温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

syukujitu.jpg

今日は天気も良いのですが、今朝方まで雨が降って居た為か、冷え込んでいます。それにしても、毎日のように殺人事件とか残念な事件が絶えないですよね。・・千葉にしても島根にしても未だに犯人像すら判らないのでしょうか。・・・それにしても、簡単に人殺しが行われる恐ろしい時代になったものですよね。・・・さて、今日は小室等さんのお誕生日ですので、『いま 生きているということ』を取り上げたいと思います。


生きているということ いま 生きているということそれは喉が渇くこと♪

imaikiruto1.jpg

この楽曲は1976(昭和51)年9月25日に発売されたアルバム『 いま 生きているということ』に収録された楽曲で作詞が谷川俊太郎さん、作曲が小室等さんによる作品です。アルバム自体が谷川俊太郎さんとのコラボレーションでこのアルバムが第1弾で、後に『父の歌』、『プロテストソング』と合計3枚のアルバムを出されていたようです。

楽曲のタイトル通り『生きている』とは、どう言う事かを歌われています。上に引用させて頂いた歌詞にある、『喉が渇く』事もそうですよね。生きると言う事は簡単そうで難しい事であります。生きているのに、その価値を見出せない方も居られれば、人や動物の命を軽んじて居る方も多いですよね。益々、厳しい時代になったように思います。


泣けるということ 笑えるということ 怒れるということ 自由と言うこと♪

imaikiruto2.jpg

楽曲のタイトルは『いま 生きているということ』となっていますが、元々の詩のタイトルは『 生きる』と言うタイトルで『はるかな国からやってきた』と言う詩集に載せられていた詩のようです。それに小室等さんが曲を付けられ歌われたようです。私は存じませんでしたが、小学校で習う所もあるようです。小学生はどんな感性で受け止めたのでしょうか。

上に引用させて頂いた歌詞には人間の喜怒哀楽を表現されています。泣く、怒ると言う感情は余り良いものではないですが、それが出来ると言うのも生きているからです。死んでしまうと言うことが自分の身にとってどんな事かは判りませんが、肉体が死んでしまったらそんな行為すらやはり、出来ないと言うことなのでしょうね。。。


人は愛するということ あなたの手のぬくみ いのちということ♪

imaikiruto3.jpg

2008(平成20)年の自殺者数は3万2249人と11年連続で3万人を超えているそうです。毎年、人口3万人の街が無くなって居ると考えれば恐ろしい事ですよね。世の中色々ありますが、本当に生き辛い世の中になりました。生きたくても生きれない方も居れば、生きるのが辛い方も沢山居られます。。そんな国が先進国なのでしょうか・・・

上に引用させて頂いた歌詞には『人は愛するということ』と言う言葉があります。愛と一口に言ってもその形は様々ですが、愛が足りない世の中になりましたよね。それは甘いとかそんな事では無いと思うのです。厳しさにも愛がなければ、それは単なる苛めでしからないかも知れません。小室等さんの『いま 生きているということ』はこちらから聴けます。


いま 生きているということいま 生きているということ
(1990/11/21)
小室等

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/11/23 17:11】 | 小室等
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
この曲、わからない
ですけど
何だかわかります。
おっしゃる通りですよ。
愛がなかったら
苛めしかないですよね。
って今日の私は
感情の起伏が
激しかったです。
疲れましたm(__)m

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> この曲、わからない
> ですけど
> 何だかわかります。
> おっしゃる通りですよ。
> 愛がなかったら
> 苛めしかないですよね。
> って今日の私は
> 感情の起伏が
> 激しかったです。
> 疲れましたm(__)m

お疲れ様です。ゆっくり、お休み下さい。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。