温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も良いお天気の一日でした。今日は坂上とし恵さんの『き・い・てMY LOVE』を取り上げたいと思います。
 
穴のあいた傘を差しては濡れないように気を付けてる♪

き・い・てMY LOVE1


この楽曲は、1982(昭和57)年7月21日に発売された坂上とし恵さんのデビューシングルに収録され楽曲で、作詞が三浦徳子さん、作曲が亀井登志夫さんによる作品です。このシングルのB面は『ひとりで街をゆくときも 』と言う楽曲でこちらは作詞が三浦徳子さん、作曲が奥 慶一 さんによる作品です。坂上とし恵さんと聞いてピンと来ないな方も居られるかも知れませんが野々村真さんの奥様です.


上に引用させて頂いた歌詞に『穴のあいた傘』と言うフレーズがありますが、傘の骨が壊れる事があっても、穴が開くと言う事は殆ど聞いた事がありません。穴の空いていない傘をさしていても、濡れる事だって多々ある訳ですから、雨の日に穴の空いた傘を差して濡れないようにするのはかなり難しい事ですよね。その傘を差す事で何かのゲン担ぎをされていたのかも知れませんね。


あなたの家の前にある魅力的な赤いポスト ポトンお手紙しに来たの♪

き・い・てMY LOVE2


楽曲の内容は、徹夜して書いたラブレターを早く相手に渡したい為に、雨の日にわざわざ直接届けに来られた女の子の気持ちを歌ったもののようです。上に引用させて頂いた歌詞にある『あなたの家の前にある魅力的な赤いポスト』が、あなたの家のポストであれば、相手が早く見る事も可能ですが、これが家の前の郵便局の赤いポストであるならば無駄な努力と言う事になりますよね。 

現在でこそ、家庭用の郵便ポストと言えば、色や形も様々で、お洒落な物が増えましたが、昔は、色も赤かシルバーの物が主流で、形も大体決まっていたような気がします。住宅も昔に比べると、お洒落になって来たので、それに合わせたポストも多いですが、中には何処にポストがあるのか判らないお宅もたまに見掛けますので、そう言うお宅の場合は配達される方も困るでしょうね。


びしょ濡れのまま歩いてたら風邪をひいてちゃったみたい♪

き・い・てMY LOVE3


この楽曲もそうなのですが、昔の歌謡曲と言うのは、歌詞を読み返してみても面白いものが多いですよね。歌詞の表現だけでなく、言葉の使い方が絶妙だったりします。上に引用させて頂いた歌詞に後に『ホント それはもうそうでしょう♪』と言うフレーズが続くのですが、これも面白いですよね。誰に話しかけてるんだかとも思わないでもないですが、言葉自体がリズムを持っていますよね。


昔のアイドルの映像を観ると、子供ぽくて可愛い方が多いのですが、最近の新人歌手の方と言うのは10代でもやけに成熟して見える方が多く、綺麗なのですが、可愛いと思える方少ないですよね。それも時代の流れなのでしょうが、違和感を感じる事多いです。坂上とし恵さんの『き・い・てMY LOVE 』はこちららから少しだけ試聴が出来ます。 youtubeではそちらから聴く事が出来ます。


デビュー!         (CCCD)デビュー! (CCCD)
(2003/10/22)
オムニバス井上望

商品詳細を見る

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/03/16 20:19】 | 坂上とし恵
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。