温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

taiyaki1.jpg

上の画像は、先日、食べたお好み焼味の鯛焼きです。アイデアとしては面白いのですが、生地が鯛焼きの生地だったので正直美味しくなかったです。

tako.jpg

そんな訳で、今日買ったのはたこ焼ですが、こちらはそこそこいけました。さて、今日は子門真人さんのお誕生日ですので『およげ!たいやきくん』を取り上げたいと思います。今年初めて取り上げる音楽なのですが、これもどうしようかと思案中です。記事だけは明日の分も書いてはいるのですが、気分的に乗らないと言うか・・ブログ自体も考え直さないとマンネリになりつつあるような気がしてならないのですよね。・・・
 
毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ♪

oyogetaiyakikun1.jpg

この楽曲は、1975(昭和50)年12月25日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が高田ひろおさん、作曲が佐瀬寿一さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は「いっぽんでもニンジン」と言う楽曲で作詞が前田利博さん、作曲が佐瀬寿一さんによる作品です。因みに「いっぽんでもニンジン」は、子門真人さんではなくなぎら健壱さんが歌われていました。


同じ鯛焼きが繰り返し焼かれて居る訳ではないので、上に引用させて頂いた歌詞はおかしいのですが、この楽曲が子供だけでなく、大人にも受けたのはサラリ-マンの気持ちを代弁していたのではないかとも言われているようです。確かに会社勤めと言うのは焼かれる鯛焼きのように単調な生活だったのかも知れませんが、今考えるとそんな生活の方が幸せだったのかも知れません。


一日泳げば腹ペコさ目玉もクルクル廻っちゃう♪

oyogetaiyakikun2.jpg

この楽曲の収録されたシングルは450万枚以上を売り上げ、日本における歴代シングル売上1位を記録し、その記録は未だに破られていないそうです。このヒットで第9回全日本有線放送大賞特別賞、第5回FNS歌謡祭最優秀ヒット賞を受賞されたようです。この楽曲は個人的にも思い入れのある楽曲で、当時、中学一年生だった私が生れて初めて自分で購入したシングルでした。

楽曲の主人公は鯛焼きで、本物の鯛ではないので、上に引用させて頂いた歌詞にあるように腹ペコになる事も無ければ泳ぐ事も無い訳ですが、面白いですよね。続く歌詞には『たまには エビでも くわなけりゃ』と言う歌詞が続くのですが、本物の鯛は海老を食べるのであのような赤味を帯びているそうです。最近はピンク色の鯛焼きもあるので本物に近づいたのでしょうか?


おじさん唾を飲みこんで僕をうまそうに食べたのさ♪

oyogetaiyakikun3.jpg


普通、印税は売り上げに応じて支払われるのですが、このレコーの場合は買取契約だったようで子門真人さんが5万円、なぎら健壱さんが3万円だったようです。ただ、子門真人さんには後にヒット記念としてレコード会社から100万円とギターが1本贈られてたそうです。買取契約でなければ、お二人とも今頃は大金持ちだったのでしょうね。

上に引用させて頂いた歌詞からすると最後にたいやきくんは、釣り上げたおじさんに食べられて仕舞う訳ですが、仮にそんな事があったとしても、海水で原型を留めていないでしょうし、私が仮におじさんの立場なら、食べずに捨ててしまうのがオチのような気がします。子門真人さんの『およげ!たいやきくん』はこちらから聴く事が出来ます。 


およげ!たいやきくん(DVD付)およげ!たいやきくん(DVD付)
(2008/03/05)
子門真人なぎらけんいち

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2010/01/04 16:27】 | 子門真人
トラックバック(0) |

こんばんは^^の2
本家ひろぴょん
売れましたよねぇ、ジャケにあるたいやきのアニメの動きがいまでも頭に浮かびます。
最近は白いたいやきがブームなのかして、こちらではあちこちに店が出来ています。味もいろいろあるようですが、私は旧態依然として餡子が一杯入ったのが好みです。

マンネリ化ですか、私はそれは感じませんけどねぇ。
以前とはかなり変わってますし・・・

Re: こんばんは^^の2
oyakoala
本家ひろぴょんさんどうもです。

> 売れましたよねぇ、ジャケにあるたいやきのアニメの動きがいまでも頭に浮かびます。
> 最近は白いたいやきがブームなのかして、こちらではあちこちに店が出来ています。味もいろいろあるようですが、私は旧態依然として餡子が一杯入ったのが好みです。

以前は餡かクリ-ム位でしたが、本当に種類増えましたよね。

> マンネリ化ですか、私はそれは感じませんけどねぇ。
> 以前とはかなり変わってますし・・・

書いてる側が飽きて来たのかも知れません。・・


No title
カタバミ
私は実家にはこのレコードが二枚あります。全く同じものが。
ジャケットには「唄 子門真人」としか出てないですよね。
B面はなぎらけんいちが歌ってるって記事をきっかけに検索して知ったとあさ・がおさんのトコでも書いたんですが・・・
たいやきくんホントに人気でしたよね~
太田裕美の木綿のハンカチーフが13週連続2位だったくらいでしたからね。これも名曲でしたが。
私が自分のおこづかいで初めて買ったレコードは小学四年生のとき流行っていたビレッジ・ピープルのY・M・C・Aでした。
ポップスも好きだったもので・・・

Re: No title
oyakoala
カタバミさん今日は!

> 私は実家にはこのレコードが二枚あります。全く同じものが。
> ジャケットには「唄 子門真人」としか出てないですよね。
> B面はなぎらけんいちが歌ってるって記事をきっかけに検索して知ったとあさ・がおさんのトコでも書いたんですが・・・
> たいやきくんホントに人気でしたよね~

現物が手元にないのですが、確かそんな感じでしたよね。でも
どうしてなぎらさん名前が無かったのでしょうかね。・・

> 太田裕美の木綿のハンカチーフが13週連続2位だったくらいでしたからね。これも名曲でしたが。
> 私が自分のおこづかいで初めて買ったレコードは小学四年生のとき流行っていたビレッジ・ピープルのY・M・C・Aでした。
> ポップスも好きだったもので・・・

小学校4年で初めて買われたのですね。^^


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。