FC2ブログ
温故知新~昨日があるから明日がある~
kaisei_20091227160735.jpg

今日は快晴で暖かでしたが、天気予報によると明日からお天気が崩れる所も多いようです。冬ですから寒くて当たり前なのですが、おかしいのは天候ばかりではないようです。さて、今日は加藤登紀子さんのお誕生にですから『ひとり寝の子守唄』を取り上げたいと思います。 

ひとりで寝る時にゃよぉーひざっ小僧が寒かろうおなごを抱く♪


hitori1.jpg


この楽曲は1969(昭和44)年9月15日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞、作曲が加藤登紀子さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は、『 枯木の上に 』と言う楽曲で、こちらは作詞がP.Loukiさん、作曲がC.Mansartさん、訳詞が加藤登紀子さんによる作品です。このシングルは、シングル・チャ-トで最高15位を獲得され、このシングルは20.4万枚を売り上げ第11回日本レコード大賞歌唱賞を受賞されたようです。

歌詞には、それぞれに一人寝をする時にはこうすれば良いと言うのが歌われています。上に引用させて頂いた歌詞にあるように膝辺りが寒く感じる事はありますが、膝を抱いて寝ていたら次の朝が大変だと思うのは私だけなのでしょうかね。膝を抱えなくても、丸まって寝られる方も居られますが、ネコではありませんので、身体が痛そうに思うのは私だけなのでしょうか。。。膝が寒く無い様に厚着をすれば良いと思うのですが。。。  


ひとりで寝る時にゃよぉー天井のねずみが歌ってくれるだろう♪

hitori2.jpg


この楽曲は、『塀の中にいる夫を思って作られた』と記述されている記事を多く見るのですが、調べてみると、1972(昭和47)年 4月21日、学生運動関連(公務執行妨害・凶器準備集合罪など)で実刑判決を受け、中野刑務所に収監されているようですから、年代が合わないです。正確な月日は判りませんが、この楽曲が発売された時はまだ結婚されて居らず、発売された年は長崎県平戸に滞在され、地球と人間の問題を考察されていたようです。

上に引用させて頂いた歌詞ではありませんが、子供の頃実家で寝ていると天井で音がしていた事を思い出します。祖母が言うにはネズミとかヘビがいるようでしたが、昔はその辺りも大らかと言うか家を守ってくれているのだとも言っていた記憶があります。新築の家なら、木材の乾燥で音がする事があるようですが、かなり古い家ですからやはり何か居たのでしょうね。現在の家もたまに音がするのですが、生き物とかではないようです。


ひとりで寝る時にゃよぉーもみがら枕を想い出がぬらすだろう♪

hitori3.jpg

通常、子守唄と言えば、子供を寝かしつけたり、あやしたりするために歌われる歌の一種なのですが、日本の場合は親が歌うのでなく、幼くして故郷を離れた子守り娘が歌ったもの(子守唄というより守子唄というべきである)が多いようです。この楽曲の場合は、子守どころか、自分自身の為に歌われているようですから、また意味合いが違って来るのでしょうね。でも、自分自身で歌っていたら益々眠れないと思うのは私だけなのでしょうかね。

上に引用させて頂いた歌詞にある『もみがら枕』とは、籾の最も外側にある皮の部分を枕に入れたものです。昔、母が使っていた枕はそばがら枕でしたが、調べたら現在でも両方とも販売されている所があるようです。低反発枕も良いですが、自然のモノと言うか穀物の使わない部分まで無駄にしないモノも良いですよね。昔の方は色々なモノを考えられたのでしょう。加藤登紀子さんの『ひとり寝の子守唄』はこちらから聴く事が出来ます。 

GOLDEN☆BEST/加藤登紀子GOLDEN☆BEST/加藤登紀子
(2002/06/19)
加藤登紀子

商品詳細を見る


追記を閉じる▲
ひとりで寝る時にゃよぉーひざっ小僧が寒かろうおなごを抱く♪


hitori1.jpg


この楽曲は1969(昭和44)年9月15日に発売されたシングルに収録された楽曲で、作詞、作曲が加藤登紀子さんによる作品です。このシングルのカップリング曲は、『 枯木の上に 』と言う楽曲で、こちらは作詞がP.Loukiさん、作曲がC.Mansartさん、訳詞が加藤登紀子さんによる作品です。このシングルは、シングル・チャ-トで最高15位を獲得され、このシングルは20.4万枚を売り上げ第11回日本レコード大賞歌唱賞を受賞されたようです。

歌詞には、それぞれに一人寝をする時にはこうすれば良いと言うのが歌われています。上に引用させて頂いた歌詞にあるように膝辺りが寒く感じる事はありますが、膝を抱いて寝ていたら次の朝が大変だと思うのは私だけなのでしょうかね。膝を抱えなくても、丸まって寝られる方も居られますが、ネコではありませんので、身体が痛そうに思うのは私だけなのでしょうか。。。膝が寒く無い様に厚着をすれば良いと思うのですが。。。  


ひとりで寝る時にゃよぉー天井のねずみが歌ってくれるだろう♪

hitori2.jpg


この楽曲は、『塀の中にいる夫を思って作られた』と記述されている記事を多く見るのですが、調べてみると、1972(昭和47)年 4月21日、学生運動関連(公務執行妨害・凶器準備集合罪など)で実刑判決を受け、中野刑務所に収監されているようですから、年代が合わないです。正確な月日は判りませんが、この楽曲が発売された時はまだ結婚されて居らず、発売された年は長崎県平戸に滞在され、地球と人間の問題を考察されていたようです。

上に引用させて頂いた歌詞ではありませんが、子供の頃実家で寝ていると天井で音がしていた事を思い出します。祖母が言うにはネズミとかヘビがいるようでしたが、昔はその辺りも大らかと言うか家を守ってくれているのだとも言っていた記憶があります。新築の家なら、木材の乾燥で音がする事があるようですが、かなり古い家ですからやはり何か居たのでしょうね。現在の家もたまに音がするのですが、生き物とかではないようです。


ひとりで寝る時にゃよぉーもみがら枕を想い出がぬらすだろう♪

hitori3.jpg

通常、子守唄と言えば、子供を寝かしつけたり、あやしたりするために歌われる歌の一種なのですが、日本の場合は親が歌うのでなく、幼くして故郷を離れた子守り娘が歌ったもの(子守唄というより守子唄というべきである)が多いようです。この楽曲の場合は、子守どころか、自分自身の為に歌われているようですから、また意味合いが違って来るのでしょうね。でも、自分自身で歌っていたら益々眠れないと思うのは私だけなのでしょうかね。

上に引用させて頂いた歌詞にある『もみがら枕』とは、籾の最も外側にある皮の部分を枕に入れたものです。昔、母が使っていた枕はそばがら枕でしたが、調べたら現在でも両方とも販売されている所があるようです。低反発枕も良いですが、自然のモノと言うか穀物の使わない部分まで無駄にしないモノも良いですよね。昔の方は色々なモノを考えられたのでしょう。加藤登紀子さんの『ひとり寝の子守唄』はこちらから聴く事が出来ます。 

GOLDEN☆BEST/加藤登紀子GOLDEN☆BEST/加藤登紀子
(2002/06/19)
加藤登紀子

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:懐かしのフォ-クソング - ジャンル:音楽

【2009/12/27 16:14】 | 加藤登紀子
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック