盾をカンジながら生きているような…
ってグチを言っても世の中、平等になるわけでもないので
今日もガンバって行きましょう~!!
ただそれだけです。

確かにそう感じられている方は多いでしょうね。個人で出来る事など知れていますからね・・・


コメントを閉じる▲
今日も良いお天気の一日でしたが、明日の午後から崩れそうな予報です。水不足が心配されるだけに、嫌ですが雨も降って貰わないと困りますよね。先日、偶然、小田和正さんのアルバム『Sometime Somewhere』のカセットを見つけてしまいました。当時は車で聴く為にカセットを買う事がしばしばありました。

今日はその中の1曲『思い出に変わるまで』を取り上げたいと思います。

Sometime Somewhere



どうせまた知らないうちに面影追いかけるから♪


思い出に変わるまで1



この楽曲は1992(平成4)年1月25日に発売された 小田和正さんのアルバム 『Sometime Somewhere』の4曲目に収録された楽曲で、作詞、作曲は小田和正さんによる作品です。 この楽曲の収録されたアルバム 『Sometime Somewhere』が発売された1992(平成4)年はこんな年だったようです。


平成と聞くと未だについこの間のように思ってしまいますが、今年が2007(平成19)年ですから、昭和から平成に変わって20年近くになるのですね。、気持ち的にはある時点でストップしているようにも思うのですが1992(平成4)年に生まれた方は今年で15歳になられるのですから、私も年をとる筈です。


冷たい雨が心に沁みるUh分かっている♪


思い出に変わるまで2



この楽曲が収録されたアルバム 『Sometime Somewhere』は、1992(平成4)年2月1日に全国東宝系ロードショーで公開された小田和正さん第1回監督作品の映画「いつか どこかで」の映画収録曲によって構成されているそうです。私自身はこの映画は観ておりませんがストーリーを読むと面白そうですね。


どう言う経緯でこのアルバムを購入したのかは忘れてしまいましたが、年代的に言うと結婚前に付き合っていた女性と付き合っていた頃か、別れた直後か・・・年代的にはそんなものだったように思います。見つけるまで存在自体忘れてしまっていましたから・・・

二人がただの想い出にいつか変わってゆくまで♪

思い出に変わるまで3



歌の内容は別れた女性との想い出が忘れきれず、苦しんでいる?男性の気持ちを歌ったもののようです『思い出に変わるまで』の時間はその状況やその他諸々のファクターとか人によって様々なのでしょうが 、『時は妙薬』と言う言葉があるようにまさにその通りだと思う事があります。

でも、想い出に変わった筈のものがふとした切っ掛けで、蘇る事があります。そんな時は自分が気が付かない場所の傷口に塩を塗られたようで、嫌なものですよね。小田和正さんの『思い出に変わるまで』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。


Sometime Somewhere Sometime Somewhere
小田和正 (1992/01/25)
ファンハウス

この商品の詳細を見る





【2007/04/29 22:00】 | 小田和正
トラックバック(0) |


はるのひ
こんばんは~
おぉ~懐かしい! CD多分持ってます。
映画も見ました。
この頃のサウンドは、古くもなく新しくもなく、びみょ~に懐かしいです。^^


親こあら
はるのひさん今晩は!!

>おぉ~懐かしい! CD多分持ってます。
映画も見ました。

そうですか^^CDの時代になっていましたから、CDで持たれている方の方が多いかも知れません。映画もご覧になられましたか^^

>この頃のサウンドは、古くもなく新しくもなく、びみょ~に懐かしいです。^^

確かに微妙かも知れないですね。^^




しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
小田和正さんとは全然違うんですけど…
私は同タイトルのドラマで(漢字は一文字違うんですけども)
元光GENJIの大沢樹生くんが出演されたドラマを思い出しますね~(^o^)。
どんなストーリーかは忘れてしまったんですけどね…(^-^;)。
ただそれだけです。
でも平成に変わってからそれなりになるんですね~。
21世紀にもなりましたし…
でも昨日は夕方の報道番組で北朝鮮の強制収容所の実態の再現を観て…スゴク腹が立ちました。
私には何もできないですけど…でもこういうことが表に出てくるようになったのだから時代が変わったと思います。
いろいろとお話ししたいんですけど…
改めて私のブログでも記事として取り上げるつもりです。
たまには真面目な話題もね(笑)。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>小田和正さんとは全然違うんですけど…
私は同タイトルのドラマで(漢字は一文字違うんですけども)
元光GENJIの大沢樹生くんが出演されたドラマを思い出しますね~(^o^)。
どんなストーリーかは忘れてしまったんですけどね…(^-^;)。
ただそれだけです。


そうですね。同じようなタイトルのドラマがあってもおかしくないかも知れませんね。

>でも平成に変わってからそれなりになるんですね~。
21世紀にもなりましたし…
でも昨日は夕方の報道番組で北朝鮮の強制収容所の実態の再現を観て…スゴク腹が立ちました。
私には何もできないですけど…でもこういうことが表に出てくるようになったのだから時代が変わったと思います。
いろいろとお話ししたいんですけど…
改めて私のブログでも記事として取り上げるつもりです。
たまには真面目な話題もね(笑)。


そうですか・・その番組は見ていませんが、知らない所で色々な事があるでしょうね・・また取り上げられるのを楽しみにしていますね。


コメントを閉じる▲