温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1010yu.jpg

今日は秋晴れの良いお天気の一日でした。3連休と言う方も居られるのでお出掛けされる方も多いのでしょうかね。さて、本日は風見しんご さんのお誕生日ですので『涙のtake a chance』を取り上げたいと思います。



頬にこぼれる涙の理由は何もきかずにHold me tight♪

namidanotc1.jpg

この楽曲は1984(昭和59)年12月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が荒木とよひささん、作曲が福島邦子さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は『涙のtake a chance-Instrumental Version 』だったようです。このシングルはシングル・チャ-トで最高10位を獲得され、このシングルは22.5万枚を売り上げたようです。

歌詞の内容は、意中の女性が失恋をして、その彼女が楽曲の主人公に泣きついて来たと言う内容のようです。上に引用させて頂いた歌詞に『涙の理由は何もきかずに』とありますが、楽曲の主人公はその理由を知っていたのでしょうね。歌としてはありかも知れませんが、現実こんな事は余り無いような気がしないでもないです。

過去におさらば涙をふいてついておいでよRun a Way♪

namidanotc2.jpg


この楽曲で 風見慎吾さんはブレイクダンスを披露されているのですが、自らニューヨークに出向き猛特訓で修得されたそうです。それまでの歌は、歌が主流で振り付けが従と言う感じでしたが、この歌の場合は、ダンスが主流と言うか、余りダンスが激しかった為に、歌は不可能でたいてい口パクだったそうですが、止むを得ず生歌の時もあったそうです。

上に引用させて頂いた歌詞には『過去におさらば』と言う言葉があります。口で言うのは簡単ではありますが、過去があって現在がある訳ですから、生きている限りは何処かで思い出す事もあるでしょうから難しいですよね。悲しい過去を忘れると言うよりは、それ以上の幸せで、悲しい思い出をそんな事もあったねと言う位に変えれるのが良いのでしょうね。


涙のtake a chance take a chance  今だけは涙のtake a chance ♪

namidanotc3.jpg

この楽曲を歌われた風見慎吾さんは、1985(昭和60)年12月4日 - 1986(昭和61)年4月16日にフジテレビ系列で放映されたドラマ『ヤヌスの鏡』に河本達郎と言う役で出演されていたのですが、ドラマの中で無意味にブレイクダンスをするシーンがあったそうです。やはり、この楽曲のヒットがあったからそんなシーンが入れられていたのでしょうかね。


上に引用させて頂いた歌詞や楽曲のタイトルにある『take a chance 』は、日本語で言えば好機を掴み取れ。。位の意味になるのでしょうか?確かに意中の女性側から飛び込んで着てくれたらチャンスには違いはないのでしょうが、少し、卑怯な気がするのは私が不器用だからでしょうか? 風見慎吾さんの『涙のtake a chance』はこちらから聴く事が出来ます。


ゴールデン☆ベスト【欽】スーパーヒットゴールデン☆ベスト【欽】スーパーヒット
(2004/10/20)
オムニバス風見慎吾

商品詳細を見る



追記を閉じる▲
頬にこぼれる涙の理由は何もきかずにHold me tight♪

namidanotc1.jpg

この楽曲は1984(昭和59)年12月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で作詞が荒木とよひささん、作曲が福島邦子さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は『涙のtake a chance-Instrumental Version 』だったようです。このシングルはシングル・チャ-トで最高10位を獲得され、このシングルは22.5万枚を売り上げたようです。

歌詞の内容は、意中の女性が失恋をして、その彼女が楽曲の主人公に泣きついて来たと言う内容のようです。上に引用させて頂いた歌詞に『涙の理由は何もきかずに』とありますが、楽曲の主人公はその理由を知っていたのでしょうね。歌としてはありかも知れませんが、現実こんな事は余り無いような気がしないでもないです。

過去におさらば涙をふいてついておいでよRun a Way♪

namidanotc2.jpg


この楽曲で 風見慎吾さんはブレイクダンスを披露されているのですが、自らニューヨークに出向き猛特訓で修得されたそうです。それまでの歌は、歌が主流で振り付けが従と言う感じでしたが、この歌の場合は、ダンスが主流と言うか、余りダンスが激しかった為に、歌は不可能でたいてい口パクだったそうですが、止むを得ず生歌の時もあったそうです。

上に引用させて頂いた歌詞には『過去におさらば』と言う言葉があります。口で言うのは簡単ではありますが、過去があって現在がある訳ですから、生きている限りは何処かで思い出す事もあるでしょうから難しいですよね。悲しい過去を忘れると言うよりは、それ以上の幸せで、悲しい思い出をそんな事もあったねと言う位に変えれるのが良いのでしょうね。


涙のtake a chance take a chance  今だけは涙のtake a chance ♪

namidanotc3.jpg

この楽曲を歌われた風見慎吾さんは、1985(昭和60)年12月4日 - 1986(昭和61)年4月16日にフジテレビ系列で放映されたドラマ『ヤヌスの鏡』に河本達郎と言う役で出演されていたのですが、ドラマの中で無意味にブレイクダンスをするシーンがあったそうです。やはり、この楽曲のヒットがあったからそんなシーンが入れられていたのでしょうかね。


上に引用させて頂いた歌詞や楽曲のタイトルにある『take a chance 』は、日本語で言えば好機を掴み取れ。。位の意味になるのでしょうか?確かに意中の女性側から飛び込んで着てくれたらチャンスには違いはないのでしょうが、少し、卑怯な気がするのは私が不器用だからでしょうか? 風見慎吾さんの『涙のtake a chance』はこちらから聴く事が出来ます。


ゴールデン☆ベスト【欽】スーパーヒットゴールデン☆ベスト【欽】スーパーヒット
(2004/10/20)
オムニバス風見慎吾

商品詳細を見る


FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/10/10 19:37】 | 風見慎吾
トラックバック(0) |


しのちゃん
またまたどうもで~す(^O^)
キレイな夕焼けですねぇ☆
なるほどぉ。
この曲は
『ヤヌスの鏡』の
主題歌だったんですね(^-^)
そういえば
チラッと観た記憶が…。
でも'80年代が
大映ドラマの全盛期
だったんですよね。
久しぶりに
『アリエスの乙女たち』の
DVDが観たくなりましたぁ☆

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> またまたどうもで~す(^O^)
> キレイな夕焼けですねぇ☆
> なるほどぉ。
> この曲は
> 『ヤヌスの鏡』の
> 主題歌だったんですね(^-^)

誤解を与える表現で申し訳ないです。ドラマの主題歌は椎名恵さんの
『今夜はANGEL』 で、風見さんの歌は関係ないです。

> そういえば
> チラッと観た記憶が…。
> でも'80年代が
> 大映ドラマの全盛期
> だったんですよね。
> 久しぶりに
> 『アリエスの乙女たち』の
> DVDが観たくなりましたぁ☆

あの時代は全盛期で人気がありましたよね。
たまに観たくなりますよね。^^



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
またまたどうもで~す(^O^)
キレイな夕焼けですねぇ☆
なるほどぉ。
この曲は
『ヤヌスの鏡』の
主題歌だったんですね(^-^)
そういえば
チラッと観た記憶が…。
でも'80年代が
大映ドラマの全盛期
だったんですよね。
久しぶりに
『アリエスの乙女たち』の
DVDが観たくなりましたぁ☆
2009/10/10(Sat) 20:07 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しのちゃんさんどうもです。

> またまたどうもで~す(^O^)
> キレイな夕焼けですねぇ☆
> なるほどぉ。
> この曲は
> 『ヤヌスの鏡』の
> 主題歌だったんですね(^-^)

誤解を与える表現で申し訳ないです。ドラマの主題歌は椎名恵さんの
『今夜はANGEL』 で、風見さんの歌は関係ないです。

> そういえば
> チラッと観た記憶が…。
> でも'80年代が
> 大映ドラマの全盛期
> だったんですよね。
> 久しぶりに
> 『アリエスの乙女たち』の
> DVDが観たくなりましたぁ☆

あの時代は全盛期で人気がありましたよね。
たまに観たくなりますよね。^^

2009/10/10(Sat) 20:25 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。