温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の2曲目、3曲目は今日がお誕生日の方の楽曲を取り上げさせて頂こうと思います。まずはお人目として美輪明宏さんの『ヨイトマケの唄』を取り上げさせて頂こうと思います。


今も聞こえる ヨイトマケの唄 今も聞こえる あの子守歌♪

ヨイトマケの唄1



この楽曲は美輪明宏さんがご本名の丸山明宏さん名で活動されていた 1965(昭和40)年7月に発売されたシングルに収録された楽曲です。この楽曲のB面は『ふるさとの空の下で』と言う楽曲で両面とも作詞、作曲が美輪明宏 さんによる作品です。(クレジットは本名の丸山明宏さんになっています)


この楽曲を歌われた美輪明宏さんは長崎市のご出身で、B面の『ふるさとの空の下で』は原爆の事をうたったものです。ご自身で作詞、作曲をされ歌われていた事から 『日本のシンガーソングライターの元祖』とも呼ばれ、その一方で妖艶な美しさから、近年ではヴィジュアル系の元祖「美輪様」とも呼ばれているそうです。


子供の頃に小学校でヨイトマケの子供 きたない子供と♪

ヨイトマケの唄2



ヨイトマケの唄』は1965(昭和40)年4月にNETテレビ(現・テレビ朝日)で放映された「木島則夫モーニングショー」と言う番組の中で初めて歌われた所、見られていた視聴者の方々からの反響が凄くレコード化されたようです。しかし、その後歌詞の中に『土方』と言う放送禁止用語があった為、放送禁止となったようです。


この楽曲のタイトルにもなっている『ヨイトマケ』とはかつて建設機械が普及していなかった時代に三角に組んだ丸太の真ん中に滑車をつけて そこに吊るされたおもりをみんなで引っ張って落とし 地ならしをする作業のことや、またその作業に従事する作業員の事を『ヨイトマケ』とを称して呼んだそうです。


父ちゃんのためなら エンヤコラ 母ちゃんのためなら エンヤコラ♪


ヨイトマケの唄3



歌の内容は子供や家族の為に、男性に混じって 『ヨイトマケ』の仕事をする母親の事を息子の立場で歌ったもののようです。この楽曲が流行った頃は私はまだ赤ん坊だったのですが、小学生の頃、今は亡き父親が鼻歌でこの歌を歌っていたのを思い出します。

この楽曲は沢山のア-ティストの方がカバーされているようです。試聴サイトがあるのは、大竹しのぶ さん、youtubeでは米良美一さん、フォーククルセイダーズ中村美律子さん、そしてオリジナルの美輪明宏 さんが歌われる『ヨイトマケの唄』はこちらそちらから聴く事が出来ます。迫力ですね。美輪明宏 さんお誕生日おめでとう御座います。



ヨイトマケの唄/いとしの銀巴里/人の気も知らないで ヨイトマケの唄/いとしの銀巴里/人の気も知らないで
美輪明宏 (2003/10/01)
キングレコード

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/05/15 20:42】 | 美輪明宏
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんこんばんは~(^-^)。
この曲よくラジオで聴きますよ~。
タイトル見た時には?と思ったんですけど…
でも美輪明宏さんが
元祖シンガーソングライターって初めて知りました~。
(ノ゜O゜)ノですぅ。
でも美輪さんってかなりミステリアスな人ですよね。


親こあら
しのぶさん今晩は!!

>この曲よくラジオで聴きますよ~。
タイトル見た時には?と思ったんですけど…

そうですね。ラジオで流れている事ありますよね。確かに『ヨイトマケ』と聞いても意味が判らないですよね。


>でも美輪明宏さんが
元祖シンガーソングライターって初めて知りました~。
(ノ゜O゜)ノですぅ。
でも美輪さんってかなりミステリアスな人ですよね

ビックリですよね。何しろ美輪さん派天草四郎の生まれ変わりらしいですから、ミステリアスです。^^


丸山あたりは、なかなか好きな場所
妖気妃
ああ!!綺麗な美輪さん!!美しいわ~~
この歌、泣けてきます。
佳祐さんもうたってるんですよ~~
美輪さん、5月生まれか。
彼の名が「丸山明宏」だったころ、母はタイムリーで彼の活躍を
当然ながら知っており、今でも美輪さんの話を持ちかけると
「ああ、あの丸山のね~」と自分の知り合いでもあるかのように
話すので、くやしいです。
って、そこで対抗意識燃やす私って、、、、、、


Re:丸山あたりは、なかなか好きな場所
親こあら
妖気妃さんどうもです。

>ああ!!綺麗な美輪さん!!美しいわ~~
この歌、泣けてきます。
佳祐さんもうたってるんですよ~~

本当にそうですよね。顔立ちから体型まで・・あっ!そうでしたそうでした桑田さんも歌われていましたよね。

>美輪さん、5月生まれか。
彼の名が「丸山明宏」だったころ、母はタイムリーで彼の活躍を
当然ながら知っており、今でも美輪さんの話を持ちかけると
「ああ、あの丸山のね~」と自分の知り合いでもあるかのように
話すので、くやしいです。
って、そこで対抗意識燃やす私って、、、、、、

女性も対抗意識を持つほどの美貌の持ち主と言う事なのでしょうね・・
あの妖艶さは何処から来るのでしょうかね・・・


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。