温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yuuhi_20090918185329.jpg

今日は曇りがちの一日でしたが、昼間は少し蒸し暑い感じがしました。さて、今日は「く(9)とぅ(十)ば(8)」の語呂合せで、沖縄県の言葉「しまくとぅば(島言葉)」を奨励するしまくとぅばの日だそうですのでTHE BOOMの『島唄(オリジナル・ヴァージョン) 』を取り上げたいと思います。

注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです


でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た♪

shimauta1.jpg



この楽曲は、1993(平成5)年6月21日に発表されたTHE BOOMの11枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『100万つぶの涙 』と言う楽曲で、両方とも作詞、作曲が宮沢和史 さんによる作品です。1992(平成4)年12月12日に発表した9枚目のシングルでは『島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)』を発売されています。ウチナーグチと言うのは沖縄方言と言う意味だそうです。


上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『でいご』と言うのはインドやマレー半島が原産のマメ科の高木落葉樹で、日本では沖縄が北限とされているそうです。この植物は沖縄の県花でもあり、春先に花が咲くそうです。漢字では『梯梧』と書くようです。今回、この楽曲を調べるまで、表面的な歌詞しか読んいなかったのですが、こちらのサイト様にはこの楽曲の意味が書かれています。こんな意味があったのですね。


ウージの森であなたと出会いウージの下で♪

shimauta2.jpg

この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高4位を獲得され、このシングルは91.4万枚を売り上げたようです。このヒットで THE BOOMは、第35回日本レコード大賞においてベストソング賞を受賞され、第44回NHK紅白歌合戦に初出場をされたようです。この楽曲のイメージで沖縄出身のバンドだと思っていたのですが、作られた宮沢和史 さんを始めバンドのメンバーの大半が山梨出身だとは知りませんでした。


上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『ウージ』と言うのは、沖縄方言でサトウキビの事を指すようです。『ウージの森』はサトウキビ畑で『ウージの下』と言うのはサトウキビ畑の下に掘られた防空壕を指すようです。サトウキビ自体は実家の隣町で開かれていた市で売られていたので、知っていますが、その畑となると見た事がありません。防空壕も子供の頃は幾つか残っていたのですが、現在では埋められ見なくなりました。


島唄よ風に乗り鳥とともに海を渡れ島唄よ♪

shimauta3.jpg

歴史の経過とともに、戦争の爪痕は消え、戦争体験者も年々少なくなっています。それは時代の流れですからある意味仕方が無い事ではあります。しかし、近年は、戦争賛成論者も増えているのは、恐い傾向です。確かに近隣の国に不穏な動きがあり、危険が迫っていると感じる事はあるのですが、武力を武力で制圧すると言うのは如何なものかと思います。でも戦争が起こる事があればそれこそ国ごと無くなるでしょうね。

上に引用させて頂いた歌詞には『海を渡れ』と言う言葉があるのですが、海を渡って何処へ行くのかと言えば、この楽曲の意味を書かれたサイト様には『ニライカナイへ』と書かれていました。ニライカナイと言うのは沖縄や奄美で古来信じられてきた海のかなたの楽土・聖地の事を指すらしいです。そこから神々が来訪して福をもたらすとか、火や穀種が来るとか伝えられているそうです。THE BOOMの『島唄』はこちらで聴く事が出来ます。


THE BOOMTHE BOOM
(1992/09/21)
THE BOOM

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
注)今回も歌の内容を再現する画像が準備出来なかったので、ネットでキャッシュが残っているけどリンクの切れているものを拾って来て加工しています。不都合があれば削除しますので、お手数ですがご連絡頂ければ幸いです


でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た♪

shimauta1.jpg



この楽曲は、1993(平成5)年6月21日に発表されたTHE BOOMの11枚目のシングルに収録された楽曲です。このシングルのカップリング曲は『100万つぶの涙 』と言う楽曲で、両方とも作詞、作曲が宮沢和史 さんによる作品です。1992(平成4)年12月12日に発表した9枚目のシングルでは『島唄(ウチナーグチ・ヴァージョン)』を発売されています。ウチナーグチと言うのは沖縄方言と言う意味だそうです。


上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『でいご』と言うのはインドやマレー半島が原産のマメ科の高木落葉樹で、日本では沖縄が北限とされているそうです。この植物は沖縄の県花でもあり、春先に花が咲くそうです。漢字では『梯梧』と書くようです。今回、この楽曲を調べるまで、表面的な歌詞しか読んいなかったのですが、こちらのサイト様にはこの楽曲の意味が書かれています。こんな意味があったのですね。


ウージの森であなたと出会いウージの下で♪

shimauta2.jpg

この楽曲の収録されたシングルは、シングル・チャ-トで最高4位を獲得され、このシングルは91.4万枚を売り上げたようです。このヒットで THE BOOMは、第35回日本レコード大賞においてベストソング賞を受賞され、第44回NHK紅白歌合戦に初出場をされたようです。この楽曲のイメージで沖縄出身のバンドだと思っていたのですが、作られた宮沢和史 さんを始めバンドのメンバーの大半が山梨出身だとは知りませんでした。


上に引用させて頂いた歌詞に出てくる『ウージ』と言うのは、沖縄方言でサトウキビの事を指すようです。『ウージの森』はサトウキビ畑で『ウージの下』と言うのはサトウキビ畑の下に掘られた防空壕を指すようです。サトウキビ自体は実家の隣町で開かれていた市で売られていたので、知っていますが、その畑となると見た事がありません。防空壕も子供の頃は幾つか残っていたのですが、現在では埋められ見なくなりました。


島唄よ風に乗り鳥とともに海を渡れ島唄よ♪

shimauta3.jpg

歴史の経過とともに、戦争の爪痕は消え、戦争体験者も年々少なくなっています。それは時代の流れですからある意味仕方が無い事ではあります。しかし、近年は、戦争賛成論者も増えているのは、恐い傾向です。確かに近隣の国に不穏な動きがあり、危険が迫っていると感じる事はあるのですが、武力を武力で制圧すると言うのは如何なものかと思います。でも戦争が起こる事があればそれこそ国ごと無くなるでしょうね。

上に引用させて頂いた歌詞には『海を渡れ』と言う言葉があるのですが、海を渡って何処へ行くのかと言えば、この楽曲の意味を書かれたサイト様には『ニライカナイへ』と書かれていました。ニライカナイと言うのは沖縄や奄美で古来信じられてきた海のかなたの楽土・聖地の事を指すらしいです。そこから神々が来訪して福をもたらすとか、火や穀種が来るとか伝えられているそうです。THE BOOMの『島唄』はこちらで聴く事が出来ます。


THE BOOMTHE BOOM
(1992/09/21)
THE BOOM

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/09/18 19:06】 | THE BOOM
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)。
この曲は名曲ですよね。
私も同感です。
暴力には暴力は
何も生み出さないことが
わかっているのに
戦争賛成者がいてるんですよね。
それに戦争賛成者の
人達は
先のことを
想像できないんでしょうね。
それに過去の戦争経験者は
今だに苦しんでおられます。
そのことを理解しない限り
難しいのかなぁと思います。
私は絶対に戦争反対です!
そして挑発にのらない
ようにと願うのみです。

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)。
> この曲は名曲ですよね。
> 私も同感です。
> 暴力には暴力は
> 何も生み出さないことが
> わかっているのに
> 戦争賛成者がいてるんですよね。

そんな方居られますよね。

> それに戦争賛成者の
> 人達は
> 先のことを
> 想像できないんでしょうね。
> それに過去の戦争経験者は
> 今だに苦しんでおられます。
> そのことを理解しない限り
> 難しいのかなぁと思います。
> 私は絶対に戦争反対です!
> そして挑発にのらない
> ようにと願うのみです。

第二次世界大戦の事を連想されているのかも
知れませんが、時代的にはそんな戦争に
ならないでしょうね。・・・


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どうもで~す(^O^)。
この曲は名曲ですよね。
私も同感です。
暴力には暴力は
何も生み出さないことが
わかっているのに
戦争賛成者がいてるんですよね。
それに戦争賛成者の
人達は
先のことを
想像できないんでしょうね。
それに過去の戦争経験者は
今だに苦しんでおられます。
そのことを理解しない限り
難しいのかなぁと思います。
私は絶対に戦争反対です!
そして挑発にのらない
ようにと願うのみです。
2009/09/18(Fri) 19:40 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)。
> この曲は名曲ですよね。
> 私も同感です。
> 暴力には暴力は
> 何も生み出さないことが
> わかっているのに
> 戦争賛成者がいてるんですよね。

そんな方居られますよね。

> それに戦争賛成者の
> 人達は
> 先のことを
> 想像できないんでしょうね。
> それに過去の戦争経験者は
> 今だに苦しんでおられます。
> そのことを理解しない限り
> 難しいのかなぁと思います。
> 私は絶対に戦争反対です!
> そして挑発にのらない
> ようにと願うのみです。

第二次世界大戦の事を連想されているのかも
知れませんが、時代的にはそんな戦争に
ならないでしょうね。・・・
2009/09/18(Fri) 20:00 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。