FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
以前の楽天の記事を少しでも早く移さないといけないので、以前の記事を少し変えて井上陽水さんの『傘がない』を今日の2曲目として取り上げたいと思います。


都会では自殺する若者が増えている今朝来た新聞の片隅に書いていた♪


傘がない1



この楽曲は1972(昭和47)年5月1日に発売された井上陽水さんの再デビューファースト・アルバム『断絶』に収録された楽曲で、1972(昭和47)年7月1日に発売されたシングルにはこの歌とB面に収録された『感謝知らずの女』がシングル・カットされたようです 。この楽曲の収録されたアルバムは55万枚の売上げをあげたようです。


井上陽水 さんは1969(昭和44)年 9月1日に『アンドレ・カンドレ』の芸名でデビューされ、3枚のシングルを出されますが全然売れなくて、1970(昭和45)年10月に発売された3枚目のシングル『花にさえ、鳥にさえ』を最後に『アンドレ・カンドレ』としての活動を止められたようです。


テレビでは我が国の将来の問題を誰かが深刻な顔をしてしゃべってる♪

傘がない2




この楽曲の内容は新聞には都会で増える若者の自殺を取り上げたり、テレビでは我が国の将来の問題を討論しているけれども、自分自身にとってはそんな事よりも今降る雨の中を彼女の所に出掛ける為の傘がないと歌われているようです。確かに、自分に降り掛かる問題でなけば、心をどんなに痛める事でもどうしようも無いですよね。

新聞に書いてある若者の自殺の増加やテレビで語られる我が国の将来の問題よりは、現実に自分自身が直面している問題の方が切実な訳であって、けれども、それらの事柄を気にしていない訳ではないと言う心理が表されれいるように思われます。その点においては、今も昔も変わらないのかも知れませんが、酷くなり過ぎていないでしょうか


行かなくちゃ君に逢いに行かなくちゃ雨に濡れて行かなくちゃ 傘がない♪ 


傘がない3



最近では自殺する小学生が増え、親が子を、子が親を、兄が妹を殺す酷い時代になった訳ですが、自分自身何が出来る訳でもなく、ただただ日々の生活に追われ、この国の行く先を憂うだけで何も出来ていない訳で、日々の中で焦りだけが増大して行っています。この歌を聴くたび陽水さんもそんな気持ちだったのだろうかと思ったりします。


確かに個人個人に具体的に何かが出来る訳ではないのですが、それらを『甘え』の一言で切り捨ててしまう方も居られますが、違和感を感じずには居られません。本当に甘えの一言で片付けられるほど世の中単純ではないと思います・・井上陽水さんの『傘がない』はこちらから少しだけですが試聴が出来ます。 youtubeでは動画が観れます。






断絶 断絶
井上陽水 (2006/10/04)
ユニバーサルJ

この商品の詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2007/06/17 17:24】 | 井上陽水
トラックバック(0) |

アンドレ・カンドレってご存知ですか?
お江戸で小猿!
こんばんは、私が中学2年の時だったと思います。はっきりと記憶に残っているのは、自分が急性腎炎に罹ってしまい、自宅で寝たきりの生活を余儀なくされていたことです。
丁度その頃デビューしたばっかりで地元の無名のシンガーソングライターに、後に井上陽水として大ブレークする、アンドレ・カンドレというでかい男がいました。
甲高い声を張り上げて、「鳥よバカだなお前は鳥じゃないか~」と歌い上げる「ビューティフル・ワンダフル・バード」は病の僕の心に潤いを与えてくれた気がします。
これも機会があったら一度聞いてみてくださいね!

Re:アンドレ・カンドレってご存知ですか?
親こあら
お江戸で小猿!さん今晩は!!

>私が中学2年の時だったと思います。はっきりと記憶に残っているのは、自分が急性腎炎に罹ってしまい、自宅で寝たきりの生活を余儀なくされていたことです。
丁度その頃デビューしたばっかりで地元の無名のシンガーソングライターに、後に井上陽水として大ブレークする、アンドレ・カンドレというでかい男がいました。
甲高い声を張り上げて、「鳥よバカだなお前は鳥じゃないか~」と歌い上げる「ビューティフル・ワンダフル・バード」は病の僕の心に潤いを与えてくれた気がします。
これも機会があったら一度聞いてみてくださいね!


アンドレ・カンドレと言う名前を聞いたのは随分後になってからでした。曲自体は1~2曲は聴いた記憶があります。こちらの方も勉強しないといけないですね。有難う御座います。

もう一曲のタイトルは多分・・・
お江戸で小猿!
こんばんは、陽水さんのアンドレ・カンドレ時代のもう一曲は多分「カンドレ・マンドレ」だと思います。これらのタイトルや芸名の根拠は単に当時陽水さんが麻雀が好きで暗刻とか満貫とかから取ったもののようですね。
陽水さんとは今から20年ほど前に大学時代のサークルの後輩の結婚式に呼ばれて鹿児島に帰った時の戻りの飛行機で偶然一緒になりました。
最初は席が離れていて気付かなかったのですが、離陸直前になって一行の中の一人(多分付き人)が、ダブルブッキングの疑いで一度降ろされかかったのですが、間違っていたのは相手方で結局戻ってきたら機内に拍手が沸いて、その時に陽水さんの「お前は芸人より目立ちやがって!」という笑い声が聞こえたのです。
さらに羽田に着いた後の滑走路を移動するバスの中で陽水さんと奥様と娘さんと一緒になりました!

Re:もう一曲のタイトルは多分・・・
親こあら
お江戸で小猿!さん今晩は!!

>陽水さんのアンドレ・カンドレ時代のもう一曲は多分「カンドレ・マンドレ」だと思います。これらのタイトルや芸名の根拠は単に当時陽水さんが麻雀が好きで暗刻とか満貫とかから取ったもののようですね。

この楽曲ですよね。多分、知っていると思います。


http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=41307

麻雀に由来していたとは存じませんでした。^^

>陽水さんとは今から20年ほど前に大学時代のサークルの後輩の結婚式に呼ばれて鹿児島に帰った時の戻りの飛行機で偶然一緒になりました。
最初は席が離れていて気付かなかったのですが、離陸直前になって一行の中の一人(多分付き人)が、ダブルブッキングの疑いで一度降ろされかかったのですが、間違っていたのは相手方で結局戻ってきたら機内に拍手が沸いて、その時に陽水さんの「お前は芸人より目立ちやがって!」という笑い声が聞こえたのです。
さらに羽田に着いた後の滑走路を移動するバスの中で陽水さんと奥様と娘さんと一緒になりました!

それは羨ましい限りです。会おうとしても中々会えるものではないですよね。^^



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
アンドレ・カンドレってご存知ですか?
こんばんは、私が中学2年の時だったと思います。はっきりと記憶に残っているのは、自分が急性腎炎に罹ってしまい、自宅で寝たきりの生活を余儀なくされていたことです。
丁度その頃デビューしたばっかりで地元の無名のシンガーソングライターに、後に井上陽水として大ブレークする、アンドレ・カンドレというでかい男がいました。
甲高い声を張り上げて、「鳥よバカだなお前は鳥じゃないか~」と歌い上げる「ビューティフル・ワンダフル・バード」は病の僕の心に潤いを与えてくれた気がします。
これも機会があったら一度聞いてみてくださいね!
2008/05/27(Tue) 21:00 | URL  | お江戸で小猿! #p0sRqnjc[ 編集]
Re:アンドレ・カンドレってご存知ですか?
お江戸で小猿!さん今晩は!!

>私が中学2年の時だったと思います。はっきりと記憶に残っているのは、自分が急性腎炎に罹ってしまい、自宅で寝たきりの生活を余儀なくされていたことです。
丁度その頃デビューしたばっかりで地元の無名のシンガーソングライターに、後に井上陽水として大ブレークする、アンドレ・カンドレというでかい男がいました。
甲高い声を張り上げて、「鳥よバカだなお前は鳥じゃないか~」と歌い上げる「ビューティフル・ワンダフル・バード」は病の僕の心に潤いを与えてくれた気がします。
これも機会があったら一度聞いてみてくださいね!


アンドレ・カンドレと言う名前を聞いたのは随分後になってからでした。曲自体は1~2曲は聴いた記憶があります。こちらの方も勉強しないといけないですね。有難う御座います。
2008/05/28(Wed) 03:47 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
もう一曲のタイトルは多分・・・
こんばんは、陽水さんのアンドレ・カンドレ時代のもう一曲は多分「カンドレ・マンドレ」だと思います。これらのタイトルや芸名の根拠は単に当時陽水さんが麻雀が好きで暗刻とか満貫とかから取ったもののようですね。
陽水さんとは今から20年ほど前に大学時代のサークルの後輩の結婚式に呼ばれて鹿児島に帰った時の戻りの飛行機で偶然一緒になりました。
最初は席が離れていて気付かなかったのですが、離陸直前になって一行の中の一人(多分付き人)が、ダブルブッキングの疑いで一度降ろされかかったのですが、間違っていたのは相手方で結局戻ってきたら機内に拍手が沸いて、その時に陽水さんの「お前は芸人より目立ちやがって!」という笑い声が聞こえたのです。
さらに羽田に着いた後の滑走路を移動するバスの中で陽水さんと奥様と娘さんと一緒になりました!
2008/05/29(Thu) 22:06 | URL  | お江戸で小猿! #p0sRqnjc[ 編集]
Re:もう一曲のタイトルは多分・・・
お江戸で小猿!さん今晩は!!

>陽水さんのアンドレ・カンドレ時代のもう一曲は多分「カンドレ・マンドレ」だと思います。これらのタイトルや芸名の根拠は単に当時陽水さんが麻雀が好きで暗刻とか満貫とかから取ったもののようですね。

この楽曲ですよね。多分、知っていると思います。


http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=41307

麻雀に由来していたとは存じませんでした。^^

>陽水さんとは今から20年ほど前に大学時代のサークルの後輩の結婚式に呼ばれて鹿児島に帰った時の戻りの飛行機で偶然一緒になりました。
最初は席が離れていて気付かなかったのですが、離陸直前になって一行の中の一人(多分付き人)が、ダブルブッキングの疑いで一度降ろされかかったのですが、間違っていたのは相手方で結局戻ってきたら機内に拍手が沸いて、その時に陽水さんの「お前は芸人より目立ちやがって!」という笑い声が聞こえたのです。
さらに羽田に着いた後の滑走路を移動するバスの中で陽水さんと奥様と娘さんと一緒になりました!

それは羨ましい限りです。会おうとしても中々会えるものではないですよね。^^

2008/05/29(Thu) 22:25 | URL  | 親こあら #oYOZKs9U[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック