温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も暑い一日でした。明日から三連休になる訳ですが、色々用事があって予定を色々考えたりしています。楽しい事であれば良いのですが、出来れば動きたくないのが本音だったりしますが、そう言う訳に行かないので、こなして行くしかないです。さて、今日は中西保志さんのお誕生日だそうですので、『千年前から見つめていた』を取り上げたいと思います。



触れ合えば暖かくて 与え合えば溢れてゆけそう♪


千年前から見つめていた1


この楽曲は、1993(平成5)年 9月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞が夏目純さん、作曲が富田素弘さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は『Illusion』と言う歌でこちらは作詞が松井五郎さん、作曲が大森俊之さんによる作品です。この楽曲は『最後の雨』同様カラオケでよく歌わせて頂いた歌でもあります。


上に引用させて頂いた歌詞を読むと、恋愛中のドキドキ感が伝わって来るような上手い表現を使われていますよね。恋愛と言うのは片思いであったとしても、気持ちが高揚するものですが、お互いの気持ちが通じて、与え合えばその気持ちもオーバーフローしてしまいそうな気持ちになると言うのは理解が出来るし、そうでないと駄目ですよね。


どうなるのか怯えるより どうしたいかそんなあなたの願い聞いてあげたい♪


千年前から見つめていた2


この楽曲は、元々、1993(平成5)年 7月21日に発売されたセカンドアルバム「Warmin’」に収録された楽曲で、このアルバムはオリコンチャート14位を記録されたようですから、シングルカットの要望があったのかも知れません。この楽曲は松竹映画「スペインからの手紙」主題歌に起用され、、住友建機PAXイメージ・ソング でもありました。


上に引用させて頂いた歌詞は前向きですよね。誰しも、未来は判りませんから、不安になる気持ちは理解出来ますが、『どうなりたいか?』と言う気持ちは大切なように思います。人間ですから可能性には限界があるでしょうが、好きになった相手が喜ぶような事をしてあげたいと言う気持ちは良く理解出来るような気がします。


もう僕は嵐になりたい 思いつめて乱れないで 千年前から見つめている♪

千年前から見つめていた3


現在が2008(平成20)年ですから、今から千年前と言えば、1008年と言う事になりますから、とんでもなく長い時間ですよね。現実的には千年も生きられ無い訳だし、千年も見つめ続けられたら怖いものがあるような気がします。でも、千年前から愛し続けていると言い換えるとロマンチックかも知れませんね。

楽曲は男性の視点のみなのですが、女性サイドからすれば千年前から見つめ続けられると言うのはどんなものなのでしょうかね?相手にもよりますよね。中西保志さんの『千年前から見つめていた』は、こちらの方で少しだけ試聴が出来ます。youtubeでは、そちらで歌われている動画を観る事が事が出来ます。




シングル・コレクション

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/07/18 21:04】 | 中西保志
トラックバック(0) |


ありんこbatan
これをカラオケで・・?
きいてみたいです~!
「どうしたいかそんなあなたの願い聞いてあげたい」
をはじめとして
相手を想う心がつまってる歌詞ですよね。。
千年前から見つめ続けられてた・・言葉上のことだとわかっていても
そんなにも自分のことを?
生まれ変わる前の時代も好きでいてくれたの?
って涙ぼとぼと。。
あくまでも
自分も好きな人じゃないと・・う~ん・・。。ですけど。。


親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>これをカラオケで・・?
きいてみたいです~!

この楽曲も現在では余り歌われている方少ないかも知れないですね。^^
>「どうしたいかそんなあなたの願い聞いてあげたい」
をはじめとして
相手を想う心がつまってる歌詞ですよね。。

そうですよね。想う気持ちが伝わって来る曲だと想います。

>千年前から見つめ続けられてた・・言葉上のことだとわかっていても
そんなにも自分のことを?
生まれ変わる前の時代も好きでいてくれたの?
って涙ぼとぼと。。
あくまでも
自分も好きな人じゃないと・・う~ん・・。。ですけど。。

確かにそうでしょうね。^^お気持ちは嬉しいのですが・・と言うことになるでしょうかね。^^


コメントを閉じる▲
昨日取り上げさせて頂いた森高千里さんの『』の記事の中でも書かせて頂いたのですが、今日のラストは中西保志さんの『最後の雨』で締めたいと思います。 


さよなら つぶやく君が 僕の傘 残して駆け出してゆく♪

最後の雨1



この楽曲は1992(平成4)年8月10日に発売された中西保志さんのセカンド・シングルに収録された楽曲です。この楽曲は作詞が夏目純さん、作曲が都志見隆さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は『君が微笑むなら』と言う楽曲でこちらは作詞、作曲が中西保志さんによる作品です。


この楽曲はシングル・チャートで最高16位を獲得され、73.7万枚を売り上げるヒットとなりました。この楽曲は1992(平成4)年3月から、1994(平成6)年3月まで日本テレビ系列で放映されたバラエティ番組『日立 あしたP-KAN気分!』のテーマソングでもあったようです

ほどいた髪をひろげ 僕の夜 包んだやさしい人さ♪

最後の雨2


昨日取り上げさせて頂いた森高千里さんの『』の記事の中でも書かせて頂いたのですが、この楽曲は雨の日の男女の別れを男性サイドから歌ったものです。女性サイドから切り出された別れ話のようですが、女性から別れを切り出す場合の多くはそれまでに気持ちが決まっている事が多いような気がします。


この楽曲の女性も別れる気持ちが決まっていて、それを切り出すタイミングを待っていたのかも知れませんね。でも、別れを告げて自分の傘を飛び出した女性に『泣けるほど 愛したりしない』とい言える勇気を持った男性がどれ位おられるでしょうか?なかなかここまでの台詞は切羽つまっても言えない様な気がします。


本気で忘れるくらいなら 泣けるほど 愛したりしない♪ 

最後の雨3

   

この楽曲の発売された翌年の1993(平成5)年9月6日に発売された山根康広さんの『Get Along Together-愛を贈りたいから-』 とセットで当時良くカラオケで歌わせて頂いておりました。つい、この間の事のように思うのですが、14年前の話になるのですね。時間が経つのは早いものです

中西保志さんの『最後の雨』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。youtube.comでは歌われている動画を観る事が出来ます。中西保志さんは『最後の雨2007』と言うタイトルでアルバムの中でセルフカヴァーされています。韓国のZeroさんと言う方は日本語と韓国語でこの楽曲をカヴァーされているようです




Christmas Collection / Swingle Singers

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/06/02 22:52】 | 中西保志
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。