温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は朝方かなり冷え込みましたが、次第に暖かくなりましたが、また寒くなりました。着込めば暖かくはなりますが、動きが鈍くなるし、肩もこるから、難しいですよね。さて、今日は田村英里子さんのお誕生日ですので『ロコモーション・ドリーム』を取り上げたいと思います。



ゆうべ素敵な夢を見たの お願い笑わないで聞いてよ♪

ロコモーション・ドリーム1


この楽曲は1989(平成元)年 3月15日に発売された田村英里子さんのデビューシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『涙の半分』と言う楽曲で両方とも作詞が田口俊さん、作曲が 筒美京平さんによる作品です。 この楽曲の収録されたシングルはシングル・チャ-トで最高9位を獲得され、このシングルは3.7万枚を売り上げたようです。

上に引用させて頂いた歌詞からすると楽曲の主人公は相手に夕べ見た夢の内容を話されるようです。歌詞からすると新婚旅行に行く夢のようなので相手は恋人だったのでしょうね。人が見る夢には色々な意味があるようです。予知夢と言うのもあるので、夢でみたら将来、現実になるのではないかと思ってしまうと言うのは理解出来るような気がします。


二人出逢ったあの日から運命はきっとはじまったの♪

ロコモーション・ドリーム2


楽曲のタイトルに使われている『ロコモーション(locomotion)』とは、『移動。移動力』と言う意味がありますから、旅行する夢と言う事になるのでしょうか?歌詞の中に『リニア・エクスプレス』と言う言葉が出て来るので楽曲の主人公はリニアモーターカーで新婚旅行に行かれる夢をみられたのでしょうね。リニアモーターカーは未だに実用段階にはなっていないようです。

上に引用させて頂いた歌詞には『運命』と言う言葉が使われていますが、現実に運命と言うものがあるとしたら、それは二人が出逢った時ではなく、生まれる以前から決まっていないとおかしな気がします。運命的な出会いなんていう言葉がありますが、二人の出会いすら運命であるなら、その運命に気が付いたのが出逢った日と言う事になるのではないでしょうか?


流れる窓の外二人は銀河を越える降り注ぐ星屑を♪

ロコモーション・ドリーム3

上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の主人公が夢にみた新婚旅行先は宇宙のようです。かも乗り物はやはり、リニア・エクスプレスのようです。リニアモーターカーは、私が小学生の時から未来の乗り物として子供向け雑誌によく書かれていた記憶があるのですが、未だに実験段階であると言う事は何らかの根本的な問題でもあるのでしょうかね。

昔より宇宙旅行は身近になりましたが、現実に新婚旅行で行けるには後、何年かかるのでしょうか?星や惑星が身近に見る事が出来たら感動的には違いないでしょうが、現実にいけるとしたらそれ以外の楽しみっつてあるのでしょうかね。田村英里子さんの『ロコモーション・ドリーム』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらから聴く事が出来ます。

ゴールデン☆ベストゴールデン☆ベスト
(2003/06/25)
田村英里子

商品詳細を見る

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/01/16 22:39】 | 田村英里子
トラックバック(0) |


しのちゃん
おはようございます(^-^)。
うっわぁ。
田村英里子さん懐かしい~ですねぇ☆
この曲は、全くもって覚えていないですけど。
少なくとも、'90年代のアイドルでは、大人気だったアイドルのお一人であることは間違いないです。
確か、「アイドル伝説 えりこ」ってアニメで、田村英里子さんが主人公のアニメがありました。
アイドル好きの私は、もちろん観ていましたぁ。
アニメからファンになった人達も多かったように思いますよぉ。


Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさん今晩は!!

> おはようございます(^-^)。
> うっわぁ。
> 田村英里子さん懐かしい~ですねぇ☆
> この曲は、全くもって覚えていないですけど。
> 少なくとも、'90年代のアイドルでは、大人気だったアイドルのお一人であることは間違いないです。

流石よくご存知ですね^^

> 確か、「アイドル伝説 えりこ」ってアニメで、田村英里子さんが主人公のアニメがありました。
> アイドル好きの私は、もちろん観ていましたぁ。
> アニメからファンになった人達も多かったように思いますよぉ。

この楽曲のカップリングが、そのアニメの主題歌だったようです。
そんな方も居られたでしょうね。^^



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。