温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はお天気が良いものの、気温的には過ごし易い一日でした。さて、今日は1954(昭和29)年、日本中央競馬会(JRA)が農林省(現在の農林水産省)の監督の下で発足した。競馬の日,日本中央競馬会発足記念日だそうで、それまでは、農林省蓄産部が運営する国営競馬だったそうです。
未だに競輪、競馬、競艇は未経験なのですが、お好きな方はお好きなのでしょうね。と言う事で今日はソルティー・シュガーの『走れコウタロー』を取り上げたいと思います。

hashirek320.jpg

ジャケットのイラストが良い味を出していますよね。あの針すなお先生の作品のようです。
注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。

 『これから始まる 大レース ひしめきあって いななくは♪

hk1

この楽曲は1970(昭和45)年7月5日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞作曲が池田謙吉さん補曲が前田伸夫さんによる作品です。このシングルのB面は『橋』と言う楽曲でこちらは作詞作曲が池田謙吉さんによる作品です。この楽曲を作られた池田謙吉さんは、この楽曲のレコード化が決まった時に急死されたようです。

この楽曲が発売された年、私は小学校2年生でした。あれから幾星霜過ぎた訳ですが、未だに競輪、競馬、競艇は未経験ですが、この楽曲を聴くとワクワクすると言うかそんな気分になるのはどうしてなのでしょうかね。未経験ですから、競馬の事情も判らないのですが、最近は若い女性も増え、雰囲気も変ったとは聞いた事があります。

上に引用させて頂いた歌詞には「大レース 」とあるので、特別なレ-スを指されていたのでしょうかね。良くテレビとかで何とか記念杯とか聞きますが、何が違うのかさえ判りません。現在と、当時とでは競馬場の雰囲気も随分違うのでしょうね。お洒落になっと聞いてもやはり公営ギャンブルはイメージが余り良くないですよね


ところが奇跡か 神がかりいならぶ名馬を ごぼう抜き♪

hk2.jpg

バンド名である『ソルティー・シュガー』は、池田謙吉さんの代わりに入られた佐藤敏夫さんの名前の読み(サトウとシオ)から作られたそうです。この楽曲の収録されたシングルはオリコンチャーで最高ト1位を獲得され、このシングルは68万枚を売り上げるヒットとなり第12回日本レコード大賞の新人賞を受賞されたようです。

上に引用させて頂いた歌詞に出てくる「ごぼう抜き」と言う表現も最近余り聞かないし使わないですよね。ごぼうは勿論、野菜のごぼうの事を指しますが、「ごぼう抜き」と言うのは語源由来辞典によると大きく分けて3つの意味があるようです。イメージからそう表現されたのでしょうか?現実に、ごぼうを収穫する時は「抜く」のではなく「掘る」そうです。


1996(平成8)年3月2日から1997(平成9)年7月12日までフジテレビ系列で放映された『みどりのマキバオー』のオ-プニングでは、この楽曲の替え歌が使われていました。オリジナルをご存知ない世代からすれば、替え歌である『走れマキバオー』の方をオリジナルと思われて居る方も多いかも知れません。 台詞が加えられているのですが上手く作られていますよね。


 『走れ走れ(走れ)コウタロー本命穴馬かきわけて走れ走れ♪

hk3.jpg

この楽曲は、当初は実在する馬への応援歌として作られていたのですが、バンドのメンバーである山本厚太郎さんが練習に遅刻してばかりいるので、作詞者の池田さんが馬の名前の箇所を「コウタロー」におきかえてこのタイトルとなったそうです。因みに、この楽曲が発売される前に「コウタロー」と言う名前の競走馬も実在したようです。

上に引用させて頂いた歌詞に『穴馬』と言う言葉がありますが。これは『競馬で、番狂わせで勝ちをおさめそうな馬。ダークホース』の事を指します。『穴馬』は『あなうま』と読むのですが、嘗て、福井県大野郡にあった村の名前に『穴馬』と書いて『あなま』と読む地名があったそうで、ここには白馬伝説があったそうです。

この楽曲の途中に「エー このたびー 公営ギャンブルを、どのように廃止するかという』と言う台詞が入るのですがこれは当時の美濃部都知事の物真似です。美濃部都知事は知事就任後に公約実行という形で、東京都はそれまで行っていた競輪・競馬・競艇・オートレースの全ての事業から撤退されたようです。

嘗て、地方自治体の収入源のひとつであった公営ギャンブルも、バブル崩壊以降から、かなり厳しい状態になっているようです。存続か廃止かと言うのは賛否両論分かれる所ではありますが、これからの時代を考えても存続は難しいように思います。ソルティー・シュガーの『走れコウタロー 』はこちらから聴く事が出来ます。


ソルティ・シュガー茶歌集<走れコウタロー>ソルティ・シュガー茶歌集<走れコウタロー>
(2005/11/18)
ソルティー・シュガー

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/09/16 19:53】 | ソルティー・シュガー
トラックバック(0) |


しのちゃん
またまたどうもで~す(^O^)。
あぁ。
なるほど。
どおりで聴いたことが
あるかと思ったら。
アニメで使われていたんですね(^-^)。
私も競馬とか
ギャンブルの類は
好きではないです。
行ったことがないですけど(^-^;)。
はるみさんが来られるとなれば
行きますけど。
ふだんは全く
縁のない場所ですね。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> またまたどうもで~す(^O^)。
> あぁ。
> なるほど。
> どおりで聴いたことが
> あるかと思ったら。
> アニメで使われていたんですね(^-^)。

お若い方はそちらの方がご存知かも知れませんね。

> 私も競馬とか
> ギャンブルの類は
> 好きではないです。
> 行ったことがないですけど(^-^;)。
> はるみさんが来られるとなれば
> 行きますけど。
> ふだんは全く
> 縁のない場所ですね。

私も行った事はないですが、よくイベントとかあるみたいですね。
多分、そう言うのは無料ですから、近くであると良いですね。



No title
うる3世
競馬の日ですか。

小生もレースでのギャンブルは、まったくしません。

ほんまに、味わいのあるジャケですね。
針すなお先生ですか。 ええわ~~

Re: No title
oyakoala
うる3世さんどうもです。

> 競馬の日ですか。
>
> 小生もレースでのギャンブルは、まったくしません。
>
> ほんまに、味わいのあるジャケですね。
> 針すなお先生ですか。 ええわ~~

イラストのジャケットと言うのも時代が現れていて良いですよね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。