温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は雨が降り続く一日でした。この時期に雨と言うのは珍しいですよね。さて、今日はアメリカ・ネバダ州が1990(平成2)年に制定したジュディ・オングの日だそうですので、ジュディ・オングさんの『魅せられて』を取り上げたいと思います。
 

南に向いている窓を開け一人で見ている海の色♪

魅せられて1

この楽曲は、1979(昭和54)年2月25日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのでB面は『クレタ島の夜明け 』と言う歌で、両面とも作詞が阿木燿子 さん、作曲が 筒美京平 さんによる作品です 。楽曲のタイトルは『魅せられて』ですが、シングルレコードのジャケットにはタイトルの前『エーゲ海のテーマ』と書かれているようですので。エーゲ海に魅せられてと言う事なのでしょうね。


『エーゲ海のテーマ』と銘打っている位ですから、上に引用させて頂いた歌詞に出て来る『海』は『エーゲ海』の事を指されているのでしょう。そうでないとおかしいですよね。エーゲ海と言うと青い海に、山の斜面に並んだ白い建物がある場所がよくテレビ等で映されるのですが、あれはイドラ島と言う所だそうです。楽曲のイメージで言うと楽曲の主人公の女性はあの白い建物のひとつに居るような感じがします。


レースのカーテン引きちぎり身体に巻きつけ踊ってみたくなる♪

魅せられて2

この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高1位を獲得され、このシングルは123.5万枚を売り上げたようです。この楽曲のヒットでジュディ・オングさんは、第21回日本レコード大賞を受賞され、第30回NHK紅白歌合戦に初出場を果たされています。ジュディ・オングさんの妖艶でエキゾチックな姿が印象的なのですが、当時は老若男女を問わず知らない方は居られなかったのではないでしょうかね。


この楽曲で印象的だったのは、楽曲やジュディ・オングさんだけでなく、彼女がこの時着て居られた衣装も印象的でした。大きな布を纏ったようなドレスでしたが、学校のカーテンで、あの衣装の雰囲気を真似していた同級生もいました。考えてみると、あの衣装は上に引用させて頂いた歌詞からヒントを頂き作られたモノだったのでしょうかね。芸人さんの中にも真似されていた方が居られましたよね


Wind is blowing from the Aegean女は海♪

魅せられて3

上に引用させて頂いた歌詞に出て来る「Wind is blowing from the Aegean」は、「風はエーゲ海からふいている。」という意味だそうです。本物のエーゲ海には行った事がありませんが、映像とかで見る限り穏やかな海ですよね。お向いにある岡山県の牛窓と言う所は『日本のエーゲ海』と言うキャッチフレーズを使われています。と言う事は瀬戸内海と通じる所があると言う事なのでしょうかね。

映画の話は別にしても、現在の科学を持ってしても、子供を生む事が出来るのは女性だけです。でも、社会不安の高まりから、出生率は低いですよね。日本の将来の為に出生率を上げようとしてもそれは無理な話だと思う訳ですがこれからどんな未来が来るのでしょうかね。ジュディ・オングさんの『魅せられて』はこちららから少しだけ試聴が出来ます。 youtubeではそちらから聴く事が出来ます。


GOLDEN☆BEST ジュディ・オング Sony Music Years 1973-1983GOLDEN☆BEST ジュディ・オング Sony Music Years 1973-1983
(2004/04/21)
ジュディ・オング杉良太郎

商品詳細を見る


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/02/03 22:06】 | ジュディ・オング 
トラックバック(0) |


しのちゃん
こんばんは~(^-^)。
今日は、雨でしたねぇ。
大阪は、お昼頃から雨でしたぁ。
本当にまいちんグ~!でしたよぉ。
この曲は、誰もが知っている曲ですよね。
また衣裳が、あのひらひらが、印象深いです。
懐かしのVTRでも必ず流れますし。
ってそういえば、芸人さんでマネされた方おられました。
誰でしたっけ。
覚えていないですけども。
また確かに、ジュディオングさんってエキゾチックなお顔立ちされてますよねぇ。
ちょっと日本人にはないものがありますよね。
って日本人でも日本人離れした方もおられるけど。
だけど、日本人でも海岸から来た人達でも関係なく。
ガンバっておられるので、偏見なく平等で見るのが一番平和で良いですよね。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさん今晩は!!

> こんばんは~(^-^)。
> 今日は、雨でしたねぇ。
> 大阪は、お昼頃から雨でしたぁ。
> 本当にまいちんグ~!でしたよぉ。

そうですか・・そちらも雨だったのですね。
お天気だから仕方がないですが嫌ですよね。

> この曲は、誰もが知っている曲ですよね。
> また衣裳が、あのひらひらが、印象深いです。
> 懐かしのVTRでも必ず流れますし。
> ってそういえば、芸人さんでマネされた方おられました。
> 誰でしたっけ。
> 覚えていないですけども。

誰と言う訳でなく、色々な方がマネされていたので、この人と特定できないので
覚えていないのかも知れませんね。


> また確かに、ジュディオングさんってエキゾチックなお顔立ちされてますよねぇ。
> ちょっと日本人にはないものがありますよね。
> って日本人でも日本人離れした方もおられるけど。
> だけど、日本人でも海岸から来た人達でも関係なく。
> ガンバっておられるので、偏見なく平等で見るのが一番平和で良いですよね。

確かにそうですよね。日本人でもそんな方居られますよね。
どんな方も平等が基本ではありますよね。



ま~さん
この歌がヒットした時期がジュディ・オングには悲劇でしたね。
アメリカTV映画の「将軍」に出演が決まっていながら、ヒットしたおかげで、スケジュールの都合がつかずマリコ役を降板しました。ま、引き換えにレコード大賞をもらいましたが、どうなんでしょうか。

それからもうひとつこの歌は池田満寿夫の映画「「エーゲ海に捧ぐ」公開の時期だったと思います。その映画の主題歌かと錯覚した記憶がありますけど・・・・。

Re: タイトルなし
oyakoala
ま~さん今晩は!!

> この歌がヒットした時期がジュディ・オングには悲劇でしたね。
> アメリカTV映画の「将軍」に出演が決まっていながら、ヒットしたおかげで、スケジュールの都合がつかずマリコ役を降板しました。ま、引き換えにレコード大賞をもらいましたが、どうなんでしょうか。

でも、ジュディ・オングさんにとられては初めてのヒットで、
その時代を代表する楽曲ですから、それはそれで良かったのでは
ないでしょうかね。

> それからもうひとつこの歌は池田満寿夫の映画「「エーゲ海に捧ぐ」公開の時期だったと思います。その映画の主題歌かと錯覚した記憶がありますけど・・・・。

映画のCMに使われていたので、勘違いされている方多いかも知れませんね。^^




ま~さん
>ジュディ・オングさんにとられては初めてのヒットで、

ジュディ・オングには 「たそがれの赤い月」というヒット曲がありましたよ。私はその次に出た曲も(題名は忘れました)好きでした。


Re: タイトルなし
oyakoala
ま~さん今晩は!!

> >ジュディ・オングさんにとられては初めてのヒットで、
>
> ジュディ・オングには 「たそがれの赤い月」というヒット曲がありましたよ。私はその次に出た曲も(題名は忘れました)好きでした。

調べてみると、1967年の作品で大ヒットしたようですね。申訳
ありません。当時4歳ですから記憶に残っていませんでした。

コメントを閉じる▲
今日は雪がちらつくお天気でしたが、平野部に積雪は今の所ないようです。ネットを見ていると、山口や福岡で積雪があったとか・・しかも、山間部ではなく平地だから驚きです。積雪があると、車とかも運転が大変ですから、慎重に運転しないといけないですよね。さて、今日はジュディ・オングさんのお誕生日ですので、『ひとひらの雪 』を取り上げたいと思います。   


可哀相だわ 一緒に泣かせて密やかに散るひとひらの恋ね♪

ひとひらの雪1


この楽曲は、1985(昭和60)年 8月22日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が阿木燿子さん作曲が佐藤隆 さんによる作品だです。このシングルのカップリング曲は『セゾン・ド・ラムール』と言う楽曲でこちらは、作詞が岩里祐穂さん、作曲が小杉保夫さんによる作品だったようです。この楽曲は、1985(昭和60)年9月14日に東映系列で公開された映画『ひとひらの雪』の主題歌として使われたようです。


上に引用させて頂いた歌詞や楽曲のタイトルに使われている『ひとひら』は、漢字で書くと『一片』とか『一枚』と書き薄く平らな物の一枚を指すようで、雪とか花びらに使われるようです。恋がどんな形状の物か判りませんが、花が散るように恋も散って行ったから、そのような表現を取られたのでしょうね。花が散るのは悲しいですがその後に実がなるので花が散る事の悲しさだけを感じていてはいけないような気がします。


祭壇の前に額づいて一人を守ると誓った後にベールを脱ぎ去り体をひらく♪

ひとひらの雪2


この楽曲が主題歌となった映画『ひとひらの雪』は渡辺淳一さんの同名の小説を映画化されたものだったようです。映画の内容は不倫を描いたものです。この楽曲の発売された1985(昭和60)年 は、1983(昭和58)年から放送が開始された不倫をテーマにしたテレビドラマの『金曜日の妻たちへ』の第三弾『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』が放映され、映画やドラマでも不倫をテーマにしたものが多かったように思います。

『不倫』とは、本来は、倫理から外れたこと、人の道から外れたことを意味する言葉であったようですが、時代の変化により、 結婚制度から逸脱した男女関係の意味で使用されるのが通常となったようです。確かに現在は後者の意味でしか使われませんよね。上に引用させて頂いた歌詞からもお判り頂けます様に歌詞の内容も不倫を歌われたもののようです。恋愛に限らず倫理から反した方が最近は多いように思います。

掬い上げたら幻のように消えてしまうの ひとひらの雪ね♪ 』

ひとひらの雪3


小説家の江戸川乱歩先生は「現世は夢、夜の夢こそまこと」と言う言葉をしばしば好んで色紙に書いたことで知らているそうです。今生きている現世は、修行の場で、あちらの世界が本当の世界だと言われる方も居られますよね。確かに、生きていると言う事は儚くて、誰もが何時あちらの世界に行ってもおかしくはないのですが、人為的に生存権が奪われる事が正当化される世の中では困りものですよね。

時代とともに恋愛観、結婚観も変わるのは仕方が無い事なのでしょうが、恋愛に限らず倫理観のない動物的な、動物以下かも知れない方が増えているように思うのは私だけなのでしょうか。上に引用させて頂いた歌詞にあるように幻のように消えて欲しいと思う事が最近多過ぎるような気がしてなりません、ジュディ・オングさんの『ひとひらの雪 』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。


 
ゴールデン☆ベスト ジュディ・オング EMI Years 1985-2002ゴールデン☆ベスト ジュディ・オング EMI Years 1985-2002
(2004/04/14)
ジュディ・オング

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/01/24 17:45】 | ジュディ・オング 
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。