温故知新~昨日があるから明日がある~
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

y1107.jpg

こんな風景を見ていると、世の中平和そうですが、おかしな事件ばかり起きていますよね。ネットの社会でも相変わらず、自称、優秀な方は、他人を貶めてやみません。物事をどうして、大きな場所から見ることが出来ないのでしょうか・・・さて、今日は種 ともこ さんのお誕生日ですので『瞳の中の少年 』を取り上げたいと思います。


海の向こうを横切る風音混じってる優しい響き聴いているのね♪

hitominosyo1.jpg

この楽曲は1987(昭和62)年9月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で、このシングルのカップリング曲は『謝々Bye Bye』と言う楽曲で両方とも作詞、作曲が種 ともこさんによる作品です。この楽曲は、1987(昭和62)年10月19日に放送された日本アニメーション製作のアニメ『NTTトークスペシャル「15少年漂流記」(正確なタイトルは「瞳のなかの少年  十五少年漂流記」)』の主題歌として作られたようです。

上に引用させて頂いた歌詞に『優しい響き』と言う言葉がありますが、これは後に出て来る『おとぎ話が呼ぶ声』を指しているようです。「15少年漂流記」の主題歌ですから、このおとぎ話はジュール・ベルヌ氏原作の「十五少年漂流記」の事を指されているのでしょう。このお話は、このアニメ以外にもアニメ化されたり、他のアニメでモチーフとしても使われていますから皆さんご存知だと思います


ホントの冒険出会う時までに舟を出す勇気を貯金しておいて♪

hitominosyo2.jpg

このアニメの原作は、1888(明治21)年 発表された少年向けの冒険小説で、日本語版題名としては原題の直訳『二年間の休暇』も用いられるそうです。直訳のタイトルより、『十五少年漂流記』の方が、内容をよく表していますよね。冒険と聞くと、自らの意志で出掛けるイメージがありますが、、『十五少年漂流記』の場合は、そうではないですよね。冒険と言うよりは止むを得ないサバイバルと言う感じがします。


植えに引用させて頂いた歌詞からすると、自らの意志で冒険の旅に出るイメージがあります。児童文学のジャンルで言えば、ロバート・ルイス・スチーブンソン氏の『宝島』の方が歌詞にあっているような気がしないでもないです。上に引用させて頂いた歌詞には『舟を出す勇気を貯金しておいて』と言うフレーズがありますが、勇気とかを貯金する事が出来たら便利でしょうね


あなたの瞳に翼を広げる少年白い羽ばたきが私の憧れよ♪

hitominosyo3.jpg

『男は死ぬまで子供であり、女は生まれたときから母親である』と言う表現があります。確かに私を含めて周りをみてもそんな感じがします。犯罪を犯す者に男性が多いような気がするのはその所為でしょうか?最近はそうでもない女性も増えたような気がしないでもないですが、女性は生れ持って母性本能を持たれているのでしょうね。その辺にも男女の違いがあるような気がします。

そう考えると上に引用させて頂いた歌詞は、子供のような心を持った男性を母親のような気持ちで見られている女性の心情が歌われていると言えば良いのでしょうかね。上に引用させて歌詞には『翼を広げる少年』と言う言葉がありますが、翼はありませんが、イメージとしてはピーターパンのようなものを連想すれば良いのでしょうかね。 種 ともこ さんの『瞳の中の少年』はこちらで聞く事が出来ます。




追記を閉じる▲
海の向こうを横切る風音混じってる優しい響き聴いているのね♪

hitominosyo1.jpg

この楽曲は1987(昭和62)年9月21日に発売されたシングルに収録された楽曲で、このシングルのカップリング曲は『謝々Bye Bye』と言う楽曲で両方とも作詞、作曲が種 ともこさんによる作品です。この楽曲は、1987(昭和62)年10月19日に放送された日本アニメーション製作のアニメ『NTTトークスペシャル「15少年漂流記」(正確なタイトルは「瞳のなかの少年  十五少年漂流記」)』の主題歌として作られたようです。

上に引用させて頂いた歌詞に『優しい響き』と言う言葉がありますが、これは後に出て来る『おとぎ話が呼ぶ声』を指しているようです。「15少年漂流記」の主題歌ですから、このおとぎ話はジュール・ベルヌ氏原作の「十五少年漂流記」の事を指されているのでしょう。このお話は、このアニメ以外にもアニメ化されたり、他のアニメでモチーフとしても使われていますから皆さんご存知だと思います


ホントの冒険出会う時までに舟を出す勇気を貯金しておいて♪

hitominosyo2.jpg

このアニメの原作は、1888(明治21)年 発表された少年向けの冒険小説で、日本語版題名としては原題の直訳『二年間の休暇』も用いられるそうです。直訳のタイトルより、『十五少年漂流記』の方が、内容をよく表していますよね。冒険と聞くと、自らの意志で出掛けるイメージがありますが、、『十五少年漂流記』の場合は、そうではないですよね。冒険と言うよりは止むを得ないサバイバルと言う感じがします。


植えに引用させて頂いた歌詞からすると、自らの意志で冒険の旅に出るイメージがあります。児童文学のジャンルで言えば、ロバート・ルイス・スチーブンソン氏の『宝島』の方が歌詞にあっているような気がしないでもないです。上に引用させて頂いた歌詞には『舟を出す勇気を貯金しておいて』と言うフレーズがありますが、勇気とかを貯金する事が出来たら便利でしょうね


あなたの瞳に翼を広げる少年白い羽ばたきが私の憧れよ♪

hitominosyo3.jpg

『男は死ぬまで子供であり、女は生まれたときから母親である』と言う表現があります。確かに私を含めて周りをみてもそんな感じがします。犯罪を犯す者に男性が多いような気がするのはその所為でしょうか?最近はそうでもない女性も増えたような気がしないでもないですが、女性は生れ持って母性本能を持たれているのでしょうね。その辺にも男女の違いがあるような気がします。

そう考えると上に引用させて頂いた歌詞は、子供のような心を持った男性を母親のような気持ちで見られている女性の心情が歌われていると言えば良いのでしょうかね。上に引用させて歌詞には『翼を広げる少年』と言う言葉がありますが、翼はありませんが、イメージとしてはピーターパンのようなものを連想すれば良いのでしょうかね。 種 ともこ さんの『瞳の中の少年』はこちらで聞く事が出来ます。



FC2blog テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

【2009/11/07 19:41】 | 種 ともこ
トラックバック(0) |


しのちゃん
どうもで~す(^O^)
それだけ道徳が
世の中にないと
思います。
私もブログ運営しているから
公共の場所であるとか
不特定多数の人達が
閲覧しているということを
常に認識して
話題や言葉遣いも
気をつけています。
でも気がつかないうちに
批判していることも
あるから
細心の注意を
払わないと
自分に返ってくるので。
より一層
心がけます(^-^)


Re: タイトルなし
oyakoala
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> それだけ道徳が
> 世の中にないと
> 思います。
> 私もブログ運営しているから
> 公共の場所であるとか
> 不特定多数の人達が
> 閲覧しているということを
> 常に認識して
> 話題や言葉遣いも
> 気をつけています。
> でも気がつかないうちに
> 批判していることも
> あるから
> 細心の注意を
> 払わないと
> 自分に返ってくるので。
> より一層
> 心がけます(^-^)

私も心掛けているつもりですが、中々なくならないものですね。・・
自分が必ずしも正しい訳ではないですが、それにしても・・・
と思う事多いです。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
どうもで~す(^O^)
それだけ道徳が
世の中にないと
思います。
私もブログ運営しているから
公共の場所であるとか
不特定多数の人達が
閲覧しているということを
常に認識して
話題や言葉遣いも
気をつけています。
でも気がつかないうちに
批判していることも
あるから
細心の注意を
払わないと
自分に返ってくるので。
より一層
心がけます(^-^)
2009/11/07(Sat) 20:23 | URL  | しのちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
しのちゃんさんどうもです。

> どうもで~す(^O^)
> それだけ道徳が
> 世の中にないと
> 思います。
> 私もブログ運営しているから
> 公共の場所であるとか
> 不特定多数の人達が
> 閲覧しているということを
> 常に認識して
> 話題や言葉遣いも
> 気をつけています。
> でも気がつかないうちに
> 批判していることも
> あるから
> 細心の注意を
> 払わないと
> 自分に返ってくるので。
> より一層
> 心がけます(^-^)

私も心掛けているつもりですが、中々なくならないものですね。・・
自分が必ずしも正しい訳ではないですが、それにしても・・・
と思う事多いです。
2009/11/07(Sat) 20:40 | URL  | oyakoala #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。