温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の2曲目はクラフトの『言問橋』を取り上げたいと思います。

注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。



夏の日差しに麦わら帽子君はかわいいお下げ髪♪

言問橋1




この楽曲は1976(昭和51)年 7月に発売されたクラフトの4枚目のシングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞は 三井誠さん、平井正尚さん、 作曲が三井誠さんによる作品です。このシングルのB面は『エピローグ(終章)』と言う楽曲でこちらは作詞が森谷有孝さん、作曲が浜田金吾さんによる作品です。 


この歌を歌われていたクラフトは元々三井誠さん、森谷有孝さん、松藤一美さん、三森 丈夫さんの男性4人グループで、途中で三森丈夫さんが脱退され、浜田金吾さんが加わられたようです。(以前の楽天のブログでは5人だったのが三森 丈夫さんが抜け4人になったと書きましたが間違いでした)


石につまずきけがをしておぶって帰った日暮道♪

言問橋2




この楽曲のタイトルや歌詞に出てくる『言問橋』は隅田川にかかる実在の橋で、国道6号・東京都道319号環状三号線(言問通り)を通している橋で、1928(昭和 3)年に完成した こんな橋だそうです。橋の名前の由来は近くにある老舗の和菓子屋さん『言問団子』に因むそうです。


このお店はTBSアナウンサーの外山惠理さんの実家でも有名らしいです。『言問団子』さんの名前の由来は『伊勢物語』で在原業平 の詠んだ『名にし負わば いざ言問はん都鳥 わが思ふ人はありやなしやと』と言う歌に因んでいるようですが、実際、在原業平がこの歌を詠んだのは場所的に少しずれているそうです。



想い出どうしがすれ違うここは言問 言問橋♪

言問橋3


『名にし負わば いざ言問はん都鳥 わが思ふ人はありやなしやと』の都鳥とはユリカモメの事で、簡単に言うと『(遠く都を離れ隅田川のほとりまで来たが)お前が都鳥と言う名前で有名であるなら、私の思う人が今頃、都でどうしているか知っているだろう教えておくれよ 都鳥』(親こあら訳,適当^^)と言うような意味になるでしょうか^^そんな事を聞かれてもユリカモメも答えようがなくて困ったでしょうね。


歌の内容は、幼馴染で結婚したいと思っていた女の子がいて、久し振りにその地を訪ねてみると彼女は老舗の女将さんになっていて残念だと言う話なのですが、結婚したいと思った幼い頃から何年ほっときぱなしにしていたんだ!とツッコミを入れたくなりますよね。残念ながら、オリジナルの試聴は探し出せなかったのですが、プレ王で、Sやん様と言う方がコピーされています。


究極のベスト! クラフト 究極のベスト! クラフト
クラフト (2005/06/22)
ワーナーミュージック・ジャパン
この商品の詳細を見る




スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/06/22 20:37】 | クラフト
トラックバック(0) |

好きな歌です。
せりな
親こあらさん、こんばんは。
「言問橋」Sやんさんの所で聴いてきました。
とっても懐かしく、良く聴いてた時のこと思い出しました隅田川にかかる橋なんですね!
「ことといばし」響きがいいですよね。

「帯の匂い袋を香らせて~」のところの歌詞で「匂い袋」にちょっと憧れを抱いてました^^

Re:好きな歌です。
親こあら
せりなさん今晩は!!

>「言問橋」Sやんさんの所で聴いてきました。
とっても懐かしく、良く聴いてた時のこと思い出しました隅田川にかかる橋なんですね!
「ことといばし」響きがいいですよね。

隅田川に架かる有名な橋のようです。^^そうですよね。優しい響きがする言葉ですよね。

>「帯の匂い袋を香らせて~」のところの歌詞で「匂い袋」にちょっと憧れを抱いてました^^

そうですか^^確か同級生の女の子間で密かに流行っていた記憶があるのですが、この歌の影響だったのでしょうかね。^^



三井誠・濱田金吾
Gemini...
この歌もいい歌ですね。
三井誠さんと言えば、稲垣潤一さんの『クリスマスキャロルの頃には』の作曲者ですね。

濱田金吾さん、私、今年アルバム2枚買いましたが、いい感じです。
『裏窓』、高橋真梨子さんのもいいですが、金吾さんのは、作った人なだけになかなか格好良い中にも味があるって感じです。

Re:三井誠・濱田金吾
親こあら
Geminiさんどうもです。

>この歌もいい歌ですね。
三井誠さんと言えば、稲垣潤一さんの『クリスマスキャロルの頃には』の作曲者ですね。

良い曲ですよね。三井誠さんが作られたとは存じませんでした。

>濱田金吾さん、私、今年アルバム2枚買いましたが、いい感じです。
『裏窓』、高橋真梨子さんのもいいですが、金吾さんのは、作った人なだけになかなか格好良い中にも味があるって感じです。

金吾さんは今は作曲家としての活動がメインになられているのでしょうかね。



おっりょー
昨日カラオケいったら言問橋がはいってましたよ。。。奇跡。。。どうなってるんでしょう?


親こあら
おっりょーさん今晩は!!
初めまして!!

>昨日カラオケいったら言問橋がはいってましたよ。。。奇跡。。。どうなってるんでしょう?

そう言えば私も見た事がありません。何故故、今頃出たのでしょうかね。かなりの方がリクエストでもされたのでしょうか?謎ですね・・・


コメントを閉じる▲
今日の2曲目はクラフトの『さよならコンサート』を取り上げたいと思います。  

さよならコンサートジャケット



いつもコンサートが始まると 必ず君はそこにいました♪


さようならコンサート1



この楽曲は1975(昭和50)年11月に発売されたシングルに収録された楽曲で、さだまさしさん作詞、作曲による作品です。因みにこの楽曲のB面は『 夜の銀河鉄道 』と言う楽曲で作詞が三森たかしさん、作曲が三井誠さんでクラフトのメンバーによる作品です。

この楽曲は『僕にまかせて下さい』に続くクラフトのヒット曲の1つです。 『僕にまかせて下さい』同様私が初めてこの楽曲を知ったのが、1976(昭和51)年2月25日に発売された、グレープのライブアルバム『三年坂』でした。『僕にまかせて下さい』同様好きな歌のひとつです。考えてみると32年前の唄なのですよね

お別れに何もあげるものがないから 君の好きだった唄をうたいます♪

さよならコンサート2



歌の内容は、『僕』のコンサートに毎回来てくれる『君』がある日、彼氏を連れてコンサートに来たので『君』は二度と『僕』のコンサートには来ないだろうから、今夜が最後の『さよならコンサート』になるとお言う内容の楽曲です。実話をモチーフにされた歌だったのでしょうかね。

実話がモチーフだと仮定すれば、まだ売れない頃のグレープ時代の話だったのでしょうかね。僕が君を好きだった事に『君』は気が付いていたのでしょうかね。歌手と観客の関係ですから、その好意がどこまで伝わっていたかは疑問ですが、沢山来られる中には好みの女性も一人くらいは居られた事でしょうね。


おそらく二度と出会えないだろう君の 今まですべてにありがとう♪

さよならコンサート3



売れない頃のグレープと言えば、さださんの弟さんがお客さんを外から強引に連れてくると言うキャバレー方式を採用していたのは有名な(?)話です。沢山のフォーク・グループが当時は居られたようですが、ヒットを出し、その後も活動続けられている方は少ないですよね。

僕にまかせて下さい』同様学生時代は弾き語りで大人になってからは、カラオケなどで歌い続けて30年位になる訳ですが上手くなるどころか下手になっているような気がします。プレ王に登録している作品はこれで最後になります。無料の容量は後、1曲分残っている訳ですが、有料会員になるかどうかを含め考える為にも暫く聴く側に戻ろうと思います。下手糞な歌はこちらです。

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/03/12 22:00】 | クラフト
トラックバック(0) |

はじめまして
Moca
はじめましてMocaといいます。
はるのひさんのブログでは、よくおみかけしていたのですが、
ご挨拶しようと思いつつ、今になってしまいました。
遅ればせながら、ご復活おめでとうございます。

ふきのとうが一番好きなんですが、さださんも、グレープ~夢供養の頃は特に大好きで、たまに記事にさせていただいてます。
「椎の実のママへ」も以前記事にしましたので、よろしければご覧ください。
http://moca.meblog.biz/article/59566.html

また、おじゃましたいと思いますので、よろしくお願いします。


Re:はじめまして
親こあら
Mocaさん!今晩は!初めまして!!

>はじめましてMocaといいます。
はるのひさんのブログでは、よくおみかけしていたのですが、
ご挨拶しようと思いつつ、今になってしまいました。
遅ればせながら、ご復活おめでとうございます。

ご訪問有難う御座います。こちらもお名前は拝見させて頂いておりました。

>ふきのとうが一番好きなんですが、さださんも、グレープ~夢供養の頃は特に大好きで、たまに記事にさせていただいてます。
「椎の実のママへ」も以前記事にしましたので、よろしければご覧ください。

有難う御座います^^後ほど伺わせて頂きます。^^

>また、おじゃましたいと思いますので、よろしくお願いします。

有難う御座います。こちらこそ宜しくお願いします。^^

コメントを閉じる▲
今日はお天気が良いものの良く冷え込んだ一日でした。今日の1曲目はクラフトの『僕にまかせて下さい』を取り上げたいと思います。

僕にまかせて下さい ジャケット



きみはその手に 花をかかえて 急な坂道をのぼる♪

僕にまかせて下さい1




この楽曲は1975(昭和50)年4月に発売されたシングルに収録された楽曲で、日本テレビ系列で放映されたドラマ「ほうずきの唄」主題歌としてヒットしました。この楽曲のB面は『鳳仙花 (ほうせんか) 』と言う楽曲で両面とも、さだまさしさん作詞、作曲による作品です。この楽曲は元々『彼岸過迄』と言うタイトルだったようです。


『彼岸過迄』と言えば、明治時代の文豪、夏目漱石先生の作品にも同名のものがありますが、この小説は、従兄妹同士の恋愛問題を扱ったものですから、さださんがこの小説を意識したものだとすれば、『君』は従姉妹の事で、君の母さんと言うのは伯母さんの事だったのでしょうかね。

きみがとても 大切にしてた藤色のお手玉♪


僕にまかせて下さい2



さださんの伯母さんと言えば『 椎の実のママへ 』のモデルとなった方の事でしょうかそう言えば。小説『精霊流し』では、さださんの従兄弟をモデルにした石田春人さんと言う役柄には腹違いの妹さん石田紅子さんと言う役が出てきますから、『君』はこの方をモデルにしたのかも知れないですよね。

グレープ時代の名曲『精霊流し』の「あなた」が小説『精霊流し』の役柄で言うと、石田春人さんと言う役柄で、「あなたの愛した母さん」が岡本(石田)節子さんと言う役柄と言うのは有名ですが、歌の方には、石田紅子さんと言う役は登場しません。そう考えると『精霊流し』の続編(?)と言う位置づけになるのでしょうかね。


両手をあわせた かたわらで 揺れてるれんげ草♪

僕にまかせて下さい3



この楽曲について調べていると、この楽曲がクラフトのデビュー曲だと思われている方が居られるようですが、クラフトのデビュー曲は1973(昭和48)年7月に発売された『友よ遠方ゆえ来たらず』と言う楽曲で、『僕にまかせて下さい』は、 3枚目のシングルになるようです。

youtubeの映像で、クラフトが歌っている珍しい映像がこちらで見る事が出来ます。私が初めてこの楽曲を知ったのは、1976(昭和51)年2月25日に発売された、グレープのライブアルバム『三年坂』でした。実はクラフトバージョンとグレープバージョンでは、最後が違うのですが、プレ王ではグレープ・バージョンで歌わせて頂いております。


三年坂


FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/03/12 21:39】 | クラフト
トラックバック(0) |

クラフト
はるのひ
こんばんは…
さださんの「椎の実のママへ」はつい最近、ブログのお友達から教えていただいて聴いて、感銘を受けました。クラフトの2曲も知らなかったので…聴かせていただきましたよ。これらさださんの歌が、親こあらさんの原点になっているんですよね…。やはり出会った歌への思いは強く大切なものですね。
YouTubeで、クラフトって初めて見ました。しょっぱなマンドリンだったので、じーっと見てしまいました^^

Re:クラフト
親こあら
はるのひさん!今晩は!!

>さださんの「椎の実のママへ」はつい最近、ブログのお友達から教えていただいて聴いて、感銘を受けました。

そうですか^^何方か取り上げられていたのですね。^^
>クラフトの2曲も知らなかったので…聴かせていただきましたよ。これらさださんの歌が、親こあらさんの原点になっているんですよね…。やはり出会った歌への思いは強く大切なものですね。

大きな影響を受けています。^^グレープに出逢わなかったら随分違った人生になっていたことでしょうね。

>YouTubeで、クラフトって初めて見ました。しょっぱなマンドリンだったので、じーっと見てしまいました^^

フラット・マンドリンを弾いていましたね。^^



いい曲ですね。
ぴ・らっこ
歌声もすばらしいです。

当時の「僕にまかせてください」は私も好きでした。

誰かが歌ってた「すいかずら」と言う歌も好きでした。

ボクがこんなに大きくなったのも・・・あなたの好きなすいかずらの花をいつも部屋の片隅に飾っておきましょう・・・とか言う感じで母親のことを歌ってました。

忍冬と書くんでしたっけね。

Re:いい曲ですね。
親こあら
ぴ・らっこ さん今晩は!!

良い歌ですよね。^^

>誰かが歌ってた「すいかずら」と言う歌も好きでした。
>忍冬と書くんでしたっけね。

平仮名表記の「すいかずら」と言う歌もあるのですね。忍冬とかいてすいかずらと読みますよね。 因幡晃さんの歌に『忍冬(すいかずら)』と言うのがありますが、母親の事を歌ったものではないし、平仮名表記の「すいかずら」が気になります。^^


び・らっこさん、親こあらさんへ
Tonchan
この唄は忍冬(すいかずら)というデュオの「すいかずら」という唄です。30年くらい前の曲ですね。今、有線で静かにヒットしているZEROのドライフラワーに最初のフレーズがそっくりでこの曲を思い出し、このすいかずらの歌詞の一部をGoogleでひいてこのブログに当たりました。当時はカセットに録音していたのに見つかりません。どこかで手に入れられないでしょうかねえ。

Re:すいかずら
親こあら
Tonchanさん今晩は!!初めまして!!

>この唄は忍冬(すいかずら)というデュオの「すいかずら」という唄です。30年くらい前の曲ですね。

情報有難う御座います。実は私もび・らっこさんの書き込みを拝見してその後色々検索したり、中古レコードを探してみたりしておりました。

>今、有線で静かにヒットしているZEROのドライフラワーに最初のフレーズがそっくりでこの曲を思い出し、このすいかずらの歌詞の一部をGoogleでひいてこのブログに当たりました。

そうですか^^Googleは凄いですね。出来て間もない私のブログのしかもコメントの部分で引っかかるのですね。

>当時はカセットに録音していたのに見つかりません。どこかで手に入れられないでしょうかねえ。

色々調べてみましたが、音源が見つかりません。今まで調べて判った事は以下の通りです。

◎楽曲名:忍冬 
◎作詞:夏山 登様、作曲 国本 卓明様  
◎アーティスト名:すいかずら

1977年の作品のようです。因みに『奥のフォーク道』と言うCDにすいかずらの『花火』と言う楽曲は掲載されているようです。

http://shop.ponycanyon.co.jp/old/music/p17600/p17600.html

色々調べていると、やまなひとふみ様と言う方のプロフ-ィールに『1979年、19歳でフォークグループ<すいかずら>に参加。プロ活動を始める。2年間活動した後、<すいかずら>解散。』と書かれていました。

http://www.yamana-h.com/

http://www.a-press.tv/intro/index.html

同じグループだとすれば、やまなひとふみ様と言う方が参加される2年前の楽曲と言う事になります。私も調べて判らなかったので、やまなひとふみ様の番組サイトのBBSで思い切って先ほど尋ねてみました。

引き続き情報収集はしてみるつもりですので、結果が出るかどうか判りませんがお時間を頂けると幸いです。

情報をご存知の方が居られたらどうぞメールフォームからでも、こちらでも宜しいですのでどうぞ情報をお待ちしております。


『忍冬』 すいかずら
親こあら
Tonchanさんへ

ビッダーズのオークションサイトでこのシングルレコードを発見しました。私も欲しいのはやまやまなのですが、Tonchanさんが入手されたいのなら、幾らで落札できるか判りませんがどうぞ入札されて下さい。歌詞だけお知りになられたいのなら、私が落札(出来るかどうか判りませんが)してお伝えしても宜しいのですが如何致しましょうか?


http://www.bidders.co.jp/item/22084499



親こあらさんへ
Tonchan
いろいろ調べて頂いてご報告頂き、どうもありがとうございました。三十年前のレコードが手に入るサイトがあるんですね!感動しました。
実は私はブログに投稿するのも初めてでオークションも未経験なのです。先ほどこのオークションにアクセスしました。このレコードの在庫は複数あるような感じでしたが・・・
定価以下で手に入るものなのでしょうか?
入札してみようと思います。もし、親こあらさんのお手に入りましたら、ぜひ歌詞をお教えいただければ幸甚です。曲間の亡母を偲んだナレーシヨンが印象に残っているのです)


Tonchanさんへ
親こあら
Tonchanさん!今晩は!!

>いろいろ調べて頂いてご報告頂き、どうもありがとうございました。三十年前のレコードが手に入るサイトがあるんですね!感動しました。

いえいえ^^私も気になって調べていたのでお気になされないで下さい。やまなひとふみ様のサイトをご覧頂くと私の質問に答えて下さっています。今の所音源は廃盤になっているようですので、中古レコードを探すしかないようです。

>実は私はブログに投稿するのも初めてでオークションも未経験なのです。先ほどこのオークションにアクセスしました。このレコードの在庫は複数あるような感じでしたが・・・

私が見た限りでは多分一点物でこれしかないと思われます。YAHOOではすいかずら様の『花火』と言うシングルが出されていますが、数としては少ないのではないでしょうかね。

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m17530761

>定価以下で手に入るものなのでしょうか?
入札してみようと思います。もし、親こあらさんのお手に入りましたら、ぜひ歌詞をお教えいただければ幸甚です。曲間の亡母を偲んだナレーシヨンが印象に残っているのです)

オークションですから、幾らで入手できるかどうかは私にも判りません。一点もののようですから、他に入手者がおられなければ、150円で落札できると思われます。ただ、送料がこれに加わりますので幾らになるのか私にも判りません。

Tonchanさんが入札されるのであれば私は他を探してみますので、試しに入札されては如何でしょうか?


親こあらさんへ
Tonchan
ご親切・ご厚意本当にありがとうございます。
入札手続きをとらせていただきます。
また結果をご報告いたします。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。