温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も暖かな一日でした。WBCで日本が優勝したと言う明るいニュースもあれば、暗いニュースも多いですよね。本当の意味で春が来るのは何時なのでしょうか・・・さて、今日は梶芽衣子さんのお誕生日ですので『怨み節』を取り上げたいと思います。


花よ綺麗とおだてられ咲いてみせればすぐ散らされる♪

怨み節1


この楽曲は、1972(昭和47 )年12月1日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『女の呪文》と言う楽曲で、両方とも作詞が伊藤俊也さん、作曲が菊池俊輔さんによる作品です。このシングルはシングル・チャ-トで最高6位を獲得され、このシングルは 34万枚を売り上げたようです。


凄いタイトルですが、上に引用させて頂いた歌詞にあるような仕打ちをされれば、確かに怨み節の一つでも言いたくなる気持ちは理解できます。自己責任論が、言われ出し、久しくなる訳ですが、それを言い出したご本尊様が未だに自己責任をとられていないように思うのは私だけなのでしょうかね。


憎い口惜しい許せない消すに消えない忘れられない♪

怨み節2


この楽曲は、映画『女囚さそりシリーズ』の主題歌としても使われ、B面に収録された『女の呪文》と言う楽曲は、1972(昭和47年 )年12月30日に公開された映画『女囚さそり 第41雑居房』の挿入歌としても使われたようです。色々調べてみると、映画とレコードでは、歌詞が変えられているようで。映画の方は こちらのサイト様に歌詞があります。

酷い仕打ちに遭えば、誰だって上に引用させて頂いた歌詞にあるような感情になるのはよく判ります。負の感情と言うのは中々消す事が難しいですが、余り、その感情に凝り固まると、自らを呪縛してしまいそうな気がします。言霊と言う言葉もありますが、人を呪わば穴ふたつ・・と言う言葉もあるので、気持ちを切り替えていく必要があるように思います。


死んで花実が咲くじゃなし怨み一筋生きて行く♪

怨み節3

人間完全ではないですから、言い過ぎる事はあるかも知れませんが、ネットの掲示板等をみると、見ず知らずの方を誹謗中傷している文章を多々、見掛ける事があります。リアルで対面していても人間関係は難しいですが、顔の見えないネットの世界だからでしょうか・・どれだけ冷たい心の持ち主なのか悲しくなる事があります。

怪談や心霊番組で、亡くなられた方の呪いや祟りと言うのは良く聞きますが、個人的には上に引用させて頂いた歌詞にあるように、生きた人間から怨まれる方が怖いと思う訳ですが、何時から思い遣りの心が失った方が増えたのでしょうかね。それも自己責任なら構いませんけど・・・梶芽衣子さんの『怨み節 』はこちららから少しだけ試聴が出来ます。 youtubeではそちらから聴く事が出来ます。


全曲集全曲集
(2004/03/24)
梶芽衣子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/03/24 19:33】 | 梶芽衣子
トラックバック(0) |


しのちゃん
こんばんは~(^-^)。
久しぶりに明るいニュースですねぇ。
本当の意味での春はまだまだ遠いような気がします。
今日のは、いろいろと考えさせられることが多いです。
確かに怨み節までいかなくてもグチの一つは言いたくなりますよね。
だけど、ネットでの中傷は、あまりにもひどすぎます。
見知らぬ人に対してよく言うものだと思います。
って私が言っても説得力ないですね(苦笑)。
自分が言われて初めてわかることになると思うんですけど、痛い思いをする前にわかるのが一番ですよね。
って言う方も決して気持ちの良いものではないので、自覚をもってもらいたいです。
あっでも死者が生きている人間に対して悪さをすることは決してありませんので、ご安心下さいね(^-^)。
聖書に書かれていますのでそれだけは、言いたかったんです。
ハイ。
何がなんだかわからなくなってしまいましたね。
スイマセンですm(__)m。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです^^

> こんばんは~(^-^)。
> 久しぶりに明るいニュースですねぇ。
> 本当の意味での春はまだまだ遠いような気がします。
> 今日のは、いろいろと考えさせられることが多いです。
> 確かに怨み節までいかなくてもグチの一つは言いたくなりますよね。
> だけど、ネットでの中傷は、あまりにもひどすぎます。
> 見知らぬ人に対してよく言うものだと思います。
> って私が言っても説得力ないですね(苦笑)。
> 自分が言われて初めてわかることになると思うんですけど、痛い思いをする前にわかるのが一番ですよね。
> って言う方も決して気持ちの良いものではないので、自覚をもってもらいたいです。
> あっでも死者が生きている人間に対して悪さをすることは決してありませんので、ご安心下さいね(^-^)。
> 聖書に書かれていますのでそれだけは、言いたかったんです。
> ハイ。
> 何がなんだかわからなくなってしまいましたね。
> スイマセンですm(__)m。


しのちゃんさんは、自分でそこに気付かれて行動されているので偉いと思いますよ。
そう言う方の多くは、自説を曲げようとしないし、上から目線でしか見れないような
可哀相な方ばかりですから・・・


買いました
タロさん
映画を見たその日にレコードを!

映画は確か衝撃的な始まりだったとー
逃亡をするのに、電車のドアに挟まった腕を切断?
手錠に警官の腕をぶらさげて・・
ひぃやぁ、、、

Re: 買いました
oyakoala
タロさん今晩は!


> 映画を見たその日にレコードを!
>
> 映画は確か衝撃的な始まりだったとー
> 逃亡をするのに、電車のドアに挟まった腕を切断?
> 手錠に警官の腕をぶらさげて・・
> ひぃやぁ、、、

そんな始まりなのですね・・インパクトありますよね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。