温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

auj.jpg

上の画像は先日、発表がありましたオータムジャンボのクジ券です。1枚だけ買ったのですが、大はずれと言うか5等が2番違い、6等が1番違いでした。昔から、くじ運ないですから仕方がないですね。さて、今日は細坪基佳さんのお誕生日ですので『風の轍』を取り上げたいと思います。
 
華やかな人の波 鮮やかなショーウィンドゥ♪ 

kazenowadachi1.jpg

この楽曲は、ふきのとうで活動中の1979(昭和54)年 10月21日に発売されたソロ・アルバム『木精』に収録された楽曲で、作詞、作曲が細坪基佳さんによる作品です。ふきのとうが解散されたのが1992(平成4)年ですが色々なフォークグループが居られた中で、グループで活動されている最中のソロデビューと言うのは珍しいような気がします。

上に引用させて頂いた歌詞からすると、楽曲の舞台は都会なのでしょうね。最近は都会には縁がなかったりする訳ですが、街の様子も随分、様変わりしたでしょうね。ウィンドウショッピングなんて言う言葉もありますが、最近はどうなのでしょうか?作り物とは言え、ショーウィンドゥのディスプレイ を見るだけでも、季節は感じれました。


黙り込む前に海を見に行こう日付のない夜と朝を抜け出して♪

kazenowadachi2.jpg


アルバムのタイトルである『木精』を辞書で引くと1 木の精。木霊(こだま)。2 メチルアルコールのこと。木材の乾留から得られるのでいう 等の意味がありますが、この場合は1の意味で使われているのでしょうね。楽曲のタイトル『風の轍』は『かぜのわだち』と読みます。ワダチとは、車が通ったあとに残る輪の跡。の意味ですが風にワダチは無いですよね。

私の勝手な推測ですが、都会の生活に疲れた楽曲の主人公が、望郷の思いを歌ったものなのでしょうかね。上に引用させて頂いた歌詞には『海を見に行こう』と言うフレーズがありますが、近くにある海を見ることで、故里の海を思い出されていたのでしょうかね?『日付のない夜と朝』と言うのは、都会の生活を指しているようなそんな気がします


もう一度あの海を見に行こう アスファルトを蹴って僕は風になる♪ 

kazenowadachi3a.jpg

一人暮らしを経験された事がある方ならお判りになると思うのですが、憧れていた都会へ出てきて一人暮らしを始め、友達もでき、普段の生活にも慣れたけど、そこで感じる喪失感と呼べば良いのでしょうか?そんなものを感じる瞬間があると思います。そんな時、故郷の海がひどく懐かしく感じたりするものです。そんな気持ちを歌にされているような気がします。


上に引用させて頂いた歌詞には『あの海』と表現されていますが、こちらは故里の海を指されているのでしょうかね。実際問題、人間が移動するには何らかの交通手段が必要な訳ですが、楽曲の主人公はアスファルトを蹴って風になりたいほど切羽詰まっていたのかも知れません。細坪基佳さんの『風の轍』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。

木精



追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/10/26 18:56】 | 細坪基佳
トラックバック(0) |


しのちゃん
またまたどうもで~す(^O^)
私もクジ運ないですねぇ。
ってこの間の
京橋花月で
運を使い果たしたのかもです(^-^;)
後、登録している
某サイトで初めて
当たった
マックカード500円
ぐらいです。
金銭絡みは
全くないです。
でも当たっている人には
当たっているんですよね。
だけどあまりにも
当たりすぎると
逆に恐いような
気がしますm(__)m
反動が…。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃん さんどうもです。

> またまたどうもで~す(^O^)
> 私もクジ運ないですねぇ。
> ってこの間の
> 京橋花月で
> 運を使い果たしたのかもです(^-^;)
> 後、登録している
> 某サイトで初めて
> 当たった
> マックカード500円
> ぐらいです。
> 金銭絡みは
> 全くないです。
> でも当たっている人には
> 当たっているんですよね。
> だけどあまりにも
> 当たりすぎると
> 逆に恐いような
> 気がしますm(__)m
> 反動が…。

確かに反動は恐いですよね。でも、1等があたれば
後はいいかなとも思わないでもないです。




はるのひ
こんばんは~。
今日は細坪さんでしたね。^^
このアルバムは大好きで、中でもこの曲は一番好きなくらいでした。
たしかに舞台は都会のようなかんじですね。
ただ細坪さんの故郷はそんなに海が近いということもなかったと思うので(しいていえば留萌辺り?)、想像の世界なのかな…という風にとらえておりました。
歌詞も抽象的な内容だったように思います。。


No title
うる3世
こんにちは^^

ここで、書いても届かないと思いますが

「坪さん、誕生日おめでとうございます。」

歌詞を眺めてもメロディが浮かんできません^^;;

帰宅して、アルバムを聴きますわ。

Re: タイトルなし
oyakoala
はるのひさん今晩は!

> こんばんは~。
> 今日は細坪さんでしたね。^^
> このアルバムは大好きで、中でもこの曲は一番好きなくらいでした。
> たしかに舞台は都会のようなかんじですね。
> ただ細坪さんの故郷はそんなに海が近いということもなかったと思うので(しいていえば辺り?)、想像の世界なのかな…という風にとらえておりました。


留萌は海が近いみたいですね。中学は結構山の中なのですね。

> 歌詞も抽象的な内容だったように思います。。

確かに具体的な描写はないですね。

Re: No title
oyakoala
うる3世さんどうもです。

> こんにちは^^
>
> ここで、書いても届かないと思いますが
>
> 「坪さん、誕生日おめでとうございます。」
>
> 歌詞を眺めてもメロディが浮かんできません^^;;
>
> 帰宅して、アルバムを聴きますわ。

多分、ご覧になられていないでしょうね。・・

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。