FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
今日は、クリスマス・イブですので浜田省吾さんの『MIDNIGHT FLIGHT ひとりぼっちのクリスマス・イブ 』を取り上げたいと思います。


あの娘乗せた翼 夜空へ消えてく 空港の駐車場 もう人影もない♪ 

MIDNIGHT FLIGHT11


この楽曲は1987(昭和62)年6月28日に発売された、浜田省吾さんの13枚のアルバム『Club Surf & Snow bound』に収録された楽曲です。作詞、作曲が浜田省吾さんによるもので、かなり、厳しい失恋ソングになっているようです。わざわざ、クリスマス・イブの日を選んで別れなくても良いと思うのですけどね。


上に引用させて頂いた歌詞からすると、彼女を見送った空港の駐車場で、楽曲の主人公は改めて後悔されているようです。『もう人影もない♪と言うフレーズからすると最終便だったのでしょうね。』空港まで見送る位ですから、嫌いで別れた訳でもないようで、原因としては、男性側の優柔不断さが原因のような気がします。


妹と暮すつもりしばらくニューヨークで ひとりきり東京でもう生きてゆけない♪

MIDNIGHT FLIGHT2


歌詞を読んでみると、このカップル複雑みたいですね。男は引き止めれば、彼女は行くのを止めたかも知れないのに、引き止めることすらしなかったようですし、彼女の方は彼女の方で、彼氏がいるのに、彼を心底愛していなかったのか、それとも、愛せない別の理由があったのか、別れを選んでいるようです。

上に引用させて頂いた歌詞に『ひとりきり東京でもう生きてゆけない♪』と言うのがあるのですが、これは彼女側の遠回しなプロポーズだったのではないでしょうかね。確かに女性の方から『結婚して欲しい』とは言い難いでしょうね。彼女としては一か八かの賭けに出られていた可能性も考えられますよね。


『ひとりぼっちの クリスマス・イブ 凍えそうな サイレント・ナイト♪ 

MIDNIGHT FLIGHT3


色々調べていると、『「クリスマス=愛の告白の日」は間違いではない。』と言う説を唱えられている方が居られました。こちらのサイト様に『クリスマスのトリビア』が書かれていたので、感心しながら読んでいたのですが、これを書かれている方パティシエさんなのですよね。やはり、ケーキ屋さんの陰謀のようです。^^


上に引用させて頂いた歌詞にあるようにイブに寂しい思いをしたくないなら、それなりの行動を起こせば良いだけですよね。予測がついた筈ですから・・浜田省吾さんの『MIDNIGHT FLIGHT ひとりぼっちのクリスマス・イブ 』はこちらから少しだけ試聴が出来ます。youtubeではそちらの方で観る事が出来ます。


CLUB SURF&SNOW

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2008/12/24 21:18】 | 浜田省吾
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック