温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝晩はそれなりに冷え込むようになりましたが、昼間はまだまだ、暖かい日が続いていますね。今朝の新聞を読むと、来年の1~3月だったでしょうか?電気料金が大幅に上がるような事が書かれていました。仕方が無い事なのかも知れませんが、これは家庭だけに留まらず、企業の経済活動にも影響する事で、色々な面に悪影響が出てきそうな気がします。

さて、そんな前フリとは何の関係もなく、今日は伊藤咲子さんの『木枯しの二人』を取り上げたいと思います。 


家を出たふたりを 木枯しが追いかけ若すぎる恋だと♪

木枯しの二人1


この楽曲は1974(昭和49)年12月1日 に発売されてたシングルに収録され、このシングルのB面が『赤ちゃんみたいな女の子』と言う楽曲で両面とも作詞が 阿久 悠さん、作曲が三木たかし さんによるものです。この楽曲は、オリコンで、最高5位を獲得され、このシングルは27.8万枚を売り上げたようです。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、この楽曲の二人は家出をして来たようです。木枯らしが若い恋を批難するする事はないでしょうが、世間の風を比喩されたのでしょうね。この楽曲が発売された時、伊藤咲子さんは16歳ですから、16歳の女の子が男性と駆け落ちしたとなると、現在でも問題になりますよね。


噴水も凍える公園の片隅あのひとのマントに くるまってふるえる♪

木枯しの二人2


この楽曲で一番ひっかかるのが上の歌詞の一部にある『あのひとのマント』です。マントで思い出すのは正義のヒーローか旧制高校の学生が着ていたものなのでしょうか?作詞が阿久 悠さんですから、やはり、バンカラ大学生のマントなのでしょうかね。と言うか、この時代にそんな学生いたのでしょうか?

阿久 悠さんの出身大学がバンカラな学風だったとしても、この1974(昭和49)年にマントをしている時点で時代遅れの気がしないでもないですが、当時はまだそんな学生沢山居られたのでしょうかね?阿久悠さんの学生時代の頃の時代背景なら理解出来ないこともないですが・・・その後の二人がどうなったか気になる所です。


もっと強く抱きしめてよ 奪われないように固く固く折れる程♪

木枯しの二人3


好いた惚れたと幾ら言っても、二人で暮らして行こうと思えばそれなりの経済基盤が必要な訳で、現実を考えれば家を出ると言う行為は余り賢明とは思えないです。仮に家を出たとしても現実問題アパートすら借りる事ができないでしょうね。年齢を誤魔化して住み込みで働く所があれば良いのでしょうが・・・


歌詞に書かれている気持ちは理解できますが、離れない様な接着剤があれば別なのでしょうが現実には難しい問題ですよね。そこが若さゆえの情熱のようなものがあるのかも知れないですね。伊藤咲子さんの『木枯しの二人』はこちらで少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそこで聴く事が事が出来ます。 


ゴールデン・ベストゴールデン・ベスト
(2002/06/19)
伊藤咲子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2008/10/16 19:52】 | 伊藤咲子
トラックバック(0) |


ありんこbatan
伊藤咲子さん
歌唱力のある方でしたよね~。。
歌いだし
も~っと つ~よく だきしめてよ~
は当時としては衝撃的だったかも。。
このころは
花の中三トリオとか
同じような年頃の少女タレントさんが大活躍でしたね。。
今でも
YouTubeには
この人たちがズラッと並んでいますので
思い出のある方
多いんですね。。
そうですか~・・16歳でしたか~。。
こんな夢物語にあこがれる時期も
確かにあるとは思いますが
やっぱり
現実はキビシイですよね。
愛情はあっても
お金がなかったら
どうしようもないこと・・それがシッカリわかった時
愛は甘いばっかりじゃないんだって
納得するんでしょうね。。




親こあら
ありんこbatanさん今晩は!!

>伊藤咲子さん
歌唱力のある方でしたよね~。。
歌いだし
も~っと つ~よく だきしめてよ~
は当時としては衝撃的だったかも。。

インパクトのある歌い出しですよね。歌唱力がないと歌えない楽曲かも知れません。

>このころは
花の中三トリオとか
同じような年頃の少女タレントさんが大活躍でしたね。。
今でも
YouTubeには
この人たちがズラッと並んでいますので
思い出のある方
多いんですね。。

沢山のアイドルが勢ぞろいですよね。それだけ思いの強さが伝わって来るようです。

>そうですか~・・16歳でしたか~。。
こんな夢物語にあこがれる時期も
確かにあるとは思いますが
やっぱり
現実はキビシイですよね。
愛情はあっても
お金がなかったら
どうしようもないこと・・それがシッカリわかった時
愛は甘いばっかりじゃないんだって
納得するんでしょうね。。

ですよね。・・夢は大切だけれど、夢だけでは生きていけないと言う事なのかも知れません。


コメントを閉じる▲
今日も暑い一日でした。下の画像は車を走らせていて偶然見つけたヒマワリです。

ひまわり


田んぼの一角に少しだけ植えている所が何箇所かありました。量から言えば売る為に作られているものではなさそうです。ヒマワリの時期には少し早いですが、花屋さんの店先には並んでいますよね。と言う事で今日の1曲目は伊藤咲子さんの『ひまわり娘』を取り上げたいと思います。


誰のために咲いたの それはあなたのためよ♪

ひまわり娘1



この楽曲は1974(昭和49)年4月20日に発売された伊藤咲子さんのデビューシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『オレンジの涙』と言う楽曲で、両面とも作詞が、阿久 悠さん、作曲がシュキ・レイさんによる作品です。この楽曲はシングルチャートで最高52位を獲得され、17.1万枚を売り上げるヒットとなりました。


この楽曲のヒットで当時、伊藤咲子さんは様々な賞を受賞されたようなのですが、日本レコード大賞 新人賞にはノミネートされなかったようです。その理由がこの楽曲を作曲・編曲されたシュキ・レイさんが、イスラエルの方で、当時のレコード大賞において外国曲として扱われたからだそうです。何だかそれもおかしな話ですよね.


もしもいつかあなたが 顔を見せなくなれば♪

ひまわり娘2



この楽曲でデビューされた伊藤咲子さんは当時15歳で、デビュー曲の『ひまわり娘 』のように笑顔が素敵な可愛い女性でした。 楽曲のタイトルや歌詞にも出て来る『ひまわり』は漢字で書くと『向日葵』、『日回り』と書き、花は太陽の方を向き、その動きにつれて回ると言われている所からその名前が付けられたそうですが、実際はそれほど動かないようです。

色々調べていると『異なる文化を楽しみながら学ぶ事典』と言うサイト様に『「世界のひまわり」ひまわりという名前/向日葵は本当に太陽を追いかけているのか』と言うコンテンツを見つけました。中々興味深い事が書かれているのですが、楽曲とは直接関係がないので、ご興味がある方は、リンク先の方をご覧下さい。


涙なんか知らない いつでもほほえみを♪

ひまわり娘3


この楽曲を歌われていた伊藤咲子さんはこの後、歌手活動だけなく、ドラマや映画にも出演されていたのですが、結婚を期に歌手活動を止められていました。しかし、デビュー30周年を迎えられた2004(平成平成16)年からまた、歌手活動再開されているようです。頑張って頂きたいものです。


伊藤咲子さんの『ひまわり娘』はこちらから少しだけですが、試聴が出来ます。youtubeではそちらから 途中まですが、 1974(昭和49)年当時と思われる動画が、ここそこでニ分割されていますがは随分大人になられてから歌われている動画を観る事が出来ます。歌声も容姿も随分変わられましたが、笑顔の素敵さは変わりませんね。


ひまわり娘』を表現する為にヒマワリの花を合成してみましたが、何だかお葬式のような画像になってしまいました・・orz・・・


ひまわり娘(紙) ひまわり娘(紙)
伊藤咲子 (2003/11/27)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしいJ-POPヒット曲 - ジャンル:音楽

【2007/06/04 22:37】 | 伊藤咲子
トラックバック(0) |


しのちゃん
親こあらさんどうもで~す(^o^)。
ひまわりの画像良いですね~(^ε^)。
夏~っ!!ですね。
そういえば今年の梅雨入りが遅れるようで…
でも梅雨ではしっかりと雨降って欲しいですよね。
ひまわり好きですよ~。
太陽に向かって咲いていてとても元気になります。
でもってこの曲も阿久悠さん作詞なんですね~。
さすがです(^ε^)。
というわけで(-_-)zzz。


うる3世
こんにちは^^

懐かしいです、この歌。

「スター誕生」・・・よく見てました。

短いコメントで失礼しました^^;;


親こあら
しのぶさんどうもです^^

>ひまわりの画像良いですね~(^ε^)。
夏~っ!!ですね。
そういえば今年の梅雨入りが遅れるようで…
でも梅雨ではしっかりと雨降って欲しいですよね。

本当にそうですよね・・水不足に既になっているので、災害にならない程度には降って欲しいです・・

>ひまわり好きですよ~。
太陽に向かって咲いていてとても元気になります。

そうですね^^しのぶさんのイメージに合っていますね。しのぶさんにモデルをお願いすれば良かったです。^^

>でもってこの曲も阿久悠さん作詞なんですね~。
さすがです(^ε^)。

当時のヒット曲は阿久悠さんの作品おおいですからね。結構稼がれたでしょうね。



親こあら
うる3世 さん今晩は!!

>懐かしいです、この歌。
「スター誕生」・・・よく見てました。
短いコメントで失礼しました^^;;

スタ誕は人気番組でしたから、ご覧になられていた方多かったでしょうね。いえいえ、短くても有難いです。



いしまき ちょう
動画をUPしてないけど、サッコさんのカメラ撮りした動画を幾つか持ってます。
UPしない理由は、所属事務所に個人情報が知れてるから
許可を得ないとアイツか?なんて一発でバレてしまうから。


親こあら
いしまき ちょうさん有難う御座います。

>動画をUPしてないけど、サッコさんのカメラ撮りした動画を幾つか持ってます。
UPしない理由は、所属事務所に個人情報が知れてるから
許可を得ないとアイツか?なんて一発でバレてしまうから。

それは拙いですね。動画を観れる事は有難い事なのですが、訴えられないようにお気をつけて下さいね。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。