温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もそろそろ終わろうとしているのですが、今日が60回目の憲法記念日と言う事で以前の楽天の2006年05月03日をかなり、加筆修正をしまして、きたがわてつさんの『日本国憲法前文』を取り上げます。 


日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を♪


前文1




この楽曲は歌詞が日本国憲法前文そのまま、作曲がきたがわてつさん、にしむらよしあきさん、鈴木泉さんによる作品です。この楽曲を初めて聴いたのは、昔、教育実習に行った時の事です。担当の教科は『政治経済』・・(私は中学と高校の『社会科』の教員免許を持っています(持っているだけなのですが・・・)


担当の教諭の授業を後ろで見ていた時の事、起立、礼、着席の後、担当の教諭がラジカセである曲をかけるとそれに合わせて生徒全員が起立して歌いだしたのがこの歌でした。担当教諭は勿論、授業の一環として生徒にこの楽曲を歌わせていたのですが、初めて見た時正直ビビリました。


日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげて♪

前文2



1947(昭和22)年5月3日、日本国憲法が発布されました。それを記念して昭和23年7月の「国民の祝日に関する法律」で、この日が祝日と定められましたそうです。今年で60年になるそうなのですが、折りしも、国会では改憲について議論がなされているようです。今日の新聞やラジオでもこの事が取り上げられていました。

改憲に関しては争点になるのが、9条を変えて、自衛隊を自衛軍にするかどうかですよね。不穏な動きをする国があるから、軍隊を持つ必要があると言う意見も理解できなくはないですが、そうなると却って軍事力の競争になってしまうのではないかと言う心配も出てきます。


われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ♪

前文3





軍隊と言う事になると、徴兵制とかの問題も出てくるし、憲法を変えてしまうと、なし崩しに軍事国家になってしまうのではないかと心配しています。私がこう思うのは理由があって、仕事の関係で自衛隊出身の方と話した事があるのですが、自衛隊でそう教えられたのか、考え方が非常に危険な感じがしたからです。

軍隊を持たないからこそ平和を主張できる強みだと思うのですが、他に平和的な解決策と言うのはないものなのでしょうかね。総理が言った『美しい日本』と言う言葉で戦前の軍国主義を連想してしまう私は過敏症なのでしょうか・・きたがわてつさんの『日本国憲法前文』 は『うたごえ喫茶「のび」』様でMIDIを聴く事が出来ます。


CD・きたがわてつ「日本国憲法前文」 CD・きたがわてつ「日本国憲法前文」
きたがわてつ ()
音楽センター

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:音楽

【2007/05/03 23:13】 | きたがわてつ
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんおはようございます(^-^)。
私も親こあらさんの意見に賛同です。
憲法改憲がプラスになるとは思わないです。
特に9条に対しては
戦争放棄をしているからこそ平和を保てるのであって…
それにしても総理はまた軍国国家に持っていこうと考えているとしか思えません!!
それに何より…戦争は今の時代でも続いていると私は思います。
従軍慰安婦の問題や
戦争により心の傷が今だにぬぐえない方もおられます。
また世界で唯一原爆を落とされていること等を考えると…よく憲法を改憲しようと言うものだと思いますよ。
それに暴力は暴力で返しても良くならないことがわかっているはずなのに…
やはり「戦いを学ばない」と聖書に書かれている通りのことを実行しないことには真の平和は訪れないと思います。
それにこうして民主主義という名の自由の中で…今さら徴兵制度とか言われて「行きます」という国民がいてるとは思わないです。
また「国のために死ねますか?」と言われても「死ねます」と答える国民がいてるとは絶対に思わないです。
やはり自分の命が大切です。
ことに私達は戦争体験がないからそんなことを口にできるんであって…でも戦争の体験はなくても世界各地で行われています。
また情報として見ています。
別に憲法は古くても良いです。
戦争さえなかったら…この憲法により助けられているところって大きいと思います。
というわけでかなり長くなってしまいました。
では(-_-)zzz。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>私も親こあらさんの意見に賛同です。
憲法改憲がプラスになるとは思わないです。
特に9条に対しては
戦争放棄をしているからこそ平和を保てるのであって…
それにしても総理はまた軍国国家に持っていこうと考えているとしか思えません!!

そうですよね。私もそう思います。

>それに何より…戦争は今の時代でも続いていると私は思います。
従軍慰安婦の問題や
戦争により心の傷が今だにぬぐえない方もおられます。
また世界で唯一原爆を落とされていること等を考えると…よく憲法を改憲しようと言うものだと思いますよ。

そうなのですよね・・・問題は根が深いと思われます・・・

>それに暴力は暴力で返しても良くならないことがわかっているはずなのに…
やはり「戦いを学ばない」と聖書に書かれている通りのことを実行しないことには真の平和は訪れないと思います。
それにこうして民主主義という名の自由の中で…今さら徴兵制度とか言われて「行きます」という国民がいてるとは思わないです。
また「国のために死ねますか?」と言われても「死ねます」と答える国民がいてるとは絶対に思わないです。
やはり自分の命が大切です。
ことに私達は戦争体験がないからそんなことを口にできるんであって…でも戦争の体験はなくても世界各地で行われています。
また情報として見ています。
別に憲法は古くても良いです。
戦争さえなかったら…この憲法により助けられているところって大きいと思います。

戦争を知らない私たちでもそう思うのにTOPに立たれる方がそう思うのが不思議で仕方がないです。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。