温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kinmokusei.jpg

上の画像は、近所の御宅の金木犀です。我が家にも嘗て金木犀あったのですが、場所が悪かったのか枯れてしまいました。さて、今日は清水国明さんのお誕生日ですので、あのねのね プラス1(河島英五
の『青春旅情』を取り上げたいと思います。

汽車に揺られて一日の幾らかを過ごす毎日が続いています♪

seisyunryojyou1.jpg


この楽曲は1975(昭和50)年8月10日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞、作曲が河島英五さんによる作品です。このシングルのB面は『泣かないで 』と言う楽曲でこちらは作詞が清水国明さん、作曲が原田 伸郎さんによる作品です。この楽曲は後に河島英五さんも セルフカバーされていますが、あのねのねバ-ジョンは最初に台詞が入っています。


上に引用させて頂いた歌詞には『汽車』と言う言葉が出てきます。現在でもイベント的に走る事はありますが、実用的になくなりかけていた時代だったように思います。蒸気機関車はなくても地方ではディーゼル機関車と呼ばれる列車は健全な時代で、私も高校の時はディーゼル機関車で通学していました。時代背景から考えるとまだまだのんびりした時代でしたよね。


北から南へ東へ西へあちこちの街の人と人との心と心を♪

seisyunryojyou2.jpg

あのねのねは結成当初は4人で、メジャーデビューされる前は笑福亭鶴瓶さんとその後鶴瓶の妻になる女性が居られたと言うのは割りと有名な話ですが、河島英五さんがあのねのねのバックバンドのメンバーだった言うのは初めて知りました。河島英五さんのファーストアルバム『人類』が発売されたのが1975(昭和50)年6月ですから、この楽曲が出た時はソロ活動をされていたのでしょうね


この楽曲が発売された年、この楽曲を作られた河島英五さんは23歳だったようです。国内を旅行するのに制限はありませんでしたが、交通も便利では無かったでしょうから、旅をするのも簡単ではなかったように思います。それでも現在のように人間関係が希薄ではなかったでしょうから、上の引用させて頂いた歌詞にあるように見知らぬ街でも心の触れ合いが多かったのかも知れませんね。


雨の日も風の日も揺れる汽車の中で思い出と見知らぬ夢♪

seisyunryojyou3.jpg

私が大学生の頃でも、旅行好きの方は周りに居られて貧乏旅をされていました。旅と言うのは憧れではありましたが、私自身はバイトやクラブ活動に感けて自らの足で旅に出る事もしませんでした。確かに多忙な日々を送っていたのは間違いなかったと思うのですが、今、考えると時間を自由に使えた時期は無かったと思いますので、もっと色々な所へ行っておけば良かったと思う今日この頃です。

上に引用させて頂いた歌詞もそうですが、一人旅のイメージですよね。あのねのねはお二人だし、河島さんのイメ-ジが強いし、あのねのねのお二人の声質に合わないような気がします。あのねのねと言うとどうしてもコミック路線の歌がイメージとしてあるから尚更ギャップをかんじるのでしょうか? あのねのね プラス1(河島英五)の『青春旅情 』はこちらから、河島英五さんのはそちらから聴く事が出来ます。


あのねのね 名選集あのねのね 名選集
(2009/03/25)
あのねのね

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/10/16 20:31】 | あのねのね
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
(ノ゜O゜)ノしましたぁ。
こういうつながりが
あったとは…。
って初めて知りました。
って当たり前ですね(^-^;)
今でいう
コラボみたいなカンジで
解釈しても良いのかなぁと…。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> (ノ゜O゜)ノしましたぁ。
> こういうつながりが
> あったとは…。
> って初めて知りました。
> って当たり前ですね(^-^;)
> 今でいう
> コラボみたいなカンジで
> 解釈しても良いのかなぁと…。

本当に意外な繋がりですよね。ビックリです。


コメントを閉じる▲
今日は タレントで歌手の原田伸郎 さんのお誕生日だそうですので、あのねのねの『ネコ、ニャンニャンニャン 』を取り上げたいと思います。


nekonya322.jpg



こんな地球にゃ住み飽きたとネコが言い出せば宇宙へ飛び出そうと犬が吠える ♪

nokonyan1.jpg


この楽曲は、1979(昭和54)年2月25日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が犀泪弾さん、作曲が鹿王院嵐山さんによる作品です。このシングルのB面は『ヤンヤンロック』と言う楽曲でこちらは作詞、作曲があのねのねによる作品です。作詞作曲をされた方の名前を検索してもこの楽曲しか出て来ないのであのねのねのお二人が作られたのかも知れません。

猫や犬の言葉は判りませんので、上に引用させて頂いた歌詞にあるような会話をしていたのかどうかまでは判りませんが、天変地異が起こる前は動物はそれを察知して居なくなると言う話は良く聞きますので、宇宙に飛び出そうとしていると言う事は地球自体が危機に瀕している状態を想定されたのかも知れません。そうだとすればこの楽曲は単なるコミックソングではないですよね。


暗い夜空もこの目があるとネコが言い出せば宇宙怪獣平気と犬が吠える ♪

nokonyan2.jpg

時代背景を考えると、この楽曲が発売された前年の1978(昭和53)年映画 『未知との遭遇』、 『スター・ウォーズ』(エピソード4)が日本公開 され、アニメでは 『銀河鉄道999』、 『宇宙戦艦ヤマト2』が放映開始され、歌謡曲ではピンク・レディーの『 UFO』が発売された年でもあったようです。別に宇宙ブームまでは行かなくても、そんな流行の中でこの楽曲を思い付かれたのでしょうかね。

宇宙開発が進むに連れ、宇宙で動物実験も行われるようにはなりましたが、犬とか猫の哺乳類はまだ無かったように思います。確かに宇宙は暗いから猫の目は充分機能しそうですが、現実はどうなのでしょうかね。人間でも宇宙に行くには訓練が必要な訳ですが、仮に犬なり猫を宇宙に連れて行ったらどんな影響がでるのでしょうか?食事とか摂るのが大変なような気がします


みんな準備はいいか合言葉は!!合言葉は!!合言葉は!!ネコ、ニャンニャンニャン ♪

nokonyan3.jpg

この楽曲は、1994(平成6)年10月21日に嘉門達夫&原田伸郎バ-ジョンとしてシングルで発売され、間奏部分に「赤とんぼの唄/魚屋のオッサンの歌」が挿入されていたようです。以前からこの楽曲は存じていたのですが、実はサビ?の部分にある『ネコ、ニャンニャンニャン 犬ワンワンワンかえるもあひるも♪』の部分しか記憶にありませんでした。歌詞を読むとこんな歌だったのですね。

この楽曲には様々な動物が登場します。ネコ、イヌ、カエル、アヒル、サル、ヘビ。。ここまでは良いのですが最後が何故か『ジャイアント馬場もアップップ』で終わっています。コミックソングだと言っても失礼ですよね。歌に人名を入れる場合はやはり、許可とか必要なのでしょうね。馬場さんはどう思われたでしょう。あのねのねの『ネコ、ニャンニャンニャン』はこちらから聴く事が出来ます。 


あのねのねのヤンニャン豪華な大全集(DVD付)あのねのねのヤンニャン豪華な大全集(DVD付)
(2005/06/22)
あのねのね

商品詳細を見る



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/10/01 19:21】 | あのねのね
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
この曲知ってますよぉ。
聴いたことがあります。
でも一見軽いノリの
曲に見えても
中身は深いんですね(^-^)
改めて思いました。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> この曲知ってますよぉ。
> 聴いたことがあります。
> でも一見軽いノリの
> 曲に見えても
> 中身は深いんですね(^-^)
> 改めて思いました。

私も今回取り上げて初めて知りました。
意外でした。^^



きぐうなのかなぁ
あさがお
さっき、くにあきさんがテレビにでていました。
ガンを克服して、がんばっているそうです。
たしか、むかしの奥さんも、がんでなくなられたようでしたが・・。

Re: きぐうなのかなぁ
oyakoala
あさがおさん今晩は!

> さっき、くにあきさんがテレビにでていました。
> ガンを克服して、がんばっているそうです。
> たしか、むかしの奥さんも、がんでなくなられたようでしたが・・。

最初の奥様そうでした。原田さんの誕生日で記事を書いたので奇遇なのか
どうなのかは不明です。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。