温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nushima

上の画像は、沼島めぐりガイドと言うサイトのTOPぺージです。何年か前に「沼島の春よ再び!お見合い大作戦」シリーズの舞台になった所なので記憶にある方も居られると思います。番組は島の男性が嫁不足だったので企画され話題になりました。

地方の嫁不足は深刻ですが、それとは別に最近、こんなイベントがあったようです。

<婚活イベント>目指せ“理想の花婿” 農業青年に女性殺到--全亭協

この企画を運営されていたのが、全国亭主関白協会と言う所らしいのですが、一般的に、亭主関白と言えば、家庭内で、夫が支配権を持っていることを指すのですがここの会は違うようで、下の理念を掲げているようです。

【理念】 亭主が変われば、日本が変わる。日本の未来を明るくするのは、上手に妻の尻に敷かれる心とワザを持つ亭主力である。
【使命】 妻はいつでも微笑みたがっている。そしてそれができるのは亭主である自分だけ、だと心得え、日々、実践。
【位置】 全ての社会問題は家庭の崩壊から。全亭協は、日本はもとより、世界中に、愛と平和を発信していく。

今日はさだまさしさんの『関白宣言 』を取り上げたいと思います。
お前を嫁にもらう前に言っておきたい事がある かなり厳しい♪

kannpakusenngenn1


この楽曲は、1979(昭和54)年7月10日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『なつかしい海 - My little shore 』でと言う楽曲で両方とも作詞、作曲がさだまさしさんによる作品です。これとは別に、1979(昭和54)年11月10日に発売された12インチシングルがあり、こちらのB面は『天までとどけ 』であったそうです。

この楽曲は、上に引用させて頂いた高圧的な出だしや、楽曲のタイトルから、当時、女性団体などから「女性差別」、「男尊女卑」と反発を受けるなどの騒動となりました。歌詞をよく読んで頂くとそんな内容でないのがご理解頂けると思うのですが、勘違いをさせる要素は充分あったでしょうね。逆に言うとそう言う方々の力が強くなっていたと言えるかも知れません。

この楽曲は、元々は『王手』と言うタイトルで、『関白宣言』は、副題だったそうです。 この楽曲のタイトルが『王手』のままなら、女性団体からそこまで抗議を受ける事もなかったかも知れない代わりに、そこまで話題になる事もなかったかも知れませんよね。たかが、タイトル、されどタイトル・・商品のネーミングが大切なように、楽曲のタイトルも重要ですよね。


幸福は二人で育てるもので どちらかが苦労してつくろうもの♪

kannpakusenngenn2


最初に発売されたシングルは、シングルチャ-トで最高1位を獲得され122.7万枚を売り上げたのに対して、12インチバージョンはシングル・チャ-トで最高56位で1.8万枚しか売れなかったようです。この楽曲のヒットでさださんは第21回日本レコード大賞において、金賞を受賞され、第30回NHK紅白歌合戦にこの楽曲で初出場を果たされたようです。


この楽曲は当時、さださんが良く行かれていた京都のスナック「鳩」のママに、「最近の男は駄目になった。だから若い娘も駄目になった。男はん、しっかりしとくれやっしゃ。お師匠はん、そういう歌を作ってくれやっしゃ」と言われたことがきっかけで出来た作品で、モデルは、『まぼろしの邪馬台国』の宮崎康平さんをモデルに作られたようです。


本当に亭主関白を宣言されているとすれば、上に引用させて頂いたようなフレーズは出て来ないように思います。どちらが、どちらの主従関係と言うよりは、お互いが助け合う事で円満な家庭が築けるのではないでしょうかね。男性が強すぎても、女性が強すぎてもいけませんよね。本当に強い者は相手を服従されるのではなく、相手への思い遣りがあるのではないでしょうかね。


忘れてくれるな俺の愛する女は 愛する女は生涯お前ひとり ♪

kannpakusenngenn3


この楽曲のヒットを受け、この楽曲をモチーフにした同名の映画が製作され1979(昭和54)年12月22日に公開され、映画の主役である宇田まさし役は、さださんの実弟であるさだ繁理さんが演じられて、さださん自身も神主役で出演されていたようです。映画は、山口百恵さん・三浦友和さん主演の『天使を誘惑』の併映作だったようですから、少し厳しいものがあったかも知れません。 

この曲を作るように言われた京都のスナック「鳩」のママは、この楽曲を聴いて『お師匠はん、まだ甘おすな』と言われたそうです。ここのママさんは、さださんのお母様と年齢が近かったそうなので、価値観も考え方も現在の方とは違われていたのでしょうね。でも、言われている言葉だけからすると、芯が通った気丈な女性のような感じがします。

生まれも育ちも違う者同士が結婚する訳ですから、どんなに愛しあっていたとしても、様々なすれ違いがあり、その結果、離婚に至る場合もあるでしょう。でも、上に引用させて頂いた歌詞にあるような思いがあれば少しは違うかも知れません。逆を言えばそれ位の覚悟が無ければ結婚は難しいのかも知れません。さだまさしさんの『関白宣言 』はこちらから聴く事が出来ます。

さだまさしベストさだまさしベスト
(1998/10/21)
さだまさし

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
お前を嫁にもらう前に言っておきたい事がある かなり厳しい♪

kannpakusenngenn1


この楽曲は、1979(昭和54)年7月10日に発売されたシングルに収録された楽曲です。このシングルのB面は『なつかしい海 - My little shore 』でと言う楽曲で両方とも作詞、作曲がさだまさしさんによる作品です。これとは別に、1979(昭和54)年11月10日に発売された12インチシングルがあり、こちらのB面は『天までとどけ 』であったそうです。

この楽曲は、上に引用させて頂いた高圧的な出だしや、楽曲のタイトルから、当時、女性団体などから「女性差別」、「男尊女卑」と反発を受けるなどの騒動となりました。歌詞をよく読んで頂くとそんな内容でないのがご理解頂けると思うのですが、勘違いをさせる要素は充分あったでしょうね。逆に言うとそう言う方々の力が強くなっていたと言えるかも知れません。

この楽曲は、元々は『王手』と言うタイトルで、『関白宣言』は、副題だったそうです。 この楽曲のタイトルが『王手』のままなら、女性団体からそこまで抗議を受ける事もなかったかも知れない代わりに、そこまで話題になる事もなかったかも知れませんよね。たかが、タイトル、されどタイトル・・商品のネーミングが大切なように、楽曲のタイトルも重要ですよね。


幸福は二人で育てるもので どちらかが苦労してつくろうもの♪

kannpakusenngenn2


最初に発売されたシングルは、シングルチャ-トで最高1位を獲得され122.7万枚を売り上げたのに対して、12インチバージョンはシングル・チャ-トで最高56位で1.8万枚しか売れなかったようです。この楽曲のヒットでさださんは第21回日本レコード大賞において、金賞を受賞され、第30回NHK紅白歌合戦にこの楽曲で初出場を果たされたようです。


この楽曲は当時、さださんが良く行かれていた京都のスナック「鳩」のママに、「最近の男は駄目になった。だから若い娘も駄目になった。男はん、しっかりしとくれやっしゃ。お師匠はん、そういう歌を作ってくれやっしゃ」と言われたことがきっかけで出来た作品で、モデルは、『まぼろしの邪馬台国』の宮崎康平さんをモデルに作られたようです。


本当に亭主関白を宣言されているとすれば、上に引用させて頂いたようなフレーズは出て来ないように思います。どちらが、どちらの主従関係と言うよりは、お互いが助け合う事で円満な家庭が築けるのではないでしょうかね。男性が強すぎても、女性が強すぎてもいけませんよね。本当に強い者は相手を服従されるのではなく、相手への思い遣りがあるのではないでしょうかね。


忘れてくれるな俺の愛する女は 愛する女は生涯お前ひとり ♪

kannpakusenngenn3


この楽曲のヒットを受け、この楽曲をモチーフにした同名の映画が製作され1979(昭和54)年12月22日に公開され、映画の主役である宇田まさし役は、さださんの実弟であるさだ繁理さんが演じられて、さださん自身も神主役で出演されていたようです。映画は、山口百恵さん・三浦友和さん主演の『天使を誘惑』の併映作だったようですから、少し厳しいものがあったかも知れません。 

この曲を作るように言われた京都のスナック「鳩」のママは、この楽曲を聴いて『お師匠はん、まだ甘おすな』と言われたそうです。ここのママさんは、さださんのお母様と年齢が近かったそうなので、価値観も考え方も現在の方とは違われていたのでしょうね。でも、言われている言葉だけからすると、芯が通った気丈な女性のような感じがします。

生まれも育ちも違う者同士が結婚する訳ですから、どんなに愛しあっていたとしても、様々なすれ違いがあり、その結果、離婚に至る場合もあるでしょう。でも、上に引用させて頂いた歌詞にあるような思いがあれば少しは違うかも知れません。逆を言えばそれ位の覚悟が無ければ結婚は難しいのかも知れません。さだまさしさんの『関白宣言 』はこちらから聴く事が出来ます。

さだまさしベストさだまさしベスト
(1998/10/21)
さだまさし

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/06/27 20:22】 | さだまさし
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。