温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も昼間は暑かったですが、外は風があり、過ごし易い一日でした。さて、今日はトニー谷さんのお誕生日ですので、と言ってもトニー谷さんは1987(昭和62) 年7月16日に他界されているのですが・・トニー谷&宮城まり子で『さいざんす・マンボ 』を取り上げたいと思います。



恋をするのも算盤勘定お金が無ければ御破算ざんす♪

saizansum1.jpg

この楽曲は、1953(昭和28)年に発売されたデビュー曲で、作詞がトニー谷さん、宮川哲夫さん作曲が多忠修 さんによる作品です。この楽曲が収録されたレコードは所謂、SP盤と呼ばれるもので、片面しか録音出来なかったようですから、この楽曲しか収録されていなかったのでしょうね。その時代から考えると時代は変りましたよね。

上に引用させて頂いたのは歌詞ではなく、台詞の部分です。 トニー谷さんと言えばそろばんを楽器代わりに使われていましたから、上に引用させて頂いた台詞にも、『算盤勘定』、『御破算』と算盤に関した言葉が出て来ます。現在でも算盤塾はあるようですが、一時期に比べたら数は殆ど無くなったのではないでしょうかね


恋をするのも家庭の事情なんだかんだと今更どうも♪

saizansum2.jpg

トニー谷さんは、ヴォードヴィリアンに分類されるようです。ご存知の方も多いかも知れませんが、赤塚不二夫先生のマンガ「おそ松くん」に出てくるキャラクター「イヤミ」は、 トニー谷さんがモデルだそうです。子供の頃に、トニー谷さんを見た時は、イヤミのマネをしているのだと思っていたのですが逆だったのですね

上に引用させて頂いた歌詞に出てくる「家庭の事情」と言うのは現在でも良く使う言葉で、会社を休む時の届けであったり、履歴書で会社を退職した時にも使いますよね。家庭の事情と言っても色々あるとは思うのですが、曖昧模糊にしておきたい時には、便利な言葉だったりします。日本的と言えば日本的なのでしょうか。

恋に泣くのも家庭の事情浮気するのも家庭の事情♪

saizansum3.jpg


トニー谷さんは1987(昭和62)年7月16日午前0時14分、都内の病院にて肝臓癌のため死去(69歳)されています。その年の11月21日に 厚家羅漢(大瀧詠一)さんががプロデュースした追悼盤が発売されたようです。明るいキャラのイメージがあるのですが、その人生の大半は余り明るくは無かったようです。

1954(昭和29)年に映画「 家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろうかの巻」に主演されていたようです。上に引用させて頂いた歌詞にも「家庭の事情」と言う言葉が使われていますので、映画もこの歌を元に作られたのでしょうか? トニー谷&宮城まり子の『さいざんす・マンボ』はこちらから聴く事が出来ます


ジス・イズ・ミスター・トニー谷ジス・イズ・ミスター・トニー谷
(2005/07/21)
トニー谷宮城まり子

商品詳細を見る




追記を閉じる▲
恋をするのも算盤勘定お金が無ければ御破算ざんす♪

saizansum1.jpg

この楽曲は、1953(昭和28)年に発売されたデビュー曲で、作詞がトニー谷さん、宮川哲夫さん作曲が多忠修 さんによる作品です。この楽曲が収録されたレコードは所謂、SP盤と呼ばれるもので、片面しか録音出来なかったようですから、この楽曲しか収録されていなかったのでしょうね。その時代から考えると時代は変りましたよね。

上に引用させて頂いたのは歌詞ではなく、台詞の部分です。 トニー谷さんと言えばそろばんを楽器代わりに使われていましたから、上に引用させて頂いた台詞にも、『算盤勘定』、『御破算』と算盤に関した言葉が出て来ます。現在でも算盤塾はあるようですが、一時期に比べたら数は殆ど無くなったのではないでしょうかね


恋をするのも家庭の事情なんだかんだと今更どうも♪

saizansum2.jpg

トニー谷さんは、ヴォードヴィリアンに分類されるようです。ご存知の方も多いかも知れませんが、赤塚不二夫先生のマンガ「おそ松くん」に出てくるキャラクター「イヤミ」は、 トニー谷さんがモデルだそうです。子供の頃に、トニー谷さんを見た時は、イヤミのマネをしているのだと思っていたのですが逆だったのですね

上に引用させて頂いた歌詞に出てくる「家庭の事情」と言うのは現在でも良く使う言葉で、会社を休む時の届けであったり、履歴書で会社を退職した時にも使いますよね。家庭の事情と言っても色々あるとは思うのですが、曖昧模糊にしておきたい時には、便利な言葉だったりします。日本的と言えば日本的なのでしょうか。

恋に泣くのも家庭の事情浮気するのも家庭の事情♪

saizansum3.jpg


トニー谷さんは1987(昭和62)年7月16日午前0時14分、都内の病院にて肝臓癌のため死去(69歳)されています。その年の11月21日に 厚家羅漢(大瀧詠一)さんががプロデュースした追悼盤が発売されたようです。明るいキャラのイメージがあるのですが、その人生の大半は余り明るくは無かったようです。

1954(昭和29)年に映画「 家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろうかの巻」に主演されていたようです。上に引用させて頂いた歌詞にも「家庭の事情」と言う言葉が使われていますので、映画もこの歌を元に作られたのでしょうか? トニー谷&宮城まり子の『さいざんす・マンボ』はこちらから聴く事が出来ます


ジス・イズ・ミスター・トニー谷ジス・イズ・ミスター・トニー谷
(2005/07/21)
トニー谷宮城まり子

商品詳細を見る



FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/10/14 19:59】 | トニー谷
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
タイトルが
沖縄をカンジさせる
のかなぁと思ったんですけど…。
違ってましたね(^-^;)
いやぁ。
でも面白いタイトル
だなぁと…。
私は知らないんですけど…。 と思いましたぁ(^-^)

Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> タイトルが
> 沖縄をカンジさせる
> のかなぁと思ったんですけど…。
> 違ってましたね(^-^;)
> いやぁ。
> でも面白いタイトル
> だなぁと…。
> 私は知らないんですけど…。 と思いましたぁ(^-^)

確かに南国ぽいタイトルではありますよね。^^



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どうもで~す(^O^)
タイトルが
沖縄をカンジさせる
のかなぁと思ったんですけど…。
違ってましたね(^-^;)
いやぁ。
でも面白いタイトル
だなぁと…。
私は知らないんですけど…。 と思いましたぁ(^-^)
2009/10/14(Wed) 20:28 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> タイトルが
> 沖縄をカンジさせる
> のかなぁと思ったんですけど…。
> 違ってましたね(^-^;)
> いやぁ。
> でも面白いタイトル
> だなぁと…。
> 私は知らないんですけど…。 と思いましたぁ(^-^)

確かに南国ぽいタイトルではありますよね。^^

2009/10/14(Wed) 20:51 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。