温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CANJA1HM.jpg

上の画像は、昨日鯛焼きを買いに行ったお店です。後に続く文章に関係はありませんが、昨日、紹介し忘れていたので、取り合えず紹介させて頂きました。


さて、天候もおかしいし、こんなご時世ですので、あらゆる意味で太陽が輝く事を期待して、今日のラストは高橋ひろ さんの『太陽がまた輝くとき』で締めたいと思います。  

手紙が届いたら封を切らずにそっとしまっておいて♪

taiyougamata1.jpg


この楽曲は、1994(平成6)年6月17日に発売された高橋ひろ さんの4枚目のシングルに収録された楽曲で、作詞、作曲が高橋ひろさんによる作品です。このシングルのカップリング曲は『ランチタイム グッドバイ 』と言う楽曲でこちらは作詞が小倉めぐみさん・高橋ひろ さん、 作曲が高橋ひろ さんによる作品です。


普通、手紙を書くと言うのは、何かを伝えがたい為に書くと思うのですが、上に引用させて頂いた歌詞からすると封も切らずしまっておいて欲しいと歌われています。時が経てば今の僕の気持ちが君に判る筈と歌われているのですが、それなら、手紙を書く必要はないと思うのですが、判らない時の為の保険のつもりだったのでしょうかね。


マーキュロ塗った後のしみる感じそんな懐かしさに♪

taiyougamata2.jpg


この楽曲はアニメ「幽遊白書」の第4期エンディングテーマとして作られ、このシングルはシングル・チャ-トで最高で9位を獲得され、このシングルは29.8万枚を売り上げたようです。アニメのエンディングテーマと言う事もあったのかも知れませんが、そうでなくても良い楽曲ですので、関係なく売れたのかも知れませんね。


歌詞にある『マキューロ』とは『マーキュロクロム液』の事を指すのでしょう。これは「赤いヨードチンキ」の意味から通称の赤チンと呼ばれています。赤チンは子供の頃、怪我をしたら良くお世話になっていましたが、ある時期から使われなくなりました。あのしみる感じは何とも言えないものでした。

外は雨がまだやまずに濡れてる人々と街がそれでも♪

taiyougamata3.jpg


この楽曲を歌われた高橋ひろ さんは、第三期チューリップのメンバーのお一人で、チューリップ解散後、最初に活動されていたバンド「POPSICLE」を再結成、その後ソロデビューされたようですが、2005(平成17)年11月4日に、後腹膜腫瘍による多臓器不全で41歳と言う若さで他界されているようです。


歌詞の内容は、別れた彼女に向け、自分の気持ちを伝えたい男性の心情を歌われたもののような気がします。歌詞からすると彼女から別れを告げたのでしょうね。男性側は別れた後も迷いが隠せないようです。上に引用させて頂いた歌詞にある雨は自身の気持ちを比喩されたのでしょうかね。高橋ひろさんの『太陽がまた輝くとき』はこちらから聴く事が出来ます。  


微笑みの爆弾微笑みの爆弾
(2005/06/01)
高橋ひろ 馬渡松子馬渡松子

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/08/03 20:34】 | 高橋ひろ
トラックバック(0) |

No title
うる3世
こんにちは^^

高橋ひろさん、若くしてなくなられてますね。

チューリップ時代の「さよならメロディ」が、たしか ひろさんの作品だったと記憶してます。(すいません、調べてません)

亡くなられても作品や歌声は残っている・・・
なんか、不思議といいますか。ちょい寂しい気もしますね。


Re: No title
oyakoala
うる3世さんどうもです。

> こんにちは^^
>
> 高橋ひろさん、若くしてなくなられてますね。
>
> チューリップ時代の「さよならメロディ」が、たしか ひろさんの作品だったと記憶してます。(すいません、調べてません)

調べてみましたが、仰せになられる通りのようです。
ただ、そちらはご本名でしたが・・・
>
> 亡くなられても作品や歌声は残っている・・・
> なんか、不思議といいますか。ちょい寂しい気もしますね。

でも、歌として残ると言うのは素晴らしいような気がします。
私の場合は何も残りませんからね。・・・



コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。