温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1022ks.jpg

上の画像は、今日の昼間の空です。雲の形とかが、秋らしくなって来ました。さて、ニュースを見ているとこんな記事がありました。

<定額給付金>担当室長が430万円着服 千葉・流山

記事によると『商品先物取引でできた借金の返済に充てたほか、競馬とパチスロに使ったという。「競馬でもうけて金を増やし、借金を返したかった」と話しているという』と書かれていました。借金の理由が理由だし、返済しようと思った方法も方法ですよね。市役所に勤めていたら、それなりの収入があった筈ですが、人生の選択を間違っていますよね。借金が幾らか判りませんが、430万程度なら他の手段もあったと思うのですが・・・

さて、今日は伊藤薫さんのお誕生日ですので『勇気を出して 』を取り上げたいと思います。

誰かがあなたを見つめている必ずきっと待っている♪』

yukiodashite1.jpg


この楽曲は、1993(平成5)年 1月17日から同年12月19日までの全40話フジテレビ系列「世界名作劇場」枠で放映されたテレビアニメ『若草物語 ナンとジョー先生』の挿入歌のひとつとして使われた作品で、作詞、作曲が伊藤薫 さんによる作品です。この楽曲は1993(平成5)年6月21日に発売された『世界名作劇場 主題歌・挿入歌大全集 第3集』 にも収録されていたようです。

世の中に不必要な人間はいない筈なのですが世の中にそうは思わない方が多々、多いようで特にネットでは酷い中傷を散見する事があります。上に引用させて頂いた歌詞にもあるように、広い世の中その方にあった環境が何処かにあると思うのですが、存在すら否定するような発言をされる方が居られるのも事実です。そう言われる方が不必要なのでは無いかと思う事があります。

まわれクルクルクルクルまわれ人生は回転木馬♪

yukiodashite2.jpg

この楽曲が挿入歌に使われたテレビアニメ『若草物語 ナンとジョー先生』はルイーザ・メイ・オルコットさんの『第三若草物語』(Little Men)が原作で、これ以外にもアニメや漫画映画にもなった有名な作品です。それだけ原作が素晴らしいと言う事なのでしょうね。曲も勿論、素晴らしいですが、歌詞も素敵です。 伊藤薫さんの作られる楽曲は名曲ぞろいだと思います。


上に引用させて頂いた歌詞に『人生は回転木馬』と言うフレーズがありますが、オー・ヘンリーさんの短編にも同じタイトルの作品がありますから、その辺を意識されたのでしょうか?クルクル回る回転木馬と同じで、人生もひょっとしたら同じ所を回っているだけでは無いかと思う事があります。それならば、学習しないといけない筈ですが、同じ過ちを人類は繰り返しているのかも知れません。

Sun rise Sun set 時はめぐりそして明日の予感♪


yukiodashite3.jpg

この楽曲もそうなのですが、アニメの主題歌、挿入歌には、意外に名曲が多いような気がします。特に『世界名作劇場』だから、そうなのかも知れませんが、侮れないですよね。それぞれが、アニメを別にしてもメッセージを持っているように思います。こんな世の中だからこそ、アニメやそれらの主題歌や挿入歌から学ぶ事は大切なような気がします。


上に引用させて頂いた歌詞には『明日の予感』と言うフレーズがあります。明日は明るい日と書く訳ですが、中々そうは思い難い時代になりました。不透明な世の中だから、疑心暗鬼になったりもしますが、自信を喪失しがちな世の中だからこそ『勇気を出して 』いかないといけないですよね 伊藤薫 さんの『勇気を出して 』はこちらから聞く事が出来ます。

日本アニメーション 世界名作劇場 主題歌・挿入歌大全集 第3集日本アニメーション 世界名作劇場 主題歌・挿入歌大全集 第3集
(2004/03/17)
テレビ主題歌伊東恵里

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/10/22 19:43】 | 伊藤薫
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
このニュースは
“身から出た錆び”だと
思いました。
ってそれに
一般企業に比べれば
…。
う~ん。
気分変えます。
アニメ見てましたぁ☆
懐かしいですぅ(*^o^*)
そうなんですよね。
おっしゃる通りで
中傷も酷くなると
その人自体を否定する
カキコミがあるんですよね。
って言い換えれば
見知らぬ他人に
そこまで言われる
覚えないわ!
ってなもんですよ。
特に芸能人への
カキコミが…。
でも『名作劇場』も
こんなメッセージ性が
あったことを
初めて知りました。
今の時代だからこそ
『名作劇場』を
復活するべきだと
思います。
番組を観ながら
物事を考えるって
なくなりましたよね。
って考えさせないように
しているんだと思うんですけどね。
こういうアニメから
教訓を得ることが
多いから
また始まってもらいたいなぁと
思います(^-^)

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> このニュースは
> “身から出た錆び”だと
> 思いました。
> ってそれに
> 一般企業に比べれば
> …。

ちょっと考えてしまいますよね。・・
感覚が違うのかも知れません。・・・

> う~ん。
> 気分変えます。
> アニメ見てましたぁ☆
> 懐かしいですぅ(*^o^*)
> そうなんですよね。
> おっしゃる通りで
> 中傷も酷くなると
> その人自体を否定する
> カキコミがあるんですよね。
> って言い換えれば
> 見知らぬ他人に
> そこまで言われる
> 覚えないわ!
> ってなもんですよ。
> 特に芸能人への
> カキコミが…。
> でも『名作劇場』も
> こんなメッセージ性が
> あったことを
> 初めて知りました。
> 今の時代だからこそ
> 『名作劇場』を
> 復活するべきだと
> 思います。
> 番組を観ながら
> 物事を考えるって
> なくなりましたよね。
> って考えさせないように
> しているんだと思うんですけどね。
> こういうアニメから
> 教訓を得ることが
> 多いから
> また始まってもらいたいなぁと
> 思います(^-^)

しのちゃん三世代はこの番組をよくご覧になられたでしょうね。・・
今のじだいだからこそ必要な番組に思えます。・・・


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。