FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日も良い天気の一日でした。昨日ほどではないのですが、黄砂の影響か青空にはなりませんでした。 今日5月27日は1945(昭和20)年の終戦まで『海軍記念日』だったようです。海軍と聞いて思い出すのが、谷村新司さんの『群青』です。

空を染めて行く この雪が静かに海に積りて 波を凍らせる♪ 

群青1




この楽曲は1981(昭和56)年7月5日に発売された谷村新司さんの4枚目のソロ・シングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『愛』と言う楽曲で両面とも作詞・作曲が谷村新司さんによる作品です。この楽曲は1981(昭和56)8月8日に公開された、東宝製作の映画『連合艦隊』の主題歌でした。


この楽曲の収録されたシングルはシングルチャートで最高15位を獲得され、このシングルは19.9万枚を売り上げたようです。歌詞にある『冬薔薇』とは冬に咲いた薔薇の事で、これは特別な品種でなく、四季咲きの薔薇の冬に咲いたもので、『ふゆそうび』と読み冬の季語の一種で『寒薔薇 』とも言うそうです。


老いた足どりで 想いを巡らせ海に向いて 一人立たずめば♪ 

群青2



楽曲の内容は、歌詞に『我より先に逝く 不幸は許せど』とか『君を背おい歩いた日の』とか『待っていておくれ もうすぐ還るよ』言うフレーズから考えると戦地に赴いた兵士が内地に残された子供の事を心配した心情を歌ったものなのでしょうか?そうだとすれば、この楽曲の主人公は生きて帰れなかったのでしょうかね。

今から62年前の1945(昭和20)年8月15日に太平洋戦争は終結しました。多くの方たちが平和教育を受け育った筈なのですが、ここ数年の我が国は経済戦争とも言える戦争の結果毎日多くの方が命を落とし、多くの若者が将来へ希望が持てなくなり不安を強くする国になってしまいました。そんな世の中であるにも関わらず、現在国会では憲法を変えて自衛隊を軍隊にする動きがあります。


空を染めてゆく この雪が静かに海を眠らせて 貴方を眠らせる♪ 』

群青3



戦争の招いた結果は、戦争を経験しなくとも平和教育の中で学んで来た筈なのに形を変えてその過ちを犯そうとしているような気がしてなりません。前首相の言われた『痛みに耐えて』と言う言葉が戦時中言われたと習った『欲しがりません勝つまでは』と言う言葉にダブって来るように最近思い始めました。耐えて、耐えた結果が望んだ結果に繋がったのでしょうか?と問い質したいです。

問題を先送りにして目先だけの利益に囚われていたら、やがてそのツケは自分自身にかかって来ると言う事すら理解出来ていない方が多すぎるような気がしてなりません。やがて、この状況が終結する時が来るとすれば、そのツケや責任は誰が負うのでしょうか?現在言われる『自己責任』は個人に責任を転嫁しただけの単なる無責任としか思えないです。


谷村新司 さんの『群青』の試聴サイトはあるのですが、どれもイントロだけで終わっています。プレ王では歌ありではYoichan 様と言う方が現在の所コピーされています。



海を渡る蝶 海を渡る蝶
谷村新司 (2004/12/01)
ポリスター

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/05/27 19:06】 | 谷村新司
トラックバック(0) |

立場が逆です
マルクスの恋人
ちょっと解釈が違いますね。正しい漢字で書くと
「我より先に逝く不孝は赦せど」です。
親より先に死んだ息子に対し、親が嘆いているんです。

映画のラストシーンは、森繁久彌が古手川祐子(戦死した息子の嫁)と幼い子供を連れて浜辺にいるというものでした。

Re:立場が逆です
親こあら
マルクスの恋人さん初めまして?今晩は!!

>ちょっと解釈が違いますね。正しい漢字で書くと
「我より先に逝く不孝は赦せど」です。
親より先に死んだ息子に対し、親が嘆いているんです。
映画のラストシーンは、森繁久彌が古手川祐子(戦死した息子の嫁)と幼い子供を連れて浜辺にいるというものでした。

そう言う事なのですね。この映画自体観ていなかったものですから、兵士の立場での歌かと思っていました。お教え頂き有難う御座います。ちゃんと、映画の筋を歌詞に盛り込んでいる訳ですね。映画とかドラマの主題歌を取り上げる時はそれらを観ておかないといけないですよね。・・・



コメントを閉じる▲